reostockのブログ

資産運用などなど

$PLTR 銘柄分析

謎めいた企業であるPLTRについてです。

 

○事業内容

・まとまったサイトを引用。

shirateblog.com

www.palantir.com

 

○市場規模

・Big data関連の市場に関しては、10-18%のCAGRで成長すると報告されています。

www.businesswire.com

www.marketdataforecast.com

Big Data Market Size, Share, Growth, Report and Forecast 2021-2026

 

○決算

f:id:reostock:20210728231512p:plain

2021年Q1より

f:id:reostock:20210728231726p:plain

→FCFの上昇

f:id:reostock:20210728231802p:plain

→売上もYoY+49%成長

f:id:reostock:20210728231943p:plain

f:id:reostock:20210728232053p:plain

f:id:reostock:20210728232121p:plain

f:id:reostock:20210728232336p:plain

f:id:reostock:20210728232859p:plain

f:id:reostock:20210728232932p:plain

f:id:reostock:20210728232958p:plain

→すさまじい成長とは言えないが、そこそこに成長

2021年Q1 Earning callより(DeepLで翻訳)

Shyam Sankar

ありがとうございます、ロドニー。最先端の製品と、継続的な効率化と流通の改善により、第1四半期の業績は非常に好調でした。調整後のフリーキャッシュフローは1億5,100万ドルで、マージンは44%、これは前年同期比で4億4,100万ドルの増加となります。

売上高は49%増、請求額は248%増、RPOは129%増でした。調整後の商取引額は76%増加しました。調整後の営業利益率は34%でした。また、米国における政府機関および民間企業向けビジネスは引き続き好調で、81%の成長率を記録しました。

これらの結果、そして将来の業績は、製品イノベーションへのたゆまぬ努力なしには達成できません。私が最も期待している分野は、Apollo for Edge AIの開発です。これは、今年の4月、ちょうど先月、ユタ州のダグウェイ・プルービング・グラウンドでデモンストレーションが行われました。これが今、本番です。私たちは、マイクロモデルと呼ばれるアプローチを開拓しています。マイクロサービスが最新のソフトウェア・アーキテクチャの基礎であるように、マイクロモデルは、永続的な優位性のためにAIを大規模に運用する方法であると考えています。

このことは、米国政府が直面している最も困難で重要な問題に取り組んでいるときほどよくわかります。Apollo for Edge AIは、AIをアルファ化するための次の進化であり、お客様が複数の独立したバージョン管理された連鎖モデルを容易にエッジにトレーニング、管理、デプロイできるようにします。

顧客は、タスクを複数のモデルに分解し、各コンポーネントを個別に改良・アップグレードし、その後、動的に連鎖させることができるようになります。

これが、エッジにおけるオペレーションAIの活動であり、意思決定の優位性を実現するものです。工場の現場でAIモデルを使用して人間の作業員を増強したり、宇宙から山火事のリスクをより効率的に検出したり、エッジで発生する次世代の予知保全、飛行中の航空機に搭載してエッジで理解し、判断し、行動するなど、同じイノベーションを活用しようとする商業顧客の関心が高まっています。

結果に目を向けると パンデミックに対する政府の対応が功を奏し、商業的な追い風が吹いています。特に米国では、政府機関の売上が83%、商用機器の売上が72%増加するなど、優れた結果を出し続けており、これらの市場では成長の余地が大きくあります。これらの市場では成長の余地があります。当社の顧客はフォーチュン500社の一握りで、年間防衛費の10分の1以下です。

私たちは、製品を販売する能力を拡大してきましたし、今後も拡大していきます。私たちは、将来を見据えた指標と顧客の関心に強みを感じています。2月初旬以降、米国および英国における適格なビジネスチャンスは2.5倍に増加しています。また、米国および英国の政府機関でのビジネスチャンスは引き続き急速に拡大しています。

新たに11社のお客様が加わり、MD Anderson社およびSyntropy社とのパートナーシップも発表しました。また、当社が勝利を収めているのは、既存の業界企業だけではありません。企業は、ファウンドリを中心としたデジタルインフラをゼロ日から構築することができます。15年の歳月と20億ドル以上の研究開発をコスト効率よく活用することで、開発期間を短縮し、ロードマップのリスクを低減することができます。これは、ファウンドリの販売をより広範な市場、より広範な顧客に拡大するための最初の一撃であると考えています。

第1四半期には、革新的なeVTOL輸送企業であるLilium社とパートナーシップを締結しました。Lilium社は、ファウンドリを利用して、設計・エンジニアリング、調達、試験、生産、品質、物流、就航時のオペレーションを含む統合ビジネスを一から構築します。

サルコスとも提携しています。ゴッサムはデジタル・アイアンマン・スーツだといつも話しています。彼らは物理的なアイアンマン・スーツを作っているのです。Sarcos社は、Palantir社がよく理解している産業や製造業のユースケースのすべてに、ファウンドリを活用します。

しかし、Sarcos社がApollo for Edge AIのすべての機能を活用して、外骨格にAIを搭載する様子がわかります。これは、トニー・スタークのデジタルアシスタントであるJarvisですが、現実に存在しています。

これらのお客様や、当社のパイプラインにあるさらに多くの見込み客は、ソフトウェアにおける次の大きな変革の最前線にいます。共通のオペレーティング・ピクチャーを中心に組織全体を構築し、サイロ・データやシステムの連鎖を排除して、最初からコネクテッド・カンパニーを実現するのです。

私たちは、欧米のイノベーションに投資し、野心的な目標を持つ企業を支援し、市場を開拓する能力を実行しています。私たちのソフトウェアは、生産の立ち上がりと市場投入までの時間を大幅に短縮し、これらの企業が劇的に短い期間で規模を拡大するのに役立ちますと述べています。

これと並行して、政府関係のビジネスの勢いも衰えませんでした。第1四半期の政府関係の収益は前年同期比で76%増加しましたが、これは主に米国政府関係の収益が前年同期比で83%増加したことによるものです。当社は、各国政府のパンデミックへの対応に重要な役割を果たすとともに、防衛のための中心的なオペレーションシステムとなるという当社のミッションを推進しています。

Apollo for Edge AIのような最先端の製品や流通への投資を背景に、政府の仕事の範囲は広がっています。第1四半期には、米国国家核安全保障局(National Nuclear Security Administration)との間で、最大9,000万ドル相当の5年契約を締結し、米国の核備蓄を保護するためのオペレーティング・プラットフォームを提供することになりました。

もちろん、我が国の核資産は、我が国の将来、さらには西側諸国の安全保障にとって極めて重要なものであり、当社はこのような契約を締結できたことを誇りに思います。今年の残りの期間を展望すると、政府関係のビジネスでは、防衛および民間の両機関に機会を求めており、引き続き追い風が吹いています。

第1四半期には、当社のソフトウェアがGlobal Information Dominance Experiment(グローバル情報優位実験)に採用され、米国国防総省の全11の戦闘司令部が、情報、作戦、物流、供給のデータからグローバルに統合された戦略的意思決定の優位性を生み出すことを可能にしましたが、これらはすべてAIによって進化したものです。

これは、米国国防総省の11の戦闘司令部が、情報、作戦、兵站、供給のデータからグローバルに統合された戦略的優位性を生み出すことを可能にします。また、今年中に案件が増加することを期待しています。

2月に説明したように、販売拡大のための計画には直販部隊の構築が含まれており、今年はこれまでに大きな進展がありました。第1四半期だけで50名近くのセールスチームを採用し、今後もこのチームを拡大していくためのパイプラインは充実しています。これにより、今年中に営業人員を3桁増やすという目標の達成に向けて順調に進んでおり、ビジネスの勢いをさらに加速させることができます。

先ほど、お客様とパイロットの増加について述べました。私たちの営業部隊とアウトリーチやイベントを組み合わせることで、より多くの質の高い機会を生み出しています。さらに、お客様は当社の製品とそれがもたらす価値をより深く理解した上で当社を訪れ、今日の最初のミーティングが、1年前の4、5回目のミーティングのように感じられるほどです。フライホイールの回転が速くなっているのです。

当社の販売戦略においては、直販部隊に加えてチャネルの拡大も重要な要素です。当社は、政府機関や民間企業を問わず、補完的なソフトウェア企業からシステムインテグレータークラウドプロバイダーまで、幅広いチャネルパートナーを追求し、投資を続けています。

前四半期には、IBMとのパートナーシップを発表しました。このペースは非常に素晴らしいものです。製品を市場に投入してから16日で最初の顧客を獲得しました。将来的には、ISPパートナーとの提携による機会が大幅に増えると信じています。

私たちは、システム・インテグレーターとの連携を強化し、市場や地域、業界や機能分野に合わせてターゲットを絞った提携を進めてきました。現在、15社の異なるSI企業が当社のお客様と提携し、当社製品の開発を行っています。

当社は引き続き、クラウドプロバイダーをチャネルとみなしています。しかし、クラウド事業者がファウンドリを自社のリファレンス・アーキテクチャや中核的な市場投入活動に統合するという顕著な変化が見られています。結局のところ、ヘルスケアなどの問題を理論的に解決するアーキテクチャを市場に投入しても、実際には導入されていないということになります。一方で、NHSが世界で最も成功している大規模なワクチン接種プログラムを実施するために使用しているアーキテクチャや、NIHのN3CがCOVIDの研究のために膨大な臨床データを記録的な速さで統合するために使用しているアーキテクチャを採用することもできます。

これらは、お客様とお客様の日々の生活に成果をもたらす、成功のための試練の青写真です。そして重要なのは、クラウド事業者にとって、非常に迅速に大量の消費を促すことです。

官公庁では、従来の防衛関連企業が当社のアーキテクチャを導入するケースが増えています。また、当社のApollo for Edge AIアーキテクチャを自社のAI対応プラットフォームに活用することで、プラットフォームの寿命を延ばしたり、共同でソフトウェアの収益化を図ったりしています。

政府機関や民間企業で成功を収めているチャネルパートナーは、常にその動きに対応してきた当社のソフトウェアのワールドクラスのパフォーマンスを利用して、ドラフトを行うことに気づいているのです。

このような結果をもたらしたのは、最先端の製品開発と顧客獲得の両方が目にも止まらぬ速さで行われてきたこと、そして逆境に直面したときのホビットの揺るぎない決意と、顧客とそのミッションに対する断固とした献身があったからです。Palantirの皆さん、ありがとうございました。

最後になりましたが、再スタートを切ることは私たちの心の中にあることですが、パンデミックの激動と対応の継続は私たちの心の中にあることです。繰り返しになりますが、私たちはどのような国や企業に対しても、どのような段階においても、いつものように支援する準備ができています。パンデミックを克服し、この新たな現実の中で事業を立て直すという、存亡の危機に直面している地域や業界は数多くあります。私たちは支援する準備ができています。

それでは、デイブに財務状況の説明をお願いします。

Dave Glazer

Shyamさん、ありがとうございます。それでは、第1四半期の業績と今後の見通しについてご説明いたします。第1四半期は、最先端の製品と効率性の高い販売体制により、非常に好調な業績を達成しました。

売上高は49%の伸びを示し、第1四半期の売上高は3億4,100万ドルとなりました。調整後の営業利益は1億1,700万ドルに増加し、利益率は34%となりました。調整後のフリーキャッシュフローは1億5,100万ドルに増加し、2020年第1四半期から4億4,100万ドル改善し、利益率は44%となりました。これは、第1四半期の請求額が前年同期比248%増の3億6,200万ドルと好調だったことが背景にあります。

収益実績を見ると、第1四半期の総収益成長率は49%で、事前のガイダンスである45%を上回りました。49%の増収と44%の調整後フリー・キャッシュ・フロー・マージンの組み合わせは、当事業のユニークなユニット・エコノミクスを示しています。

当四半期の米国事業の売上高は、年率換算で約8億ドルとなりました。

第1四半期の売上を分野別にみると、政府機関の売上は76%増の2億800万ドルでした。米国政府の収益は前年同期比83%増、米国外政府の収益は前年同期比57%増となりました。この勢いは今後も続くものと思われます。というのも、第2四半期以降、政府関係の案件を数多く抱えており、これが政府部門の持続的な成長につながるものと確信しているからです。

第1四半期のコマーシャル・セグメントの売上高は、前年同期比19%増の1億3,300万ドルとなり、特に米国での売上が好調で、米国のコマーシャル・セグメントの売上高は前年同期比72%増となりました。売上高の増加に加えて、リードや新しい機会も大幅に増加しており、2月以降、コマーシャルビジネスにおけるアクティブなパイロットの数は2倍以上になりました。

海外、特に欧州では、パンデミックに起因する健康面や経済面での大きな課題に直面している国々で、商業的な成長はより緩やかなものとなっています。しかし、シャムが述べたように、当社はこれらの地域の回復を支援するために投資を継続しており、これらの地域の回復に伴って当社のビジネスも加速すると期待しています。

第1四半期には、契約総額が500万ドル以上の案件を15件成約し、うち6件が1,000万ドル以上となりました。第1四半期の契約残額は、前年同期比40%増の28億ドルとなりました。第1四半期末時点での履行義務残額は6億2,600万ドルで、前年同期比129%増となりました。

平均契約期間は3.7年で、2020年末の3.6年から増加しました。これらの結果は、政府系顧客がCOVID危機への対応として調達を加速するために、2020年に通常より短い契約を締結したことを考えると、特に好調です。2021年に向けては、これらの契約が更新・拡大されることが予想され、契約期間と契約金額の両方に追い風が吹くと考えています。

第1四半期の顧客1人当たりの収益は、前年同期比29%増の810万ドルとなりました。上位20社の顧客1社あたりの収益は、前年同期比34%増の3,610万ドルで、12ヶ月間の収益の60%を占めています(前年同期は65%でした)。

2021年以降、複数のチャネルで販売を拡大し、特にミドルマーケットや中小企業などの新たな市場セグメントへの参入が進むにつれて、顧客基盤の拡大を反映して、顧客一人当たりの平均売上高の伸びは緩やかになると予想しています。

次に、株式ベースの報酬を除いた調整後の売上総利益率と費用について説明します。第1四半期の調整後の売上総利益率は、前年同期比800bp増の83%となりました。貢献度は60%で、前年同期比で1900bpの増加となりました。

株式報酬および雇用者の給与税を除いた当四半期の営業利益は1億1,700万ドルで、調整後の営業利益率は34%となり、事前予想の23%を大幅に上回りました。

また、当四半期の調整後フリー・キャッシュ・フローは1億5,100万ドルで、調整後フリー・キャッシュ・マージンは44%となりました。当社は営業チームへの投資を継続しているため、これらの新しい責任者の就任にともない、関連費用が年間を通じて増加することが予想されます。

第1四半期には、23億ドルを超える現金収入と堅調なフリーキャッシュフローがあったため、4月上旬に借入残高を返済し、リボルバーの利用可能額を2億ドル拡大して合計4億ドルとしました。これにより、長期的な成長目標に向けた投資活動を行うための柔軟性が確保されました。

第2四半期の収益見通しについては、前年同期比で43%(3億6,000万ドル)の増収を見込んでおり、調整後の営業利益率は23%を見込んでいます。さらに、2021年通年では、第1四半期の実績を踏まえ、調整後のフリー・キャッシュ・フローの見通しを損益分岐点から1億5,000万ドル超に引き上げます。

長期的な収益見通しについては、2020年末の決算発表時にCEOのアレックス・カープが発表した見通し戦略を引き続き実行し、各決算発表の場で今年および今後4年間の収益見通しを30%以上に設定していますし、今後も継続していきます。

以上をもって、ロドニーに質疑応答をお願いします。

Unidentified Analyst

2021年の黒字化を目指しているのか、それとも現在のリソースを使い続けて拡大していくのか。

Shyam Sankar

まず最初に、Aviが最も多くの投票を受けた質問をしたことを祝福します。私たちが注目している数字は2つあります。1つ目は調整後のフリーキャッシュフローで、これは実際に事業がお金を生み出す能力、つまりキャッシュを生み出す能力です。もう1つは調整後の営業利益で、これは主に株式報酬を除いた収益性を示す指標です。

キャッシュフローについては、4億4,100万ドルの入金があり、1億5,100万ドルのプラスのキャッシュフローを生み出し、調整後のキャッシュフローマージンは44%となりました。これは、事業の基礎となる財務力を示すものです。また、営業利益率は34%でした。これは、製品を効率的に流通させているソフトウェア企業であることを示しており、大量の製品レバレッジを示しています。

言うまでもなく、上場時に設定した長期目標には1ポイント足りません。これは、私たちが目標を達成できることを示しています。この2つを合わせて考えれば、事業の収益性とキャッシュ創出の可能性が証明されたことになります。ソフトウェア業界では、「40の法則」と呼ばれることがあります。ソフトウェア業界では、調整後のフリーキャッシュフローマージンと収益成長率の合計が40を超えることが必要だと言われています。当社の場合、第1四半期の収益成長率は49%、調整後フリーキャッシュフローマージンは44%でしたが、これは93%です。これは93%にあたります。これは、当社にとって非常に稀なケースです。第1四半期のソフトウェア企業の中ではトップ3に入ります。しかし、もっとも重要なことは、当社がまだ始まったばかりであることを認識することだと思います。フォーチュン500の企業はほんの一握りで、これから中堅企業への展開が始まるところです。政府からの収入は、米国の国防費の10ベーシスポイント以下、つまり10分の1以下です。私たちには、投資すべきエキサイティングな製品ビジョンがたくさんあります。目指すべき巨大な市場があるのです。そして、最も賢明な方法は、積極的に投資をして市場を開拓することです。私たちはそれを実行しています。私たちは、収益性に重点を置いています。また、成長にも力を入れています。今年初めにアレックスが説明したように、2025年に40億ドル以上の収益を上げることに注力しています。

ロドニー・ネルソン

ありがとうございます。ありがとう、Shyam。次の質問にも答えてください。今回の発表や投資について、いくつか質問があります。

Unidentified Analyst

Jackson K. さんの質問ですが、なぜPalantirはLiliumやSarcos Roboticsのような企業への投資を選択したのでしょうか?これらの決定の背景にある動機と、投資家が将来の対応する投資を予測できるかどうかについて話していただけますか?リスク、投資規模、潜在的なリターンをどのように考えていますか?

Shyam Sankar

ジャクソンさん、ご質問ありがとうございます。今回の電話会議でも申し上げましたが、当社は販売網の拡大に力を入れています。野心的な企業に対しては、魅力的な経営陣と魅力的なビジネスに投資し、ゼロ日から当社のソフトウェアを利用してもらうためのパートナーとして、ユニークな機会を提供しています。

このような企業は、勝つことに集中しています。自分たちのおもちゃのようなソリューションを作りたいと思っている、凝り固まったIT官僚はいません。彼らは、自分たちの企業にとって最高のOSを購入することで、何年もの時間と山のようなリスクをロードマップから取り除くことができるという価値を直感的に理解しています。

これは、CRMERP、製造実行システム、自家製ミニモンスターなど、従来のサイロ化されたシステムを購入していたら、無駄になっていたかもしれないという話ではありません。全体的に見て、これは当社のビジネスを加速し、流通を加速し、お客様に賭けるための非常に魅力的な機会であると考えています。

Rodney Nelson

いいですね。他の皆さんにお聞きする前に、Shyamさんにもうひとつお聞きしたいことがあります。

Unidentified Analyst

Jeffrey T. さんの質問ですが、今後の四半期でマイクロソフトに対抗するための計画は何ですか?

Shyam Sankar

ありがとうございます、Jeffreyさん。私たちは、マイクロソフトや他のソフトウェアベンダー、システムインテグレーターと競合しているわけではありません。競合するのはお客様です。私たちは、独自のオーダーメイドソリューションを構築したいというお客様の要望に対抗しています。

これはビルド対バイです。そして、マイクロソフトや他のベンダーとは、実際には購入しないのです。つまり、マイクロソフトでは、バルマー氏の有名なミームを思い出してください。開発者、開発者、開発者、あるいはAWSでは、彼らの製品マーケティングを見てください。GCPやシステム・インテグレーターも同様で、定義上は構築することになります。私たちのソフトウェア・シャーマニズムは、未来に向けて根本的に何かを構築することを意味し、全体的なアプローチで見事な結果をもたらすからです。

しかし、それはITの高僧やリファレンス・アーキテクチャにとっては異端なものであることも確かです。しかし、その証拠に、パンデミックが発生し、医療システムやサプライチェーンが破壊されたとき、ITの正統派は何も改善することができませんでした。しかし、FoundryとGothamは、革新的な機能を非常に短い期間で提供しました。

私たちの戦いに耐えた、つまり文字通り戦いに耐えたアーキテクチャは、DIY市場に対抗しています。1年間かけて行ってきたカスタム統合を、数時間で数回のクリックに置き換えることができるアーキタイプから、スカイネットに数歩近づいた最も洗練された運用AIを提供できるApollo for Edge AIまで、当社の革新ペースは次善の策との差を広げ続けています。

先に述べたように、特にクラウド事業者は、このような実戦的なアーキテクチャを、市場投入の方法や顧客へのサービスに取り入れ始めています。

Rodney Nelson

ありがとうございます。ありがとう、Shyam。ケビン、次はあなたにお願いします。これも似たようなものですね。

Unidentified Analyst

Donatas氏は、Palantirが企業にとってMicrosoft Officeのように重要で影響力のあるものになると考えていますか?もしそうであれば、いつそのような普及になると予想していますか?

Kevin Kawasaki

ご質問ありがとうございます。人々は、最新の操作目的にもっと期待するべきです。私たちのお客様にとって、特に大きなニーズがある時には、あらゆるタイプのビジネスにとって最も重要で最もインパクトのあるソフトウェアとなります。私たちのユーザーはオフィスにいるだけではありません。最前線、工場、空港、医院、紛争地域など、さまざまな場所で利用されています。私たちの製品は、日々の仕事、日々の任務のために使われています。

日本では、高齢化社会に対応するために予防医療を提供しなければならない老人ホームの職員がいます。何千便ものフライトをルーティングする航空会社の従業員や、昨年は何千台もの航空機の駐車場を確保する必要がありました。

私たちの顧客のひとつは、カリフォルニアで山火事の消火活動を行っており、火災リスクの専門家が鋳造工場と一緒に現場で検査を行っています。米国と英国の政府は、世界で最も成功している2つの予防接種プログラムを実施していますが、どちらもファウンドリを使用しています。英国では、医師から管理者まで何千人ものユーザーが、約2,500カ所の予防接種会場で約4,400万本のワクチンを接種しています。そして、すべてのワクチンはファウンドリーで注文、割り当て、追跡、配送されています。

米国では、1,600のデータセットを含む2億5,700万のワクチン、50の州、14の管轄区域、薬局、製造業者など、連邦政府が製造から注射までのワクチンの供給と流通チェーンを理解する場となっています。当社の製品はお客様の勝利に貢献し、それが現代のOSに求められています。

Rodney Nelson

ありがとう、ケビン。Shyamさん、次はあなたにお伺いします。

Unidentified Analyst

Johanからの質問ですが、最近のFaurecia社との提携や、以前のAirbus社との提携は、製造業の顧客との協力関係を示すものです。この分野をさらに発展させる計画はありますか?

Shyam Sankar

Johanさん、ありがとうございます。製造業は当社にとって非常に重要な分野であり、歴史的に見ても非常に強い分野です。クライスラーを見てください。北米のすべての工場では、品質をリアルタイムで管理するために、工場内にファウンドリが設置されています。

また、化学企業、鉱業、エネルギー、自動車、航空宇宙などのエコシステムを構成するサプライヤーとの製造業、そして新たな顧客として福州との自動車製造業が挙げられます。私たちは、運転資金の管理、調達、生産、需要予測、サプライチェーンマネジメント、品質、物流など、製造業を取り巻くすべてのチェーンにおいて、迅速に価値を提供する最先端の製品とアーキタイプを持っています。

また、Lilium社やSarcos社のように、導入したその日からファウンドリを中心に事業を展開し、ERPCRM、製造実行、品質管理などにファウンドリを活用している企業もあります。ここでの私たちの価値は、製造にとどまらず、販売やアフターセールスにまで及び、IoTや遠隔測定データを、OEMやメーカーだけでなく、そのサプライヤーや顧客にとっても真の価値に変えることができます。

Rodney Nelson

いいですね。デイブ、次の質問はあなたにお願いします。次の質問に移ります。

Unidentified Analyst

Brian Lからの質問ですが、Palantirがビットコインやその他の種類の暗号通貨を貸借対照表に計上することはあるのでしょうか?

Dave Glazer

Brian、ご質問ありがとうございます。簡単に言うと、「イエス」です。私たちはそのことを考えていますし、社内でも議論しています。当社のバランスシートをご覧ください。第1四半期の調整後フリーキャッシュフロー1億5,100万ドルを含め、四半期末時点で23億ドルの現金があります。

第1四半期の調整後フリーキャッシュフロー1億5,100万ドルを含め、四半期末時点で23億ドルの現金を保有しています。その一方で、お客様からのビットコインの受け入れに関しては、実際に受け入れています。その方が便利ですからね。私たちはそこでビジネスを展開しています。

Rodney Nelson

ありがとうございます。ありがとう、Dave。Shyam、ヘルスケア分野での活動についてのご質問に戻ります。

Unidentified Analyst

コンラッドは、ファウンドリは初期段階の創薬や化合物の同定、臨床試験データではなく、分子特性の同定、特に製薬会社が低分子から生物製剤に移行する中で、存在感を示していますか?

Shyam Sankar

ありがとう、Conrad。当社のライフサイエンス事業は非常に急速に成長しており、創薬分野にも積極的に取り組んでいます。NCI(米国国立がん研究所)やNIH(米国国立研究機関)のNational Center for Advancing Translational Sciences(前臨床試験センター)との協力関係に注目したいと思います。また、PalantirとPalantiriansの論文が発表されたことで公開されました。

過去のASCOで発表された論文のいくつかを見ることができます。MDアンダーソンとの協力関係は、臨床だけでなく、私たちが行っている前臨床の仕事にも及んでいますが、より直接的には創薬にもつながっています。

ロイバント・サイエンス社との新たなパートナーシップを発表できることを誇りに思います。Roivant Sciences社は、創薬のための計算機的アプローチに多くの投資を行っています。

セルーラリティは、彼らの画期的な細胞ベースの治療法や、コンデンセートの生物学を医療に応用することに焦点を当てた最先端のバイオテクノロジーに関する科学を促進する手助けをしていきます。

Rodney Nelson

ありがとうございます。ありがとう、Shyam。次の質問はケビン、市場投入についての質問です。

Unidentified Analyst

Jackson Kからの質問ですが、Palantirは下流の中堅企業への展開をどのように計画していますか?デモデイやDouble Clickのキックオフ以降、Palantirは中小企業からの関心が高まっていると思いますか?また、そうでない場合、Palantirはどのようにしてこれらの企業に価値を示すことができるでしょうか?

Kevin Kawasaki

最近、多くの素晴らしい中小企業と契約しました。私たちは販売網を拡大しているので、今後もこのようなケースが増えると思います。

第1四半期の業績の大きな要因となったのは、米国での72%の商業成長であり、第2四半期の売上高の目安となっているのは、販売効率の向上です。販売サイクルが向上しています。

デモの日やダブルクリックで製品を公開すると、世界中から関心が寄せられます。大規模な組織を持つグローバルな多国籍企業はもちろん、地域に根ざした小規模な企業も、ファウンドリーが自社のビジネスにどのような優位性をもたらすのかを学ぶために参加しています。そして、これが活動を生み出すのです。米国と英国では、当社の適格なパイプラインが2.5倍になったと述べました。

また、ビジネス全体でアクティブな商用パイロットは2倍以上になっています。そして、最もエキサイティングなことのひとつは、当社の株主がお客様とのミーティングに姿を現していることだと思います。150万人の個人株主の中には、ファウンドリを日々の仕事に生かすために電話をかけてくる人もいます。

Rodney Nelson

素晴らしいですね。ケビン、次の質問も同じような内容なので、あなたについていきます。

Unidentified Analyst

クリストファー・T氏からの質問ですが、Palantirが企業にソフトウェアを無料で提供すると最近発表しましたが、Palantirはどのようにしてこの情報をFortune 500企業に提供しているのでしょうか?パランティアは個々の企業に働きかけているのでしょうか、それとも企業が我々のところにやってくるのを待っているのでしょうか?

Kevin Kawasaki

ご質問ありがとうございます。これは、情報を発信するチャンスだと思います。この1年間で、パンデミックへの最も成功した対応の多くは、ファウンドリによる効果的なデータアクセスに依存していました。Palantir unlockの目的は、ファウンドリを必要としている人が利用できるようにすることです。

約1年前、COVID-19の初期段階で、Palantirが大きなインパクトを与えられることはわかっていましたが、これを人々が学べるようにする必要があったことを覚えています。そこで私たちは、市、州、地方自治体、病院、大学の研究センターなどに電話をかけ、私たちの技術が役立つことを伝えようとしました。私は州政府に電話をかけたことを覚えています。

何度も電話をかけて、ようやく、表計算ソフトとホワイトボードだけで州全体のデータをまとめようとしている担当者を見つけたのです。

彼女は戦争の部屋で、重要な質問に対する答えを見つけようとしていた。病院のベッドはいくつあるのか?あとどれくらいでなくなるのか?人工呼吸器の数は?人工呼吸器の数は?医療従事者にPPEを提供するにはどうすればよいか?私たちは、この人が数時間でファウンドリの力を手に入れたことを誇りに思っていますし、それこそが私たちがここで提供しているアンロックなのです。

Rodney Nelson

素晴らしいですね。Shyamさん、次の質問に移ってください。少し拡大します。

Unidentified Analyst

ホセさんからの質問ですが、パランティアの長期的なアイデンティティーは何でしょうか?データとAIの両方の会社になるのか、それともテック業界の多くの部分でリーダーになろうとするのか?

Shyam Sankar

ありがとう、ホセ。私たちは、世界で最も重要なソフトウェア企業になることを目指しています。そして、その道を順調に歩んでいると言う人もいます。私たちは、各国が全体主義体制からの脅威を抑止し、それに対応するための支援を行っています。

私たちは、テロが私たちの生活様式を破壊するのを防ぐのに貢献しています。私たちは、テロリズムへの反応が私たちの生活様式を破壊するのを防ぐために、データ、私有船舶、市民的自由の保護を強化しました。私たちは、政府による公衆衛生の管理を支援しています。また、広範囲に渡って、様々な衝撃に対応する組織を支援してきましたが、このような支援は、他の方法では死を招く恐れがあります。

そのために、私たちは独自のソフトウェアを開発しています。Foundryは現代企業のためのOS、Gothamは防衛用OSですが、これらは機能とアプローチの世代交代です。

パーソナルコンピュータは、適切なオペレーティングシステムが標準化される前は、時間が止まっていました。同様に、企業は、適切な現代の企業運営ビジネスがないと、このサイトから抜け出せません。

サイロ化されたアプリケーションの集合体の中で溺れているか、レゴのボットの束とDIYの夢を売りつけられているだけなのです。パソコン趣味の人たちも、自分たちでOSを作ろうとした。それがどれほどうまくいったか、私たちは知っています。アレックスは時々、私たちはソフトウェアのシャーマンだと言っていました。

私たちには、世界が必要としているものを、その必要性が明らかになる前に、隅々まで見渡して構築するという実績があります。ニーズを察知する能力は神秘的であり、その瞬間に出会ったときには前例があります。そして、これはApollo for Edge AIでも再現されることでしょう。

Rodney Nelson

素晴らしいですね。Dave、次はあなたにお願いします。

Unidentified Analyst

Louis氏からの質問ですが、Palantirの株式ベースの報酬について、四半期ごとに浮動株を増やすことで会社の総株式数をさらに希薄化させ、どれくらいの期間でEPSに大きな影響を与えるのか、説明していただけますか?

Dave Glazer

ありがとう、Louis。完全に希薄化された株式数を見ると、当社の希薄化は非常に低いものです。今年に入ってからの完全希薄化後の株式数の増加率は10分の2以下で、非常に低くなっています。

SBCに関しては、今後数年間で、この未処理分を処理していくことで正常化していくでしょう。同時に、トップラインの成長と組み合わせることで、収益性の向上に向けて引き続き前進していきます。

Shyam Sankar

私からも補足させていただきます。もちろん、Daveが言ったことはすべてここに書いてあります。20ベーシスポイントは、私たちが希薄化を管理する規律を示しています。しかし、ちょっとだけ拡大して考えてみると、そもそもなぜ株式ベースの報酬があるのか、ということになります。

株式は、基本的な投資家である従業員の連携です。私たちは、率直に言って、従業員には会社の価値を高めるために長期的な視野に立って一生懸命働いてほしいと思っています。ですから、株主価値を最大化するために、今後も従業員に株式を付与し、会社の重要なアップサイドを共有する機会を提供していきたいと考えています。

Rodney Nelson

素晴らしいですね。デイブ、よろしくお願いします。

Unidentified Analyst

Jason B. さんからの質問ですが、ポップ・カープはなぜ株を売り続けているのでしょうか?

Dave Glazer

Jasonさん、ご質問ありがとうございます。また、Pop Karpについてのご質問もありがとうございます。ここではアレックスと呼んでいます。まず、アレックスは当社の大株主の1人ですが、彼は12月末に期限切れとなる大規模なオプションを2つ付与されていて、それは延長できません。そのため、彼がオプションを行使すると、株式を保有したまま行使するために、非常に大きな株式残高が発生することになります。

その結果、税金を利用した売却や、彼が保有し続ける株式に対応する多くの権利行使が行われています。この後も、彼は当社の大株主の一人であり続けます。詳細に興味がある方は、当社の報告書をご覧になってください。

Rodney Nelson

いいですね。Shyam、通話を開始する前に、次の質問に答えてください。

Unidentified Analyst

Emilからの質問ですが、Palantirのソフトウェアを使用した経験が求人情報に多く見られるようになりました。ソフトウェアの使用方法やアクセス方法について、コースやチュートリアルを作成することを検討していますか?それについてコメントをいただけますか?

Shyam Sankar

ありがとう、エミール。確かに、契約社員としての経験を必要とする職種の求人数は日々増加しており、それは本当に加速しています。現在、15社の大手システムインテグレーターファウンドリを中心に採用、トレーニング、業務構築を行っており、これらのシステムインテグレーターファウンドリを中心に10億ドル規模のビジネスラインを構築できるよう、しっかりとしたトレーニングを提供しています。しかし、ご質問のように、私たちはここでさらに多くのことをしたいと考えています。特に、経済の再起動と完全雇用の回復を支援する仕事をしたいと思っています。

そこで私たちは、米軍や同盟国軍の退役軍人、個人株主、そして私たちが事業を展開する市場で失業している人たちに、ファウンドリーのトレーニングを無料で提供することを計画しています。私たちはこれをとても楽しみにしています。そして、これが再起動と再開に意味のある貢献をすることを期待しています。この件に関する詳細は、今後数週間のうちにお知らせします。

Rodney Nelson

いいですね。では、質疑応答の時間にしましょう。

Chris Merwin

そうですね。私の質問にお答えいただきありがとうございます。商業部門についてお聞きしたいと思います。前四半期に比べて成長率は改善しているようですが、それでも20%を下回っています。しかし、ファウンドリーのモジュール化など、御社が取り組んでいることはたくさんありますが、それがお客様にどのように響いているかをお聞きしたいと思います。

そして、質問の2つ目は、顧客の追加についてです。当四半期は、商業部門で11社の新規顧客を獲得したようですね。これはほとんどがIBMからのものなのでしょうか、それともあなたの直販部隊によるものなのでしょうか?ありがとうございます。

Kevin Kawasaki

ありがとうございます。ありがとう、クリス。そうですね、コマーシャル・ビジネスはますます勢いを増しています。先ほど述べたように、米国では72%の成長を遂げました。このように、経済が発展している地域では、驚くほどの牽引力を発揮しています。前四半期には50人のセールススタッフを採用しました。活動の面では、米国と英国における適格なビジネスチャンスの数が2.5倍、商用パイロットの数が2倍になり、モジュール化やアーキタイプに関連して行った製品投資が活動の増加につながっています。

これらの投資が活動の活発化につながり、米国でのパイロット販売を大幅に増やす原動力となっています。また、チャネル戦略は、より多くのお客様を獲得するのに役立っています。IBMとのパートナーシップでは、開始から16日で最初の取引が成立しました。このように、この地域には大きな勢いがあり、今後も投資を続けていく予定です。

全体的に、私たちは非常に興奮しています。欧州では引き続き案件を獲得しています。Pharencia、ヨーロッパのLilium、Fuzhou、Engiなど、勢いのある案件が続いています。また、ヨーロッパがオープンし、パンデミックを乗り切ると、米国で見られたような追い風がヨーロッパでも期待できます。

Chris Merwin

どうもありがとうございました。

Brent Thill

どうも、ありがとうございます。ジェフリーズのブレント・ティルです。官公庁向けビジネスについては、COVID後の持続的な強さについて多くの疑問があります。以前、COVIDによって多くの会話の扉が開かれたとおっしゃっていましたが、それはかなりの量のロングテールであると思います。今後の展望についてお聞かせいただけますか?ありがとうございました。

Shyam Sankar

ありがとう、ブレント。確かにそのとおりです。COVIDをきっかけに始まったことはたくさんありますが、それらの多くはCOVID対応そのものとは関係ありません。実際、何かを納品しなければならず、それも数日で完成させなければならなかったので、多くのお客様は、オーダーメイドやカスタムビルドのアプローチでは間に合わないことを知り、より早く購入できるソリューションが有効かどうかを市場で判断することができたのです。

もちろん、国家核安全保障局との仕事はCOVIDとは直接の関係はありませんが、これによって確実に加速されています。医療、国防総省、民間機関など、米国内外での仕事が加速しています。また、米国ではパイプラインが継続的に構築されていることも確認しています。

今年の下半期から来年にかけて、防衛関連の活動が活発になると予想しています。私たちは、11の戦闘司令部とともに世界的な情報支配の実験に参加していますが、これは私たちがここで構築した接触の間には見えなかったものです。このようなことが次々と行われていることに、とても興奮しています。

また、Apollo for Edge AIについて考えてみると、私たちが見ているほとんどの機能は、リストアップされた頃には存在していませんでした。

Keith Weiss

素晴らしいですね。特に新規の法人顧客が加わったことで、非常に素晴らしい四半期となりました。私は、利益率の面で質問があります。また、残りの期間における費用の増加をどのように考えるべきでしょうか。

では、デビッドさんにお聞きします。第1四半期のフリーキャッシュフローは1億5,000万ドル近くになりましたね。通年でもこの数字を目標としていますね。この数字を参考にして、年間を通してのオペレーションコストのブランドをどのように予想すべきでしょうか。

また、今後どのように考えていけばいいのでしょうか?また、30%以上の成長を維持するために、Palantirの今後2、3年の投資哲学を教えてください。

Dave Glazer

その通りです。ご指摘のとおり、当四半期は非常に好調で、売上高は49%増、調整後のフリーキャッシュフローマージンは44%、調整後の営業利益率は34%でした。費用面では特に注目すべき点はありません。トップラインが貢献しているのは明らかです。

全体として、この結果には非常に満足しています。これは、基本的なユニットの経済性を示しています。第2四半期については、売上高は43%増と非常に好調で、営業利益率は23%となっていますが、同時に事業への投資も積極的に行っています。また、再開にも力を入れるつもりです。会社をオフィスに戻し、人々を集め、文化に焦点を当てることが本当に重要だと考えています。

Alex Zukin

お待たせしました。質問をありがとうございました。はっきりとお聞きしたいのですが、皆さんが行っているレップの採用を考えると、民間部門の収益成長に対する信頼度は高いですよね。商用部門のパイロットの数と、公表されている収益の伸びとの乖離について教えてください。また、これらのパイロットが収益に変わるのはいつですか?その転換のタイムラインはどのように見えているのでしょうか、など。

Kevin Kawasaki

そうですね。私たちは、採用が順調に進み、タイヤが急成長していることに非常に興奮しています。また、フライホイールのような加速が見られ、ランプが早くなり、収益につながる活動が早くなっています。このように、私たちは非常に強気であると感じており、それを目の当たりにしています。

製品のモジュール化やアーキタイプへの投資により、パイロット版の期間が短縮されています。

これにより、コスト効率よく製品を流通させ、パイロット版を完成させ、収益を上げるための能力が大幅に向上しています。このようにして構築したセールスフォースは、非常に高い利益を上げています。私たちは、ここでさらに活動を続けていきたいと考えています。

下半期にはさらに加速していくと思います。また、コンバージョンについても、非常に満足しています。2月1日以降に獲得した2.5倍の適格なパイプラインについて考えてみると、試験的に2倍にしたうちの約3分の1がすでに何かにつながっていることがわかります。このように、大きなパイプラインを構築していく中で、ファネルの流れには満足しています。

さらに、製品への追加投資や実行中のロードマップと組み合わせれば、これらすべての面で加速が続くと確信していますと述べています。

 

🌟まとめ

・うーん、難しいですね🤣

・ただ、Big dataの活用は今後の大きなトレンドであると思っています。Big dataを活用する企業は多々ありますが、米国を中心に政府にも事業展開している安心感というものはあるのかなという気がします。

・使い勝手がどうなのかがBig dataを扱う企業にとっては大事だと思うのですが、技術関係のことはよくわかりません。

・面白い銘柄であるとは思うので、決算続く限りはholdしたい。

$TDOC 銘柄分析

遠隔診療を手掛けるTDOCについてです。

日本ではあまり進んでいない印象ですが、糖尿病など慢性疾患に関しては処方を定期的に受ける必要があり、そういった面ではオンラインで済ますことができるのは大きなメリットと考えます。

救急現場に携わる者としては、不要な救急要請や夜間帯の救急受診が減り、医療費の軽減につながることに期待したいところです。

一方で、慢性疾患を抱える患者の多くは日本では高齢者であり、他国でも遠隔診療を上手く高齢者が扱えるのかという問題は残りそうかなという気がします。

その点、若年者にも多いメンタルヘルスの問題にTDOCが介入しているのは凄いことだと思います。

 

○事業内容

・まとまっていたサイトより引用です。

strainer.jp

kysu.jp

note.com

 

○Telehealth市場について

・遠隔診療事業については25%のCAGRでの成長が見込まれているようです。

www.globenewswire.com

www.globenewswire.com

・現在のmarket shareがどのようになっているかは確認できませんでしたが、病院がたくさんあるように、遠隔診療を担う企業が複数あること自体は問題ないと思います。

 

○決算

f:id:reostock:20210728215635p:plain

2021年Q2

f:id:reostock:20210728220414p:plain

f:id:reostock:20210728220517p:plain

参考までに2021年Q1

f:id:reostock:20210728220644p:plain

f:id:reostock:20210728220710p:plain

2021年Q2 Earning call

note.com

 

🌟まとめ

・相変わらずの決算missですね(笑)

・Primary360というプライマリーケアについてはどこまで有意義かは正直悩みます。個人的にはプライマリーケアは直接会って診察してという過程に意味があるように思うので、問診だけでは限界があるのかなと感じます。ただ、不要な医療機関受診による病院混雑が避けられて、医療機関受診のハードルは下がるような気がします。

www.eisnetwork.co

・力を入れているmyStrength Completeによる精神症状のある患者へのアプローチはTelehealthに向いていると思うし、リボンゴが出がけていた糖尿病など慢性疾患の管理・投薬などもTelehealthに向いていると思うので、1人の医療者としては事業としては良い方向に向かっていると感じます。

・また、マイクロソフトとの協力関係により、臨床医がTelehealthと臨床データを切り替えずに使えるのは医者側からしたらかなり楽だと思うし、自分がTelehealthをやるならそういう環境が良いなと思いました。

・決算を受けてさらに株価が下がっているのは個人的には気になります。PSR10倍って(笑)

f:id:reostock:20210728224610p:plain

 

$BMBL 銘柄分析

出会い系のBMBLです。

IPO後の決算はmissしておらず、After COVID銘柄として注目しています。

 

○事業内容

・まとまったサイトを引用。

note.com

 

○市場

・米国でのmarket shareにおいてBMBLは2番目ですね。

f:id:reostock:20210728210233p:plain

www.businessofapps.com

・上記サイトより、デートアプリの売上や使用者は世界的に増加傾向。

f:id:reostock:20210728210357p:plain

f:id:reostock:20210728210418p:plain

 

○決算

f:id:reostock:20210728210645p:plain

2021年Q1

f:id:reostock:20210728214006p:plain

2021年Q1 Earning callより(DeepLで翻訳)

Whitney Wolfe Herd

ブリンレア、そして皆さん、第1四半期の決算説明会にご参加いただきありがとうございます。バンブル社では、すべての人間関係が健全かつ公平である世界の実現を目指しています。私たちは、製品やエンジニアリングからマーケティングに至るまで、すべての核心に安全性を置いており、ミッションに対する私たちのコミットメントは、第1四半期の好調な業績に反映されています。パンデミックの後、世界はかつてないほど、つながり、愛、友情、コミュニティを求めているため、当社のミッションは引き続き強化され、力強い形で共鳴しています。世界中で隔離が続いていますが、私たちは、孤独感を和らげ、人々が良い関係やコミュニティを見つける手助けをするという、非常に重要な目的を果たしていると感じています。

私たちは、オンラインデートとコネクションの分野での成長と、リーダーとしての地位を維持していることに興奮しています。私たちは、自分たちが人々の生活に影響を与えていることに意欲を感じています。人々が愛を見つけ、家族を築き、友情を育み、苦難の時にコミュニティを見つけるというストーリーを大切にすることが、私たちの究極の原動力です。私たちは、自分たちの成長と影響を与える旅の始まりに過ぎないと信じています。私たちは、世界中のデートや友達探しの市場の氷山の一角を切り取ったに過ぎず、私たちの国際的な成長は、私たちのメッセージが文化や言語を超えて共鳴していることを示しています。私たちは、友情の領域が次の社会的成長の地平であると考えており、女性やあらゆる性別の人々に信頼されるブランドと製品を構築するために何年も投資してきた私たちが、このカテゴリーのリーダーとして独自の地位を築いていると確信しています。

長年にわたり、マーケティング、製品、ブランドストーリーの形成に細心の注意を払ってきたことで、ユーザーがデートから友情へと移行するための自然でシームレスな橋渡しをすることができました。そして、愛を語らない人たちは、プラトニックな関係を求めてBumbleにやってくるのです。これは、この分野では初めてのことであり、強力な競争力となっています。決算の話に入る前に、COVIDをめぐって世界中の何百万人もの人々がいまだに直面している苦難について、少し触れておきたいと思います。インドやブラジルなどの国々は、パンデミックの中でも最も深刻なCOVIDの急増の真っ只中にあります。この壊滅的な波は医療システムを破壊し、これらの国を危機に陥れています。私たちは、これらの国のチーム、家族、友人、そしてこの進行中の悲劇に影響を受けたすべての人々に同情し、彼らの一日も早い回復を願っています。

さて、ここからは決算の概要についてご説明します。昨年後半の勢いを受けて、第1四半期の売上高は前年同期比43%増の1億7,100万ドルとなり、「バンブル」アプリの売上は61%増加しました。有料ユーザー数は前年同期比で30%増加しており、コミュニティを継続的に拡大していることを示しています。調整後のEBITDAは4,600万ドルで、マージンは27%でした。当社の業績と第1四半期の勢いは、ウーマンファーストブランドと当社の使命の強さを証明しています。当社のブランドとミッションの力は、設立当初から当社の中核的な差別化要因となっています。これは、他社の製品機能や巧妙な広告キャンペーンでは真似できません。Bumbleだけが持っているものであり、だからこそ、新規のお客様もリピーターのお客様も、私たちのブランドに深く投資してくださるのです。

当四半期は、ミッション、安全性、女性に焦点を当てたストーリーを組み合わせることで、市場全体で顕著な成長を遂げることができました。このようなアプローチにより、第1四半期にトップの座を維持することができました。今後の展望としては、グローバルな成長、製品、安全性、技術、マーケティングへの戦略的な投資を行い、規模の拡大と収益化を推進し、収益性を向上させることに引き続き注力していきます。また、ブランドへの投資も継続します。当社のユーザーは当社のブランドと深く結びついており、ブランドは強力なマーケティングツールとなっています。これにより、ユーザー数の増加と強力なユニットエコノミクスを実現しています。第1四半期の好調な業績は、これらの取り組みの直接的な成果です。

第1四半期、当社のチームは、BumbleアプリとBadooアプリの両方で革新的な取り組みを続け、ユーザーのエンゲージメントとリテンションを顕著に向上させ、その結果、有料ユーザー数が大幅に増加しました。例えば、Bumbleアプリでは、150以上の新しいバッジを追加し、価値観や特徴、旅行などのカテゴリーを設け、メンバーが自分にとって重要なものを強調できるようにしました。このバッジは、相性を判断するための有用な指標となります。また、新規登録メンバーの40%以上がこのバッジを採用し、これらのユーザーのマッチング数が2倍になりました。

また、プロフィールバロメーターを追加しました。このバロメーターは、メンバーのプロフィール完了までの進捗状況を表示し、メンバーがさらにプロフィールを記入する動機付けとなります。このような機能強化は、全体的なユーザー体験を向上させるとともに、メンバーのエンゲージメントと維持を促進します。同様に、Badooでは、ユーザー、特に女性の体験を向上させるいくつかの機能を導入しました。例えば、女性が男性メンバーに対して、関係を深める気がないことを簡単に伝えることができる「デンタル・レット・ダウン」を導入しました。これにより、新規女性会員の1日目の定着率が向上しました。

安全性と説明責任は、私たちのビジネスの基盤であり、設立当初からのものです。安全性を最優先するという中心的なコミットメントに沿って、1月にはセーフティセンターを開設し、メンバーが身体的・心理的な安全に関連する記事、リソース、パートナーシップにアクセスできるようにしました。これは、安全に関する当社の使命を再確認し、すべてのユーザーが優しさ、尊敬、平等という当社の価値観を維持するための重要なステップです。また、新しいコミュニティガイドラインを制定し、アプリ上でのボディシェイミングを明確に禁止しました。Bumble社のミッションは、常に尊敬と優しさに根ざしたプラットフォームを構築することです。これは、当社のアプリをコミュニティにとってより安全なものにするための、業界をリードするステップです。

私たちは、インターネットが誰にとってもより安全で優しい場所になることを願って、法律に積極的に焦点を当て、アプローチすることで、私たちのプラットフォームだけでなく、お客様のために提唱し続けています。また、デートだけでなく、新たなソーシャルカテゴリーへの展開にも注力しています。すでに述べたように、当社は今年、友人発見プラットフォームであるBumble BFFへの注力を強め、製品開発に向けた取り組みを加速させる予定です。この作業は現在進行中で、まだ初期段階にあるところです。3月にBFFでコンタクトを開始した女性の90%以上が、少なくとも1人のマッチを見つけました。また、第1四半期中、BFFの平均利用時間は、女性で44%、男性で83%伸びており、ここに大きなチャンスがあると考えています。BFFは、さまざまなライフステージでコミュニティや友情を求めている人々のためのサービスです。今日のエンゲージメントの高さを見てもわかるように、ヤングプロフェッショナルコミュニティ、子育てコミュニティ、離婚期、更年期を迎えた女性、さらにはBumbleで成功した恋愛相手を見つけたが、今は新しい友達を探している人など、いくつかの新しいコミュニティができています。私たちは、節度ある安全性、包括性、説明責任をこの製品の再出発の舵取りに約束しており、今年の後半に進捗状況をお知らせすることを楽しみにしています。

次に、収益性の向上について簡単にご説明します。第1四半期のグループ全体のARPPUは、前年同期比で13%増加しました。前回の決算説明会でもお伝えしましたが、当社の第2の収益層であるBumble Premiumは、iOSでグローバルに提供されています。第1四半期は、Bumble PremiumのAndroidユーザーへの展開を継続し、オーストラリア、英国、カナダ、米国では完全に稼働しました。これまでに得られた結果に引き続き満足しています。すべての中核市場において、ARPPUにプラスの影響があり、さらに最適化する機会があります。2021年末までに全世界での展開を完了させるという目標は変わっていません。価格設定に加え、マネタイズ機能を改善・強化するための実験も続けています。例えば、Bumbleでテストしている新機能の一つに、アドバンスド・フィルターがあります。これは、有料ユーザーが自分の好みを指定することで、検索結果をよりカスタマイズできるようにするものです。また、収益の増加と新しいタイプのエンゲージメントを促進する可能性のある、次世代の消耗品についても試しています。Badooでは、アプリ内での購入機能をいくつかテストしています。これにより、ユーザーがより多くの情報を得られるようになり、より早くマッチするようになります。

ブランドを有機的に構築することは、ユーザーコミュニティを地域的にも世界的にも成長させるための中心となります。これを実現するために、私たちは非常にきめ細かい草の根的なアプローチをとっています。私たちは、各都市でコミュニティを構築し、それぞれのユーザーグループに直接語りかけることに重点を置いています。ニューヨーク、ロサンゼルス、シドニーなど、都市ごとに展開された「Find Them on Bumble」キャンペーンは、さまざまな市場における当社のネットワークの深さを強調しています。同様に、当社の強みである、ユーザーそれぞれのニーズに合わせた製品やマーケティング活動を活用して、バンブル内に多様で包括的なコミュニティを形成しています。例えば、西ヨーロッパと米国では、LGBTQユーザーの増加率が平均を大幅に上回っています。

私たちは、COVIDが私たちのビジネスやデートの世界に与えた影響に適応し続けています。マッチングしたメンバーが、COVID期間中のデートの好みをアピールできる専用セクションを導入しました。「公園がいい」「マスクがいい」など、自分の好みをアピールすることができます。また、初のバーチャルデートソリューションをテストし、メンバーが楽しく安全な方法でお互いを知ることができるようにしました。ナイトインとは、アプリ内のデートで、マッチした相手がお互いにビデオデートやトリビアナイトを予定するものです。まだ始まったばかりですが、ユーザーの皆様からは大きな反響をいただいています。現在、多くのビデオチャットにナイトインの機能が搭載されています。また、87%のユーザーが「また利用したい」と回答しています。

私たちは、お客様のために、より包括的なデート体験を構築するために、この学習を重視しています。第1四半期中、多くの地域でロックダウンが行われていましたが、西ヨーロッパ、特にドイツとフランスでは、Bumbleの急速な成長と勢いが続いていました。例えば、ドイツのMAUは前年同期比で160%増加しました。また、フランスでは、今週再ローンチしたばかりですが、すでに成果を上げています。このプレイブックは、オランダやブラジルなどの地域でも活用しています。このことは、バンブルが世界中で必要とされ、求められていることを如実に示しています。しかし、パンデミックに関する不確実性や、ロックダウンやワクチンの配布に関して国ごとに見られる違いはまだ大きいです。私たちは、パンデミックの状況が変化したときに私たちの計画をよりよく理解するために、常に世界中のユーザーと話し、現在の状況にどのように対処しているかを聞いています。

例えば、米国では景気刺激策により、BumbleとBadooの両ユーザーの収益が一時的に加速しました。英国では、規制が解除されたことで、既存のユーザーのエンゲージメントが強化され、支払者とデイリーアクティブユーザーが増加しました。このような事例や他の類似した事例から、各地域の経済状況や健康状態の改善に伴い、潜在的な需要があると考えています。私たちは、イギリスと西ヨーロッパでのマーケティングキャンペーン「You've got this」で、このような楽観的で安心感のあるポケットに寄り添い、制限が緩和され始めたときにユーザーが再びデートを考える自信を持てるよう支援しています。

しかし、現地の状況は非常に流動的であり、予測不可能であることに注意を払っています。私たちは、パンデミックの影響を強く受けているユーザーに引き続きサービスを提供する一方で、ユーザーが実際に会いたいと思い始めたときに、迅速かつ効果的に対応できるようにすることに重点を置いています。パンデミックの状況にかかわらず、世界中の人々が愛を見つけ、つながりを持ちたいと願っており、Bumbleはそのために存在し続けます。結論として、私たちは、コミュニティ、製品、安全性、技術を向上させるための戦略的な投資を行い、大きな市場機会に対応していきます。Bumbleは単なるアプリではありません。私たちの使命は、すべての人のために健全で公平な関係を築き、その動きを後押しすることです。

以上、お時間をいただき、ありがとうございました。それでは、アヌに代わって当社の財務状況についてご説明いたします。

Anu Subramanian

ホイットニーさん、皆さん、ありがとうございます。今回もご参加いただきありがとうございます。まず、第1四半期の業績と主なハイライトのレビューを行い、その後、通期の見通しについてお話します。第1四半期は、非常に好調でした。当四半期の総売上高は前年同期比43%増の1億7,100万ドル、有料ユーザー数は30%増、グループARPPUは前年同期比13%増の19.99ドルに成長しました。なお、2020年第1四半期の収益は、購入会計に計上された繰延収益の900万ドルの減少による影響を受けています。

Bumbleアプリの収益は、前年同期比61%増の1億1,300万ドルとなりました。この成長は、有料ユーザー数の増加とARPPUの増加によるものです。バンブルアプリの有料ユーザー数は、前年同期比で44%増加しました。これは、有料ユーザー数が前四半期比で増加した北米と、国際的な地域の両方で、力強い成長が続いているためです。この成長には、2020年下半期にいくつかのマネタイズ機能と製品機能を導入したことと、2021年第1四半期に高度なフィルターなどの新機能を導入したことが貢献しています。BumbleアプリのARPPUは、前年同期比で12%増加しました。これは、第4四半期に比べて日数が少なかったことや、海外市場における支払者の構成比が高かったことによるもので、前四半期比では横ばいでした。

第1四半期は、Android向けBumble Premiumの展開を継続しており、これらのローンチ国におけるARPPUへのプラスの影響を引き続き確認しています。第1四半期のBadooアプリおよびその他の収益は5,800万ドルで、前年同期比18%増となりました。この成長は、Bumbleと同様に、有料ユーザー数が前年同期比で19%増加し、ブラジル、ロシア、米国などの国が大きく貢献するなど、有料ユーザーの普及率が大きく改善したことが要因です。当四半期を通じて、キャップやエクストラショーツなどのコア機能の再最適化に取り組んでおり、これがペイアー普及率の向上につながっています。BadooアプリのARPPUは、前年同期比で4%増加しました。

次に、当四半期の費用についてですが、株式ベースの報酬や一時的な取引関連費用の影響を除いた調整後の数値で説明します。当四半期の売上原価は、前年同期比横ばいの売上高比27%でした。当四半期の販売・マーケティング費用は売上高の24%で、2020年第1四半期の32%から減少しました。収益に占めるコストの割合は減少しましたが、総投資額は増加しており、収益の拡大に応じて営業レバレッジをかけることができることを示しています。当社は引き続き、北米と海外の両方で新規ユーザーの獲得に注力しており、「Find Them on Bumble」などのキャンペーンが第1四半期に好調に推移しました。販売費及び一般管理費は、売上高の12%と、2020年の13%に比べて若干減少しました。これは、旅費や娯楽費、オフィス関連の費用が減少したことによるものです。

調整後のEBITDAは4,600万ドルに増加し、調整後のEBITDAマージンは27%に拡大しました。当四半期には、株式ベースの報酬費用として4,600万ドルを計上し、2020年第1四半期の600万ドルから増加しました。この増加は、株式報酬の修正に加えて、IPO後に特定の業績基準の達成が早まったことによるものです。第1四半期には、繰延税金負債の解消に関連する4億4,200万ドルの一時的な税効果を含む、純利益を計上しました。この戻し入れは、IPOに関連して完了した海外事業の再構築に起因するものです。第1四半期に株式公開を成功させた後、3月にIPO資金の一部を増額タームローンの2億ドルの返済に充て、第1四半期末の現金総額は2億4,600万ドルとなりました。

来期および通期の業績見通しについてお話しします。2021年は、COVIDにまつわる不確実性を考えると、まだまだ予断を許さない年です。ワクチンの展開をめぐるニュースは間違いなく有望であり、これがさまざまな地域や国にどのような影響を与えるかを引き続き注視していきます。当社の見通しは、今年発売を予定している製品の特徴と市場拡大を現実的に反映したものです。私たちは、市場の状況や再開の状況を注視しています。また、機会があれば、マーケティングなどの分野への投資を適宜加速させていきたいと考えています。

このような背景から、第2四半期の売上高は1億7,500万ドルから1億7,800万ドルを見込んでおり、レンジの中間点で31%の成長率を達成します。調整後のEBITDAは4,200万ドルから4,400万ドルの範囲で、中間点で24%の利益率を見込んでいます。2021年通年では、売上高とEBITDAの両方の見通しを引き上げます。売上高は7億2,400万ドルから7億3,400万ドルの範囲で、中間点で25%の成長率を見込んでいます。調整後のEBITDAについては、1億7,700万ドルから1億8,200万ドルを見込んでおり、これは中間点で25%のEBITDAマージンに相当します。結論として、今年は好調なスタートを切ることができました。第1四半期の業績は、当社のコミュニティの成長と、目の前にある膨大な市場シェアを獲得するための投資を反映しています。私たちは、当社の事業の強さ、ユーザー数の増加、収益化、そして成果をもたらす能力に自信を持っています。以上をもちまして、質疑応答に移りたいと思います。

Shweta Khajuria

エバーコアのShwetaです。エンゲージメントの傾向についてお聞かせください。ホイットニーさんも触れられていましたが、インドやブラジル、ヨーロッパに比べて経済が開放的なアメリカで、エンゲージメントやユーザーの支払い傾向をどのように見ているのか、もう少し詳しく教えてください。また、第1四半期だけでなく、第2四半期までに何か目立ったことはありましたか?2つ目の質問は、溜まっている需要があるかということです。再開や需要の高まりによる影響は、通期の見通しに反映されていますか?もしそうであれば、その根拠を教えていただけますか?

タリク・シャウカット

質問の最初の部分は私が担当し、後の部分はアヌにお任せします。ホイットニーさんがおっしゃったように、米国では経済が少しずつ回復し、予防接種の普及や健康状態の改善に伴って、エンゲージメントが高まる兆候が見られます。特に、私たちは大規模なインストールベースを持っていますが、リエンゲージメントレベルの上昇傾向が見られます。つまり、パンデミック中に退会していたユーザーが再び戻ってきて、プラットフォームのアクティブユーザー数が確実に増加しているということです。また、既存ユーザーのプラットフォーム上でのエンゲージメントも増加傾向にあります。例えば、第1四半期のメッセージ送信数は、COVID導入前に比べて約10%増加しました。

このように、米国では高水準のエンゲージメントが得られており、米国でのエンゲージメントが向上し、市場に参入するユーザーが増えていることは間違いありません。しかし、これらの発言からも明らかなように、これは非常にローカルな現象であると思います。経済状況の変化により、都市ごと、郡ごと、州ごとに変化しています。これは当社のデータだけでなく、OpenTableが発表しているレストランの予約状況や、人々が実際に会う機会の多さなどを見ても、非常に都市ごとに差があることがわかります。私たちも同じ傾向を見ています。予防接種が進み、経済が再開されていく中で、私たちは楽観的に物事を考えています。しかし、それがいつ実現するのかは、まだ少しわからないと思います。それが米国の課題です。

世界的に見ても、同じような傾向が見られます。世界的に見ても非常に似た傾向が見られます。ワクチン接種のレベルが高く、その他の方法で再開している市場に目を向けると、非常にポジティブな傾向が見えてきます。例えば、イスラエルのようにワクチン接種率が非常に高い国では、非常に急速な成長が見られます。イギリスでは、これまで行われていたロックダウンが緩和され始めたため、上昇傾向にあります。このように、潜在的な需要があることは確かです。ユーザーからは、歴史的なレベルの需要があるとの声が寄せられています。外に出て人に会いたいというニーズは本当にあります。ただ、いつなら安全なのかを見極めようとしているのです。そして、機会があればそれを利用しているのです。

COVIDに関する最後のポイントは、パンデミックの最中にも非常に高いレベルのエンゲージメントが見られ、市場の自由化に伴い、より多くの人々が基本的に市場に参入していることです。パンデミックで得られたエンゲージメントの向上は、市場が開放されても持続すると信じています。アヌさん、第2部をお願いします。

Anu Subramanian

2つ目の質問は、当社の見通しに何が組み込まれているかという点です。先ほど申し上げたように、今日、見通しに盛り込んだ内容は、下半期に起こることを現実的に反映したものです。先に述べたように、当社には国際的な事業拡大計画があり、それが今年の見通しに組み込まれています。それが数字に反映されているのです。念のため申し上げますが、2020年の下半期は非常に好調で、例えば第3四半期と第4四半期の成長率は30%近くに達していました。そのため、21年下半期の前年比成長率を20年下半期と比較する際には、この点も考慮に入れる必要があります。

Nick Jones

非継続的なソリューションであるBFFについて、もう少し詳しく説明していただけないでしょうか。さらなる投資があるようですが、前四半期に考えていたよりも多いのではないでしょうか。それから、次世代の消耗品に関するコメントが面白いと思いました。その機会についてもう少し詳しく説明していただけますか?

Whitney Wolfe Herd

友情というのは、先ほど話したように大きなチャンスです。2012年当時のオンラインデートの状況を考えると、友人探しのためのコミュニティには需要があります。私たちの製品を利用しているユーザーは、本物のオーガニックな方法で友人を探していることがわかります。そこで、今回の投資についてお話しすると、まず第一に、製品のリニューアルを行っています。現在作業中のため、あまり詳しい情報は開示できません。しかし、私たちは本当に根本的に、この製品が、シームレスな方法で相手を見つけるために使われるように調整され、設計され、適切に再投資され、それに沿って販売されるようになれば、プラトニックなつながりを見つけに来る人が急増するだろうと信じています。そのため、この分野への投資に関しては、詳細を明らかにすることはできませんが、社内のすべてのチームで優先順位が高いことは確かです。

Tariq Shaukat

消耗品の話ですが、これにはいくつかの違いがあります。1つ目は、プレミアムアプリとして、短時間の体験ではなく、有料の体験であると考えてもらうには、心理的な障壁があることを認識していることです。特にアジアの一部の国やその他の地域では、サブスクリプションへの入り口としての消耗品をベースにしたモデルが非常に重要であり、長期的にサブスクライバー率を高めることができると考えています。当社の消耗品戦略の一部は、この考え方に基づいています。もうひとつは、定額制モデルでは実現できない新たな付加価値サービスを提供することで、お客様の体験をさらに豊かにすることができると考えていることです。例えば、「SuperSwipes」では、スワイプすることで視認性を高めることができます。他にも楽しい遊び心のある方法で、体験の中で自分を少しだけ目立たせることができると考えています。そこで、BumbleとBadooの両方で、そのようなさまざまな機会をテストしています。これらは、ARPUを増加させるだけでなく、時間の経過とともに、加入率の増加にもつながると考えています。

Cory Carpenter

質問を1つに絞らせていただきます。バンブルアプリの製品全般について、もう少しお話を伺いたいと思います。特にプレミアム層については、展開や採用が予想に反してどのように進んでいるのか、ARPUや更新率はどのようになっているのかを聞きたいです。また、プレミアム以外の幅広い製品ロードマップと今年の残りの計画についてもお聞かせください。

Whitney Wolfe Herd

質問の前半はアヌが担当し、その後、幅広い製品計画について私が説明します。

Anu Subramanian

Bumble Premiumについては、先ほど申し上げたように、Androidの世界展開を開始し、これまでに4カ国で展開しています。前回お話ししたように、11月と12月にiOSでサービスを開始した際には、強力な採用が見られました。Androidでも同じような数字が出ています。ですから、この展開には引き続き満足しています。もちろん、展開を完了するにはまだ長い道のりがあります。この点については、今年中にさらに検討を進めていきます。

Whitney Wolfe Herd

そして、より広範な製品展開に関しては、お客様の声に真摯に耳を傾けています。これは私たちにとって基本的なことです。私たちは、お客様がこの体験に何を求めているのかを問いかけています。この1年半、パンデミックの影響で生活が変化し、ニーズも変わってきました。そのため、家庭での生活から一般的なデートへの移行に向けて、継続的に再投資を行っています。また、安全で説明責任を果たしつつ、シームレスな体験を提供するエンジニアリングの最前線にいることを確認しています。さらに、お客様が探しているものをカスタマイズできるようにし、お客様のニーズにきめ細かく対応しています。18歳の女性が求めるものと、50代半ばの女性が求めるものはまったく異なります。バンブル製品の未来は、お客様に合わせてカスタマイズし、お客様が求めているものを提供することにあります。私たちの強みのひとつは、お客様の声に耳を傾けることだと思います。これは私たちが多くの時間をかけて取り組んでいることであり、今後、製品の機能やロードマップを進化させていく際の指針となるものです。

John Blackledge

Bumbleアプリの大きな拡大戦略の1つは、英語圏以外の市場での普及率を高めることだと思います。それがどのように進んでいるのか、説明していただけないでしょうか。

Tariq Shaukat

おっしゃるとおり、「バンブル」については、第1四半期は西ヨーロッパへの展開を重視し、第2四半期も継続しています。ホイットニーとアヌが言ったように、ドイツだけでなく、ヨーロッパ全体のドイツ語圏の市場で、前年同期比3桁台の非常に高い成長を遂げています。フランスでは、ベネルクス地域でも引き続き非常に高い成長を遂げています。また、北欧の一部でも、引き続き投資を加速しています。欧州の非英語圏の市場については、月間アクティブユーザー数と支払者への浸透率の両方において、進展が見られており、非常に満足しています。また、東南アジア地域への投資も継続しており、インドネシアやフィリピンなどの市場ではアクティブユーザー数が非常に好調で、メキシコやブラジルなどの中南米地域でも力強い成長が見られます。このように、第1四半期と第2四半期は、バンブルの価値提案が、英語圏だけではなく、西欧や東南アジア、さらにはインドネシアのようなイスラム教徒の多い国やラテンアメリカでも有効であることを示していると思います。私たちはこの結果に非常に満足しており、今後も継続して投資を行っていきます。

Whitney Wolfe Herd

最後に1つだけ補足しておきます。私たちが何年も前から言ってきたことを、今回の結果が如実に示していると思います。世界中の女性が、健康的で、尊敬に値する、公平なつながりを求めています。そして、私たちが築き上げたブランドは、製品同様、世界中で共鳴しています。タリクが言ったように、このことは多くの国で証明されつつあり、私たちはこの先の展開に大いに期待しています。繰り返しになりますが、私たちは国際的な成長ストーリーの初期段階にあり、この四半期が続く間に非常に楽しみにしています。

Lauren Schenk

第2四半期のガイダンスの中で、バンブルアプリとBadooの収益をどのように考えるべきか、またバンブルアプリの有料ユーザー数とARPUの傾向について、何か追加の情報があれば教えていただけないでしょうか。

Anu Subramanian

まず、ご質問の後半部分から始めます。BumbleとBadooの2つのアプリでは、有料ユーザーを増やすことに重点を置いています。この2つのアプリについては、製品の観点から多くの作業を行い、有料会員の普及率を向上させ、結果として有料会員を増やすことを目指しています。この取り組みは第2四半期も継続しており、今回の数字にも反映されています。ARPPUに関しては、bumble premiumが世界の多くの地域でAndroid版の発売を予定しています。そのため、第2四半期のバンブル・プレミアムの売上に影響があると考えています。Badooについては、第2四半期に予定されているARPPUの大きな取り組みはないと思います。しかし、Bumbleについては、確かに成長に焦点を当てています。

Deepak Mathivanan

顧客獲得についてお聞きしたいのですが。多くの分野が回復し始めているため、様々なチャネルで広告価格がかなり上昇しているようです。しかし、あなた方の場合、オーガニック・トラフィックの比率が高いことは知っています。しかし、有料のマーケティング戦略は、今、どのように変化しているのでしょうか。また、今年の残りの期間のマーケティング費用をどのように考えるべきでしょうか?

Tariq Shaukat

おっしゃるとおり、当社の顧客獲得の多くは、新規顧客の約80%がオーガニックな方法で獲得されています。つまり、口コミやブランド活動、インフルエンサーの活動などがそうです。そのため、多くのチャネルで見られる広告費の増加から免れている部分もあります。これは、戦略的な観点から、今後も継続して取り組んでいきたいことです。パフォーマンス・マーケティングの面では、非常に機敏なマーケティングチームを擁していますが、iOS 14.5の展開やIDFAの変更など、少し複雑な状況になっています。この影響を判断するのはまだ早いですが、注意深く見守っています。現時点では、日々の最適化以上に重要な変更はありませんが、Appleが展開しているいくつかの変更がどのような影響を及ぼすかを判断するには、まだかなり早いと思います。

John Egbert

バンブル・プレミアムを新たな国際市場で展開するにあたり、その市場のユーザーの反応を見ながら、プレミアム・メンバーシップの価格帯や機能セットを調整していますか?また、その延長線上で、特定のプレミアム機能や消耗品に対する需要が、ある市場と別の市場では顕著に異なることはありますか?

Tariq Shaukat

確かに現在の焦点は、プレミアムをパッケージとしてグローバルに展開することです。私たちは、特定の市場での弾力性や、異なる市場での支払い意思を理解するために、価格帯を調整しています。私たちは、支払い者への普及率やARPPUではなく、収益の最適化に向けて、常に最適化の努力をしています。しかし、これは当社の収益チームが日々行っている作業であり、現時点では、機能セットではなく、価格帯と支払者層の最適化に重点を置いています。先ほどお話しした消耗品戦略の一環として、市場ごとにもう少し柔軟性を持たせることも考えています。少し話が逸れますが、例えばインドのような市場では、BFFが日付指定の製品への強力なオンランプとなっていることが分かっています。米国のようにオンラインデートが一般化している市場とは異なり、インドではオンラインデートへの導入を容易にするさまざまな製品を提供することができます。そのため、今は定額制の製品よりも、機能を充実させるための消耗品を検討しています。

Dan Salmon

ホイットニーさん、Bumbleの強みの一つは、女性へのファーストメッセージや写真認証など、出会い系アプリの中でも安全性と信頼性の高さにあります。現在、競合他社がこの分野にもう少し積極的に投資しているのを目にしています。現段階では、安全性と信頼性がより重要になってきていると思いますが、この分野での従来の差別化は、今後ますます重要になってくるのでしょうか、それともそうではなくなってくるのでしょうか?

Whitney Wolfe Herd

ご質問ありがとうございました。質問していただいてうれしいです。これは私たちにとってとても重要なことです。ブランドと少し似ていますが、信頼と安全は信じられないほど本物であり、基盤となるものです。私は誰かを非難しているわけではなく、私たちの強みを強調しているだけです。それは安全性であり、女性のお客様を守ることであり、本質的にすべてのお客様を守ることです。だからこそ、私たちの基盤の上にこの機能を追加するために、特定の投資枠を確保する必要はないのです。私たちが行うすべての投資は安全です。私たちが行うすべてのことは、お客様を保護し、平等を求めて戦い、親切でより説明責任のあるエコシステム環境とインターネットのために戦うことです。

そして、それが本物で自然なものであれば、追加の投資をする必要はありません。それは私たちの日常のプロセスの一部なのです。だからこそ、これからも私たちの活動を見守っていただきたいと思います。私たちの行動、ロードマップ、マーケティング課題は、優しさ、説明責任、安全性に根ざしており、これこそが私たちのブランドが私たちのブランドである理由です。そしてこれは、先ほどの質問のうち、マーケティングミックス、広告とオーガニックのペイヤーミックスについての質問にもつながります。バンブルが有機的に成長する理由は、初日からこれを行ってきたことでお客様からの信頼を得ているからであり、それが私たちらしさでもあるのです。

Steve Koenig

昨年のARPPUの増加に対して、今期はARPPUの増加が見られ始めていますが、これはすべて有料ユーザーによるものです。これに貢献しているものの詳細と、今後の見通しについて教えてください。また、そのほとんどがBumbleプレミアム層なのでしょうか、それとも他にも貢献しているものがあるのでしょうか?

Anu Subramanian

はい、その通りです。バンブル・プレミアムは、昨年の第4四半期に発売され、当社の標準的な製品となっています。今のところ、これは間違いなくARPPUのための製品です。これまでにも、より多くの人をファネルに入れるためのイネーブラにしたいという話をよくしてきました。しかし今は、バンブル・ブーストと呼ばれていた低価格帯のユーザーがバンブル・プレミアムに移行することに集中しています。現在、当社のお客様の3分の2以上がバンブル・プレミアムであり、それがARPPUの数字に反映されているのです。

Mike Ng

モバイルプラットフォームの料金の将来性について、最新の考えを教えていただけないでしょうか。また、ガイダンスの中で、Google Playストアの変更についてどのような想定をしているかを教えてください。

Anu Subramanian

今年の第4四半期に予定されているGoogle Playの変更案については、Google社との話し合いを続けています。10月に入ってからも話し合いは続いており、実際にどのような形になるかはまだ流動的です。そのため、具体的な内容については、わかり次第お知らせします。現在のガイダンスでは、Google Playからの影響を低めに想定していますが、これはGoogle Playからの影響を織り込み済みのものです。

Brent Thill

アヌさん、ガイドについてですが、多くの質問があると思います。第1四半期の成長率は43%でしたが、通期のガイドは25%となっていますね。私たちは皆、下半期が厳しくなることを認識していると思います。しかし、600万ドルの上乗せと800万ドルの上方修正、そして全体的な需要環境が改善していることを考えると、皆が理解しようとしているのは、成果が出ていない何かが起きているのではないかということです。しかし、下半期に向けた全体的な見通しの中で、なぜ変化が見られないのでしょうか?

Anu Subramanian

挨拶でも述べましたが、当社の見通しは、現在の状況に対する当社の見解を反映していると思います。慎重に楽観的な見方をしています。先ほどTariqが言ったように、市場がオープンする時期と、人々が実際にデートのエコシステムに積極的に参加し始める時期との間には、必ずしも完全な相関関係はないと思います。ですから、多くの市場で状況はまだ流動的です。ですから、今後の状況を見守るしかありません。我々は第2四半期の状況に満足しており、それはここにある第2四半期のガイドに反映されています。先に述べたように、第3四半期と第4四半期は、2020年後半の驚異的な成長を考慮すると、難しい比較対象となります。また、2020年の第2四半期から、多くのマネタイズ機能を導入しています。このような理由から、今日ご覧いただいているような数字になっているのです。

Andrew Mark

Badooについては、1QのARPPU増加の要因について教えてください。具体的に何か呼びかけるものがあれば教えてください。また、一般的な話として、Badooの製品イノベーションや価格の最適化、マネタイズについてどのように考えていますか?

Anu Subramanian

タリクさん、製品の話から始めましょうか...

Tariq Shaukat

Badooに関して重要なことは、Badooのユーザーは世界中の中産階級や新興中産階級のユーザーであると考えています。そして、彼らは平均的なバブルユーザーよりもCOVIDによる経済的な影響を受けていると考えています。世界のさまざまな地域で、Badooのユーザーが、経済的にも、支払い意欲などの面でも、より厳しい状況に置かれていることがわかります。消耗品のテストについては、アヌに具体的な傾向を話してもらいますが、これらの市場の人々が、必ずしも初日からフルサブスクリプションを選択しなくても、付加価値のある体験を始められるように、低価格帯のランプを用意しています。これは確かにその一部だと思います。

今後のBadooの価値提案を考えるとき、私たちはこの製品のどこに重点を置いているかというと、さまざまな市場で景気が良くなり、健康状態が良くなると、多くのユーザーがすでにそこにいるという考え方に基づいています。彼らは多くの場合、必要不可欠な労働者であり、外出していても人に会おうとしている人たちです。孤独な世界から抜け出そうとしているのです。だからこそ、場所や連絡の速さ、シームレスで簡単につながることができるという価値提案を、私たちはとても重視しています。特に、Badooのユーザーの多くが、仕事でストレスを感じていたり、緊張していたりと、様々な問題を抱えている時代ですからね。私たちは、ユーザーが孤独の輪から抜け出すために、誰かと素早く簡単につながることができる、ストレスの少ない環境を提供しようとしています。アヌさん、次の作品について話したいですか?

Anu Subramanian

実際のARPPUの伸びについては、昨年の繰延収益の影響が少し反映されていると思います。また、タリクが指摘した消耗品の最適化については、特にCOVIDの影響をあまり受けていないBadooの市場、例えばロシアでは、消耗品の調整を行っています。その結果、ARPPUの数字に反映されています。

 

🌟まとめ

・After COVID銘柄として期待したい銘柄の1つです。

・企業理念みたいなものは素晴らしいと思うし、COVID後に出会いを求めてアプリの利用を再開することや世界進出で業績の改善が見込めるのかなと思います。

・自分自身はマッチングアプリはやらないので、決算をPassし続ける限りのholdかなーって感じです。

$AFRM 銘柄分析

Buy now, Pay laterでおなじみのAFRMです。

IPO後の決算に関しては、IPO時の費用で1回EPSをmissしていますが、それ以外は問題なしです。

 

○事業内容

・以下に引用。

tabinformation.com

2021年Q3より

f:id:reostock:20210728121810p:plain

→Merchant retention>100%

f:id:reostock:20210728122142p:plain

→GMVはYoYで順調な伸び(季節性があるようなのでQoQよりYoYでみていく方が良さそう)

f:id:reostock:20210728122356p:plain

→利用者数の伸びもOK。Buy now, Pay laterには多くの企業が参入中であり、利用者が減るような事態は避けたい。

 

○2021年Q3 Earning callより(DeepLで翻訳)

Max Levchin

本日の電話会議にご参加いただき、ありがとうございます。本日の電話会議にご参加いただきありがとうございます。2月に行った電話会議以降の業績と進捗状況をお知らせできることを大変うれしく思います。しかし、数字を説明する前に、まず、Affirmのパワーを示すために、この四半期のエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

ご存知のように、Affirmのコアバリューの1つは「人が第一」です。つまり、私たちは常に人々の生活に与える影響を考え、自分の利益よりも彼らの利益を優先するよう努力しています。だからこそ、私たちは遅延損害金や隠れた手数料を請求しません。また、消費者からの評価や、消費者が必要なものを手に入れるために私たちがどのように貢献しているかを常に意識しています。

3月には、Affirmの9回目の誕生日を記念して、Instagramでプレゼント企画を実施しました。プレゼント企画では、Affirmを使ったお気に入りの体験や購入品を紹介してもらいました。投稿された11,000件以上の個人的なストーリーの多くに刺激を受けました。ある看護師さんは、パンデミックの際に12時間勤務の後の痛みを和らげるセラグーン・プライム・マッサージャーを購入できたのは、手頃な月々の支払いがあったからだと感謝していました。また、2児の母は、赤ちゃんが生まれる直前に家族でディズニーランドに行くことができたことに感謝しています。彼女は、お金をかけずに特別な休暇を予約できたことに感謝しています。

また、私はよく企業の方とお話をします。長期的なパートナーシップを築くためには、お客様のニーズを理解し、目標達成に向けてどのように支援するかが重要です。最近では、パンデミック後の消費者の需要を満たすために、特に旅行会社の方とお話しすることが多いですね。

アファームのおかげで、2018年に提携を開始したPricelineのような企業が新たな顧客を増やしています。Priceline社は、Affirmの柔軟でゴーシェのない決済ソリューションのおかげで、消費者がより安心して予約できるようになったと話してくれました。また、ミレニアル世代やZ世代の消費者へのリーチ拡大にもAffirmが役立っていると話してくれました。

私たちが消費者と加盟店に提供する価値の核心は、Affirmの比類なきテクノロジーにあります。スピードと正確さを兼ね備えたAffirmのテクノロジーは、消費者の要求を瞬時に昇華させ、数秒で消費者に合った支払い方法を提供することができます。また、Affirmのテクノロジーの品質と拡張性により、Shopifyのような大規模なプラットフォームがAffirmをパートナーとして選択しています。

本日、わずか4月から5月初旬にかけて、10,000以上の加盟店がShop Payの分割払いサービスを開始したことをお知らせします。新規および既存の加盟店を対象とした一般提供に移行すると、この数は大幅に増加し、現在から6月末までの間に到達すると予想しています。技術の重要性については後ほど説明しますが、ここでは第3四半期の業績の概要をご紹介します。

Affirmは、2月に発表した業績見通しを上回る好調な業績を達成しました。アクティブな加盟店数は、前年同期比で2倍以上の約12,000店となりました。GMVの成長率は、第2四半期の55%から83%へと加速しました。Pelotonを除くと、GMVは前四半期の54%から100%に増加しました。また、過去12ヶ月間でアクティブユーザー数が60%増加しました。

第3四半期のGMVの伸びは、すべてのカテゴリーで好調でした。これは主に、Affirmが提供するサービスに対する消費者の需要と、Ikon Pass、Neiman Marcus、Vrboなどのマーチャントとの新規および拡大した関係によるものです。また、スポーツ用品、家具、家庭用品など、パンデミック時にも好調だったカテゴリーも引き続き好調でした。

また、当四半期末近くになると、パンデミックの影響を受けたカテゴリーの支出が急激に増加し始めました。特に旅行・チケットが好調でした。このカテゴリーのGMVは、2021年度第2四半期に約3倍に増加し、COVID前の四半期における旅行カテゴリーの最高値であった昨年第3四半期と比較しても50%以上の増加となりました。この勢いを励みに、経済の強化がAffirm社に新たな追い風になると信じています。

パンデミック後のアメリカ人は、過去最高の830億ドルのクレジットカード負債を返済し、2020年には1.7兆ドルの貯蓄を達成しており、大きな消費力を持っています。また、パンデミックの影響でオンラインショッピングをする人が増え、米国の電子商取引市場は8,000億ドル近くにまで拡大しています。このような財務状況の改善に加え、消費者のポジティブな感情の高まりや継続的な再開が、当社の継続的な成長を支えるものと期待しています。

復職前にスーツを買って使ったり、先延ばしにしていた披露宴用のウェディングドレスを買ったり、会えなかった大切な人に会いに行くための航空券を買ったりする消費者の方々に寄り添えることを楽しみにしています。

また、私たちのチームは、この数ヵ月間に戦略的目標に向けて素晴らしい成果を上げました。先ほどお話したように、Shopify社とのパートナーシップを有効にすることで、より頻度の高いカテゴリーに当社のプレゼンスを拡大しています。

ここ数週間で、加盟店への導入を加速させ、2月に行った試験的な導入では100社だったShop PayのAffirmによる分割払いを、10,000社以上のショップ加盟店で可能にしました。Shopify社とのパートナーシップを拡大することで、大規模かつ多様な加盟店とのビジネスを成長させることができると考えています。

Shopify社のチームは、Affirm社が提供するShop Pay Installmentsによって、同社の急速な成長に合わせたソリューションを提供することができ、新規ユーザーと再訪ユーザーの両方に対して、今すぐ購入して後払いするまでの時間を最大30%短縮することができたと語っています。

また、消費者と販売店の双方にとって、返品・交換をシームレスにするテクノロジー企業であるReturnly社を買収し、プラットフォームを拡大しました。現在、Returnly社は、1,800社以上のマーチャントが、返品から再購入率の向上、返品による収益の増加、消費者満足度の向上に貢献しています。より多くのマーチャントに返品サービスを提供し、800万人を超えるマーチャントのユーザーにAffirmを紹介できることを楽しみにしています。

マイケルに電話を移す前に、先ほどの技術的な優位性の話に簡単に戻ります。Affirmはテクノロジーカンパニーであり、我々のテクノロジーは競合他社にはないと信じています。私たちは、消費者と加盟店の両方にとって、他社ができない、あるいはしないような複雑な問題を解決することに喜びを感じています。このようにして得られた技術的専門知識は、重要な競争力となります。当社独自の機械学習を活用することで、消費者にパーソナライズされたオファーを提供し、より効率的にクレジット価格を実証し、リスクを管理することで、より良いクレジット結果を得ることができます。

その結果、Affirmは消費者に柔軟に対応することができ、様々な価格帯やローン期間で利用することができます。このような利点により、Affirmは、「今すぐ購入、後で支払う」プロバイダーや他のネットワークとは異なり、短期間での支払い以上のものを消費者に提供することができます。これは、旅行などの取引額が大きいカテゴリーでは非常に重要です。

また、当社のテクノロジーは、加盟店の成長を促進することができます。加盟店は、当社が生み出す購入量、コンバージョン率の向上、平均注文額の増加、消費者の増加などを実感しています。実際、第3四半期には、取引の約3分の1がAffirmのアプリとサイトからのものでした。WalmartやPricelineをはじめとする多くの大企業がAffirmをパートナーとして選んでいるのは、加盟店に一貫して高い成果を提供できるからです。

もちろん、優れたテクノロジーとは、究極的には優れた技術者のことです。技術面での優位性を維持・拡大するために、私たちは技術を支える人材に投資し、社内のリーダーシップを高めています。その一環として、本日、Affirm社のPresident of TechnologyであるLibor Michalek氏が当社の取締役に就任したことを発表しました。Liborは、フィンテック業界で最も高く評価されている技術者の一人であり、当社のビジネスにとって重要な競争力となる独自の技術プラットフォームの開発に重要な役割を果たしています。

ワールドクラスの技術を構築することは、当社の戦略にとって極めて重要です。リボーは、ソフトウェア、システム、セキュリティ、機械学習、エンジニアリングに関する重要な経験を当社の役員室にもたらしてくれることを嬉しく思います。リボーの就任は、当社が技術と革新を競争上の優位性として活用し、消費者や加盟店に優れたソリューションを大規模に提供することに尽力していることを反映しています」と述べています。

最後に、リーダーシップについて簡単にご説明します。本日、当社の最高法務責任者であるSharda Caro Del CastilloがAffirmの役職を退くことを発表しました。Shardaは、当社がIPOを実施し、前例のない市場期間を乗り切り、驚異的な成長を達成するという重要な時期に、当社の法務チームを率いてくれました。彼女の献身とリーダーシップに感謝したいと思います。彼女は、私や当社のリーダーシップチームにとって信頼できる貴重な相談相手であり、彼女の成功を願っています。

Katherine Adkinsは、最高法務責任者に就任します。キャサリンは、シャルダの代理として、上級法務チームの重要な一員として、当社の重要な法的ニーズをサポートしながら、より大きな責任を担ってきました。彼女は、私たちがプラットフォームの普及を進め、Affirmを長期的に強化、拡大、成長させていく上で、重要な役割を担ってくれます。

要約すると、第3四半期は好調に推移し、戦略的目標に向けて素晴らしい成果を上げることができました。消費者や加盟店の導入が進むにつれ、ビジネスの勢いが増してきており、Affirmは目の前にある大きく成長している機会を捉えることができる独自の立場にあると考えています。これはAffirm社の皆さんの努力なしには実現できません。パンデミックの中でも素晴らしい結果を出し、消費者やマーチャントに優れたサービスを提供し、PayBrightやReturnlyのチームをAffirmファミリーに迎え入れ、上場企業として成功するための準備をしてくれました。私は、Affirm社がお客様、マーチャント、そして株主のために集中し、献身的に働いてくれたことをこれ以上ないほど誇りに思い、感謝しています。私たちは共に多くのことを成し遂げてきましたが、実際にはまだ始まったばかりです。それでは、マイケルから第3四半期の詳細と第4四半期の見通しについて説明させていただきます。

Michael Linford

マックスさん、ありがとうございます。マックスが述べたように、第3四半期は好調でした。GMVは83%、売上高は67%と、それぞれ業績見通しを上回り、2021年第2四半期に達成した前年同期比の成長率をさらに加速させることができました。この成長を実現するために、資本効率を大幅に向上させ、バランスシートを100%以上成長させたにもかかわらず、必要な自己資本を前年同期比で10%削減しました。また、投資目的で保有するローンに占める引当金の割合が過去最低の5.2%に減少するなど、信用面でのパフォーマンスも向上しました。これらの傾向は心強いものであり、今後もこの勢いを維持していくことに注力しています。

次に、当四半期の主な財務ハイライトをご紹介し、好調な業績を反映して本日上方修正した財務見通しについてもご説明します。特に断りのない限り、すべての期間の比較データは、2020年度第3四半期に対する2021年度第3四半期の比較データです。

第3四半期のGMVは83%増の23億ドルとなり、予想していた18億ドルから18.5億ドルを上回りました。この増加は、すべてのカテゴリーにおいて加盟店および消費者の方々に受け入れられたことによるものです。第3四半期末時点で、アクティブな加盟店数は2倍以上の約1万2,000店となり、アクティブな消費者数は60%増の540万人となっています(前年同期比)。アクティブコンシューマー1人当たりのトランザクション数も2.1から2.3に増加しました

GMVが見通しを上回った一方で、事業の勢いは83%のヘッドライン成長が示す以上に強かったです。ペロトンを除くと、第3四半期のGMVは2倍になりました。これは、Affirmがサービスを提供しているすべてのカテゴリーと、新規および既存の加盟店からの成長によるものです。

幅広いカテゴリーでの成長は、加盟店の集中度を分散させることにもなりました。Pelotonは、フルフィルメントのリードタイムが予想以上に改善したため、第3四半期の売上高に占める割合は、前年同期の25%に対し、18%となりました

マックスが述べたように、第3四半期に入ってからは、旅行分野の成長が顕著になりました。旅行は、第9四半期の売上高に占める割合はわずか2%でしたが、第3四半期には9%まで着実に伸びました。4月に入ってからも旅行の成長は加速しており、全社のGMVに占める割合は11%に達しています。このカテゴリーで行ってきたパートナーシップへの投資を考えると、第4四半期以降も旅行が大きく貢献すると期待しています。

APR0のビジネスは、2020年第3四半期と同様、GMV全体の43%を占めています。期間が12ヶ月を超えるローンは30%を占め、2020年第3四半期の35%から減少しましたが、これは加盟店ベースの拡大と、ベロシティが高く平均注文額が低いカテゴリーを反映したものです。これに伴い、AOVも612ドルから564ドルへと若干減少しました。

第3四半期のGMVの伸びの勢いは、2月にお伝えした1億8,500万ドルから1億9,500万ドルという予想を上回る収益の伸びにつながりました。第3四半期の純収入は67%増の2億3,100万ドルで、これはネットワーク収入合計が53%増の1億1,200万ドル、受取利息が80%増の9,500万ドルとなったことによるものです。受取利息の約3分の1は、消費者金融からの支払利息ではなく、貸借対照表に計上されている投資用ローンの割引額の償却によるものです。消費者向けの利払いに関連する部分の受取利息の伸びはより緩やかで、前年同期比42%増でした。

ローン売却益による収入は、ローン売却の価格設定がより有利になったことと、売却数量が増加したことに より、1,600万ドルで前年同期の1,000万ドルから増加しました。最後に、第三者が所有するローンの平均未払い元本残高が前年同期に比べて増加したことにより、サービシング収入は800万ドルとなり、前年同期の300万ドルから増加しました。

なお、第3四半期の業績には、ペロトン社が発表したTreadおよびTread+製品の自主回収がアファーム社に与える財務上の影響の概算に関連して計上した350万ドルの収益減が含まれています。これは、ペロトン社が発表したTreadおよびTread+製品の自主回収がAffirm社に与える財務上の影響を見積もったことに関連して計上したものです。この試算は、Peloton社が直近の四半期報告書に記載した2021年6月30日までの四半期における返品率の予測に基づいています。

第3四半期も引き続きユニットエコノミクスを改善し、信用損失引当金を除く取引費用のうち収益を67%増加させ、50%の増加となりました。第3四半期の貸倒引当金繰入額を含む取引費用は、前年同期比34%減の9,700万ドルとなりました。第3四半期の業績には、貸倒引当金繰入額が2020年に比べて8,300万ドル減少したことが含まれています。信用損失引当金を除く取引費用は、2020 年第 3 四半期比で 3,300 万ドル(50%)増加して 9,800 万ドルとなり、収益の増加を大幅に下回りました。

ローン購入コミットメントの損失は、APR0%のローンのボリュームが増加したことにより、前年の4,400万ドルに対して6,200万ドルとなりました。貸倒引当金繰入額は、投資目的で保有する貸付金の5.2%という過去最低水準まで引当金を削減したことにより、前年の8,200万ドルの費用に対し、100万ドルの利益となりました。

昨年は、記録的な失業率を見越して5,600万ドルの引当金を追加計上しましたが、ポートフォリオの返済履歴が予想以上に好調であったため、時間の経過とともに解消されました。先に述べた引当金の減少は、将来の貸倒損失の見積もりが大幅に改善されたことを反映したもので、当社の堅調な信用実績と一致しています。さらに、当社が新興成長企業の地位を失ったことにより、2020年7月1日に遡ってCECL会計基準も適用しましたが、当期の貸倒引当金には大きな影響はありませんでした。

資金調達コストは、2021年第3四半期に800万ドルから1,500万ドルに増加しましたが、投資目的で保有する貸付金に比べて成長は緩やかでした。この増加は、固定金利で利息を負担する証券化信託の発行、ならびに平均調達負債の増加を反映しており、平均金利の低下によって相殺されています。

最後に、プロセシングおよびサービシング業務は、前年同期の1,400万ドルから2,100万ドルに増加しましたが、規模の効率化を実現したことにより、プラットフォーム・ポートフォリオ全体よりも低い成長率となりました。

トップラインの堅調な業績と取引費用の削減により、取引費用控除後の売上高は、第3四半期の見通しである6,000万ドルから6,500万ドルに対して、1億3,400万ドルとなり、予想を上回りました。当四半期は、取引費用だけでなく、長期的な成長を促進するための投資にも目を向け、主に1月のIPOに関連した株式ベースの報酬から大きな影響を受けました。

これは主に、マックスが前述した競争優位性と技術の拡大に向けたSBCとエンジニアリング要員の増加を反映したものです。SBCの4,600万ドルを除いた技術・データ分析費は、前年同期比で74%増加しました。

これは主に、SBCおよびShopify社との独占的長期パートナーシップに関連して付与された賞の権利確定によるものです。SBCの1,000万ドルとShopify社のワラントの影響1,700万ドルを除くと、販売促進費は前年同期に比べ2,500万ドル増加しました。

一般管理費は、当社の長期的な成長と上場企業としての活動を支援するために、財務、法務、業務、管理部門の人員を増加させたこともあり、前年同期の3,100万ドルから1億4,700万ドルに、純売上高の23%から64%に増加しました。また、G&Aには、当社のリモート・ファースト・ポリシーに照らした不動産の変化に関連する1,100万ドルの転貸減損が含まれています。最高経営責任者に対する複数年の業績連動型ストックオプションの付与に関連した3,800万ドルを含むSBCの8,200万ドルを除くと、販管費は前年同期比で132%増加しました。

これらの費用を含むGAAPベースの営業損失は、2020年第3四半期の8,200万ドルに対し、21年第3四半期は1億6,900万ドルとなりました。減価償却費500万ドル、株式ベースの報酬1億4,000万ドル、Shopifyワラント1,700万ドル、その他の非経常的項目1,300万ドルを除いた調整後営業利益は500万ドルで、前年同期の調整後営業損失7,100万ドルから7,600万ドル改善しました。売上高に対する比率では、調整後の営業利益率は2020年第3四半期から53ポイント増加し、2%となりました。

当社は、自己資本を非常に効率的に活用しながら事業を成長させるという戦略を引き続き実現しています。成長面では、第三者保有するローンを含め、当社のプラットフォームを通じてファシリテートされたすべてのローンの未払い残高を含むプラットフォームポートフォリオ総額が、2020年3月31日時点の24億ドルから、第3四半期末には42億ドル、前年同期比で18億ドル増加しました。この18億ドルの増加は、13億ドルの証券化案件と5億5,200万ドルのフォワードフロー案件によって賄われましたが、オンバランスシートについては前年同期比で比較的横ばいでした。

資金調達面では、第3四半期に2021-Aリボルビング証券化を実行したほか、新たなウェアハウス・ファシリティと新たなローン販売プログラムを導入しました。これらの案件により、当社のプログラムを効率的に拡大することができました。バランスシート上のローン残高が12億ドル増加したにもかかわらず、必要な自己資本を前年同期の2億2,900万ドルから2億700万ドルへと10%削減することができました。プラットフォーム・ポートフォリオ全体に占める自己資本の割合は、前年同期の約10%から5%に低下しました。

今後については、当社のビジネスの勢いに勇気づけられるとともに、経済全般の強化が第4四半期の追い風になると考えています。すべてのカテゴリーでGMVが増加しており、特にパンデミックの影響を強く受けたカテゴリーでは需要が回復しています。また、第3四半期に見られた消費者および加盟店による強力な普及にも勇気づけられました。

このような状況を反映して、通期の見通しを上方修正しました。2021年6月30日に終了する第4四半期の売上高は22億ドルから22億5,000万ドル、売上高は2億1,500万ドルから2億2,500万ドル、取引費用は1億3,500万ドルから1億4,000万ドル、売上高から取引費用を差し引いた額は8,000万ドルから8,500万ドル、調整後の営業損失は5,500万ドルから5,000万ドル、加重平均株式数は2億7,000万株を見込んでいます。

先ほど述べたように、第3四半期に350万ドルの収益減少を計上しましたが、これはペロトン社のTreadおよびTread+のリコールによる直接的な収益への影響を見積もったものです。これはペロトンのTreadおよびTread+のリコールによる直接的な収益への影響を示しています。第4四半期には返金された加盟店手数料による追加の収益への影響はないと予想していますが、近い将来、返品の増加が予想され、これはGMVなどの主要な営業指標にマイナスの影響を与えます。当社の財務見通しでは、この返金にともなうGMVへの影響見込みに加え、将来のTreadおよびTread+のGMV低下への影響見込みも考慮しています。さらに、当社の見通しには、5月1日に完了したReturnly社の買収による影響も含まれていますが、第4四半期には重要な影響はないものと見込んでいます。

2021年6月30日に終了する2021年度の売上高は80億1,000万ドルから80億6,000万ドル、売上高は8億2,400万ドルから8億3,400万ドル、取引費用は4億6,000万ドルから4億6,500万ドル、売上高から取引費用を差し引いた額は3億6,400万ドルから3億6,900万ドル、調整後の営業損失は5,500万ドルから5,000万ドル、加重平均株式数は約1億6,000万株と予想しています。

通年のガイダンスおよび会計年度末の財務データには、2020年7月1日に遡ってCECLを適用したことによる影響が含まれています。この適用により、21年度上半期の貸倒引当金繰入額は、引当金の減額により1,600万ドル下方修正されました。

最後に、当社は第3四半期に好調な業績を収めました。消費者の皆様が当社製品をより多く採用してくださるようになり、加盟店の皆様も当社製品の提供によって真の成長を遂げています。私たちは、誠実な金融商品で生活を向上させるという使命を果たすと同時に、株主の皆様に成果をもたらしています。

以上、皆様からのご質問にお答えします。

Dan Perlin

ありがとうございました、こんばんは。私は、ここで起こっているダイナミクスをすべて理解しているかどうかを確認したいと思います。特に、第4四半期のマーチャント獲得率が低下し、6月期もこのレベルで推移するように見えます。これにはPelotonやShop Payの分割払いを導入したことが関係しているのではないかと思います。しかし、まずその要因を教えていただければ、とても助かります。

Michael Linford

加盟店手数料収入については、まず最初に、加盟店ネットワーク収入とバーチャルカードネットワーク収入の両方をまとめることが重要です。特に、バーチャルカードネットワーク収入は、旅行会社から加盟店手数料を徴収するための重要な手段です。したがって、旅行の重要性が増すにつれ、このラインを組み合わせて見ることが重要です。また、最大の影響は、総売上高が予想通りだったことに加え、長期の0%ローン、特にPelotonの集中度が低下したことです。

Dan Perlin

現時点で2022年の見通しを立てたくないのはわかりますが、これまでのモデルでは2022年に500ベーシスポイント以上の差が出るように設定されていたように思います。私が言いたいのは、最終的にはShopifyがGMVを大幅に増加させてそれを相殺することができると期待しているのかということです。それとも、来年に向けてバーチャルカードとマーチャントネットワークの両方を組み合わせた場合でも、このようなランレートを考えておくべきなのでしょうか?ありがとうございました。

Michael Linford

はい、ありがとうございます。2022年に向けてのガイダンスを出すつもりは今のところありません。ただ、もうひとつ付け加えるとすれば、当四半期にPelotonに計上された350万ドルの数字がわずかに影響していることと、加盟店手数料の認識に大きく影響する金利収入の動きがここにも影響しています。しかし、Shopifyの影響によって、加盟店の売上高に大きな変化が生じることはないと考えています。

Dan Perlin

わかりました。ありがとうございました。

Ramsey El-Assal

今晩は、私の質問に答えてくださってありがとうございます。トラベル&チケッティング事業についてお聞きしたいと思います。率直に言って、今の世界の状況を考えると、私が予想していたよりも急速な回復を遂げているようです。第4四半期の総GMVは約9%増加しており、4月には11%と言っていたと思います。これはどこまで続くのでしょうか?旅行業界の回復にはまだ十分な時間があると思いますが、この分野が御社のビジネスにより大きな割合を占めるようになると思われますか?

Max Levchin

まず第一に、あなたのおっしゃる通りです。旅行やチケットは復活しているとしか言いようがありません。昨年の第3四半期はCOVID導入前の四半期としては高水準の市場でしたが、今期はCOVID導入前のAffirmと比較していることに注目してください。COVIDがすべてを変えてしまったのは明らかですから。しかし、この数字に対する成長率は、基本的に崩壊したベースから出発しているため50%でした。

しかし、拡大して現在の状況を見ると、前月比で約3倍の伸びを示しています。このように、この分野では信じられないような速さで復活しているのです。私たちは、この状況にとても興奮しています。私たちは非常に有利な立場にいます。Ikon PassやVrbo、ExpediaやPricelineのようなアカウント、その他の新しいパートナー、そしてもちろん、デルタバケーションズやアメリカン航空のような巨大なパートナーなど、あらゆる種類のエキサイティングなパートナーがいます。このように、当社はこの分野で非常に有利な立場にあります。

実際には、低額チケットと高額チケットの両方に対応しているという意味で、BNPLの仲間の中でも私たちが非常にユニークであることを物語っています。だから、私たちはそのすべてに対応しています。

ですから、私たちが何を目指していくべきかについては、マイケルに意見を聞いてみたいと思います。しかし、全体的な景気回復は旅行チケット業界にとって非常に大きなものであり、当社はその恩恵を受けるために非常に有利な立場にあります。昨年、景気回復のために行った投資が実を結び始めています。

Ramsey El-Assal

それは素晴らしいですね。また、Returnly社の買収について、もう少し詳しく説明していただけないでしょうか。御社の幅広い戦略にどのように適合するのか、また、収益の相乗効果や年間の損益への貢献度についてもお聞かせください。

Max Levchin

モデリングの部分については、マイケルが頭を悩ませているので、彼に話してもらいたいと思います。しかし、我々にとっての価値という意味では、驚くべき相乗効果をもたらしてくれます。製品の観点から考えると、Returnlyは文字通りAffirmが終了したところをピックアップしています。つまり、Affirmは、消費者が安心して商品を購入できるように、手数料がかからないようにしてレジに持っていくということです。価格は完全に透明化されていて、お客さまは喜んで購入されます。

しかし、靴のサイズが合わなかったり、色が気に入らなかったりした場合には、交換してもらわなければなりません。Returnlyが買収されるまでは、Affirmは「素晴らしい、きれいな返金プロセスをご提供します」と言っていました。しかし、マーチャントが在庫を補充して返金すれば、お客様は戻ってきて買い物ができるようになります。これは大きなチャンスだと考えました。お客様のことを十分に理解した上で、お客様が不要品を箱に入れる前に買い物ができるようにすれば、お客様の満足度を高めるためにコマースを加速させることができ、マーチャントは在庫を早く移動させることができるのではないかと考えました。

私たちがReturnlyに投資したのは、かなり前のことです。ですから、これは昔からの友人ではありません。私たちは長い間、この製品を追跡し、進捗を確認してきました。私たちは誇り高い投資家であり、シナジー効果があまりにも大きいことに気づき、買収を完了させました。そして、信じられないほどのシナジー効果を目の当たりにすることになります。

まず第一に、市場に出るという観点から、マーチャントの方々と話をしていると、「リターンについてはどうするのか」という質問を耳にします。私たちの標準的な答えの多くは、「私たちはお客様の最高の返品処理パートナーになります。私たちは手数料を請求しません。隠れた仕掛けもありません。お客様が不要品を箱に入れる前に、私たちがお伺いし、すぐにお買い物を始めていただき、より多くの商品を販売するお手伝いをさせていただくことができます。

だからこそ、私たちはこのプロジェクトにとても興奮しています。また、このプロジェクトは非常に近いので、一緒に市場に出すことができます。私たちには、ユーザーの巨大なネットワークがあります。800万人もの人々がReturnlyを利用しており、これはAffirm側の製品にとっても大きな変化です。この収益機会をどのように計上するかについて、マイケルさんからコメントをいただけないでしょうか。

Michael Linford

はい。Returnlyの収益や利益については、まだ公表していません。9月にまたお知らせします。ここで注目したいのは、彼らには2つの異なる収益源があるということです。製品を利用するほとんどのマーチャントにはSaaSモデルを提供していますが、これは粘着性を高め、低AOV領域での戦いに貢献するものと考えています。また、先ほどマックスが説明したようなプロセスを考えると、アンダーライティングの要素やリスクテイクの要素もあります。当社は、コスト面でも、既存のマーチャントベースにこの商品を提供する上でも、多くの価値を付加できると考えています。

Ramsey El-Assal

了解しました。ぴったりだと思います。私の質問に答えていただき、ありがとうございました。

Matt O’Neill

展開の時間軸をもう少し明確にしていただけないかと思いました。今後数ヶ月の間に、Shopifyの100のマーチャントが現在10,000のマーチャントになっていますが、これをより広い範囲で配布できるようにするにはどうしたらいいでしょうか?それはあなたの側なのか、Shopifyの側なのか、それとも両方なのか?同様に、カードの発表も非常に刺激的で、年内に発売されることも理解しています。しかし、広範な販売開始に向けてのマイルストーンは何なのか、もう一度お聞かせください。ありがとうございます。

Max Levchin

はい、素晴らしい質問ですね。申し訳ありませんが、Shopifyの数字を更新しなければなりません。前回、プレスリリースを追加した後、数が12,500に増えました。これは将来の見通しを示すものではありません。どのくらいの速さで成長するかはわかりませんが、明らかにかなりの速さで成長しています。

Shopifyで何が起こっているかを簡単に説明します。まず第一に、私たちはついにここまで来たということに非常に興奮しています。本製品のGAは6月中に提供開始される予定です。これにより、Shopifyの新規マーチャントは、Shop Pay Installments powered by Affirmが自動的に有効になります。マーチャントの皆様には、非常に多くのご利用をいただけるものと思います。

Shopifyは決して小さなネットワークではありません。実際、Affirmの製品や共同製品の対象となる加盟店は何十万とありますが、私たちは既存の加盟店を事前に承認してプラットフォームに招待しています。まだまだこれからです。ですから、この数字は直線的ではない成長を続けると考えています。この12,500人には、まだまだ追加できるものがたくさんあります。これがShopifyで起きていることです。この先の展開にとても期待しています。一緒にやることもたくさんあるので、とても長い時間をかけてがんばりました。

Shopifyの優れた点として、単なる独占的なパートナーではなく、より優れた方法でマーチャントにこの製品を提供していることを正直に伝えたいと思いました。そこで、Shop Pay Installments powered by Affirmを使った取引の完了までの時間を、他の競合製品と比較してみました。新規顧客、既存顧客ともに、コンバージョンまでの時間が30%以上短縮されています。つまり、私たちはこの商品を独占的に販売しているだけではなく、実際に市場で最高の商品を提供しているのです。これは、このプラットフォームをかなり強力に支持していると思います。

カード、皆さんの中には、私たちが実際に新規株式公開を行う前のテスト段階でお会いした方もいらっしゃると思います。私がカードの発表でやりたかったことは、だいたいこれと同じです。しかし、それとはまったく違います。それはとてもエキサイティングなことですが、自分の頭の中で起こっていることを消費者に確認せずに興奮してしまうのは簡単なことです。だから、私たちがこの製品を発表したのは、ウェイティングリストがどうなるかを確認するためでした。私たちの周りには、あくびをする人たちがいるのか、それとも実際に「すごい!」と言ってくれる人たちがいるのか、すでにかなりエキサイティングなフィンテックの世界でニュースサイクルを賑わせています。しかし、私の目から見ると、キャンセル待ちの状態は非常に良好であり、この製品を市場に投入できることを非常に嬉しく思っています。しかし、それはすべて良いタイミングです。私たちは今年中に発売する予定です。

Matt O’Neill

はい、わかりました。ありがとうございます。それから、ひとつだけ簡単なフォローアップをお願いします。来期のガイダンスの構成を考える上で、特に引当金に関して、ご協力いただけないでしょうか。これは、公開企業としてのこの2つの四半期において、パフォーマンスを向上させてきたラインだからです。どうもありがとうございました。ありがとうございました。またお話しましょう。

Michael Linford

直近の2四半期はかなり大きなリリースがありました。それはもう終わったことだと思っています。投資目的で保有するローンに対する引当金の割合を5.2%とすると、これはかなり安全な数字であると思いますが、ここから大幅に減少するとは考えていません。

Moshe Orenbuch

素晴らしいですね。Shopifyとの関係については、順調に進んでいるようですね。そのお客様がAffirmのエコシステムにどのように関わってくるのか、ご説明いただけますでしょうか。彼らはShopifyとの合弁会社の顧客になるのか、それともAffirmの一部になり、Affirmのアカウントを取得して、あなたが彼らにマーケティングを続けることができるようになるのでしょうか?

Max Levchin

白黒はっきりさせるためには、Shop Payの分割払いをShopアプリまたはそのアイデアアプリで利用できるようにすることが一番簡単だと思います。これで大体のことはわかると思います。しかし、ユーザーインターフェースの詳細については、多くのことを理解しなければなりません。もしお客様がShopifyのエコシステムの中でShopifyと一緒にいるとしたら、それは現時点では非常に大きなものですが、もちろん、Shop Payの環境の中でお客様を認識するのはとても簡単です。私たちはそこに最適な場所を確保しているので、可能な限りスムーズな体験ができます。

もしShopifyのエコシステムの外でお客様を見つけた場合、「以前お会いしたことがありますね」と言って、お客様を驚かせないようにしたいと思います。どうですか、サインアップしましたか?しかし、そのような経験も非常にスムーズで、自分のアイデンティティを再確認することができ、他のマーチャントでも当社のサービスを利用できるようになるでしょう。

このように、それぞれの経路には若干の違いがありますが、いずれも非常にシンプルに設計されています。理解しておくべき最も重要な点は、引受費用、顧客規定に関連するデータ、その顧客が実際にリスクを負ってもよい人物であるかどうかを確認するために行うすべてのことが、最初の取引で発生するということです。このように、お客様を迎え入れることで、財務的にもユーザーインターフェースの観点からも、非常に大きな相乗効果が得られます。

Moshe Orenbuch

それから、明らかに、何らかの形で、その時点でお客様に連絡を取り、招待することができるのではないかと思います。そんなことが可能なのでしょうか?

Max Levchin

状況にもよりますが、「イエス」というよりはもう少し微妙な答えになると思いますが、もし疑問があるのであれば、我々はShopifyのお客様にスパムメールを送るつもりはありません。そのようなことはありません。

Andrew Jeffrey

確かに、旅行やチケットの販売が回復しているのは心強いですね。このことと、再開に伴う消費者のカード利用行動の変化を重ね合わせて考えてみてください。言い換えれば、e-コマースにおける消費者の行動に変化があり、それが、多くの潜在的な需要があると思われる中心的なカテゴリーでの非常に強い回復を抑制しているのではないでしょうか?

Max Levchin

さまざまな要素が絡み合っていると思います。一般的に、私たちは景気回復が大きな追い風になると考えていますが、それにはさまざまな要因が関係しています。そのうちのいくつかは旅行・チケットカテゴリーで、人々が愛する人に会うためにようやく旅行できるようになったことで、ちょうどコイル状になっていて、現在急速に増加しています。また、サブカテゴリーの中には、すぐには思いつかないかもしれませんが、かなりの規模で発生しているものがあります。例えば、昔の結婚式の97%が延期され、そのうち5%だけがキャンセルされました。つまり、比較的高価なブライダルドレスや、その他のものを買わなければならない人がたくさんいるのです。繰り返しになりますが、高額商品と低額商品で勝負することは、こういった手頃な贅沢品や日常的な出費のためにも有効です。

このように、2020年に休んでいたこれらのカテゴリーには、多くの需要があると考えています。とはいえ、ファッションや家庭、フィットネス、アウトドアなどの需要が減ることはありません。Affirm社が伝統的に非常に得意としてきたすべてのカテゴリーは、実際に好調を維持しています。当四半期のパンデミック前の比較を見ると、ペロトンを除いて、100%成長しており、前四半期からかなり加速しています。これは、前四半期から大幅に加速したものです。つまり、2次的な成長をほぼ2倍にすることができたのです。

これは、回復が始まってからのことで、まだ小さなベースではありますが、この製品への需要が成長の原動力となっています。この製品の需要が成長の原動力です。このように、私たちはこれらすべてのことにとても興奮していますし、当然そうしなければなりません。需要が増えれば、これらすべての場所で販売することができると信じています。

Andrew Jeffrey

わかりました。ありがとうございます。また、カード・プレストについては、カード・プレストの成長にとってカードがどれほど重要であるか、どのような軌跡をたどるのかについて、最新の情報を教えてください。

Max Levchin

実は、カード・プレストという言葉の意味を理解しようとしていました。それが今、わかりました。少し話は戻りますが、オムニチャネル・ソリューションと呼ばれるものを、特に最大手のパートナー企業に提供することは、当社にとって重要なことだと考えています。当社はWalmartと長期にわたる大規模なパートナーシップを結んでおり、非常に大きな成功を収めています。当社の大企業のお客様の多くは、店舗で購入、オンラインで返品、オンラインで購入、店舗で返品といった、まったく新しい方法で消費者との対話を設定しています。このように、さまざまな新しい取引形態が生まれていますが、お客様のニーズに応えることが重要です。私たちのカード戦略は、消費者に提供できる最高のリエンゲージメント技術の1つだと考えています。もしAffirmがお客様に愛されていて、ネットプロモータースコアが証明しているのであれば、お客様の財布の中にAffirmが入っていれば、画面上でも実際の財布の中でも、どこに行ってもAffirmを使うことができることを思い出していただけると思います。

このように、私たちは、カード戦略や店舗内外でのオムニチャネル戦略全体を、お客様のいるところにいて、最終消費者の要望に応えられるようにするという、継続的な風景のように考えています。

James Faucette

テイクレートの圧縮は、Pelotonの0%キャンペーンがミックスされたことによるものだとおっしゃいました。他の加盟店が0%のプロモーションを中止したことも影響しているのでしょうか?また、構成比が変化して有利子負債が増えた場合、顧客獲得などへの影響をどのように考えればよいのでしょうか?

Michael Linford

はい。実際、0%という点では大きな変化はありませんでした。最大の要因は、ペロトン社との長期的な0%プログラムだと思いますが、これは明らかに合計では減少しています。しかし、それ以外では、0%ビジネスは前年同期比で横ばいだったと思います。つまり、0%プログラム全体が減少したわけではなく、ペロトンの影響が最も大きかったと思います。

Max Levchin

実際、ペロトン以外の0%プログラムは加速しましたね。

James Faucette

わかった、わかった。それは助かります。それから別途、トレッド製品に関連する返品予想による収益への影響を強調して説明されていましたね。それは6月の四半期で完全に捕捉されるのでしょうか、それとも6月の四半期を超えて暦年の下半期や会計年度の上半期にまで波及するのでしょうか?

Michael Linford

ペロトン社のQ&Aでは、推定返品額を5,000万ドルとしていますが、当社はそのうちの一定の割合を占めています。その結果、第3四半期には350万ドルを計上することができました。したがって、第4四半期にはさらなる返金に関連した影響はないと考えています。また、ペロトンの返品数を考慮することも重要だと考えています。ペロトンの返品件数は、どの四半期でも数億ドルにのぼります。ですから、この影響は外部から見た場合よりもはるかに小さいと思います。

James Faucette

はい、わかりました。もし、返品が予想と異なった場合には、それを考慮して将来的に若干の調整を行う可能性があるということですか?

Michael Linford

はい、その通りです。しかし、それが重大なものになるとは予想していません。つまり、第3四半期に計上された350万ドルという数字がその大部分を占めているのです。ですから、第4四半期に影響を与えることはありません。

Jason Kupferberg

ありがとうございます。まず、Shopifyについて質問したいのですが、第4四半期のGMVおよび/または売上はどのくらいになるのでしょうか?また、Affirm/Shop Pay Installmentの導入が完了した加盟店における消費者の反応についても教えてください。

Max Levchin

ガイダンスについてはマイケルに話してもらいますが、私たちはガイダンスを出すつもりはありません。しかし、私たちが引用した10,000件、あるいは12,500件という数字は、文字通り、この30日間に起こったものです。このように、非常に急速に増加しているマーチャントベースがあります。これが数量的に、また消費者への普及という点で実際にどのような意味を持つのかについては、もう少し明確にお話しできると思います。もちろん、1年近くかけて製品をテストし、競合他社よりもはるかに高速で、変換効率が高く、それ自体が競合他社よりも優れていることを確認しました。しかし、これが販売台数にどのような影響を与えるかについては、非常に大きな期待を抱いていますが、実際の数字が出てきたらお話しします。

Jason Kupferberg

はい。OK...

Michael Linford

具体的には、第4四半期はGAに移行することに焦点を当てており、22年度にはその影響がより顕著になると考えています。

Jason Kupferberg

では、次の四半期には、Shopifyの22年度の期待値が見えてくるということですね?

Michael Linford

はい、そうです。

Jason Kupferberg

そうですね。それから、追加の質問です。消費者と加盟店の両方が複数のBNPLプロバイダーを採用しているという点で、皆さんはどのような傾向を見ているのでしょうか。また、時間の経過とともに業界の統合にどのような影響があるとお考えでしょうか。

Max Levchin

業界の統合といっても、我々が含まれていないので、何とも言えません。私たちは自分たちが一番だと思っています。しかし、誰もが自分自身に偏見を持っているのは明らかです。とはいえ、前四半期に私は、「低AOVの企業は最終的に複数のプロバイダーを統合して提供できる能力を持っているが、高AOVの企業はおそらく1つのプロバイダーに傾くだろう」という趣旨のことを言ったと思います。それは今でも同じだと思います。

しかし、低AOVの加盟店が複数のプロバイダーを利用するようになる勢いは、私が予想していたほど早くはなく、一方で高AOVの加盟店へのサービス提供能力を維持する能力は、私が考えていたよりもさらに強くなっています。一方、高AOVの加盟店へのサービス提供能力を維持する能力は、思った以上に強かったです。高AOVの加盟店では、技術的にもリスク管理的にも複雑で、これこそが当社の強みだと考えています。これは非常に現実的であり、競合他社がこの分野で信頼できる発言をするのは非常に困難です。

低AOVの分野では、最終的には1社か2社、あるいは3社のプロバイダーが存在することになると考えています。まだ少し早いですね。どのサブセグメントでも、非常に多くの成長が期待できます。ローAUVでは、基本的にファッション、ビューティ、そして低価格のハードグッズがあります。先ほど引用したShopifyの数字を見ても、現時点では非常に多くの需要があります。マーチャント側には膨大な需要があることは明らかです。ですから、現時点では、競合他社との重複は、まだ私たちの頭の中では大きなテーマではありません。しかし、四半期後にまた報告します。

Chris Brendler

加盟店による「今すぐ購入、後払い」の導入についてお聞きしたいと思います。Affirmアプリを見ていると、現在、レジ画面やWebサイトにこの機能を導入していない加盟店がたくさんあります。消費者による導入が始まっているように感じますが、加盟店による導入、特に旅行分野での導入については、どのような状況にあるとお考えですか?今期、旅行業界では素晴らしい数字が出ているようですが、旅行サイトの中には今すぐ購入して後払いにしていないところもたくさんあります。そこで、あなたの考えをお聞かせください。ありがとうございます。

Max Levchin

そうですね。だからこそ、私たちにはセールスチームがあるのです。彼らはとても熱心に仕事をしています。彼らの問題なのです。では、もう少し真面目にお答えしましょう。私たちのアプリには、マーチャントと協力する複数の方法があります。その1つが、POSに組み込まれた「今すぐ購入、後払い、6日後、12日後に支払う」という古典的なもので、特定の価格帯に適したマーチャントのスイートをチェックアウト時に提供しています。その先には、当社の約定があり、当社のアプリでは、統合されているかどうかにかかわらず、リストアップすることができます。マーチャントの皆様には、このような新たな取引を増やすことで競争していただきたいと思っています。このようなお客様は、当社のアプリでショッピングを開始し、販売店の店頭で購入することになります。

このような状況では、マーチャントは、消費者を連れてきてくれたことに対して、基本的に報奨金や紹介ボーナスを支払ってくれることがよくあります。また、アプリ自体にも多くの機能がありますが、私はアプリという言葉をサイトと同じように使っています。かなりの数の消費者がサイトを利用していますが、それはおそらく大きな画面が好きだからでしょう。しかし、どちらの場合も、マーチャントパートナーがAffirmのエコシステムにオファーや新商品などを提供するための広告機会となる可能性があります。

いずれの場合も、マーチャントとは金銭的な関係があります。マーチャントは、まだAffirmをPOSに統合していない場合もあります。すでに契約を結んでいる場合もありますが、技術チームが対応できるようになるのを待っています。私たちが誇りに思っているのは、このように迅速に対応できることです。私たちは、さまざまな統合手段を持っています。私たちが力を入れているAffirm Liteは、マーチャントが契約してから文字通り数分で本稼働できるようにするものです。しかし、統合にはさまざまな方法があります。例えば、アプリでマーチャントを宣伝していても、そのマーチャントがまだPOSシステムを持っていない場合があります。しかし、これらはすべて、マーチャントパートナーに価値を提供するための手段にすぎません。それが私たちの毎日の仕事です。

Chris Brendler

素晴らしい。いい色ですね。実は関連した質問があるのですが、マーチャントパートナーに価値を提供することについてです。加盟店の価格設定や、PayPalや他のプロバイダーが「無料」で提供する可能性があること、あるいはクレジットカードのインターチェンジレートが、多くの「今買って、後で払う」という新興企業や先駆者たちが使ってきた価格設定モデルを損なう可能性があることなどです。私の印象では、Affirmは、御社の商品構成やローン商品を扱う能力を考えると、少し違うのではないかと思います。そこで、加盟店の価格設定と、加盟店の価値を考慮して比較的同じレベルの価格で契約更新を促進する能力についてコメントをお願いします。ありがとうございます。

Max Levchin

たくさんの質問があります。簡潔にまとめようと思っていますが、もしかしたら[indiscernible]になってしまうかもしれません。加盟店の認識や、加盟店とAffirmの関係を考える上で、Affirmは単なる決済サービス会社ではありません。基本的には、マーチャントのためのマーケティング・デバイスです。ですから、一般的に価格圧縮の話をするときには、ご存じのように、なぜ共通の決済業界のインターチェンジボックスの外にいるのか?それは私たちには当てはまりません。私たちは、決済予算だけでなく、より重要なマーケティング予算も含めて競争しています。

マーチャントが、割引をするか、他のことをするかと言ったとき、Affirmは立ち上がり、「割引をしないでください」と言います。Affirmは立ち上がって、「値引きしないでください。その代わり、0%のレートを提供し、価格の整合性を保ちます。これは、マーチャントが私たちの助けなしにできることではありませんが、Pelotonではそうしています。しかし、Pelotonではそれを実践しています。これは、当社の取引量のほぼ半分に相当します。0%の取引は、攻撃的な消費者の強力な変換手段となります。彼らは、取引をしたいのか、それとも今すぐ取引をしたいのかを考えています。これはとても重要なことなのです。根本的には、決済予算と競合するわけではなく、マーケティング・チャネルやマーケティングアクセラレータになることができます。このアプリが何をするのかを少し考えてみると、もっとたくさんのことが見えてきます。このアプリは、消費者のコンバージョンを助けるだけでなく、消費者がエコシステムの中で時間を過ごしているうちに、ある製品について興味を持つことを助けます。ローンのサービスを受けたり、私たちが連れてきたマーチャントをチェックしているかもしれません。しかし、これは消費者に「これは新しいプロモーションだ」「これは新しい面白いアイデアだ」と伝える別の機会であり、同時にマーチャントが価格を維持するためのサポートでもあります。

このような点から、私たちは基本的にクレジットカード会社と同じ空間にいるわけではなく、価格を比較しているわけでもないということがよくわかると思います。ここで一旦中断します。細かい話をしてしまったような気がします。マイケル、あなたは正直に言って...

Chris Brendler

この電話では細かい話はしたくありません。たぶんMax...それは素晴らしい。近い将来、マーチャント・プライシングが最大の懸念事項になることはないと言ってもいいのではないでしょうか?

Max Levchin

そうではありません。おそらく、高額商品では最も顕著に現れます。リスク管理や技術的な統合、そして消費者との全体的な対話が重要になってくることがよくわかります。これは非常にパワフルなことです。これは、PayPalやクレジットカード会社との関係とは全く異なります。

Bryan Keane

皆さん、こんにちは。本当に堅調な四半期でしたね。そのことについてもお聞きしようと思っていました。また、AOVが高い場合と低い場合では大きな違いがあるのでしょうか?

Michael Linford

更新の傾向という点では、大きな違いはありません。率直に言って、これはまだ初期段階だと思います。契約更新などに大きな圧力がかかるようになるまでには、今後2、3年はかかると思います。ですから、これといったデータはありません。しかし、私が言いたいのは、低AOV領域では間違いなく競争が激しいということです。決済手段を提供するだけであれば、それはますますコモディティ化していきます。だからこそ、より幅広い平均注文額のソリューションを提供し、今買って後で払うだけではなく、マーチャントサービスを増やすことが重要だと考え、Returnly社の買収に至ったのです。

Bryan Keane

分かりました。Shopifyとの契約について補足しておきます。現在1万2,500社ある既存のマーチャントを、どのようにコンバージョンしていくのでしょうか?これらの加盟店をより早く立ち上げるために何かしていますか?また、どのようにしてチェックアウトを増やすのでしょうか?また、Affirmのソリューションを導入してもらうために、ソリューションをもっとアピールする方法はありますか?ありがとうございます。

Max Levchin

一言で言えば、もっと多くのことを期待しています。この取引が意味を持つのは、このソリューションがShopifyのエコシステム全体に浸透している場合だけだと思います。最終的にGA展開の準備が整った今、12,500社以上のマーチャントに提供されることを確認するために、両社は非常に意欲的だと思います。1万2,500社のマーチャントは、主にこの30日ほどの間に本稼働しました。これは、需要がどのようなものかを試すのに適しています。

Shopify社と協力して、さまざまな教育機会を提供しています。大規模なプレイヤーに対しては、一緒に市場に出向きます。私たちの営業チームは一緒に働いており、企業を教育し、企業がカスタマイズするソリューションを正確に把握するようにしています。Shopify社が私たちを選んだ理由の大部分は、私たちが一芸に秀でた存在ではないからです。単にお金を払って、他に何が必要かを考えるだけではありません。私たちは、PricelineからWalmartまで、非常に複雑で興味深いシステムを構築してきました。また、Shopifyを利用している大手企業の中には、かなり厳しい要件を課しているところもあり、そこに参入するチャンスは十分にあります。

また、長い目で見れば、Shopifyはマーチャントとのコミュニケーションにおいて非常に優れています。私たちは、このソリューションの対象となる何十万ものショップに、ようやくストーリーを伝える準備ができたことを非常に嬉しく思っています。

 

🌟まとめ

・Buy now, Pay laterを手掛けるFintechです。

・低AOV領域での競合との争いが懸念ではありますが、Shopifyとの連携など期待も大きいです。

・このままIPO後の決算をmissしないorActive Userが減らなければholdしていく予定です。

$ASTR 銘柄分析

ロケットの打ち上げに携わるASTRについてです。

ロケットラボやSpace X、Blue Originなど宇宙に関わる銘柄で気になるものは多いですが、現状日本の証券会社で買えるものはASTRがメインかと思います。

他の銘柄と比して、低軌道に低価格で小型ロケットを打ち上げることを目標としており、棲み分けは出来ているのかなと感じています。

売上はまだ無い銘柄であるのは、今後の調整局面を思うと懸念点かと思います。

 

○事業内容

・まとまっていたサイトを引用。

lovesuke.com

tabinformation.com

・投資家向けプレゼンテーションは以下ですが、上記に記載の内容と相違はなかったのでまとまったサイトを読むのが早いかもしれません。

investor.astra.com

https://investor.astra.com/static-files/dbe781cb-a65a-4c07-8a69-48fb8a494c0e

 

○今後の予定

・上記の2021年6月時点のPresentationから引用です。

f:id:reostock:20210727225920p:plain

f:id:reostock:20210727225947p:plain

 

🌟まとめ

・売り上げはないですが、現状は宇宙に携わる銘柄は限られている状況かと思います。

・低軌道に低価格でいつでもどこでもたくさんの小型ロケットを打ち上げられるメリットは大きいかなと感じており、宇宙ビジネスで多くの部分を占める通信や画像といった面では恩恵を受けやすい銘柄なのではないかと思っています。

・他の中型~大型ロケットを作っている銘柄が本格的に参入してくることで競合ができるリスクが懸念であることに加え、上記のタイムスケジュールに乗ってビジネスを進められるかが気になるところです。

$PGNY 銘柄分析

不妊治療を手掛けるPGNYです。

不妊治療は日本を問わず、これから世界中で問題になるものだと思います。

 

○事業内容

strainer.jp

lovesuke.com

tanyinvestment.com

 

○決算

f:id:reostock:20210727204422p:plain

2021年Q1 Earning callより(DeepLで翻訳)

David Schlanger

ありがとう、ジェイミー。皆さん、本日はご参加いただきありがとうございます。記録的な四半期収益、好調な稼働率、継続的な利益率の拡大を反映し、堅調な年初めを報告できることを嬉しく思います。業績の詳細については、後ほどマークがご説明いたします。しかし、ここではいくつかのハイライトをご紹介します。

売上高は、前年同期比51%増の1億2,210万ドルとなりました。当四半期の平均会員数は、前年同期比約30%増の270万人となりました。これは、新規顧客の獲得だけでなく、顧客が昨年に引き続き従業員を拡大したことによる既存顧客の有機的成長を反映したものです。

当四半期のARTサイクル数は48%増の約6,600サイクルとなり、これまでで最も多いサイクル数となりました。2020年第4四半期の女性の利用率は、前四半期比で0.47%に上昇しました。これは、現在進行中のパンデミックを背景にしても、家族を築くために治療を必要としている人々にとって、不妊治療が引き続き優先事項であることを示しています。最後に、当四半期の調整後EBITDAは1,730万ドルと2倍以上に増加し、利益率も前年同期に比べて向上しました。

これらの好調な業績に加えて、当四半期には、Progynyのベネフィットを利用した44の新規顧客のオンボーディングをスムーズに行うことができました。というのも、年間を通じて成長するビジネスとは異なり、新規顧客の大部分は1月1日に当社での成長を開始するからです。

これは、年間を通じて成長するビジネスとは異なり、新規顧客の大部分が1月1日に開始されるからです。そのため、一晩でビジネス量が一段階増加することを想定し、各顧客をスムーズに立ち上げるために必要なプロセスと人員を事前に準備する必要があります。これまでもそうしてきましたが 今年、私たちは最新の導入を成功裏に完了し、メンバーの活動量の増加を管理すると同時に、新規および既存のすべてのお客様に対するサービスレベルに焦点を当てていました。毎年、当社の戦略的優先事項の一つは、お客様が当社に期待している業界最高水準のサービスレベルを維持するだけでなく、そのレベルを向上させる方法を特定することです。そして、毎年、お客様とその従業員の両方の体験を向上させる方法を見つけ出します。

このような取り組みのおかげで、創業以来、非常に高いレベルの顧客維持率を維持できていると考えています。お客様との強固な関係を築き、当社の価値提案を強化する方法のひとつとして、四半期ごとに数百のデータポイントを含む包括的なレポートを提供しています。さらに、お客様にとって重要な問題への理解を深め、当社のソリューションのユニークな利点をさらに強化するために、各お客様との広範な年次レビューを実施しています。

これらのレビューは通常、第1四半期に行われます。今年、お客様から伺った繰り返しのテーマの1つは、プロジーニーは、COVID発生時やリモートワーク環境での従業員のネガティブな経験の報告をお客様から聞くことのない、数少ない、あるいは唯一のヘルスソリューションプロバイダーとして、その存在を際立たせているということでした。

このフィードバックの結果は、今期のNPSスコアにも表れており、不妊治療サービスで81に上昇し、これまでで最も高いスコアとなりました。この例外的な結果は、会員の皆様が引き続きプロジーニーを最高得点またはそれに近い得点で評価してくださっていることを示しており、これは私たちが提供しているサービスの質と達成している成果の両方を反映していると考えています。ここでは、まずサービスの質について説明します。

私たちのサービスの中核となるのは、会員の皆様が複雑な不妊治療の道のりを歩むために、これまでにないレベルの患者教育とサポートを提供することです。PCAがどのような役割を果たしているかはご存知の方も多いと思いますが、それ以外の方法で会員の皆様をサポートしていることはあまり知られていないかもしれません。例えば、会員の皆様にとって重要な話題を提供するイベントを定期的に開催しています。

最近では、黒人コミュニティにおける不妊症と妊産婦の健康の問題、がん患者の妊産婦保護、COVID-19ワクチンに関して不妊症患者が知っておくべきことなどをテーマにしたウェビナーを開催しました。また、私たちは、メンバーが非常に多様で、さまざまな視点を持っていることを意識しています。例えば、男性不妊の問題を解決するために、家族作りのパートナーである男性に向けたコンテンツを充実させました。また、不妊治療中のメンタルヘルスの管理や、同性カップルやひとり親の場合に利用できる親への道を説明するために、同様に詳細なコンテンツを作成しました。

次に、成果について説明します。CDCとSociety for Assisted Reproductive Technology(生殖補助技術協会)が最近発表した最新の妊活データによると、プロジニーの妊活成果は、全米平均を大きく上回っていることが確認されています。いくつかのポイントをご紹介しましょう。

当社の妊娠率は、全国平均を16%上回り、流産率は全国平均を26%下回っています。その結果、1年前に全国平均を23%上回っていた出生率は、現在25%上回っています。実際のところ、当社の出生率の向上は、意味のある経済的な節約につながります。なぜなら、クライアントは、従業員が家族づくりの目標を達成するために、それまでよりもかなり少ない回数のプロギニーによる体外受精治療に資金を提供する必要があるからです。

重要なポイントは、全米平均が横ばいであるのに対し、プロジーニーの生児出生率は2016年から14%向上していることです。これは、他のベネフィットマネージャーが改善していない中で、私たちが改善していることを示しています。最後に、私たちの単一胚移植率は現在90%を超えています。また、当社の多胎児出生率は2.8%と自然の双子率に近いのですが、多胎妊娠やハイリスク妊娠、そして早産の最大の原因である全国平均よりも72%改善しています。双子や三つ子の妊娠に起因する低出生体重児に関連する慢性的なケアコストだけでなく、多額の出産費用やNICU費用を回避することができるため、この結果は問題を抱える顧客にとって川下の医療費を大幅に節約することにつながります。

それでは、この四半期について、マークに説明してもらいましょう。マーク?

Mark Livingston

ありがとう、デビッド。皆さん、こんにちは。まず、第1四半期の業績についてご説明し、次に第2四半期および通期の見通しについてご説明します。当四半期の売上高は、前年同期比51%増の1億2,210万ドルとなりました。この増収は、主に顧客数および保険加入者数の増加によるものですが、既報のとおり、前年同期はCOVID-19パンデミックの発生に伴い不妊治療クリニックが一時的に閉鎖され、利用率が低下したことが減収につながりました。

売上高の内訳は、医業収入が前年同期比50%増の8,890万ドルとなりました。薬局収入は、前年同期比54%増の3,330万ドルとなりました。薬局の導入が進んでいることには引き続き非常に満足していますが 2018年にサービスを開始して以来 将来的には、より多くの-4分の1以上の顧客層へのアップセルの機会が残っています。

当四半期末時点で、179社のクライアントがおり、当四半期中の平均カバーライフは270万人でした。これに対して、昨年第1四半期の顧客数は132社、平均保障寿命は210万人で、過去1年間で保障寿命が約30%増加しました。また、当四半期末以降に給付を開始した顧客を考慮すると、現在、180社の顧客がおり、それぞれの顧客は少なくとも1,000人の保険加入者を有しています。

次に、利用状況についてですが、第1四半期に実施されたARTサイクルは6,558回でした。これは、当四半期における過去最高のサイクル数であり、昨年の第1四半期と比較して48%の増加となりました。業績に大きく影響する女性の稼働率は、0.47%でした。これに対し、前年同期の利用率は0.411%でした。前年同期の利用率は、パンデミックの発生により不妊治療が一時的に中断したことによるマイナスの影響を受けています。

しかし、現在の利用率は、治療の本質とその時間的な重要性を反映して、Progynyの不妊治療のボリュームが効果的に回復していることを示していると考えています。なお、利用率は、新規顧客の獲得時期や時期、新規顧客の属性など、さまざまな要因により四半期ごとに変動します。

次に、利益率について説明します。売上総利益は前年同期比74%増の2,890万ドル、売上総利益率は23.7%となり、前年同期比で320ベーシスポイント増加しました。この増加は、薬局プログラムのパートナー企業との新規契約が良好であったこと、プロバイダーとの定期的な契約更新の純影響、およびケアマネジメントサービス全体で実現した継続的な不足分によるものです。

なお、2020年第1四半期のマージンは、パンデミックの発生により、当時の一時停止や治療にもかかわらず、ケアマネジメントスタッフを含む全従業員の雇用を継続することを決定したことにより、マイナスの影響を受けました。

次に、営業費用について説明します。当四半期の営業費用は、売上高の3.3%となり、前年同期比で70ベーシスポイント改善しました。顧客維持率がほぼ100%であることから、規模の拡大にともなって、セールス&マーケティング部門の営業レバレッジが引き続き向上しています。

当四半期の販売費及び一般管理費は、売上高の10.7%(前年同期は12.2%)となりましたが、これは売上高の増加に伴い販売費及び一般管理費のマージンが拡大していることを反映しています。当四半期の調整後EBITDAは、トップラインの好調と事業全体の利益率の改善により、前年同期の670万ドルから2倍強の1,730万ドルとなりました。

当四半期の調整後EBITDAマージンは14.1%となり、前年同期比で580ベーシスポイント拡大しました。当四半期の増収分に対する調整後EBITDAマージンは25.7%となり、一時的な休止や治療によってマージンにマイナスの影響を受けた前年同期と比較して良好な結果となりました。

当四半期の純利益は1,520万ドル、1株当たり0.15ドルでした。これに対し、前年同期の純利益は360万ドル、1株当たり0.04ドルでした。当期の純利益および1株当たり利益の改善は、先ほど説明した好業績に加え、株式報酬活動に関する控除額が推定を上回ったことによる650万ドルの税効果を反映しています。

次に、貸借対照表キャッシュ・フローについて説明します。当四半期の営業キャッシュ・フローは0.5百万ドルで、前年同期の12.1百万ドルと比較すると、先に開示したとおり6.7百万ドルの有利なタイミングの項目が含まれています。また、前四半期比で大幅な増収となった場合、通常は営業キャッシュフローにマイナスの影響が出ます。しかし、前年同期は、3月上旬の操業停止により通常の影響が相殺されたため、この影響はそれほど顕著ではありませんでした。

これらの項目を除くと、前年同期比の差は主に、薬局パートナー契約の支払いタイミングの変更と、成長に伴う通常の営業キャッシュフローへの影響によるものです。また、新しい薬局の手配に関連したタイミングの変更により、第2四半期に運転資金の使用を見込んでいます。営業キャッシュ・フローは、第3四半期までに通常の状態に戻ると見込んでいます。3月31日現在、1億690万ドルの現金、現金同等物、および市場性のある有価証券を保有しています。

次に、2021年第1四半期および第2四半期、通期の業績見通しについて説明します。いつものように、当社のガイダンスは、現在の会員活動のレベルに基づいています。2021年第2四半期の売上高は1億2,600万ドルから1億3,100万ドルの間で、95%から103%の成長を見込んでいます。

調整後のEBITDAは1,750万ドルから1,900万ドル、純利益は650万ドルから880万ドル、完全希薄化後の株式数が約1億100万ドルの場合、1株当たり利益は6ドルから0.09ドルを見込んでいます。

通年では、51%から57%の成長を反映して、引き続き5億2,000万ドルから5億4,000万ドルの収益を見込んでいます。今年の好調なスタートを受けて、2021年の収益見通しを上方修正します。調整後のEBITDAは7,000万ドルから7,500万ドル、純利益は3,430万ドルから4,220万ドル、完全希薄化後の株式数で0.33ドルから0.41ドルの1株当たり利益を見込んでいます。

当四半期および通期の純利益の範囲には、株式報酬活動に関連する法人税等の影響を含む個別の法人税等の見積もりは含まれていません。このガイダンスの中間点である2021年には、増収分に対する調整後のEBITDAマージンが21.7%となり、引き続きマージンが拡大することを期待しています。

それでは、ピートに電話をおつなぎします。

Pete Anevski

ありがとう、マーク。まず、新規ビジネスの創出に関連して、販売シーズンに関する定性的な説明をします。前四半期にお話ししたように、販売シーズンはまだ始まっていませんでしたが、ベネフィット・コンサルタントや見込み客との事前の話し合いでは、彼らが新しいベネフィットを評価したり、健康保険プランを変更したりする能力という点で、2021年はより正常な年になるだろうという期待が寄せられていました。

嵐のシーズンが始まり、現時点ではまだ非常に早いですが、これまでのところ、状況はより正常に感じられていることをご報告いたします。企業は、自社や従業員のCOVID後の姿を考えることができるようになってきているようです。1年前、これらの企業の多くは、COVID緩和計画に取り組んでいる間、気が散っていました。これらの気晴らしが和らぐにつれ、企業は昨年のこの時期に比べて、福利厚生に関する意思決定を行いやすい状態になるはずです。

この時期、当社は新規顧客の開拓と、過去の販売シーズンで「Not now」と回答した異なる顧客への再アプローチを積極的に行っています。当社の営業チームは、パイプラインの構築、RFPへの対応、顧客との直接交渉、そしてベネフィット・コンサルタントが当社に代わって行った潜在的な顧客への紹介を行っています。これまでのところ、これらのチャネルを組み合わせた初期の活動は非常にポジティブなものでした。また、初期の販売確約によるパイプラインの増加は、前年に比べて良好であり、販売年度のこの時点での社内の期待に沿ったものとなっています。

忘れてはならないのは、毎年の販売シーズンには、新規顧客数とカバーライフ数の絶対数を増やすことです。明らかに、昨年のシーズンは、COVIDがパイプラインの見込み客に影響を与えたため、異常なものとなりました。そのため、2019年を基準にして、売上の伸びを評価しています。そして、新たな売上の観点から、COVIDが発生する前の歴史的な軌道に戻ることができると信じています。

いつものように、第2四半期の決算説明会でさらに詳しい情報をお伝えしたいと思っています。しかし、例年通り、2022年の導入に向けて、顧客の意思決定の大半は夏の終わりから秋の初めに行われると引き続き予想しています。また、販売シーズンに向けて重要となりそうなのが、当社の最新チャネルの立ち上げです。当四半期において、Progynyは、CVSのヘルスポイントソリューションマネジメントプログラムにおいて、不妊治療と家族形成のためのベネフィットを提供する企業に選ばれました。

このプログラムに馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、これは、CVS Healthが提供するフルサービスで、私たちがターゲットとする市場の自家保険加入者を含むプランスポンサーが、契約を簡素化し、最低価格を確保し、さまざまなポイントソリューションやヘルスケアの継続的なパフォーマンスを監視するのに役立ちます。このプログラムに含まれる他のソリューションには、心臓の健康、メンタルヘルス、体重管理、ストレス管理、筋骨格の状態に対処するものがあります。

Progynyがこのプログラムの施設・家族向けベネフィット・ソリューションに選ばれたことを大変誇りに思います。これは、ProgynyがCVS Healthの安全性、品質、会員の体験に関する高い基準を満たしていることが認められたからです。このプログラムに参加する対象となるプロバイダーは、徹底的な臨床的安全性と事業評価プロセスを受けなければなりません。そして、利用可能なソリューションの1つを追加することを選択したクライアントは、継続的なモニタリングとオフセット、そしてパフォーマンスを確実にするための監督の恩恵を受けることができます。

要するに、このプログラムは、当社のサービスの質と、先に述べた当社の成果の安全性-優位性の両方を検証する重要なものなのです。私たちがこのプログラムに参加することで、CVS Caremark社の商業的な自己資金の顧客がProgynyを利用できるようになり、その中には私たちがすでに追求していた顧客もいて、これらの顧客への販売プロセスが大幅に簡素化されます。

Stephanie Davis

皆さん、私の質問に答えてくださってありがとうございます。四半期決算、おめでとうございます。

David Schlanger

ありがとうございます、ステファニーさん。

Mark Livingston

ありがとうございます。

Pete Anevski

ありがとうございます。

Stephanie Davis

このコールに参加している皆さんは、少なくとも自分の会社でDNIイニシアチブに招待されたことがないとは言い切れないと思います。このことを念頭に置いて、次の販売シーズンに向けて、メッセージングやセールスフォースの教育プロセスにどのような影響を与えるでしょうか。

David Schlanger

いい質問ですね、ステファニー。私たちプロジーニーは、会社の設立当初から、株式に非常に重点を置いてきました。妊産婦向けのベネフィットに関連して、当社のベネフィットがすべての従業員層に対応するように設計されていることをお客様に理解していただき、従業員層間の公平性だけでなく、ベネフィットの利用に関しても公平性を確保しています。

つまり、ドルベースの給付ではなくサイクルベースの給付にすることで、複雑な症例や国内のどこに住んでいるかにかかわらず、誰もが同じ数の家族を作る機会を得られるようにしています。しかし、私たちは、負債、多様性、エクイティ、インクルージョンの観点から企業を支援する方法を、本当に進化させ続けています。

この1年で明らかになったことの1つは、ヘルスケアやヘルスケアの結果に関連して、歴史的に非常に大きな比率、つまり人種の違いがあったことを人々が話していることです。これは不妊治療にも当てはまります。不妊症に関しては、黒人コミュニティでは不妊症の発生率が高いことがわかっています。不妊症の発生率が著しく高いだけでなく、不妊症の治療を受ける率も低いのです。

そこで私たちは、これまでの構造的な取り組みに加えて、誰もが利用できる福利厚生を実現するために、従業員の集団を超えて、文化的に配慮した方法で会員をサポートしていることを確認しています。

私たちは、スタッフにトレーニングを行い、健康、医療へのアクセス、医療の成果に関連する人種間の格差に対処するための方法を模索しています。もちろん、これは当社のお客様や将来のお客様との会話であり、これらの取り組みがお客様にとって重要であることは承知しています。これらの取り組みがお客様にとって重要であることは承知していますし、お客様の取り組みを支援したいと考えています。

また、先ほど申し上げたように、D&Iの要件が進化し続ける中で、私たちも進化し続けています。また、スタッフのトレーニングだけでなく、これらの問題を扱ったコンテンツ、ポッドキャスト、ウェビナー、ライブイベントなどを作成し、会員がこれらの問題について学び、これまでに存在したいくつかの格差に対処するためにどうすればよいかを理解できるようにしています。繰り返しになりますが、私たちは非常に快適にその中に入ることができます。

Stephanie Davis

この件について補足しておきます。セールスプロセスについてです。これもまた、「足で稼ぐ」というモデルとは少し違うのではないでしょうか。D&Iやインクルージョンの取り組みについては、さまざまなチャネルで相談することができます。そのようなチャンネルを探されたことはありますか?それとも、それは将来的なチャンスになるのでしょうか?

David Schlanger

いやいや、確かに、これは会社のDNAの一部です。例えば、私たちは最高多様性責任者との会話に慣れていますし、企業のお客様もそうしています。だからこそ、プロジーニーのようなベネフィットを採用することで、DIの取り組みを促進することができるということを、お客様に理解していただきたいと思っています。これは、私たちが当初から取り組んできたことの一部です。しかし、ご存じのように、他の問題への関心が高まるにつれ、私たちは進化し続け、それらの問題にも確実に対処していきます。

Stephanie Davis

とても参考になりました。どうもありがとうございました。

David Schlanger

ありがとうございました。

Anne Samuel

こんにちは、期待していました。素晴らしい、ありがとうございます。今期の利益率の改善について、もう少し詳しく説明していただけないでしょうか。薬局の売上はどうなったのでしょうか?また、10%台後半の長期目標について考えた場合、今のところアップサイドはあるのでしょうか?ありがとうございます。

Pete Anevski

ところで、お帰りなさい。またお会いできてうれしいです。

Anne Samuel

ありがとうございました。

Pete Anevski

問題ありません。3月初旬に発表した当初のガイダンスとは異なり、私たちは薬局プログラムのサプライチェーン全体に関わるプロセスを進めていました。そして、RFPを公開していました。このプロセスが完了したのは、第3四半期の終わりから第4四半期の初めにかけてのことでしたが、その一部は第3四半期の終わりから第4四半期の初めにかけて行われました。結果的には、私たちが以前から考えていたことと同じような結果になったと思います。

Mark Livingston

第1四半期、第2四半期。

Pete Anevski

はい、すみません、第1四半期と第2四半期ですね、失礼しました。申し訳ありません。第1四半期と第2四半期は、ガイダンスを発表したときに見えていたものよりも良好でした。これが改善の要因です。このような改善を継続することができれば、最終的に到達するであろう長期的な見通しを高めることができますが、ご存知のように、ロードショーで公開したときを除き、長期的な見通しを更新したことはありません。私たちがやりたいことは、単に目標を設定するのではなく、達成可能なレバレッジとマージンの拡大を指摘し続け、ビジネス全体と私たちができることに焦点を当て続けることですが、確かにそうなる可能性を示しています。

Anne Samuel

それは本当に素晴らしいですね。それから、稼働率についてですが、COVIDの時には起こらなかったサイクルに何が起こったのかをどう考えればいいのでしょうか?今、あなたはベースラインに戻っています。しかし、失われたサイクルが戻ってくる可能性はあるのでしょうか?

Pete Anevski

その可能性は常にあります。問題は、失われたサイクルの数をどうやって定量化するか、ということです。そのうちのいくつがすでに戻ってきているのか?徐々に回復しているものはどれくらいあるのか、などなど。なぜなら、私たちが知っているのは、私たちが話をした人たちだけであり、私たちが話をしていないメンバー、つまり、自分自身で一時停止して、私たちに連絡してこないメンバーのことは知らないからです。

そのため、今はまだ必要がないと傍観している会員がどのくらいいるのか、また、ワクチンの発売などに伴って戻ってくる会員がどのくらいいるのかを把握するのは非常に困難です。ですから、できればそれを数値化して、数字に反映させたいと思っています。しかし、確かにその可能性はあります。ただ、それをどうやって定量化するのかはよくわかりません。

Pete Anevski

そうですね。ありがとう、みんな。

Ralph Giacobbe

やあ、ありがとう。こんにちは。第1四半期の好調なトップラインが、第2四半期のガイダンスにも反映されているようですね。しかし、トップラインのガイダンスを変更せず、調整のためにオープンにしているのは、第2四半期が予防接種を躊躇するような、いわばポーズのような四半期だったのではないかと考えているからなのです。しかし、実際にはそうではなかったようです。下半期に何か少しでも足を引っ張るようなことがあれば教えてください。

Pete Anevski

ありません。第2四半期の見通しや、第1四半期の実績に対する通期見通しについては、特に何もありません。控えめにしているわけではありません。我々は、通常の稼働パターンに基づいて予測しており、それが下半期に何を期待できるかを示しているのです。歴史的に見ても、新規および既存のお客様の新年度が始まる時期には、会員の皆様がどのように特典を利用されるかに関連して、上半期、下半期のような季節性があると思います。しかし、それ以外は、本当に何もありません。控えているというよりも、これは我々が持っている最高の見通しであり、その見通しに関連して出すことのできる最高のガイダンスであると言った方がいいでしょう。

Ralph Giacobbe

薬局との契約についてですが、RXベネフィットの経済効果はどのようなものか教えてください。マークアップだけでしょうか?パススルーがあるようには見えませんが、基本的には顧客へのパススルーと維持費はどのようになっているのでしょうか?また、プロバイダーとの契約更新についても言及されていますね。それは単なる年次更新ですか?昨年起こったことを考えると、より大きな部分の承認が必要だったのでしょうか?このような圧力は確かにあるようですが、お客様が求めているレートがあるのか、またはレートを上げることができるのかについて、何かお話がありましたら教えてください。ありがとうございます。

Pete Anevski

私たちが行っていることがどれほどのものなのかを数値化することはできませんし、お客様に還元することもありません。しかし、価格調整は行っています。経済的に有利な状況になれば、価格を調整します。経済的に得られるものの大部分は、お客様と共有していますし、何年もそうしてきました。そして、今年もそうしています。私たちは、お客様のために正しいことをする機会があれば、いつでもそれを実行します。しかし同時に、ビジネスを成長させ、時間をかけて全体的に少しずつマージンを増やしていくことにも重点を置いています。それは...

Ralph Giacobbe

プロバイダー側では、経常的なプロバイダーとの交渉を行っています。

Pete Anevski

プロバイダーはそれぞれ異なるものを持っています。だからこそ、私たちはこれを「通常の定期的な交渉」と呼んでいるのです。プロバイダによって、契約の開始時期と終了時期が異なります。通常は2年間の契約です。そのため、四半期ごとに再交渉が行われ、ネットワークに組み込まれていきます。しかし、ほとんどの場合、契約や料金に関する議論は、長年にわたって行われてきたデータに基づいたプロバイダーとの議論であり、通常の繰り返しです。

Ralph Giacobbe

わかりました。助かります。ありがとうございました。

Pete Anevski

ありがとう、ラルフ。

 

🌟まとめ

不妊治療を扱う企業で、解約もほとんどなく、COVIDに関連した不妊治療への参加率の変化は懸念されますが、契約している企業が減らなければ短期的な売上の増減は無視しても良いかなと思っています。

不妊治療はこれからも大きなトレンドであり続けると思うので、PGNYには期待しています。

$MQ 銘柄分析

カード発行会社のMQです。

新興企業を中心に利用されており、カードの様々な可能性を見出していく企業です。

 

○事業内容

・まとまっていたサイトから引用です。

tabinformation.com

マルケタ(マーケタ)marqeta【MQ】はテンバガー(10倍株)化する⁉2021年注目銘柄 | アメリカ株・米国株でテンバガー(10倍株)候補発掘ブログ

 

 

 

🌟まとめ

IPO後の決算を待って買っていくかは検討中。

・やっている事業内容は参入障壁も高く、個人的にも興味をそそられます。

・一方で現状はvaluationが高く、$SQに依存している部分が大きいところも気になります。

・Total payment volumeに注意していきます。