reostockのブログ

資産運用などなど

$ZI 銘柄分析

$ZIについての分析です。

 

○事業内容

・まとまっているサイトから引用。

note.com

note.com

・Investor Overview(2021/8/2)より引用

https://ir.zoominfo.com/static-files/6b2b565e-3049-4cc8-83a6-c8382252fc45

f:id:reostock:20210815194050p:plain

→TAMは$70Bnまで成長しており、その内の2021Q2売り上げは$696Mn。

LTV/CAC>10と強い一方で、NRRは108%と他のSaasに比べると弱い印象です。

sairu.co.jp

makitani.net

f:id:reostock:20210815194603p:plain

→営業担当者は実際には1/3の時間しか販売に割けないのが問題であると。

担当者の移動や、意思決定権のある人が誰なのかなど、そういった情報収集に要する時間が多いのが現状で問題点。

f:id:reostock:20210815215332p:plain

f:id:reostock:20210815215358p:plain

f:id:reostock:20210815215700p:plain

→上述の問題を、AIなどを駆使してリアルタイムで情報をアップデートして、情報を分類して、提案するといった形で問題解決を行っているようです。営業はやったことないのでいまいち実感がわかないですが、どの顧客に接触すべきかや優先すべき顧客をランク付けしたりなどができるようです。

f:id:reostock:20210815220546p:plain

→最近ではChorusやInsentなどの買収を行いました。

www.chorus.ai

note.com

note.com

 

○Investor Overview(2021/8/2)より2021年Q2決算

f:id:reostock:20210815222029p:plain

Q2

f:id:reostock:20210815222102p:plain

Q2

f:id:reostock:20210815222137p:plain

Q2

→順調に売上は伸び、営業利益も増えています。営業利益率は徐々に下がっているものの、43%と高い水準です。

f:id:reostock:20210815225802p:plain

Q2

todolab.blog.jp

→アンレバードFCFも順調に伸びています。QoQでは減少。

f:id:reostock:20210815234815p:plain

Q2

 

f:id:reostock:20210815234924p:plain

Q2

→ガイダンスが弱かったですが、EPS/Revenueはpass

・以下、Earning callより

Henry Schuck

ありがとうございます、ジェリー、そして皆さん、ようこそ。第2四半期は、売上高の伸びが加速し、営業利益率も改善し、記録的な四半期となりました。営業、マーケティング、製品、データ、エンジニアリング組織への継続的な投資と、Go-to-Marketチーム全体のデジタルトランスフォーメーションを加速させるための強い需要環境が原動力となり、事業全体でポジティブな傾向が続いています。当四半期は、新規顧客の獲得数が過去最高となり、顧客維持活動と顧客エンゲージメントの両方において過去最高水準を記録しました。

最大手のお客様の成長は加速しており、年間10万ドル以上のご利用をいただいているお客様の数は前年同期比70%増の1,100社を超え、当四半期末には1,100社を超えました

また、海外への投資の成果も出ています。より多くのMRがこの機会に集中したことで、海外売上高は前年同期比で75%以上増加し、海外売上高は事業全体の11%を占めるまでになりました。

第2四半期のGAAPベースの売上高は1億7,400万ドルで、前年同期比57%増、第1四半期比では50%増、日数調整後では前四半期比12%増となりました。

継続的な改善、新たな可能性の定義、高いハードルの設定という当社の文化は、現在および将来の従業員の共感を得ています。先日、当社はComparably Awardsの「キャリアアップに最適な企業」および「最高のリーダーシップチーム」を受賞したほか、Fortune Best Workplaces for Millennialsを受賞したことを発表しました。

当社の強力な文化と、採用および人材獲得への投資の拡大により、今年は575人以上の従業員を採用し、全世界の従業員数は2,100人に近づきました。

今後もクラス最高の成長率を実現するために、全世界のチームを強化するための投資を行う予定です。この市場は、1年前の240億ドルから現在は700億ドル以上に拡大していると推定されます。

お客様との会話の中で、企業は市場開拓の方法を近代化する初期段階にあることがわかりました。直感ではなくデータやインサイトを利用し、一貫性のない単発の営業活動ではなく、自動化されたワークフローを利用し始めたところです。これは、今後加速すると思われる時代的変化です。

現在、市場への浸透率は1桁台にとどまっていると推定しています。また、ガートナー社は、2025年までにB2B営業組織の60%が、経験や直感に基づく販売からデータ駆動型の販売へと移行し、販売プロセス、販売アプリケーション、販売データ、販売分析を単一の業務慣行に統合すると指摘しています。

この目標を達成するために、当社はプロダクトチームとエンジニアリングチームの成長に深く投資し、全体的にシニアレベルの人材を追加しました。また、製品、エンジニアリング、製品マーケティングの間で、新しい計画、優先順位付け、調整プロセスを導入し、新しいソフトウェア開発と市場投入の厳密さ、規律性、予測可能性を強化しました。製品チームとエンジニアリングチームは成果を上げ、当社の歴史の中でも最も意義のある製品と機能を市場に投入しました。

有機的な開発の急速な進展に加えて、先月、当社は会話知能のリーダーであるChorus.aiの買収を発表しました。この買収が当社にとって変革をもたらすものである理由を改めて説明するとともに、お客様から寄せられた初期のフィードバックを紹介したいと思います。

まず、Chorusは、Go-to-Marketチームにとって常にトップレベルのソリューションと評価されている、高価値で高ネットリテンションのソリューションを提供することで、当社のアクセス可能な市場を大幅に拡大します。ZoomInfoとChorusは、同じ買い手をターゲットにしているわけではありません。私たちの売り手は、会話インテリジェンスの力を知っており、2万人以上の既存顧客および新規見込み客にこのソリューションを迅速かつ容易に提供することができます。当社のデータ資産との緊密な統合により、より価値のあるワークフローが生み出され、モダンで完全に自動化されたGo-to-Marketプラットフォームという当社のビジョンに近づいています。

一般的に、すべての営業チームは2つのことを行っています。それ以上のことをしているかもしれませんが、少なくとも、1つは新規ビジネスを見つけるためのプロスペクト活動、もう1つは営業担当者のパフォーマンスを向上させるためのオンボーディングとコーチングです。ZoomInfoは、すでに何十万人もの営業担当者やマーケティング担当者が、ファネルの最上段で新規ビジネスを見つけるのを支援してきました。Chorusが加わったことで、営業チームのオンボーディング、コーチング、レベルアップを支援できるようになりました。

Chorusは、最高のセールスプレイをハイライトし、最高得点のコールを自動的に推奨し、類似したトピックのコールライブラリを管理し、トーク・リスニング比率や類似した言葉などの指標をベンチマークし、新しい異議申し立てをサービスすることで、新人担当者のオンボーディングとトレーニングのプロセスを簡素化しました。これにより、営業担当者は新しい担当者を迅速に採用し、生産性を高め、継続的な改善を図ることができます。

コーラスはまた、エンゲージメントアプリケーション層への移行を加速させます。営業チームやマーケティングチームは、コーラスのワールドクラスのインテリジェンスを活用して、より自動化された効率的な方法で、電話、電子メール、チャット、ビデオ会議を通じて購買者とつながることができます。

当社の最新の市場開拓プラットフォームに統合することで、お客様は当社の企業情報、コンタクト情報、インテント情報の価値を高めることができると考えています。例えば、お客様がEngageを使用することで、当社のインテリジェンス製品の全体的な保持率、使用率、エンゲージメントが大幅に向上します。コーラスをZoomInfoプラットフォームに統合する際にも、同様の結果が得られると期待しています。

コーラスの買収については、お客様から素晴らしいフィードバックをいただいており、その価値提案は非常に高く評価されています。買収完了から3週間足らずで、いくつかの取引が成立しました。

あるB2Bソフトウェアリードジェネレーション企業のお客様は、競合他社の会話情報ソリューションを評価していましたが、より優れたトランスクリプションによるより正確な信号のために、Chorusを選びました。同社はコーラスをアカウント・エグゼクティブのスキルアップに利用しており、プロセスと営業手法を推進し、担当者が最も効果的なトークトラックを遵守し、適切な質問をしていることを確認しています。

オンデマンドのクラウドベースの労働力を提供している別の顧客は、競合他社の実証実験の結果、最も堅牢なソリューションであると判断し、Chorusを選択しました。彼らはChorusをアカウント・エグゼクティブやSDRチームに使用し、通話コーチングや通話中の一貫したメッセージングを行っています。

また、約2万人の従業員を擁する大規模なプロフェッショナルサービス企業は、新入社員の立ち上げ時間を短縮し、営業チームにおける勝利のための行動を特定して再現し、営業方法論の遵守を促進するために、コーラスを選択しました。彼らがChorusを選んだ理由は、より正確なシグナルを提供する優れた人工知能と、強力なプラットフォームの統合でした。Chorusは、ある部門のアカウント・エグゼクティブの一部に導入されました。そして、そこで成功を収めることで、さらなる拡大のための大きな機会を得ることができました。

また、プラットフォームの改善とユーザーの強化を継続して行い、プラットフォーム内でより多くの機能とワークフローを提供するとともに、データカバレッジとデータ品質の向上も継続して推進しています。

第1四半期には、全く新しいワークフロー製品を発表したことをお話ししました。この製品では、営業チームが自然言語を使って簡単に設定したり、営業やマーケティングのエンゲージメントやイネーブルメントを自動化するためのインサイトドリブンなプレイを実行することができます。

第2四半期には、ストリーミング・インテント、ウェブサイト、スクープ、ファンディングなど、ワークフローのトリガーとなるオプションを追加しました。このようなワークフローへの投資により、この高度な機能を利用しているエリートパッケージのお客様の割合は2倍になりました。今後もさらに新しいトリガーを追加し、実証済みのGo-to-Market Playbookを共有することで、お客様が新しいワークフローを採用し、テストし、反復することを支援していきます。

さらに、コーラスのキーワードやメンションをトリガーやワークフローとして追加することは、これまで収益チームが利用できなかったプレーを可能にする重要なイノベーションになると期待しています。

また、統合を通じてファーストパーティとサードパーティのデータの橋渡しを続けています。ZoomInfoの同期機能により、ファーストパーティの販売データをZoomInfoのデータと統合することができます。第2四半期には、セールスフォースの商談オブジェクトをZoomInfo Syncに追加しました。これにより、ユーザーは商談の所有者、ステージ、タイプ、リードソース、作成ゲートとクローズゲートの範囲に基づいて、検索結果を包含または除外することができます。

さらに、消費パターンに基づいて、市場調査チームが見込み客を特定し、購買プロセスの一環としてリサーチを行っている間に見込み客を評価できるようにするインテント製品は、2020年6月から2021年6月の間にアクティブユーザー数が5倍以上に増加し、大きな成長を続けています。

Clickagy社の買収後に利用可能となったストリーミング・インテントとカスタム・インテントの予約件数は、過去2四半期の各四半期で前四半期比約2倍となりました。また、前回の決算説明会でもお話した、セールスエンゲージメント・オートメーションプラットフォームであるEngageは、1四半期のACV増加量が過去最高となりました。

また、ZoomInfo Recruiterは、まだ規模は小さいものの、第2四半期に採用担当者のシート数が前四半期比で10倍以上に増加しました。第2四半期にリリースされた主な機能としては、Google Chrome拡張機能「reach out for recruiter」、採用担当者が多様性や採用目標を達成するための「ダイバーシティインクルージョン・スマートフィルター」、GreenhouseやJobDivaなどの主要なATSシステムとの新たな統合機能、採用担当者が特定の求人案件の候補者を育成するためのタレントフローコミュニケーションを設定できる「Engage for recruiters」などがあります。ZoomInfo Recruiterのロードマップには、世界中の人材獲得・採用担当者のデジタルトランスフォーメーションを促進すると確信している機能が含まれています。

運用やデータオーケストレーションの専門家向けには、Snowflakeクラウドベースのデータウェアハウスとの画期的な統合を発表し、ZoomInfoのデータをSnowflakeにシームレスに配信することを可能にしました。これにより、分析、ビジネスインテリジェンス、戦略立案など、組織全体でより多くの潜在的なユーザーに門戸が開かれます。

Fortune 100に選ばれたある金融サービス企業では、ZoomInfoのプラットフォームを使用して自社のアドレス可能な市場全体を定義し、Snowflakeインスタンスに直接リアルタイムのフィードを確立しました。刻々と変化するTAMのライブビューは、Snowflakeとの統合により提供できる数多くのユースケースの一つであり、お客様がGo to Market計画を策定している場所でリアルタイムにデータを充実させることができる当社の能力を強調するものです。

また、Microsoft Dynamics 365との連携も発表しました。これにより、ZoomInfoの全プラットフォームをダイナミックアプリケーション内で直接利用できるようになります。また、ZoomInfoからZoho CRMへのコネクター連携も発表しました。

国際的なビジネスの加速に伴い、国際的に、特にヨーロッパにおいて、データ品質とデータカバレッジの両面で重要な投資を行ってきました。過去12ヶ月間で、ヨーロッパにおける企業カバレッジ、ビジネスプロフェッショナル、コンタクトデータが60%以上増加しました。

これは、タイトル翻訳の拡充、Eメール予測・検証アルゴリズムの改善、国際的なデータに特化した専門チームの設置などによるものです。

毎月2億5,000万件を超える連絡先の変更を取り込み、処理するためには、堅牢で拡張性のあるシステムと、データ資産全体の精度とカバー率を高いレベルで維持する有能なチームが必要です。私たちはこのチームを強化し続け、現在では400人のグローバルエンジニア、アナリスト、データサイエンティスト、研究者が、高いデータ精度を維持しながらデータカバレッジを拡大することに専念しています。このチームは、180以上のダッシュボードを監視し、データの品質を定期的にテストしています。毎月、何万ものデータポイントを手作業でテストし、エビデンスに基づくアルゴリズムをさらに訓練して改良しており、その結果、当社の雇用精度は過去最高となっています。

これらの機能とプラットフォームの強化、およびデータ品質への継続的な投資により、ロゴの保持率と座席利用率が向上し、当四半期の保持活動と顧客エンゲージメントの両方が過去最高レベルとなり、純ドルの保持率も大幅に改善すると期待しています。

当四半期は、ベンチャーキャピタルのAndreessen Horowitz、HVACプロバイダーのComfort Systems、Sonesta Hotels、Bill.com、Staples、Office Depot、Monsterなど、多様なお客様との取引を拡大しました。また、人事・給与ソフトのプロバイダーとの取引もあり、前年比で80%増となりました。現在では、同社の営業チーム全体が費やす最大の技術スタックとなっており、当社のプラットフォームが、自社のGo to Marketの変革を目指す大企業にとって戦略的に不可欠なものとなっていることを裏付けています。

また、当社は企業向けビジネスにおいても成長を加速させています。6月30日現在、ACV10万ドル以上の顧客数は1,100社を超えており、前期の950社以上、前々期の850社から増加しています。

エンタープライズ分野での当社の強みは、いくつかの理由によります。第一に、企業データの範囲を大幅に拡大し、リーチとカバレッジを向上させたことで、レガシーベンダーに対するシェアを獲得することができました。

第二に、MicrosoftSnowflakeなどの企業との強固な統合やパートナーシップ、エンタープライズグレードのAPIなどのテクノロジーへの投資により、大企業は顧客データが存在する場所で充実したサービスを受けることができます。

第三に、人とプロセスへの投資として、企業向けセールスリーダーシップの拡大、より大規模で専門性の高い企業向けデータソリューションコンサルティング、企業向けに特化したデリバリーおよびデータサービスチームを設置することで、これらのお客様に高いレベルのサービスを提供しています。

また、企業にとっては、複数のベンダーが提供するGo-To-Market(市場参入)のための重要なインフラを切り替えることなく、必要なものをすべて一箇所で見つけることができるため、大きな価値を提供することができます。

最後になりましたが、当社はすべての成長戦略を継続して実行しています。第2四半期の新規顧客獲得数は過去最高となりました。また、リテンション活動も過去最高レベルを達成しました。また、当社のデータの精度とカバー率は過去最高となっています。お客様の導入、ユーザー体験の向上、統合への投資により、お客様の満足度が向上し、過去最高レベルのエンゲージメントを獲得しています。

国際的な活動も活発化しています。また、新しい機能の開発、獲得、統合を継続して行い、最新のGo-to-Marketプラットフォームのビジョンを実現しています。

それでは、チーフ・ファイナンシャル・オフィサーのキャメロン・ハイザーにご挨拶をお願いします。

Cameron Hyzer

ありがとう、ヘンリー。第2四半期は、予想を上回る好調な業績で、素晴らしい四半期となりました。その結果、通期の財務見通しを再び上方修正します。2021年の収益成長率は、幅広い分野での好調さを背景に、前回のガイダンスである中間点の41%から48%になる見込みです。新たな成長ベクトルへの投資を行うにあたり、当社が重視しているのは、持続的な収益成長を実現すると同時に、業界トップレベルの収益性を確保することです。

その結果、調整後営業利益の見通しを2億9,100万ドルから2億9,500万ドルに引き上げます。このガイダンスには、コーラスへの追加投資が含まれています。コーラスの収益は前年比で2倍以上に増加しており、その結果、調整後の営業利益に800万ドルから900万ドルのマイナスの影響がありますが、これは以前のガイダンスの仮定には含まれていませんでした。この結果、既存事業の成長が加速し、調整後の営業利益率は若干低下しましたが、収益性およびキャッシュフローの絶対水準は向上しました。

第2四半期のGAAPベースの売上高は1億7,400万ドルでした。当四半期のGAAPベースの売上高は1億7,400万ドルで、ガイダンスの範囲である1億6,100万ドルから1億6,300万ドルを上回り、前年同期の50%から57%に成長しました。当四半期の収益成長の加速は、54%の既存事業収益の成長に支えられています。第2四半期の既存事業売上高の増加は、事業全体を上回る成長を遂げている企業向け事業と海外向け事業の成功に支えられています。

第2四半期の調整後営業利益は7,600万ドルでした。これもガイダンスレンジである6,800万ドルから7,000万ドルを上回り、調整後の営業利益率は第1四半期から上昇して43%となりました。

費用面に目を移すと、従業員数への投資を全面的に拡大し、当四半期末の従業員数は約2,100人となり、IPO時の2020年6月の1,300人から増加しました。今後も組織全体での投資を継続し、特に製品およびエンジニアリングへの投資と、持続的な成長を促進するための販売能力の拡大に注力していく予定です。

貸借対照表キャッシュフローに目を向けると 当四半期の現金・預金および現金同等物・短期投資は4億米ドルでした。当四半期の営業キャッシュ・フローは8,900万ドルで、これには約500万ドルの支払利息が含まれています。

当四半期のレバレッジド・フリー・キャッシュフローは9,200万ドルで、調整後営業利益の120%でした。当四半期の平均フリー・キャッシュ・フローは9,200万ドルで、調整後の営業利益の120%でした。常に高水準のトップライン成長を実現してきた結果、当四半期の平均フリー・キャッシュ・フローの調整後営業利益に対する比率は100%から110%の範囲になると見込んでいます。

負債および将来の履行義務については、当四半期末の未収収益が2億7,600万ドル、残りの履行義務(RPO)が6億4,800万ドルで、このうち5億500万ドルは今後12ヵ月以内に履行される予定です。

これまで説明してきたように、計算された請求額やRPOは、期中の活動や今後の勢いを評価するには不正確な指標となります。そのため、当社では調整後の連続した日数での収益の伸びに注目しています。第2四半期は、第1四半期に引き続き、調整後の日数ベースで12%の増収を達成しました。この好調な収益成長を受けて、今年の期待値を引き上げることができました。

6月30日時点で、当社は7億5,000万ドルの総負債を抱えており、純レバレッジ比率は、12ヵ月後の調整後EBITDAの1.3倍、12ヵ月後のキャッシュEBITDAの0.9倍となっています(当社のクレジット契約では連結EBITDAと定義されています)。

当四半期の終了後、7月に完了した全額現金取引により、Chorus.aiの資産および特定の負債を約5億7,500万ドルで取得しました。この金額には、資産購入に関連した1億ドル以上の税効果が含まれており、現金納税額の減少という形で時間をかけて実現することが期待されています。

この買収と同時に、2029年2月に償還期限を迎えるアドオンのセキュリティノート3億ドルと、2026年2月に償還期限を迎えるアドオンのタームローンB2億ドルを発行しました。

この発表時に、S&P社は当社のコーポレート・デット・レーティングをBB-に、第一抵当証券をBBに、社債をBにそれぞれ格上げし、ムーディーズ社も第一抵当証券のイシュー・レベル・レーティングをBA2に格上げしました。

以上をもって、第3四半期の見通しと2021年通期の最新の見通しをお伝えします。第3四半期のGAAPベースの売上高は1億8,200万ドルから1億8,400万ドルの範囲で、これにはコーラス社からの約300万ドルの貢献が含まれます。調整後の営業利益は7,200万ドルから7,400万ドルの範囲で、これにはコーラス社からの約500万ドルのマイナスの貢献が含まれていると予想しています。

GAAPベースの純利益は、1株当たり0.11ドルから0.12ドルの範囲になると予想しています。第3四半期のGAAPベースの売上高は、中間点で前年同期比48%増、調整後の営業利益率は40%を見込んでいます。コーラス社からの寄与を除くと、コアビジネスの調整後営業利益率は43%になると予想しています。

2021年通年のガイダンスを以下のように更新します。GAAPベースの売上高は7億300万ドルから7億700万ドルの範囲になると予想しています。これは前回のガイダンスの6億7000万ドルから6億7600万ドルを上回るもので、前回のガイダンスには含まれていなかったコーラス社からの貢献分800万ドルから900万ドルが含まれています。

調整後の営業利益は2億9,100万ドルから2億9,500万ドルで、事前予想の2億9,000万ドルから2億9,400万ドルを上回り、事前予想に含まれていなかったコーラス社からの800万ドルから900万ドルのマイナス寄与が含まれています。

GAAPベースの当期純利益は、1株当たり0.50〜0.51ドルとなり、事前予想の1株当たり0.49〜0.50ドルを上回ります。

また、平均化されていないフリー・キャッシュ・フローは3億ドルから3億500万ドルの範囲になると見込んでおり、これは事前予想の2億9000万ドルから2億9500万ドルを上回るものです。

当社の通期見通しは、48%のGAAPベースの売上成長を見込んでおり、そのうち約4%は買収によるものです。これは、事前の見通しである41%と比較しても変わりません。

以上をもって、質疑応答を開始します。

 

質疑応答

Operator

ありがとうございました。最初の質問は、モルガン・スタンレーのスタン・ズロツキーさんからです。あなたの回線は開いています。

Stan Zlotsky

私の質問に答えてくださってありがとうございます。非常に高いレベルで、すべての業績を見渡してみると、確かにすべての成長指標が上方向に加速しています。今、根本的な変化が起きていて、その変化が実際に加速しており、その恩恵が成長率に反映されていると言ってもいいでしょうか?

Henry Schuck

企業が市場に参入する方法をデジタル化する傾向が続いていると思います。私たちは、より大きなセールスフォースを持ち、これまで以上に多くの企業に製品を提供し、市場に対してより完全な製品を提供していると思います。しかし、企業が市場に参入する方法をデジタル化するという世俗的なトレンドは存在しています。私たちが話をしているお客様の多くは、まだデジタル化の取り組みのごく初期段階にあるので、この傾向は長く続くと思います。

Stan Zlotsky

わかりました。Chorus.aiについては、ヘンリーさんが、キャメロンさんが、通年で800万ドルから900万ドルの収益とおっしゃいました。繰延収益の評価損による影響は大まかにどのくらいですか?

Cameron Hyzer

これは、現時点では公開している指標ではありません。

Stan Zlotsky

了解しました。わかった。みんな、ありがとう。好調な四半期をお楽しみください。

Operator

ありがとうございます。次は、ウォルフ・リサーチのアレックス・ズーキンさんです。お電話お待ちしております。

Alex Zukin

質問にお答えいただきありがとうございます。データベンダーからソフトウェアベンダーに移行することで、顧客に提供できる価値が増えていると思いますが、それを収入の面でどのように定量化すればよいでしょうか。この点をどのように考えているのか、ぜひ教えていただきたいと思います。

Henry Schuck

はい。まず最初の部分を私が担当し、キャメロンが何か付け加えることがないか確認します。まず、私たちが楽しみにしていることのひとつは、データとインサイトを使って着地できることです。すべてのお客様が市場に出るためには、データとインサイトが必要です。それは間違いありません。お客様の営業担当者は、新しいビジネスを開拓しています。しかし、それを効果的、効率的に行うためのデータやインサイトが手元にないのです。

このような状況を打開するために、お客様は市場参入のための動きをさらに洗練させたいと考えています。単にデータやインサイトを追加して、「これでデジタル化が進んだ」というだけではありません。ウェブサイトにチャットを追加したいと考えています。営業担当者が連絡を取る方法にセールスオートメーションを追加したい。ファネルの真ん中を最適化するために、会話のインテリジェンスを追加したいと考えています。

このようなお客様の高度化の動きに合わせて、私たちはすべての会話に立ち会うことができます。そして、それ自体がクラス最高のソリューションであるだけでなく、当社のデータ資産が組み込まれているため、競争力のある差別化されたソリューションを提供することができます。このようなソリューションを、今後も顧客ベースに加えていく大きなチャンスがあると考えています。

Cameron Hyzer

投資家説明会で発表したTAMの資料をご覧いただくと、公開時のコア・インテリジェンスのTAMは2,400万ドルでしたが、2,600万ドルに拡大しています。DASバージョンには、さらに追加のデータがあります。しかし、その後、他のセグメントを追加すると、それがビジネスのエンゲージメント部分であろうと、隣接するワークフローとしてのリクルーターであろうと、今回会話型のインテリジェンスを追加することで、我々が注力しているTAMをほぼ2倍にすることができます。これは、お客様のためにさらなる価値を提供し続けることで、お客様からどれだけの収益を得られるかを示す良い指標だと思います。

Alex Zukin

分かりました。それから、キャメロンさん、もうひとつお願いします。年末までに新プラットフォームに移行する割合を考えるとき、お客様を新プラットフォームに移行する際の平均的なアップリフトを教えてください。また、ChorusとInsentの導入はどうですか?

Cameron Hyzer

つまり、同じ数のシート、同じレベルの機能、統合しているデータを使用している場合、お客様が支払う金額には影響しません。つまり、同じ数のシート、同じレベルの機能、統合されたデータを利用しているということです。

しかし、お客様は機能を追加する傾向があります。より多くのユーザーに展開し、さらにデータも追加する傾向があります。これはまさに、新しいプラットフォームの価値を証明していると言えます。ですから、チャットやカンバセーション・インテリジェンスのような機能を追加することで、お客様との関係をさらに深め、より多くの価値を提供していくことができます。

Alex Zukin

はい、わかりました。ありがとうございました。

Operator

ありがとうございました。続きまして、JPモルガンのマーク・マーフィーさんです。お電話お待ちしております。

Mark Murphy

はい、ありがとうございます。非常に堅調な第2四半期にお祝いの言葉を述べさせていただきます。ヘンリー、第2四半期は顧客エンゲージメントの最高レベルに達したとコメントしていましたね。これをどのように定義し、測定しているのか興味があります。例えば、1日のログイン時間(分)、トランザクション数、APIコール数、デイリーアクティブユーザー数などでしょうか。また、強いエンゲージメントを得るための基本的な要因は何でしょうか?

Henry Schuck

そうですね。私たちは、さまざまな方法で利用状況を調べています。ログイン数と過剰使用数を比較しています。また、DAU/MAUについても調べています。また、特定の製品モジュールの利用状況も調べています。今期は非常にエキサイティングな四半期でした。Salesforce Sync製品、インテント製品、ワークフロー製品を通じたエクスポート、リーチアウト製品、Webサイト製品などの利用率が非常に有意に増加しました。また、全体的に見て、プラットフォームを利用するユーザーのエンゲージメントレベルが高く、今月から四半期を通して利用されています。

Mark Murphy

はい。続いて、典型的なお客様の営業組織における御社の席数は、現在どの程度浸透しているとお考えですか。私の記憶では、1年ほど前、大企業では3%程度だったと思います。一桁台前半のセグメントもありました。現在の状況をどのように見ているのか、また、今後どのようになっていくのか、興味があります。

Henry Schuck

そうですね、私たちは今でも顧客ベースで1桁台の普及率を維持していると思います。私たちが期待しているのは、既存の企業顧客の中に、10億ドル規模のチャンスがあると考えていることです。

また、アドレス可能な市場全体を考えると、米国には1,350万人の営業担当者がいます。私たちは、他の企業に製品やサービスを販売しているすべての人がZoomInfoの顧客であるべきだと考えています。ですから、私たちが販売しているさまざまなソリューションの前には、まだまだ大きな市場が広がっています。そして、Chorusは我々のアドレス可能な市場全体を拡大してくれます。

Mark Murphy

どうもありがとうございました。

Operator

ありがとうございました。次は、ゴールドマン・サックスのニコライ・ベリオフさんです。

Nikolay Beliov

前四半期比での増加や、10億ドルのキャプティブオポチュニティにおける企業の牽引力に見られるように、キャメロンさん、収益が再加速した要因を説明していただけますか?まず第一に、企業の牽引力が高まっていること、次に意図的なもの、あるいは場合によってはそういったものが挙げられます。

次に、もしよろしければ、企業の牽引力とそこでの勝利の理由をダブルクリックして、どのくらいの勝率を見ていますか?また、企業でのプラットフォーム導入の摩擦を減らすために、どのようなことをされましたか?

Cameron Hyzer

大まかな成長要因をお伝えして、その周辺の実行はヘンリーに任せます。しかし、Nikolayさんの質問は素晴らしいですね。私たちが注目しているさまざまな成長ベクトルは、ほぼ過去に特定した順序で実行し続けていると思います。最大のビジネスチャンスは、エンタープライズ・モーションです。ACVが100,000を超えたお客様の数という点でも、非常に良い牽引力を発揮しています。今では1,100社を超えています。これは、アップセルやリテンションの促進にもつながっています。ヘンリーが述べたように、当四半期のリテンション活動はこれまでで最高のものとなりました。引き続き、さまざまな業界や地域からの新規顧客が増えています。

2つ目の原動力は国際的な動きで、国際的な地域に特化したチームを設置したり、国際的なデータやプラットフォームを改善したりするなど、国際的な動きに焦点を当てて投資を行うことで、その動きが加速しています。そして3つ目は、代替ユースケース、隣接ユースケース、その他の機能や特徴が引き続き注目されていることです。ヘンリーは、Engageが引き続き好調であることを説明したと思います。リクルートプラットフォームは第2四半期に大きな勢いを得ており、私たちはこれに興奮しています。また、Chorusのような他の機能を導入することで、プラットフォームの中でどのような統合が可能になるか期待しています。

Henry Schuck

企業側では、実行に移すためにいくつかのことに触れておきたいと思います。第一に、ZoomInfoでは経験豊富なエンタープライズセラーのチームを採用しました。私たちは、企業向けの機会に集中しているわけではありません。また、カスタマーサクセスマネージャーがサポートすることで、これらのアカウントの健全性を保つことができます。

製品面では、Snowflakeのようなプラットフォームとの統合や、エンタープライズグレードのAPIMicrosoftMicrosoft Dynamicsとの統合に投資してきました。

EverStringとの統合により、データ・アズ・ア・サービスの観点から非常に強固なデータ資産が得られ、あらゆる規模の企業や契約に対して企業全体でエンリッチメントを提供できるようになりました。

また、Clickagy社の買収後にまとめたIntentデータとIntentパッケージも、企業内での動きを促進しています。

Operator

次の質問は、みずほ銀行のSiti Panigrahiさんです。

Siti Panigrahi

このような企業の牽引力を目の当たりにして、とても感動しています。しかし、中堅・中小企業ではどのような傾向が見られるのでしょうか。ACVやトレンドを開示していないのは承知していますが、昨年に対する今年のトレンドを教えていただければ助かります。昨年のIPO直後の数四半期は大変だったと思いますが、今年の傾向やセールスファネルのようなもの、あるいはリニアリティについてどのように考えればよいでしょうか。

Cameron Hyzer

当社のプラットフォームの優れた点は、規模に関係なく営業チームに適用できることで、成熟度の低い企業から高度な企業まで対応できます。つまり、あらゆる分野に適用できるということです。中小企業や中堅企業にも引き続き大きな力を感じています。

小規模な企業向けの案件を販売すれば、より大きな拡大機会があり、時間をかけて数百万ドルにまで成長させることができるからです。しかし、私たちにはまだ大きなチームがあります。なぜなら、これらのお客様は優良なお客様であり、可能性は小さいですが、時間の経過とともに成長する可能性があるからです。実際に、カスタマーサクセスモーションへの投資やプラットフォームへの継続的な投資により、全体的なリテンション指標が上昇していることを実感しています。そのため、より多くの中小企業のお客様にご利用いただいています。これは、現在の経済環境が改善していることもありますが、当社が価値を提供し続け、お客様の成長の原動力となっていることも理由のひとつです。

Operator

次の質問は、カナコードのDJハインズさんからです。

David Hynes Jr.

素晴らしい四半期を迎えられておめでとうございます。ヘンリー、あなたは海外データの改善に関する最新情報を教えてくれました。しかし、データのカバー率や品質は、実際の販売力を発揮するために必要なレベルに達していると思いますか?

そして、その質問の2つ目は、海外市場におけるデータ収集方法の違いを教えてください。何ができて何ができないのかという点で、ルールはどのように違うのでしょうか?

Henry Schuck

まず、私たちの業界全体で、私たちは最高の国際データプラットフォームを持っていると思います。また、国際的なものであれ、国内的なものであれ、私たちが持っているすべてのデータ資産を常に改善していこうと考えています。そして、そのデータ資産の改善に常に注力している400人のデータアナリストとエンジニアのチームがあります。

また、人の転職や企業の成長に伴う変化の数を考えると、1億社、1億3千万人のビジネスパーソンのすべての変化を把握するエンジンが必要です。それは人間だけではできません。機械だけでは無理です。最高の精度とカバー率を得るためには、それらを組み合わせる必要があります。私たちは、投資する価値のあるソリューションを持っていると信じています。私たちは、国際的な市場開拓のための組織に投資してきました。今後も、国際的なデータ整理のための投資を続けていきます。

データ収集方法やデータ収集の観点では、第一に、GDPRおよびコンプライアンスの観点から、当社の通知と選択のプログラムを業界のどの企業よりも多く実施しています。私たちは、データの収集方法や、お客様が自動化されたプラットフォーム内でデータにアクセスして更新する方法について透明性を確保するなど、プライバシーを第一に考える姿勢を誇りに思っています。その点では、業界をリードしています。

前四半期に行った、カバー率向上のための取り組みをご紹介します。欧州のカバー率が全体で60%増加していることをお話しました。私たちのチームが実際に行ったことのひとつは、データ資産を調べて、デンマーク語、フランス語、ドイツ語、イタリア語など、さまざまな言語の65万件のタイトルを翻訳し、それらのタイトルを英語にマッピングして、すでに収集したデータ資産の中から、プラットフォームで公開可能なレコードを見つけ出すことでした。このように、人間と既存のデータ収集方法を組み合わせることで、ヨーロッパや海外のデータセットの成長を促進しています。私たちは今後もこの分野に投資していきます。

Operator

続いて、バンク・オブ・アメリカの池田浩司さんにお話をうかがいます。

Koji Ikeda

素晴らしい四半期を迎えられておめでとうございます。私の質問に答えてくださってありがとうございます。私からは1つだけ。最近のコーラスの顧客獲得について、準備されたコメントをいただきありがとうございます。買収後間もない時期に顧客の支持を得ているというのは、本当に素晴らしいことですね。コーラスについてもう少し掘り下げていただけないかと思います。今回の買収について、パートナーや大口顧客からどのような声が聞こえてくるのか、また、コーラスの技術が彼らの全体的な市場戦略にどのように適合するのか、非常に興味があります。

Henry Schuck

買収後、お客様からは非常にポジティブなフィードバックをいただいています。コーラスの録音をいくつか持っていますが、お客様からは、「わあ、これがあるなんて知らなかった。買収のニュースを見て、私たちの会社にカンバセーション・インテリジェンスを導入するための話し合いを始めるのが楽しみになりました」。これは、当社の最大手のお客様から中小企業のお客様にまで広がっています。ZoomInfo側では、月の最終日に、ZoomInfoとChorusの両方のパッケージを新しい顧客層に販売できる担当者がいることを知っています。このように、統合されたソリューションについては、お客様から大きな支持を得ていますし、コーラスをZoomInfoに統合したときに何ができるかについても興奮しています。

もうひとつは、お客様がEverStringでの仕事、Clickagyでの仕事、Insentの製品ロードマップをご覧になっていることで、当社が技術資産を取得し、それを当社のデータ資産と統合し、さらにその上に革新を加えて、より強固で完全なソリューションを市場に投入する能力に大きな信頼を寄せていることです。会話情報の分野で我々が何をしてくれるのか、期待しています。

Koji Ikeda

ちょっとしたフォローアップをお願いします。コーラスがZoomInfoに完全に統合されたら、とおっしゃいましたが、それはいつ頃になるのか、スケジュールはどうなっているのでしょうか?

Henry Schuck

コーラスがZoomInfoに完全に統合されるのは、2022年前半の終わり頃になると考えています。

Koji Ikeda

素晴らしい四半期になっておめでとうございます。

Operator

続いて、ウェルズ・ファーゴのマイケル・タリンさんにもお話を伺います。

Michael Turrin

キャメロン、「100の法則」のおかげで、あなたは珍しい存在になりましたね。トレードオフをどのように管理しているのか、もう一度お聞きしたいのですが。以前、販売能力が成長の最大の制約であるとおっしゃっていましたね。あなたが提示したマージンのフレームワークを再検討してみませんか?また、トップラインが加速していることを踏まえて、何か有用なコメントがあればお願いします。

Cameron Hyzer

私たちは、長期的に持続的な成長を実現するための投資に引き続き注力しています。私たちの目の前には大きなチャンスがあり、そのチャンスを生かすための体制が整っていると思います。しかし、成長を促進するために、ビジネスへの投資、製品やエンジニアリング能力、そして販売能力への投資を続けていきます。アナリスト・デイで説明したように、当社のビジネスの自然な状態は、4日間の成長レベルで、40%台半ばの営業利益率を実現することだと考えています。そして、明らかに成長レベルを少し上回る加速ができたことで、利益率は43%としっかりとしたレベルになり、次の四半期も40%を達成できると考えています。

今後も成長を持続させるために、営業やマーケティングの能力、技術や製品の能力を高めていきたいと考えています。

当然のことながら、大きな数字の法則に従うようになると、より大きな基盤から成長することになるので、成長レベルは少し下がると思います。しかし、より大きな基盤からの成長が少しずつ下がることで、マージンは40%台半ば以上になるでしょう。

Michael TurrinMichael Turrin

ちょっとしたフォローアップです。明確にしておきたいことがあります。フリーキャッシュフローへの転換の期待が高まっているとおっしゃいました。今期も期待値が上昇しています。このような改善をもたらした要因について、もう少し詳しく教えてください。その期待値は、継続的なものなのか、それとも期限付きのものなのでしょうか?

Cameron Hyzer

特に成長が加速している中で、調整後の営業利益に対する平均フリーキャッシュフローの割合を、今後しばらくの間、100%から110%の範囲で提供できるよう、継続的に期待しています。

Operator

次は、Stifel社のパーカー・レーンさんですね。

Parker Lane

ヘンリー、コーラスについてもうひとつ。買収が完了してからの最初の会話では、ここでの予算のほとんどがグリーンフィールドになると感じられましたか?今日のセールスコーチングの機会に対応するために、学習管理システムのような隣接したシステムを使用している顧客はたくさんいます。

Henry Schuck

そうですね。私たちの感覚では、これは新しいカテゴリーのテクノロジーだと思います。ZoomInfoに見られるように、機会のほとんどはホワイトスペースです。セールスリーダーが、ZoomInfoのようなツールやChorusのようなソリューションを導入したときに得られる機会を知れば、この種のソリューションに予算を割くようになります。ZoomInfoで得られる迅速な価値とROI、Chorusで得られるカンバセーション・インテリジェンスは非常に魅力的で、両ソリューションの販売サイクルは、ZoomInfo側では30日以下と似通っていますので、このことを市場に示し続けることができることを非常に楽しみにしています。

Operator

次は、UBSのテイラー・マクギニスさんです。

Taylor McGinnis

四半期決算おめでとうございます。私の質問に答えていただきありがとうございます。昨年のNRRは確か108%程度だったと思います。しかし、保持率の向上と取引規模の拡大を受けて、最近の傾向について説明していただけますか?また、企業と中小企業の構成がこの傾向に影響することも知っています。また、その第2弾として、Engageリクルーティングやその他のサービスが、より意味のある貢献をし始めているかどうかも気になります。

Cameron Hyzer

純保持率は年単位で報告していますが、これは年度末から翌年末までの年次計算であるためです。私たちが注目しているのは、リテンション活動です。第2四半期は、リテンション活動の観点から見て過去最高の四半期となりました。

その理由のひとつは、カスタマーサポートチームやカスタマーサクセスチームへの投資、製品の改良や機能追加への投資など、オペレーション能力の面で行ってきたすべての投資にあります。確かに、より多くのお客様が高度な機能やEngageなどのアドオン機能を利用されるようになると、それが定着率の向上にもつながっていると思います。また、確かに要因のひとつではありますが、あまり影響のない要因だと思いますが、ビジネスの構成比の変化も時間の経過とともに助けになるはずです。

Engageの部分とChorusはまだ比較的小さいと思います。しかし、これらが成長すれば、そして確かに事業全体よりも早く成長しているので、より意味のあるものになっていくと考えています。しかし、2021年よりも2022年、2023年のほうが、より重要な意味を持つと考えています。

Operator

続いて、Truist社のTerry Tillman氏からも質問があります。

Joseph Meares, Jr.

テリーさんに代わってジョー・ミアーズです。10万ドルの顧客という非常に大きな基盤を手に入れた今、今後のKPIの進化をどのように考えればよいのでしょうか。例えば、100万ドル規模のお客様の可能性など、他に注目している指標はありますか?例えば、100万ドル規模の顧客の可能性とか、顧客1人当たりの平均製品数などです。

Cameron Hyzer

まずは、お客様一人あたりの平均製品数からお話します。確かに、当社はお客様がさまざまなレベルの機能を利用できるプラットフォームを開発してきました。そして、そのレベルに機能がバンドルされている場合もあれば、アドオンで追加される場合もあります。そのため、顧客1人当たりの平均製品数は、最もクリーンな指標ではないと思います。特に、今後バンドルを変更する可能性もあります。

100万ドル規模のお客様については、引き続き評価していきます。当社には100万ドル以上ご利用いただいているお客様も少なくありませんが、当社がお客様に提供している価値の大きさという点では、10万ドルレベルがかなり大きな差別化要因であることがわかりました。そのようなお客様は、企業としての視点をお持ちで、当社が提供するツールを活用するために、小規模なお客様よりも社内の能力に投資し続けている傾向があると思います。ですから、これが現時点で最も重要な指標だと考えています。

Operator

次は、レイモンド・ジェームズのブライアン・ピーターソンさんです。

Brian Peterson

非常に好調な業績を達成されておめでとうございます。早速ですが、国際的な話題に触れてみたいと思います。国や市場、ユースケースの観点から見て、海外での成功には何か共通点があるのでしょうか?何が成功の原動力になっているのかを知りたいのです。

Henry Schuck

まず、国際的に見て、海外での市場開拓の動きは、米国での市場開拓の動きに比べて大きく遅れていると思います。アメリカよりも5~7年遅れていると考えていいでしょう。そのため、私たちがその市場に参入し、私たちが提供するソリューションを見たとき、それは主に伝道的なものになります。私たちが注目している他の分野は、現在、英語圏のヨーロッパに注力していることです。現在は英語圏のヨーロッパに注力しており、その市場に集中しています。そして、残りの国際的なデータ資産の構築を続けています。そして、残りの国際的なデータ資産の構築を継続しており、その構築に伴って、各国での市場開拓のための投資を継続していきます。

Cameron Hyzer

さらに付け加えると、実際の成功例としては、販売促進のためにチームに投資しているところでは、それによって実際の効果が上がっていることがわかります。第1四半期と第2四半期には、チームへの投資を続けてきました。COVIDの制約をすべてクリアして物理的に現地に行けるようになるまで、ボストンに滞在し、早起きしてヨーロッパのタイムゾーンに合わせ、主に英国とアイルランドを中心に、他の国のお客様もお連れしています。このようにして、我々は最大の効果を上げていますが、それは主に我々が行っている投資によるものです。特に今後、世界が少しずつ開けていく中で、多くの国で現地での投資を続けていくことを楽しみにしています。

Operator

次は、バークレイズのライモ・レンズショーさんです。

Raimo Lenschow

こちらこそ、おめでとうございます。またコーラスの質問をしてもいいですか?申し訳ありません。ヘンリーさん、今の状況を見ると、B2Bでは本当の意味でのパワーハウスになると思います。しかし、会話型AIとその可能性を考えると、B2Cにも多くの可能性があり、それに関連して市場では多くのことが起こっています。この機会をどのように考えているのか、また、この資産でどこに焦点を当てたいのか?

Henry Schuck

私たちはB2Bの機会に集中しています。これは非常に大きなチャンスだと考えています。このように、カンバセーション・インテリジェンスには、実に多くの興味深いユースケースがあると考えています。今日は、B2Bユースケース、特にリクルートと市場開拓に焦点を当てますが、リクルートや人材獲得の分野でも会話のインテリジェンスを活用するチャンスがあると考えています。私たちは、そのような分野でも活躍できると考えています。

Raimo Lenschow

海外についての補足です。非常に力強い成長ですね。セールスカバレッジが大幅に増加しているとのことですが、その理由は?その構築について、少しお話いただけますか?というのも、全体の売上に占める割合はまだ小さいからです。これはどのように進化していくと思いますか?現時点では、明らかに低いベースからスタートしていますが、長期的には、目標としているミックスの観点から、どのような形になるとお考えですか?おめでとうございます。

Cameron Hyzer

ライモさんの考えでは、同じような道のりを歩んできた大企業に注目しています。例えば、セールスフォースのような企業です。彼らは、収益の30%以上を海外市場から得ています。私たちにとって素晴らしいことは、国内にはまだ多くのチャンスがあるということだと思います。ですから、国内では大きな成長が期待できます。しかし、長期的には、収益の3分の1以上を海外市場から得ることは現実的な可能性であり、目指すべきことだと思います。

Operator

続いて、パイパー・サンドラーのブレント・ブラチェリンさんです。お電話お待ちしております。

Clarke Jeffries

クラーク・ジェフリーズがブレントに代わりました。まず最初の質問ですが、過去数四半期の間に注目された新規および拡張の顧客を見てみると、ソフトウェアやビジネスサービス以外の垂直方向の牽引力が引き続き目立っているように思います。最初の質問は、10万件の取引を加速させる上で、これらの顧客の貢献をどのように評価するかということです。

次に、従来の業界では、ワークフローの自動化や請求書の発行など、B2Bプロセスを改善するシステムに過剰な投資をしてきましたが、セールスインテリジェンスや、機会のファネル全体を向上させる機会があることを認識していなかったという可能性があります。

Cameron Hyzer

私はまず、貢献度について説明します。確かに、非アーリーアダプターと呼ばれる業界は、ソフトウェアやビジネスサービス以外の業界に比べて成長が早いですが、ソフトウェアやビジネスサービスも引き続き成長しています。しかし、現時点では、当社のACV(売上高)全体の3分の2以下がソフトウェアおよびビジネスサービスによるものです。このことは、小規模なお客様だけでなく、10万人以上のお客様の中にも、他の業界のお客様が増えていることを示しています。これは、お客様が当社のソリューションを知り、より良い動作やデータに基づく動作を市場全体に適用する方法を検討し続けているためです。ヘンリーには、お客様からの声を具体的に聞いてもらいたいと思います。

Henry Schuck

クラークさん、企業との会話の中でいつも驚かされるのは、多くの大企業の営業プロセスがいかにアナログでマニュアル化されているかということです。それを変えようとする意欲が経営者レベルにあるのです。彼らは、CRMに多大な投資をしたことを理解しており、CRMには魅力的で洞察力に富んだものを求めています。そして、ZoomInfoは、こうした洞察力を提供し、最前線の営業チームのためのCRMを実現する架け橋であると考えています。特に、非伝統的な業界では、市場への参入方法をデジタル化したいという欲求が非常に強いと考えています。

Operator

ありがとうございました。これ以上の質問はありませんね。それでは、最後にCEOのヘンリー・チャックから閉会の挨拶をさせていただきたいと思います。

Henry Schuck

ありがとうございます。皆さん、ありがとうございます。2021年の下半期に向けて、より多くの投資家の皆様とお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。

Operator

皆さん、ありがとうございました。これで電話会議を終了します。ご参加いただきありがとうございました。どうぞお帰りください。

 

○これまでの決算

f:id:reostock:20210815235013p:plain

Q2

→全てpassしています。

 

🌟まとめ

・営業などに携わったことがないので、どれだけ素晴らしい事業なのかは実体験できませんが、事業内容は面白いと思いました。

・ガイダンスが弱かったのは懸念ですが、EPS/Revenueのpassし続けています。

・PSRを見ると高めで推移しており、様子をみつつINするかは検討します。

f:id:reostock:20210815235434p:plain

2021/8/15

 

$U 銘柄分析

ゲームやAR/VRにも関連している$Uについての銘柄分析です。

 

○事業内容

・以下にまとまっているサイトを引用。

note.com

kysu.jp

→競合のUnreal Engineとの競争が気になりますね。

 

○直近の決算(2021年Q2決算)を振り返る

f:id:reostock:20210815030426p:plain

Q2

note.com

 →EPS/Revenue/ガイダンスいずれもOKでした。

f:id:reostock:20210815030827p:plain

Q2

→これまで決算はmissしていません。

 

○2021年Q2 Press Releaseより

・CEOのコメント

ユニティの社長兼CEOであるJohn Riccitielloは「ユニティでは、RT3Dクリエイターとして成功するための最高のツールをクリエイターに提供することを目標としています。Unityは、クリエイターがデジタルなものなら何でも作り、何十ものプラットフォームやデバイスに作品を即座に展開できるように設計されており、すべてのクリエイターがメタバースの構築に参加できるようになっています。」と、述べています。

CFOのコメント

ユニティの最高財務責任者CFO)であるLuis Visosoは、「当四半期も連続して好調で、新規顧客の追加と既存顧客とのビジネス拡大により、当四半期の収益は前年同期比48%増の2億7360万ドルとなりました。好調な業績は多岐にわたっていますが、特に、厳しい環境下で市場シェアを拡大したオペレート・ソリューション・グループの業績を誇りに思っています。好調な業績を受けて、今年度のガイダンスを再び引き上げる自信があります」と述べています。 

・財務ハイライト

 売上高は2億7,360万ドルで、2020年第2四半期比48%の増加となりました。
 「Create Solutions」、「Operate Solutions」、「Strategic Partnerships and Other」の収益は、それぞれ7,240万ドル、1億8,290万ドル、1,830万ドルで、2020年第2四半期比でそれぞれ31%、63%、9%の増加となりました。
 2020年第2四半期の営業損失が2,480万ドル(売上高の13%)であったのに対し、営業損失は1億4,920万ドル(売上高の55%)となりました。
 非GAAPベースの営業損失は、2020年第2四半期の870万ドル(売上高の5%)に対し、320万ドル(売上高の1%)でした。
 基本的および希薄化後の1株当たり純損失は、2020年第2四半期の基本的および希薄化後の1株当たり純損失が0.21ドルであったのに対し、0.53ドルでした。
 基本的および希薄化後の非GAAPベースの1株当たり純損失は0.02ドルで、2020年第2四半期の基本的および希薄化後の非GAAPベースの1株当たり純損失が0.09ドルであったことと比較しています。
 2021年6月30日時点の直近12ヵ月間にそれぞれ10万ドル以上の売上を計上した顧客数は、2020年6月30日時点の716社に対し、888社
 2021年6月30日時点のドルベースの純拡張率は、2020年6月30日時点の142%に対し、142%でした。
 2021年第2四半期の営業活動によるキャッシュ・フローは、前年同期の1,660万ドルの純収入に対し、2,670万ドルの純支出となりました。2021年第2四半期のフリー・キャッシュ・フローは、前年同期が490万ドルだったのに対し、△3,350万ドルでした。現金、現金同等物、制限付き現金は、2020年6月30日時点の5億ドルに対し、2021年6月30日時点で10億ドルとなりました。

・ビジネスハイライト

 ユニティは、ゲーム以外の業界でも勢いを増しています。2021年第2四半期、ユニティは新たに自動車メーカー3社を追加したほか、眼鏡メーカーや小売店、先進的なデザインで知られる家電メーカーなど、複数の消費財ブランドとの取引を開始しました。さらにユニティは、ニューヨーク州で水の使用に関する情報を伝えるためにRT3Dデジタル技術を活用するThe Nature Conservancyとの新たな契約など、新しい市場での活躍が期待されています。The Nature Conservancyは、100万人以上の会員と400人以上の科学者からなる多様なスタッフを擁し、世界で最も効果的かつ広範囲な環境保護団体のひとつです。
 ユニティは、初のサステナビリティ・グラントを導入。これは、RT3Dを活用して環境に前向きな変化をもたらすクリエイターを支援するために作られた、世界初の助成プログラムです。この助成金プログラムは、国連環境計画とProject Drawdownの協力を得て作成され、2021年秋に最初の受賞者が誕生する予定です。
 ユニティがPIXYZ社とSpeedTree社を買収。第2四半期にユニティは、長年のパートナーである3Dデータ準備・最適化ソフトウェア「PIXYZ」を提供するMetaverse Technologies, Inc.を買収しました。この買収により、プロのクリエイターは、より簡単かつ迅速に3DデータをUnityに取り込み、モデルを最適化してリアルタイムに開発できるようになります。また、ユニティは2021年7月に、人気の環境作成スイート「SpeedTree」を提供するInteractive Data Visualization, Inc.を買収しました。この買収により、SpeedTreeをUnityのエコシステムに深く統合し、アーティストのオーサリングワークフローと環境作成機能を強化することができます。
 ユニティは、AIトレーニングの時間と予算を削減するための合成データセットを発表しました。ユニティは、2021年4月に、コンピュータビジョンアプリケーションの開発コストを削減し、製造業、小売業、セキュリティ業界向けの人工知能(AI)をより迅速にトレーニングすることを目的とした「Unity Computer Vision Datasets」を発表しました。

 

○Earning callより

John Riccitiello

本日はこのような電話会議にご参加いただき、ありがとうございます。ユニティの当四半期の売上高は、前年同期比48%増の2億7,400万ドルとなりました。当四半期は、ユニティの歴史の中で初めて、売上高ランレートが10億ドルを超えました。また、通期の売上見通しを4,500万ドル上方修正し、10億4,500万ドルから10億6,000万ドルの範囲としました。

すべての製品ラインと地域で力強い成長を遂げ、OperateとCreateの両方で重要な成長を遂げました。オペレート分野では、マネタイズサービスとマルチプレイサービスがともに力強い成長を遂げました。また、クリエイト分野では、ゲームおよび非ゲーム分野の両方で力強い成長を遂げました。

以前にも申し上げましたが、当社はメタバースの出現を確信しており、ユニティはその創造と運営を定義し、リードする主要なプレーヤーになると考えています。リアルタイム3Dの導入は、人々がデジタルコンテンツやエンターテインメントに接する方法を変えると信じています。デジタルがアナログに取って代わったように、HDが標準画質に取って代わったのです。来年には、5Gが3Gや4Gに取って代わるでしょう。リアルタイムの3Dは、リニアでフラットな2Dのデジタルコンテンツに取って代わるでしょう。

世の中のコンテンツの多くが、3Dのリアルタイム性とインタラクティブ性を持つようになると考えています。このサイクルにより、ユニティには数十年分のチャンスをもたらすアドレス可能な市場が生まれると考えています。さて、私にとってメタバースという言葉は複数形です。これは、重要なポイントを指摘しているのです。私たちは、例えば『レディ・プレイヤー・ワン』で想像されたようなメタバースを1つの会社が代表するとは考えていません。

私たちは、メタバースには何十万もの目的地が存在すると考えています。Robloxのようなゲーム、NVIDIA、Unity、Adobeなどの企業による創作活動の場、Snap、Facebook、そして新しい企業によるソーシャルコミュニケーションの場。Unityでは、インターネットがより3Dになり、よりリアルタイムになり、よりインタラクティブになり、私たちが想像するメタバースのようになったとしても、相互運用性とオープンなインターネットを信じています。

ユニティの使命と世界観は、より多くのクリエイターがいることで世界はより良い場所になるという信念に基づいています。ユニティでは、メタバースをサポートし、形成することを意図しています。コンテンツの創造、クロスプラットフォームへのアクセス、クリエイターと消費者の間の距離を縮め、摩擦を減らすことを重視しています。

それでは、四半期ごとに詳しくご説明します。ゲーム分野では、クリエイト側で、2020年までに全体の50%を超えるシェアを獲得しました。ご存知のように、急成長しているVR/ARのモバイルゲームのサブセグメントでは、当社のシェアはさらに高くなっています。毎月、世界190カ国以上の人々が、Unityで作られた50億以上のアプリケーションをダウンロードしています。私たちは、競合する業界よりも早く成長しており、主要な市場でシェアを拡大しています。

全ゲームの50%以上がUnityで作られているのであれば、成長の見込みは限られているのではないか、という質問を受けることがありますが、そうではありません。ゲームの普及率は5倍にできると信じています。そのためには、アーティストへの普及率を高めることが重要です。ちょっと説明しますね。

私がゲーム業界で働いていた頃は、ゲームチームにおけるアーティストと技術者の比率は1対1程度でした。しかし現在では、アーティストと技術者の比率は少なくとも2:1、すぐに5:1以上になっています。ゲーム機器の性能が向上し、GPUやメモリが増え、5Gネットワークが普及すると、開発者はより大きく、よりリッチで、よりアートに満ちたゲームを作ることで競争します。開発者とパブリッシャーが消費者に勝つために行う戦争は、最高のコンテンツをめぐるものです。そして、この戦争では、弾薬はアートです。

当四半期は、ゲーム以外の業界でも新規顧客を獲得しました。当四半期には、自動車メーカー3社および大手消費財メーカー3社を新規に獲得しました。また、当四半期には、航空宇宙・防衛分野の大手メーカー3社を新たに開拓しました。地域別に見ると、アジアではシンガポールと韓国で新規顧客を獲得しました。

クリエイトの将来を展望すると、クリエイティブなプロセスは、オンプレミスのデバイスから、柔軟でコスト効率の高いクラウドアーキテクチャーへと進化していくと考えています。この変化を促す3つの大きなトレンドがあります。職場がより柔軟になっている。チームの規模が拡大している。クリエイターは、タブレット、クロームブック、さらにはスマートフォンなど、数え切れないほどの新しいデバイスを制作プロセスに持ち込んでいます。このような理由から、私たちはコラボレーションに投資し、より多くの機能をクラウドに移行しています。

次に、Operateビジネスに目を向けてみましょう。ゲーム開発者の多くが日々直面しているビジネス上の課題を抽出するとすれば、それは1つの方程式です。それは、ユーザーを獲得するためのコストを、ゲームに対するユーザーの生涯価値よりも確実に小さくする方法です。つまり、獲得コストがLTVを下回るようにしなければなりません。この方程式をマスターするのは簡単ではありません。

当社のオペレーションソリューションは、開発者がこの方程式を解くのに役立ちます。私たちは、コンテンツ制作者が最高のプレイヤー体験を提供し、強固で収益性の高いビジネスを構築するためのエンドツーエンドのプラットフォームを提供しています。コンテンツ制作者が新規ユーザーを獲得し、ユーザーエンゲージメントとLTVを最適化するために、当社のマネタイズプラットフォームを利用できるサービスを提供しています。

さらに、当社のマルチプレイサービスは、「Knockout City at Valen」など、最も注目されるクロスプラットフォームのゲームの発売を確実にサポートし続けています。当社のオペレーションソリューションで最も重要なのは、これらのコンポーネント間の接続です。プライバシーコントロールアイデンティティ、決済、課金、セキュリティなどの基本的な要素が当社の製品に組み込まれており、それぞれの製品が互いにシームレスに動作するようになっています。

また、統合されたシステムのもう一つの重要な部分は、MLによる最適化によってコンテキストとデータインサイトを効果的に活用する能力です。6月21日時点で34億人の月間アクティブユーザーを擁する当社は、お客様に最高のROIを提供することができます。これに加えて、当社のCreateプラットフォームとの緊密な連携により、これらの重要な市場でシェアを拡大することができました。ユニティには、長年にわたって優れた成長を実現するために設計された、耐久性のあるビジネスがあります。ゲーム分野での規模、使いやすさ、ゲーム以外の分野への拡張性、大規模なデータ量、CreateとOperateのプラットフォーム間の連携など、基本的な優位性を有しています。

これらの優位性により、11四半期連続で30%以上の成長を達成し、最近では40%を超える成長となっています。今年とその前の年の業績を誇りに思うとともに、現在の状況を支えてくださったすべてのお客様に感謝しています。また、ユニティの4600人以上の従業員にも感謝したいと思っています。このような献身的で才能にあふれた素晴らしいチームと一緒に働けることを光栄に思います。チームといえば、本日、ユニティの新しい役員として、ケイシャ・スミス=ジェレミーが加わったことを発表できることを大変嬉しく思います。

キーシャは、人事と人材管理の分野で数十年の経験を持っており、当社の取締役会に参加してくれます。彼女は、アメリカを代表するライフスタイルブランドであるTory Burchのチーフ・ピープル・オフィサーであり、それ以前には、News -- News Corpのチーフ・ヒューマン・リソース・オフィサーや、モルガン・スタンレーのタレント・マネージメントのグローバル共同責任者を務めていました。彼女は当社の報酬委員会に参加します。

ケイシャを取締役に迎えることは、ユニティの革新的で勤勉な問題解決能力を持つ人材が、実際には最も重要な競争力であるという理解の表れでもあります。ケイシャ、チーム・ユニティへようこそ。それでは、ルイスに代わって、当社の財務状況について簡単にご説明します。

Luis Visoso

ありがとうございます、ジョン。当四半期は、ユニティチームの優れた実行力により、ガイダンスおよび世間の期待を上回る業績を達成することができました。この好調な業績を受けて、通期の売上高ガイダンスをさらに4,500万ドル上方修正しました。21年第2四半期の売上高は、前年同期比48%増の2億7,400万円となりました。

全般的に好調でしたが、特にOperateチームの優れた仕事ぶりを紹介したいと思います。前四半期にも述べましたが、アップル社のプライバシーに関する変更に対して十分な準備を行い、優れた実行力を発揮した結果、当四半期の市場シェアを構築することができました。当社は、プラットフォームの変更による不確実性の中で、お客様の成功を支援できることを誇りに思っています。当社の高度なアナリティクス、コンテクスト、インサイトは、競争上の優位性を発揮しています。クリエイト部門も好調で、売上高は前年同期比31%増の7,200万ドルとなりました。オペレートの売上は、前年同期比63%増の1億8,300万ドルでした。

また、戦略的パートナーシップの収入は1,800万ドルで、前年同期比9%増でした。当四半期は引き続き新規顧客を獲得し、2021年6月30日時点で12ヶ月間にそれぞれ10万ドル以上の収益を上げた顧客は、前年同期の716社から888社に増加しました。また、2021年6月30日時点でのドルベースの純拡張率は、前年同期比で142%となりました。ユニティの顧客基盤は、ゲームから他のバーティカル分野への拡大が速いペースで進んでおり、より多様化しています。私たちは、リアルタイム3Dを新たな産業にもたらすという点で、今後も順調に進展するものと期待しています。

GAAPベースの売上総利益率は81%となり、前四半期比および前年同期比でそれぞれ300ベーシスポイント上昇しました。当社は、長期的に70%以上の売上総利益率を維持できると確信しています。2021年第2四半期の非GAAPベースの営業損失は、好調な収益成長の恩恵を受け、前年同期の870万ドルに対して320万ドルとなりました。当社には魅力的な機会が数多くありますので、今後も研究開発に重点を置いた投資を続けていきます。21年第2四半期のフリーキャッシュフローのマージンは、第1四半期のマイナス43%に対し、マイナス12%となりました。

当四半期には、過去に予定されていた新オフィスへの入居のためのリース契約を終了したことによる一時的な現金支出が含まれています。当四半期末の従業員数は、前年同期の3,379名から4,613名に増加しました。ここで、ガイダンスについて説明します。事業の好調さを踏まえ、通期の売上高見通しを従来の10億ドルから10億1,500万ドルの範囲から10億4,500万ドルから10億6,000万ドルの範囲に再び引き上げます。これは前年同期比で35%から37%の増収に相当します。

これは、事前のガイダンスから4,500万ドルの増加となります。収益が相殺されたことにより、年度末の損失見通しを9,000万~1億円の範囲から5,500万~6,500万円の範囲に引き下げたため、非GAAPベースの利益も増加しています。当社は、事業を推進するための投資を継続します。当社は、長期的な価値創造に注力しています。第3四半期の売上高は2億6,000万から2億6,500万を見込んでおり、前年同期比で29%から32%の増収となります。今年のQ3は、シェルターが設置されたり、エンゲージメントが高まったりした2020年の四半期と比較すると、例年よりも高い水準となっています。

第3四半期の非GAAPベースの営業損失は、1,500万から2,000万の間になると予想しています。当社は、2023年に非GAAPベースの黒字化を達成することに引き続きコミットしており、技術的なリードを拡大し、より多くの顧客を獲得するために投資を続けていきます。

なお、株式数については、第4四半期は3億2,700万株、通期では3億2,800万株を見込んでいます。これをもって、Pixyz社とSpeedTree社をユニティに迎えたいと思います。当社は第2四半期に、3Dデータの準備および最適化ソフトウェアであるPixyzを提供するMetaverse Technologiesの買収を完了しました。この買収により、プロのクリエイターは、より簡単かつ迅速に3DデータをUnityに取り込み、リアルタイム開発のためにモデルを最適化できるようになります。

また、人気のSpeedTree Environment Creation Suiteを提供するInteractive Data Visualization, Inc.の買収を7月に完了しました。この買収により、SpeedTreeをUnityのエコシステムに深く統合し、アーティストのオーサリングワークフローと環境作成機能を強化することができました。これは、アーティストがUnityを利用できるようにするための、もう一つの大きなステップです。以上のように、当社の業績と展望には非常に満足しています。当社は、大規模な事業機会を伴う持続可能なビジネスを構築しています。上半期が好調だったことで、今年度のガイダンスを引き上げる自信がつき、2022年についても楽観的に考えられるようになりました。

ここで、ジョンに話を戻します。ジョンは、ユニティ・ファミリーにクリエイターが加わることを発表します。この買収は、慣習的な完了条件を待っており、第3四半期中に完了する予定です。この買収は、当社の会計年度の業績に重大な影響を与えるものではありません。ジョン?

John Riccitiello

ありがとう、ルイス。このたび、Parsec社を買収することで最終合意に達したことを発表できることを嬉しく思います。Parsec社の事業内容については、後ほどご紹介します。しかし、Parsec社との統合について楽観的で自信を持っている重要な理由は、Parsec社が当社の開発組織の中で本当に流行していたからです。そして、最大手のお客様の中には、Parsecと同じように急速な導入曲線を描いている方もいて、私たちは何か特別なものを見つけたのだと感じました。

Parsec社をご存じない方のために説明しますと、Parsec社は、個人や企業がどこからでも一緒に仕事ができるようにするリモートデスクトップとストリーミングの会社です。Parsec社は、クリエイティブなプロフェッショナルアプリケーションの厳しい要件をサポートするプラットフォームを構築したことで、非常に革新的な取り組みを行っています。

ご存知のように、ゲーム開発やクリエイティブプロフェッショナルの仕事は非常に複雑です。忠実度が高く、没入感があり、ディテールに富み、インタラクティブであり、クリエイターがリアルタイム3Dにますます移行していく中で、その複雑さは増すばかりです。クリエイターは、低遅延で超高精細なデスクトップストリーミングを必要としていますが、Parsecはこれを見事に実現し、4K 60フレーム/秒の可変ライトニングスピードストリーミングを提供しています。しかし、それだけではありません。Parsecは、4:4:4の色空間のように、すべての画像に同じサンプリングレートで豊かなディテールを提供し、企業がすべてのクリエイターのために快適なコンピュータリソースをサポートするために必要なプライベートセキュリティのQOL管理ツールを提供します。

また、ハイブリッド、リモート、分散型の作業環境など、企業とその従業員が根本的に異なる方法でコラボレーションや作業を行う中で、Parsec社は、どこにいてもこのような高性能な処理をサポートするための独自の要件に取り組んできました。Parsec社と、その創設者でありリーダーであるBenjy Boxer氏とChris Dickson氏は、どちらも自社の技術について非常に革新的な印象を持っています。

また、Parsec社はシンプルさとアクセスを重視しています。ボタンを押すだけで、完全にプロ仕様のクリエイタークラスのリモートデスクトップ連携を始めることができます。また、個人や企業がParsecを利用することで、同僚や仲間、パートナーへの普及を促進することができます。

Parsec for Teamsのサブスクリプション・ビジネスは、新しい働き方へのシフトに対応する独自の機能を備えていることから、前年比で150%以上の成長を遂げており、来年はさらに加速させるという積極的な計画を立てています。サブスクリプションの成長は、約200%の強力な純ドル拡大率によって支えられています。彼らには、忠実な顧客基盤があります。Parsec社との契約締結前から、先に述べたように、当社の社内開発者がParsec社を採用していましたが、それは当社だけではありません。Parsec社は、EA、UbisoftSquare Enixなどのゲーム会社や、メディア&エンターテインメント、建築、デザインなど、当社がソリューションを販売している多くの業種と強い関係を持っています。

これらのお客様とは、ターゲットを絞ったクロスセリングやバンドルソリューションを通じて、共通のモメンタムを推進する機会があると考えています。Parsecは、Unityのクラウド・ビジョンの拡大に向けた重要なステップです。これは、クリエイターがどこにいても、どんなデバイスでも作業ができることを期待しており、未来のリアルタイム3D体験を提供するためには、リッチでパワフルなツールとクラウドインフラが必要であるという共通の理解に基づいています。

クリエイトのレンズを通して未来を考えると、クリエイティブなプロセスは、オンプレミスのデバイスから、柔軟でコスト効率の高いクラウドアーキテクチャへと進化していくでしょう。これが、コラボレーションに投資し、より多くの機能をクラウドに移行する理由です。詳細については、買収が完了した後にお伝えします。それでは、リチャードに質疑応答をお願いしたいと思います。

 

質疑応答

Richard Davis

ありがとうございます。それでは、質疑応答のコーナーに移ります。前回の電話会議と同様に、アナリストからの質問を集めて整理しました。これにより、通常の電話会議で得られる質問の約2倍の質問に答えることができます。そして最後には、皆さんからの質問にもお答えします。それでは、公開質問のコーナーに入りますので、バーチャルシステム上で手を挙げていただければ、皆さんをお呼びします。

では、最初の質問は財務についてです。この電話は決算に関するものなので、まずは財務状況を説明します。バークレイズ証券のマリオ・ルー氏は、この点に着目していくつかの良い質問をしています。特に、成長を促進するためのさらなるM&Aの可能性はあるか?いくつか発表したところです。

その他のARとオートマティクスに関する最近の買収について、何かアップデートはありますか?それから、NVIDIAMicrosoftとのPixyzソフトウェアのパートナーシップについても聞かれました。そこを拡大する可能性はありますか?そして最後に、パイパーのブレント・ブレイスリンから、Pixyzについてもどうなっているのかという質問がありました。現在、私たちはクロスセルなどを行っています。ルイス、もしあなたがM&Aに関する質問をしたいのであれば、そうしてくれると嬉しいですね。

Luis Visoso

はい。リチャード、そしてマリオ・ルーとブレント、質問ありがとうございました。私たちは、M&Aは今後も重要な役割を果たすものと考えています。私たちは、規律あるアプローチを用いて、3つのレンズで機会を評価しています。第一に、その買収によって当社の能力や重要な戦略的重点分野が大幅に加速され、市場における当社のポジションが強化されるかどうか。第二に、投資に対して魅力的なリターンを得ることができるか。そして3つ目は、優れた実行力があるかどうかです。

私たちは、買収した企業のパフォーマンスを追跡しています。実際、約1ヵ月前に最終更新を行いました。全体的に見て、当社の買収案件は、契約時に設定した期待通りの成果を上げています。また、これらの買収の多くは、当社の成長をさらに加速させる可能性があると考えています。ご期待に添えるように、より良い結果を出せる機会がいくつかあり、その計画もあります。

さて、Pixyzについてですが、Pixyzは何年も前から当社の製品の一部となっています。挨拶でも触れましたが、Pixyzは、プロのクリエイターが3Dデータをより簡単かつ迅速にUnityに入力し、モデルを最適化してリアルタイムに開発することを可能にします。

言い換えれば、Pixyzは、最適化された3Dデータを実際に消化するためのクラス最高のツールを提供します。これは、ゲームやその他の分野のクリエイターを可能にする素晴らしい機能であり、複数の業界に強力な顧客を持っています。そして、ご指摘の通り、マイクロソフトNVIDIAとのパートナーシップを強化することを楽しみにしています。

Richard Davis

素晴らしいですね。続いて、ルイスにも質問があります。ベレンバーグのGal Mundaからいい質問がありました。あなたが就任してから4分の1以上が経過しましたが、初期の段階では、純粋に財務的または戦略的な観点から見て、近い将来に焦点を当てることができる低空飛行の果実について、どのような見解をお持ちですか?

Luis Visoso

はい。ありがとう、ガル。もうちょっと長くいるような気がしますが、とても楽しかったですね。ユニティにいられてとても幸せです。前にも言いましたが、これは一生に一度のチャンスと言っても過言ではないと思っています。チームは傑出しており、技術的な熟練度、深いビジネスの専門知識、文化は実にユニークで素晴らしく、勝利への情熱はこれまで見たことがないほど高いものです。

成功したUnityは、メタバースの進化に伴い、より多くのクリエイターを可能にします。その結果、長期的に年率30%以上の収益成長を維持できると確信しています。そして、レバレッジを効かせて営業利益率とフリーキャッシュフローを長期的に向上させながら、これを実現していきます。そのためには、明確な戦略と規律をもって事業を展開し、大規模なビジネスを生み出すことのできるアイデアやプロジェクトにリソースを配分する必要があります。

Richard Davis

そうですね。では、次は "収益化 "ですね。いつものようにIDFAについていくつか質問があります。それでは、ジョンに質問をお願いします。では、いくつかの質問がありますので、まずはクレディ・スイスのスティーブン・ジューさんから以下の質問をいただきました。パブリッシャーの残業代をしっかりと、他のネットワークと比較して、ユニティの相対的な優位性は何ですか?

John Riccitiello

ありがとう、Stephen。私たちは7年前に、従来の「安く買って高く売る」という広告モデルは、短期的な成功を収めるのがせいぜいで、実際には壊れたビジネスモデルのようなものだという仮説を立てて、マネタイズビジネスを始めました。当社のマネタイズプログラムは、ユーザーのLTVとエンゲージメントを深く深く理解することに基づいており、お客様に優れたROIを提供することで成功を収めています。つまり、データが重要なのです。

私たちは、30億人のMAUを活用して、UnityのSDKと当社のエンジンとの統合から得られるペタバイト級のデータを生成し、高度な分析と機械学習アルゴリズムを適用して、顧客に代わって真のROIを生み出し、管理しています。つまり、私たちが最適化しているのは、スプレッドではなく、LTVにおけるエンゲージメントなのです。これは本当に異なるビジネスです。

今、世の中にはもっと多くのことが起こり、複雑になっています。最近のメディアを読んでいると、世界はファーストパーティデータに基づいた、よりクローズドでサイレントなプラットフォームに移行しているのではないかと思えてきます。しかし、私たちにはアドバンテージがあります。我々は独自のデータを持っていますから。

しかし、クリエイターは、自分たちに最適なツールやサービス、マネタイズパートナーを選べる選択肢を求めていると思います。重要なのは、私たちのマネタイズツールがオープンであることです。50社以上のパートナーが統一された選択肢となっており、パブリッシャーの収益を最大化することを目標としています。それが私たちの北極星です。ユニティでは、選択肢は多いに越したことはありませんが、少ないに越したことはないと考えています。

そして最終的には、クリエイターやパブリッシャーの成功のために最適化すれば、ビジネスの成長で報われると考えています。ここ数年では、前四半期にそれが見られました。これまでのところ、当社の近・長期的な業績は[Indiscernible]であり、当社はこの道を歩み続けます。

Richard Davis

素晴らしいですね。そして、もうひとつ質問があります。モルガン・スタンレーのマット・コストさんからは、広告費の業界全体の傾向について質問を受けました。というのも、さまざまな会話やプレスリリースなどを聞いていると、ある人は広告費が前倒しになったと言い、別の人はアトリビューションの難しさから広告費が減ったと言います。どうなっているんだ?いろいろな意見が飛び交っているようですね。

John Riccitiello

それぞれの出版社から混乱した話を聞いていますが、それぞれが自分の真実を持っていて、自分の真実を生きていると思います。いいですか、ゲームやマネタイズの世界で不変のものがあるとすれば、それは変化です。その変化は小さい時もあれば大きい時もありますが、四半期ごとに、あるいは毎年起こっています。

私が言いたいのは、広告への長期的な投資は、業界の収益とは異なる方向には進まないということです。ビデオゲームの世界では、ユーザーの減少が現実であり、ゲームビジネスを成功させ、繁栄させるためには、ユーザー獲得への投資が必要なのです。私が自信を持って言えることは、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を置く企業にとって、ゲームは今後も成功した繁栄するビジネスであり続けるだろうということです。

私たちの見解は、広告主やパブリッシャーは、質の高いプレイヤーをポジティブなROIで得られる限り、支出を続けるだろうということです。それが私たちの仕事です。実際、Audience Pinpointerのようなツールを用意しており、広告主がターゲットとするROASや、リテンションに基づくIAPや広告収益を見つけることができ、アトリビューションの変化にかかわらず、保証されたリターンを得ることができます。それが私たちの提供するサービスです。

当社の業績には、Unityネットワークへの広告出稿が継続的に増加していることが反映されています。しかし、繰り返しになりますが、ユーザー獲得のための支出と業界の成長との間には、四半期ごと、あるいは2四半期ごとに大きな乖離が生じることはないと考えています。両者は手を取り合っているのです。

Richard Davis

そうですね。最後にもうひとつ、マネタイズに関する質問です。ウィリアム・ブレアのBhavan Suriは、今年の秋のiOS 15のアップデートで広告がレベルアップしたことで、コンバージョンのポストバックはどの程度の要因になるのかと質問しています。また、それはFacebookのような企業にどの程度の影響を与えるのでしょうか?Facebookには大きな影響があるようですが、Unityのような企業にはどのような影響があるのでしょうか?

John Riccitiello

いいですか、私はFacebookの経営陣の視点に立って、これが何に、どのように影響するのかを数字で示そうとは思いません。しかし、Bhavan、それは良い質問です。私の見解を述べさせていただきます。私たちは常にオープンなアトリビューション・エコシステムを支持し、初日からすべてのアトリビューション・プロバイダーのマネタイズをサポートしてきました。

Unityにとって、別のプロパティープロトコルを追加することは、通常のビジネスの一環です。また、他のシステムへのSKadのポストバックに関しても、私たちはすぐに実装することができます。そして、より公平な競争の場が提供され、自己帰属型ネットワークからの脱却が進むことは喜ばしいことです。

私たちは、コンテンツ制作者や広告主は、どのサービスを利用するか選択できるべきだと考えています。それには、単一の基準やアトリビューション機関ではなく、アトリビューションのオープンなエコシステムを持つことも含まれます。しかし、それは私たちが何者であるかということと一致しています。私たちは、オープンなシステム、競争、選択肢を信じていますし、ここにいる皆さんも驚くべきことです。

Richard Davis

いいですね。さて、ここからはマクロ的な議論に移り、通常の状態に戻します。Capital Market LaboratoriesのOphir Gottlieb氏とWilliam BlairのBhavan氏からも、同じような質問がありましたが、少なくともテーマ的には似ています。基本的には、全体的なエンゲージメントの傾向について教えてください、というものでした。再開がゲームに与える影響を懸念する声もありますが、そのような逸話はありますか?人々は、この変化は持続可能だと言っています。現在の状況と次の数四半期の見通しについて、説明していただけますか。また、Luisさんにもお願いしたいのですが。

Luis Visoso

Bhavanさん、ご質問ありがとうございました。実際のところ、エンゲージメント指標には非常に満足しています。世界的に見ても、ユニーク・アクティブ・ユーザー数がかつてないほど増えています。2020年を振り返ると、パンデミックの影響で、2020年の秋には少し減少しましたが、冬の間に急速に回復し、2021年にはグローバルで過去最高のユニークユーザー数を記録しました。

2021年の累計では、月間アクティブユーザー数が前年同期比で20%を超える成長を続けています。2021年は、APAC、日本、韓国で特に成長しています。ヨーロッパも好調で、アメリカは少し遅れていますが、こちらも順調に成長しています。このように、全体的に良好な成長を遂げています。

Richard Davis

素晴らしいですね。ESGについて質問があります。ESGは最近の重要なテーマになっています。実際、William Blair社はすべてのレポートにESGに関するセクションを設けていますが、Bhavan Siri氏はESGの面で我々が何をしているかについて質問しました。そこで、ルイス、もしあなたがその質問に答えたいのであれば、そうしてください。

Luis Visoso

私たちは、地域社会、従業員、クリエイター、顧客、環境、株主にプラスの影響を与えるために、ESGに取り組んでいます。私たちは、測定基準の現実性と評価を行い、グローバル・レポーティング・イニシアチブやサステナビリティ・アカウンティング・モアのフレームワークとの整合性を図ることで、現在のポジションと目標達成の機会をよりよく理解できるようにしています。

私たちには、測定と調整を専門に行う社内チームがあり、プログラムの全リストは投資家向けページに掲載されています。しかし、この電話ではいくつかのプログラムを紹介します。環境面では、現在、温室効果ガスの評価を行っています。また、ユニティのお客様がより持続可能になるようサポートし、ユニティのテクノロジーの力で世界をより持続可能なものにしていきたいと考えています。

社会的影響については、より包括的で持続可能な世界を育むために、あらゆる背景を持つ社員やクリエイターに力を与えています。実際、教育、経済的機会、持続可能性、健康の分野でポジティブな変化をもたらすために、7500万ドル以上の時間、技術、株式を寄付してきました。ガバナンスに関しては、共感、尊敬、機会という価値観のもと、包括的な職場とガバナンスのアプローチに取り組んでいます。まだまだやるべきことはたくさんありますが、私たちはこれからもこの分野に力を入れていきますので、詳細は後日お伝えします。

Richard Davis

いいですね。では、次は "Operate(オペレート)"--収益化の先にあるもの--に進みましょう。キャピタル・マーケッツ・ラボでは、ソーシャルゲームというテーマを取り上げ、それが幅広い市場でどのように展開されるのかを説明しています。彼の質問は、マルチプレイのVivoxとdeltaDNAに関連したソーシャルゲームの進展についてコメントしてもらえますか?また、より広い意味で、マルチプレイをゲームと業界の両方に提供する幅広いクラウド製品のバックボーンにするために、その機会をどのように考えればよいのでしょうか?ジョン、君がやってみてくれないか?

John Riccitiello

まず最初に、少し背景を説明します。20年ほど前にさかのぼると、シングルプレイ用のPCゲームやコンソールゲームの多くは、マシンを相手にプレイし、後にソファでソーシャルプレイをするというものでした。スポーツゲームはその最たるものでした。しかし、ゲームはほとんど一人でするものでした。しかし、コンソールゲームやPCゲームがマルチプレイに対応するようになると、それが主流になりました。

現在、ほとんどのゲームは、PCやコンソールでのプレイが主流となっています。モバイルが遅れているのは、ブロードバンドネットワークを利用していないことと、それをサポートするCPUGパフォーマンス技術がなかったことが理由です。しかし、それも変わりつつあります。ソーシャルゲームやモバイルゲームがマルチプレイヤー化しています。ユニティは、マルチプレイヤーゲームやマルチユーザーゲームを可能にするバックエンドリソースやオペレーティングリソースを提供するリーディングカンパニーであり、ユニティにとって非常に大きなチャンスだと考えています。

これらのサービスには、先ほどお話したように、マルチプレイ対応のHeavy BoxerやAshmakerなどがあります。この分野では、「Knockout City」、「Konami」、「Super Bomberman」など、よりカジュアルなゲームが順調に成長しています。これらのゲームでは、ホスト型のマッチメイキング音声サービスを利用することが多いのですが、これには厄介な点もたくさんあります。特に、ネットワークコードがそうです。多くのモバイルゲーム開発者にとって、ネットワークコードを使いこなすのは非常に難しいことです。

突発的なトラフィックの急増により、計画の10倍、15倍、20倍のホスティング容量が必要になることがあります。また、毒性の管理も重要です。私たちの環境ではあらゆるところでこの問題が発生していますが、トラックやゲームでも同じことが言えます。

そこで私たちは、100人規模のスタジオと同じように、2人のチームでもこの種のゲームの制作を簡単に成功させることができるよう、multiplayにあるものに加えて新しいツールを構築しています。ソーシャルやモバイルは、かつてないほど大規模なマルチプレイヤー体験になっていますから、とてもいい質問ですね。これは止まることのないトレンドだと思います。そしてそれは、Operate側のチャンスにもつながります。

Richard Davis

そうですね。それでは、ゲーム向けのクリエイトに話を移しましょう。モルガン・スタンレーのマット・コストから、「最近、競合他社がゲームエンジンオープンソース化しました。ゲームにおける他のエンジンとの競争状況はどのように変化していますか?また、市場は少数のプレイヤーに集約されていくと思いますか?" というものです。ジョン、あなたはこの件に関して明らかに優れた視点を持っていますので、この件についてお聞かせ願えればと思います。

John Riccitiello

ええ、そうですね。マット、まず最初に言っておきますが、大規模というのはどういう意味ですか?それを所有している会社、あるいは先ほどの使用していたゲームの両方です。だから、それを大きな競争相手と呼ぶのはどうかと思いますが、ユーモアの機会を与えてくれたことに感謝しています。そのように受け取っていただければ幸いです。しかし、[Indiscernible] sourceはテクノロジーにおけるビジネスモデルであり、これからもずっと存在し続けるでしょう。Godotはずっと存在していますが、これはオープンソースのエンジンです。スケーラビリティや安定性を確保するためには、継続的な投資やQAへの取り組みが必要です。

もうひとつ重要なことは、来年、再来年、その次の年に起こるであろうハードウェアの革新について、新しいプラットフォームや既存のプラットフォームの開発者と一緒に仕事をすることが多いということです。私たちは、ソフトウェアメーカーやゲーム開発者が新しいハードウェアに最適化された製品を持ってきたときに、その製品が新しいハードウェアで動作するように、それらをマスターしています。

これは、オープンソースのプレイヤーにとっては非常に難しいことです。しかし、私たちはこれらの企業に組み込まれており、オープンソース側の人々がそのようなことをするのはほぼ不可能です。彼らにも果たすべき役割はありますが、本当に難しいと思います。また、競合他社の状況、つまりランドスケープゲームも厳しいものがあります。数年前にKing社がエンジンを外部化したのを見ました。オートデスクはかつて直接の競争相手でした。少し前にランバーヤードでアマゾンのことを言っていたと思いますが。簡単な業界ではありません。

私たちの投資は、継続的に利益を得ることができると考えています。モバイルゲームのトップ1,000に71のシェアを獲得したとお話ししました。我々の次の最大の競争相手ははるかに遅れています。当社は、任天堂のすべてのコンソール、PC、AR/VRにおいて非常に強力なポジションを占めており、研究開発の努力を続けています。ですから、当社は市場で競争力のある取引をするために、非常に有利な立場にあると考えています。今後も市場シェアの拡大が期待できると思います。

Richard Davis

いいですね。Piper SandlerのBrent Bracelinから質問があります。アップル、フェイスブックウォルマートで、新しいAR/VRアプリケーションを構築するためにUnityの開発者を新たに雇用する意向があるとのことですが、採用のペースを見て、AR/VR分野でのUnityの機会を明確にしていただけますか。ジョンさん、その件についてお願いします。

John Riccitiello

少し過去にさかのぼりますが、数年前、私はプレゼンテーションを行いました。数年前、私は失望の適切なギャップに関するプレゼンテーションを行いました。それは基本的に、アナリストたちがARとVRの世界、特に消費者側で驚異的な成長を予測しているというものでした。それは、ハードウェア、使いやすさ、コンテンツライブラリ、キラーアプリなどがうまく組み合わされていなかったからだと思っています。

フェイスブックなどの企業や、ウォルマートの話が出ましたが、さまざまな業種のあらゆる企業が自信を持っています。AR/VRについては、ハードウェアの販売で牽引力を発揮し始めているので、とても期待しています。

Facebookが発表した「+2」の数字は素晴らしいものでしたが、時期によっては失敗もあったと思います。しかし、ハードウェアメーカーからの情報を見る限りでは、これは実現しそうなことだと思います。明日ではなく、今後3~4年の間に、AR/VRの市場はかなりの規模になると思われます。今回は本物の人材を募集しています。今後3、4年は、[Indiscernible]の下にあると思っています。

Richard Davis

素晴らしいですね。クラウド分野の新規参入企業について質問があります。Bhavan Siri氏は、Microsoftクラウドゲーミングについて質問しています。Microsoftは最近、ex-CoDの提供期間を延長することを発表しました。クラウドゲームの可能性について、あなたの考えをお聞きしたいと思います。特に、過去にいくつかの試みがありましたが、成功の度合いはまちまちでした。また、Project TinyなどでUnityにとってどのような意味があるのか。また、似たようなことで、Mario Louさんからは、Netflixの末端市場への参入をどう見るか?という質問がありましたので、一つ実行してみようかなと思います。それでは、BhavanとMario、お二人とも良い質問をありがとうございました。

Richard Davis

まず最初に、高いレベルから始めて、その後、状況に応じて掘り下げていきます。まず第一に、新しい形のコネクティビティ、つまりゲームが登場すると、私たちは恩恵を受けます。より多くの人々が市場に参入するということは、新しいエンターテインメントのニーズを満たすために、より多くのゲームを作る必要があるということであり、これは一般的にUnityにとっても良いことです。ですから、Netflixのような企業が市場に参入することは、良いことだと考えています。さて、サブスクリプションについての質問です。ゲームの定額制サービスは、音楽やストリーミングサービスに比べて規模の拡大が遅れています。では、なぜそうなるのかを考えてみましょう。私たちは、あまり深く考えていません。

消費パターンを進化させる消費者に優れたユーザー体験をコスト効率よく提供するには、技術的なハードルが高いと考えています。今までのように、同じゲームを同じようにプレイしてもらうのではなく、どのようにすればいいのかを考えてみましょう。例えば、映画や音楽の視聴方法は、お店でCDを買って映画を見に行っていた頃とは異なりますよね。これまでのところ、ゲームの消費においては、そのような進化は見られません。

しかしユニティは、そのような課題を解決するための技術的なツールを数多く持っており、ゲーム開発者にゲームの消費方法を変える機会を提供できると考えています。そうすれば、何百万人もの人々に新しいビジネスモデルと消費パターンを提供することができます。例えば、ご存じの通り、当社のポートフォリオには、Tiny、Furioos、DOTSなどのモジュールが含まれており、これらのモジュールを使用することで、ストリーミングゲームのCPUやGPUへの負荷を軽減することができます。

この質問に対する大きな答えは、基本的には、ゲームのサブスクリプションサービスの増加と、その分野でのUnityの支援能力、および垂直方向の創造性について、広く楽観的に考えているということです。そしていつものように、最高の質問を最後にご紹介します。Stifel社のTom Roderick氏とMax Aniweta氏のチームからは、「ゲームよりもバーティカルな分野が大きくなるのはいつかという質問をよく受けます。もしそのトレンドラインについて最新情報があれば、これは素晴らしいことです。

しかし、もっと興味深い質問は、どのような収益モデルがそこに到達するのかということです。なぜなら、シートカウントベースのサブグロース・サブスクリプションであるCreateもあれば、SnowflakeやStripeなどに見られるような利用ベースのモデルで急成長しているOperateもあるからです。ジョン、それはあなたにぴったりの良い質問だと思います。それでは、オープンマイクの前に最後の質問をさせていただきます。

John Riccitiello

この質問は、私たちが社内で取り組んでいるいくつかの取り組みをよく表していると思います。先ほど、いくつかの新規顧客の発表がありましたが、垂直統合型ビジネスにおいても、かなりの数の主要な新規顧客が加わりました。このように、私たちは取り込みを目の当たりにしています。今日は、ゲーム以外にも恒久的にSaaSビジネスやプロフェッショナル・サービス・ビジネスを展開しています。その通りです。私たちはシート・ライセンスを販売し、[Indiscernible]や[Indiscernible]などのランタイム・アプリケーションを顧客に販売しています。

このような企業は、新しいアプリケーションを使いこなすためのサポートを必要としています。だから、WalgreensやLowe's、The Nature Conservancyなど、その他多くの企業と一緒に私たちはプロフェッショナル・サービスを提供しています。先ほどの質問では、Unityの開発者を雇っているという話をしましたね。多くの企業がUnityを採用していますが、彼らが求めるものを構築するために、社内のより小規模なチームを補強するためにUnityのプロフェッショナルサービスを必要としている場合が多いのです。そのため、プロフェッショナルサービスを提供しています。しかし、あなたは本当に重要なことを言っていると思います。

このような分野では、ゲーム会社が何千人もの開発者を抱えているような規模ではありません。そして、ここでは利用ベースのモデルが多く見られます。私たちはすでにFurioosで消費モデルに取り組んでいます。当社のOperateサービスのほとんどは、利用モデルに基づいています。シミュレーションやビジュアルツインなどの初期段階では、価格設定をする際に、個人が座席として利用することを想定しています。

これは、問題に適用されるコンピューティングに基づいた消費モデルになります。そして、プロフェッショナルサービスやシートライセンスから、様々な指標に基づく消費モデルへと移行していくでしょう。このようなモデルが次々と登場すると思いますが、消費型モデルはやがてバーティカル分野に大きく貢献すると考えています。

Richard Davis

いいですね。では次に、直接質問をしていただきたいと思います。まずは、モルガン・スタンレーのマット・コストさんからお願いします。もし、ビデオを開いて質問したいのであれば、他の皆さんにも質問してもらいますよ。

Matthew Cost

よろしくお願いします。質問をありがとうございます。当四半期のOperateは非常に好調だったようですね。この分野の収益化に関連して、シェアゲインが得られたとのことですが、これはどのようなものだったのでしょうか?また、第3四半期までの累計で、マネタイズ関連のトレンドがどうなっているかを教えてください。ありがとうございます。

John Riccitiello

では、スピーカーをリセットします。私の中ではかなり混乱していたので、ルイスにお願いしたいと思います。オーディオドライバーを開いたり閉じたりしてみて、効果があるかどうか試してみます。

Luis Visoso

いいですね。マットさん、いい質問ですね。IDFAについては前四半期にもお話ししましたが、その時に私が言ったことを覚えているでしょうか、IDFAの準備は2年以上前から行っています。また、私たちのアップグレード組織は、毎日500億件のINAPイベントを捕捉・分析しているとも言いました。いや、毎分3,500万ものイベントを捕捉しているのです。これは非常に驚くべきことで、この20のプラットフォームでそれを行っています。先ほど、プラットフォーム全体での支出が非常に好調だったと述べましたが、市場での成長も期待できます。

その理由は、IDFAに依存しない当社のコンテクストモデルにあると思います。これは非常にうまくいっています。当社の規模と深さにより、エンドユーザーのエンゲージメントとプラットフォームのパフォーマンスデータに基づいた膨大なデータにアクセスできます。また、当時もお客様からのフィードバックは非常に高いものでした。

お客様の中には、「世界中のあらゆるネットワークと提携しているが、Unityの準備と指導は他の誰よりもはるかに優れている」といった声もあったと思います。その結果、1四半期前のガイダンスを5,000万ドルほど引き上げることができました。このように、前四半期とまったく同じことが起こっています。ジョンが言ったように、IDFAは明らかに業界に影響を与えていますが、その影響はさまざまなプレーヤーに及んでいます。

現在、加速しているプレーヤーもいれば、減速しているプレーヤーもいます。幸運なことに、Pinpointerの第1四半期のデータと分析結果が準備されていて、実際に加速しています。このように、1四半期前にマットが話したことと同じメッセージが、今も続いており、この環境下で非常に好調に推移しています。

John Riccitiello

ルイスの指摘を受けて、質問の意味がよくわかりました。以前、広告ビジネスに関する質問を受けたとき、私は広告収入をゲーム業界と結びつけていました。これを考えるには、ヨーロッパやGDPRで起こったことを経験している私たちにとって、混乱は相対的な市場シェアに影響を与えるというのが一番の理由だと思っています。あるパブリッシャーへの影響は、他のパブリッシャーとは異なります。私たちは、市場シェアを拡大しながらも、業界に貢献しています。

ですから、全体的なレベルで見れば、広告市場が成長することは間違いないと思います。すべてのパブリッシャーに同じような影響があるのでしょうか?いいえ、LTVの計算は、すべてのパブリッシャーだけでなく、すべてのパブリッシャー内のすべてのゲーム、そして多くの場合、すべてのゲームとすべてのパブリッシャーのすべての主要地域で異なっているからです。集計結果はそこにあります。厳しい現実ですが、IDFAや以前のGDPRのように、世の中にあるマネタイズメカニズムの一部を変更すると、相対的な運勢に影響を与えます。誰が一番上で、誰が2番目で、誰が3番目なのか?

GDPRにしろIDFAにしろ、我々はこれらの方程式の中で純然たる勝者となることを十分に予測していたことを、今回の件を通して喜んでいます。しかし、他のネットワークや、自社のネットワークがこれらのルールに適応するのが難しい場合には、多少の入れ替えがあると思います。また、相対的に見れば、パブリッシャーによって異なる結果になるでしょう。

Richard Davis

素晴らしい。

Matthew Cost

ありがとうございます。音声に問題があったらごめんなさい。

Richard Davis

いいえ、問題ありません。

Luis Visoso

マットさん、補足させていただきますね。私たちのユニークなコンテクストと内部は、私たちにとって本当に競争力のある強みです。開発者は、ゲームを作るときに、他のプラットフォームではなく、まずUnityにたどり着きます。当社のランタイムは、他の多くのOperateサービスに加えて、アプリの中にあります。このように、私たちには規模があり、それがうまく機能しているのです。

Richard Davis

いいですね。トム・ロデリック、あなたも参加しませんか?

Tom Roderick

いいですね、わかりました。私の声が聞こえますか?

John Riccitiello

やあ、トム、君の声はよく聞こえるよ。

Tom Roderick

すばらしい。いいよ。では早速、ご紹介します。ジョン、ルイス、リチャードの3人は、マットの質問をさらに詳しく説明しようと思っています。また、明らかにモンスター級の四半期であるにもかかわらず、非常に素晴らしい傾向を示していることを考慮すると、これをフォワドガイダンスである逐次減少の数字と比較してみたいと思います。

多くの人が疑問に思うのは、この数字に神経質になるべきかどうかということでしょう。これは、厳しいエンゲージメントの連続的な傾向を反映したものなのでしょうか?それは、広告エコシステムの不確実性を反映したものなのでしょうか?それとも、「さあ、私たちはモンスター級の四半期を達成したんだから、私たちを殺さないで」ということでしょうか。少し保守的になって、馬を納屋に入れておこうと思っています。

John Riccitiello

だから、ルイスが答えを用意する時間を作るために、私は30秒の答えを無駄にするつもりです。でも、トム、私たちは緊張していませんよ、保証します。もし私たちが緊張していないなら、あなたが緊張することを勧めません。我々のビジネスは素晴らしいものだと思っています。シーケンシャルガイダンスには、現在の状況や今後の方向性、長期的な成長や短期的な成長機会について、私たちを不安にさせるものは何もありません。それでは、季節性と四半期ごとのガイダンスの仕組みについて、ルイスからお話を伺いたいと思います。

Luis Visoso

トム、もし私たちが神経質になっていたら、1四半期前に行った4,500万ドルの増資を再び行うことはないでしょう。私たちは、このビジネスに対して非常に強気です。2年前を振り返って、第2四半期に対する第3四半期を見てみると、昨年の本当の季節性がわかると思います。季節性はCOVIDの影響を過度に受けているため、少し誤解を招く恐れがあります。

私たちは、ビジネスがどのようにアップグレードしていくのかを知っています。特に、消費ベースのモデルであるオペレート事業では、夏休みやホリデーシーズンは伝統的にピークとなる時期です。それが影響しているのです。しかし、何度もお伝えしているように、事業の健全性については非常に満足しています。

John Riccitiello

トムさん、補足しておきましょう。様々な理由で夏休みの時期が低かったのですが、私たちは劇的な成長を遂げており、季節性と連続性を区別するのが難しいことがあります。

Tom Roderick

そうですね。そうですね。それから、とても簡単な質問があります。ルイス、あなたはそれに触れましたね。Parsecについては、Millennium Falconのジョークがあるかもしれませんが、それは後でRichardに言わせておきます。しかし、重要ではないとおっしゃいましたが、それはわかりますが、重要性にはさまざまなレベルがあります。このガイダンスの中には、収益に関連するものが含まれているのでしょうか?それとも、これはあくまでも製品カンパニーのビジョンに基づいたものなのでしょうか?

Luis Visoso

はい。今年の収益は非常に少ないです。重要なものは何もありません。ですから、もし質問があるとすれば、それがガイダンスを引き上げた理由なのでしょうか?絶対にありません。当社は素晴らしい会社です。私たちはこの会社が大好きです。ジョンが説明したように、その技術は素晴らしいものです。将来は非常に素晴らしいと思いますが、今年の影響は非常に小さいと思います。

John Riccitiello

誤解を恐れずに言えば、ルイスと私は、ガイダンスの作成中にParsecの話をすることはありませんでした。また、ガイダンスには含めないようにしています。[名前は[Indiscernible][Indiscernible]です。]

Tom Roderick

とても[Indiscernible]ですね。素晴らしいですね。皆さん、ありがとうございました。ありがとうございました。

Richard Davis

Brent Bracelinさん、お元気ですか?

Brent Bracelin

こんにちは、皆さん。今日はよろしくお願いします。質問を受けてくださってありがとうございます。簡単な質問を2つ。まず、オペレートについてですが、明らかに3四半期連続でIDFAの段階で圧勝しており、非常に素晴らしい数字です。直近の3四半期で一貫して30%を超えるガイドが出ていますが、実際にはもっと高い数値が出ています。

しかし、直線性はどうだったのでしょうか?当四半期の月次リニアリティでは、オペレート事業が3ヶ月目に前年同期比で減少傾向になったのか、それとも3ヶ月目に増加したのか?オペレートの線形性について、IDFAの導入が始まった当四半期のパフォーマンスを考えた場合、どのような色があるでしょうか?

Luis Visoso

ブレントは......いや、それは公表していません。当四半期のリニアリティは非常に良好でした。直線性については非常に満足しています。繰り返しになりますが、もしそうでなければ、通期のガイダンスをこれほどまでに引き上げることはなかったでしょう。事業の健全性には満足しています。地域別、ビジネス別、月別など、とにかくいろいろな角度から見てみましたが、私たちはとても良いと感じています。ですから、心配はしていませんよ、ブレント。

Brent Bracelin

はい、わかりました。さて、あなたの[Indiscernible]バーゲニングシェアはIDFAを投稿することになっています。最後の質問になりますが、Parsecについて、その機会について考えていただけますか?それはサブスクリプションサービスの一部になると思いますか?また、基本パッケージの機能性については、別のサブスクリプションサービスとして運営することを計画していますか?当初のお考えをお聞かせください。時間が経てば変わるとは思いますが、Parsecのパッケージやバンドルについての初期の考えを教えてください。

John Riccitiello

まず最初に、両方です。今の質問に戻ってみましょう。ブレント、30分ほど前に、ゲーム業界のカバー率を5倍にしてアーティストをピックアップできると言ったことを思い出してください。今、Parsecを利用しているアーティストは非常に多いですよね。奇妙なことに、多くのお客様は、月々30ドルで利用できるため、逆にUnityを席に引き込むことができると思います。

ゲーム開発者がリモートシステムを持つことは、簡単で不可欠な要素です。もうひとつは、多くの開発者が、正直なところ、Parsecのようなものを必要としています。Parsecでは、タブレットを使ってあらゆる種類の制作を行うことができます。

Parsecはそれを提供してくれます。私の感覚では、この分野はゴルディロックスと呼ばれる分野のひとつで、私たちが彼らを顧客に引き込み、彼らが私たちを顧客に引き込むことができ、私たちが束になって、お互いに大きなシェアを持つ顧客に浸透させることができます。ベンジーとクリスについては、私が彼らの年齢のときに、彼らの半分でも賢ければよかったと思っています。彼らの深い洞察力と実行力には、私も驚かされました。この作品については、本当に素晴らしいと思っています。

Brent Bracelin

それは心強いですね。本当にありがとうございました。

Richard Davis

ティーブン・ジューさん、いらっしゃいますか?

 

Stephen Ju

広告ビジネスに関する質問の続きですが、ゲーム開発者からのマーケティング費用だけでなく、より多くの機会、より多くの業種の広告主が存在しています。そこで、ゲーム以外の広告主を獲得するためにどのような取り組みを行っているかを教えてください。ありがとうございます。

John Riccitiello

はい、もちろんです。まず最初に、ゲーム以外の広告主のために、供給側のマージンを実験しています。私たちは、ゲーム業界の供給側と、あらゆる人の需要側にいると考えていますが、ほとんどはゲーム側です。また、Googleをはじめとする多くのアグリゲーターやネットワークと提携しており、ブランド広告などを提供しています。

私は率直に言って、ますます洗練されていくと予想していますし、実際に見ています。ゲーム以外の広告は、ゲーム業界のネットワークを利用しています。このように、ゲーム以外の広告も増えていくと思いますが、どちらもゲーム広告が大半を占めています。しかし、繰り返しになりますが、私たちはどちらの側にも門戸を開いています。質問の答えになっていますか、スティーブン?無言になってしまいました。わかりました。

Stephen Ju

すみません。私が考えているのは、より長期的な機会についてですが・・・。

John Riccitiello

長期的な視点で考えると

Stephen Ju

そうですね。

John Riccitiello

はっきり言っておきます。私は、Unityの長期的な展望は、私たちがマネタイズのために活動していることよりも、もっと大きな枠だと考えています。私たちは常に実験を続けています。私たちは、よりデータを重視したクライアント広告を提供していますが、それは、あなたが愛着を持って尊敬している一部のプレイヤーを除いて、Facebookのゴールのようなものです。私たちのように広告やデータに精通している企業はほとんどありませんし、これらのスキルはもっと広く獲得したいと考えています。しかし、60%の四半期に近づくと、四半期に集中するようになり、それが今、当社のビジネス以外でやっていることです。

Stephen Ju

ありがとうございます。ありがとう、ジョン。

Richard Davis

素晴らしいですね。続いて、オフィール・ゴットリーブです。

Ophir Gottlieb

お待たせしました。私の質問に答えてくださってありがとうございます。

Richard Davis

どういたしまして。

Ophir Gottlieb

DBNERについてお聞きしたいと思います。昨年の第2四半期と第3四半期、COVIDの四半期には、Unityが急上昇しましたよね。140台後半から140台中盤で、それ自体は持続可能とは思えませんでした。2021年の第2四半期には、再び142%になっています。何がその要因なのか、少しお話いただけますか?第3四半期の状況や、この指標の長期的な見通しについても教えてください。ありがとうございます。

John Riccitiello

ルイスと私、どちらがいいですか?

Luis Visoso

ジョン、あなたはどうしますか?

John Riccitiello

ええ、見てください。これは、2つ以上の数字が関係していて、掛け算や割り算をしているときに、基本的なトレンドラインが何であるかを理解しなければならないようなものです。私たちがこの数字を維持できているのは、100人以下のお客様を400人以上卒業させているからであり、彼らが大きな成長をもたらしてくれるからです。

そして、もうひとつは、大規模な顧客を獲得し、成長させ続けていることです。つまり、スタックの下層部と上層部の両方で成長が見られ、さらにスタックの中に人を入れ続けているのです。正直なところ、今年のガイドを設定した際には、現在実現している売上高よりも大幅に低い数値をガイドしていました。

その理由の多くは、お客様が我々の計画や期待を上回る成功を収めているからです。これは、CEOとして見たい光景ですね。朝起きて何かを目にしたときに、たいていは良いニュースで、ほとんどが良いニュースです。そして、私たちは、新しいお客様を急速にプラットフォームに迎え入れています。そして、新規顧客がプラットフォームに加わると、その顧客を急速に増やしています。ユニティで働くには良い時期です。だからこそ、私たちはこれほどまでに強気でいられるのだと思います。

Ophir Gottlieb

はい、わかりました。ありがとうございました。

Richard Davis

素晴らしいですね。そして、もうすぐ終わります。カッシュさん、質問はありますか?それともコールバックの時にチャットで話したいですか?どちらがいいですか?

Kash Rangan

コールバックの時にチャットします。どうもありがとうございました。多分、後だと思います。

Richard Davis

わかった。いいですよ。素晴らしい。さて、これで終わりにしましょう。61分で終了しましたが、悪くないと思います。皆様のご参加に感謝いたします。また、カンファレンスや次回の決算説明会でお会いできることを楽しみにしております。皆様のご関心とご支援に感謝いたします。

Luis Visoso

ありがとうございました。

John Riccitiello

皆さん、ありがとうございました。

 

🌟まとめ

メタバースを含めて今後に期待したい事業内容だと思いますし、決算も良かったと思います。

・直近の株価上昇で、PSRはやや高めの推移です。

f:id:reostock:20210815125106p:plain

2021/8/15

$DOCS Q1決算

reostock.hatenablog.com

 

決算前コンセンサス

→Yahoo Financeには見つからず。

 

f:id:reostock:20210814224810p:plain

Q1

 →EPS/RevenueともにOKでした。

 

○PresentationやSlideがないので、Press releaseより

・CEOコメント

Doximityの共同設立者兼CEOのJeff Tangneyは、「公開会社としての第1四半期は、3桁の増収と記録的な利益率を達成し、好調な業績を報告することができました。当社のネットワークが、医療マーケティングにおける高度に専門的な情報の流れに対応できるように構築されていることが評価され、顧客の間ではデジタルへの移行が続いています。当社の電子署名およびファックス製品は、当四半期において記録的な利用があり、当社のエンタープライズ・テレヘルス・プラットフォームを24,000人の医師に拡大しました。現在、米国の全医師の30%以上に有料テレヘルスサービスを提供しています」と述べています。

・売上高: 36.4百万ドルに対し、72.7百万ドルとなり、前年同期比で100%増加しました。
・純利益および非GAAPベースの純利益:純利益は2,630万ドル(前年同期は150万ドル)で、利益率は36%でした。非GAAPベースの純利益は、250万ドルに対し3,060万ドルで、利益率は42%でした。
・調整後のEBITDA:調整後EBITDAは前年同期比696%増の3,120万ドル(390万ドル)で、調整後EBITDAマージンは11%に対し43%となりました。
・1株当たり当期純利益および非GAAPベースの1株当たり当期純利益:完全希薄化後1株当り当期純利益は0.00ドルに対し0.09ドル、非GAAPベースの完全希薄化後1株当り当期純利益は0.00ドルに対し0.11ドルとなりました。
・営業キャッシュ・フローおよびフリー・キャッシュ・フロー:営業キャッシュ・フローは880万ドルに対し3,320万ドル、フリー・キャッシュ・フローは760万ドルに対し3,240万ドルとなりました。
・キャッシュポジション:Doximityは、6月28日に完了したIPOにより5億4,850万ドルの純収入を得た後、7億2,650万ドルの使途不指定の現金、現金同等物および市場性のある有価証券を保有して2022年第1四半期を終了しました。

2022年Q2ガイダンス

売上高は73.0百万ドルから74.0百万ドルの間。
調整後のEBITDAは26.4百万ドルから27.4百万ドル。

2022年通年ガイダンス

売上高は2億9650万ドルから2億9950万ドルの間。
調整後のEBITDAは1億600万ドルから1億900万ドル。

・ロックアップについて:

IPOに関連して締結されたロックアップ契約に基づき、資格のあるDoximityの従業員が2021年8月13日から17日までに最大390万株の株式を売却することができます

・KPI

f:id:reostock:20210814230503p:plain

Q1

→ともにOK。

 

○Earning callより

Jeff Tangney

ありがとう、ペリー。皆さん、上場企業として初めての決算説明会にご参加いただき、ありがとうございます。まず、いくつかのハイライトをご紹介します。2022年度第1四半期の売上高は7,270万ドルで、前年同期比100%の増加となりましたことをご報告いたします。この成長は、既存のお客様に支えられたもので、当社の純売上高維持率は過去12ヶ月間で167%に増加しました。メディカル・マーケティングには高度に専門的な情報の流れが必要ですが、当社のネットワークがその目的のために十分に構築されていることをお客様は理解しています。

次に、当四半期の収益も同様に好調で、調整後のEBITDAマージンは43%となりました。これは、当社のリファレンス・セリング・モデルと第三者機関によるROI調査により、規模の拡大と効率的な価格設定の両方が可能になったことによるものです。

3つ目は、当社のネットワークが成長し続けていることです。第一線の医師が大量の症例や感染症の発生に対処する中、当社の生産性向上ツールが電子署名やファックス製品の使用を記録したことを誇りに思っています。これにより、米国の全医師の30%以上に有料テレヘルスサービスを提供できるようになりました。

さて、以上がハイライトです。しかし、これは当社にとって初めての決算説明会ですので、少し時間をおいて、当社のビジネスと市場機会について、より広い観点から説明したいと思います。最後に、当四半期に発売された製品をいくつかご紹介します。

過去10年間、Doximityの使命は、医師がより生産的になり、患者さんに最高のケアを提供できるよう支援することでした。現在では、米国の全医師の80%以上がDoximityのプラットフォームを利用しています。当社の投資家向けサイトでは、共同設立者であるネイト・グロス博士による5分間の短いビデオデモを見ることができます。このビデオでは、医師が患者とのビデオ通話や、遠隔地での書類作成、医療ニュースの閲覧などをサポートしていることをご覧いただけます。

私たちのインタラクティブなプラットフォームは、医療業界で最高のブランドである一流の病院や製薬会社が、新しい治療法や臨床試験、患者の紹介について、適切な医師と効率的につながることを可能にします。そして、第三者機関の請求データや処方データを用いて、クライアントの投資収益率(ROI)を測定します。

IDCによると、2020年に米国の医療機関がデジタルチャネルに投じた広告費は28%に過ぎず、これは同時期に米国の他の産業がデジタルに投じた63%のシェアの半分にも満たないといいます。このように、ヘルスケア業界はデジタルへの取り組みが不十分であり、10年単位で必要とされる技術的な変化の初期段階にあると考えられています。

病院や製薬会社のマーケティング担当者は、当社の収益の80%以上を占める最大の顧客です。彼らは一般的に、ブランドやサービスラインごとにマーケティングチームを組織しており、それぞれに予算と意思決定者が存在します。優良顧客の最初のブランドを獲得することは、通常、私たちにとって最も難しいことです。しかし、その後、私たちは2つの方法で販売を拡大していきます。例えば、血管外科から脳神経外科へ、あるいはA剤からB剤へといった具合です。S-1に記載されているように、ROIの中央値は、製薬企業では10:1、病院では13:1であり、追加ブランドの販売に成功しています。第1四半期には、既存顧客1社あたりのブランド数が前年同期比で21%増加しました。

次に、既存顧客のブランドやサービスラインをアップセルするために、オーディエンスやインタラクティブ・モジュールを拡大しています。例えば、病院を紹介するための予約モジュールや、地元の製薬会社の担当者にサンプルを依頼する機能などを追加することができます。第1四半期には、既存顧客1人当たりのモジュール数が前年同期比で20%増加したため、クロスセルとアップセルの増加率はほぼ同じでした。

私たちは創業者が率いるミッション・ドリブンなチームです。そして、これは私たちの最初のロデオではありません。共同創業者のシャリ、商業部門責任者のジョー、そして私の3人で、前作の医療用アプリを2011年に寮からIPOまで育て上げました。私の直属の部下の平均勤続年数は7年です。私たちは、複雑なヘルステックの世界では経験が重要だと考えており、それぞれが1万時間を何度も費やしてきました。私たちのライフワークは、医療のためのより良い技術を構築し、私たちをケアしてくれる人々をケアすることです。

さて、以上が私たちの概要です。ここからは、製品の紹介に移りたいと思います。前四半期は、5,000以上の新機能と修正をサイトに導入しました。製品主導型企業として、Doximity DialerとResidency Navigatorの2つの製品にスポットライトを当てたいと思います。

Doximity Dialerは、クラウドベースのテレヘルス・プラットフォームです。パンデミックに対応するために発売し、昨年の夏から販売していました。コールの冒頭で述べたように、前四半期には有料の遠隔医療プラットフォームを24,000医師分拡大し、現在では米国の全医師の30%以上がこのプラットフォームを利用しています。また、アクティブユーザー数は、前年同期比で増加し、30万人以上の医師、ナースプラクティショナーフィジシャンアシスタントが当社のバーチャルビジットを利用しています。当社は、使いやすさの点で医師に支持されており、また、簡単に統合でき、患者の来院を減らすことができるという点で、影響力のあるクラスのIT評価のリーダーとなっています。

これは、昨年のパンデミック発生時に、アプリに有料化する前に無料での利用が急増したためです。興味深いことに、7月4日以降、プロバイダーごとの1日あたりの訪問数が増加していますが、これはおそらくデルタ・バリアントの影響でしょう。私たちは、Zoomのようにユーザーごとにテレヘルスで課金しているのであって、訪問ごとに課金しているわけではありません。

また、今期は何十ものテレヘルステクノロジー機能を出荷しました。その一部をご紹介します。まず、エビデンスに基づく臨床意思決定支援のリーダーであるUpToDateと提携し、プロバイダーが患者に教材を送ったり、バーチャル訪問中に臨床上の疑問点をシームレスに調べたりすることを容易にしました

次に、ワンタップで通訳にアクセスできる機能を追加し、医師が必要に応じて通訳者や家族を簡単に追加できるようにしました。3つ目は、医師が実際の診察時と同じように壁のチャートを表示し、注釈をつけることができるようにしたことです。解剖学的な画像のライブラリをライセンス供与していますが、多くの医師が自分の画像を追加して共有しています。

最後に、患者さんの画面の下に表示される「Carterバッジ」を作成しました。このバッジには、医師の機関ロゴ、肩書き、資格情報が含まれています。テレビのニュースキャスターが持っているようなバッジです。また、1000人の患者さんを対象とした調査によると、医師の質の評価が向上し、フォローアップが必要な場合に医師の名前を覚えてもらえるようになったとのことです。

これらの新機能が示すように、テレヘルスは独自の臨床機能やプライバシー機能を発展させていくと考えています。私たちは、業界をリードするソリューションを構築するために、この分野の研究開発に力を入れていきます。

さて、次は当社のレジデント・ナビゲーター製品にスポットを当ててみましょう。つまり、医学部を卒業した学生が、どのレジデンシープログラムに応募するかを決める手助けをする製品です。米国には4,500以上のレジデンシープログラムがあり、それぞれが独自の強みを持っているため、難しい選択となります。人生の大きな決断であると同時に、週に80時間働くことを3年から5年かけて約束することになります。

U.S. news and world reportが毎年行っている、米国のベストホスピタルをランキングする活動をさらに発展させるために、2014年にはレジデンシーに関する医師OBのレビューの収集を開始しました。テーマは、研究指導者、症例数、ワークライフバランスなど多岐にわたります。その結果、10万人以上の医師が当サイトで研修先を評価しています。同窓生のレビューに加えて、志願者は症例数、ステップスコア、同窓生の地図などでプログラムを絞り込むことができます。また、応募者は、面接に備えてアテンディング・レジュメを閲覧することができます。

AMAに寄せられた、他の医療従事者と結婚する40%の医師の声を受けて、Q1ではカップルマッチ機能を追加しました。この機能では、医師のカップルがそれぞれの専門分野と臨床基準を設定し、お互いに10〜15マイル以内にあるペアの研修先を見つけることができます。これは多くの人に利用されています。さらに、生活費、学校の質、その他の家族向けの属性でフィルタリングする機能も追加しました。これは、多くの卒業生が主要都市以外での検索を行うようになったためです。私たちは、90%以上の新人医師が最初の仕事を見つける手助けをし、Doximityの独自のデータセットと洞察力を使って、彼らのキャリアを始める手助けができることを誇りに思っています。

さて、最後に、この1年信じられないほど頑張ってくれたDoximityの749人のチームメイトに感謝したいと思います。私は、好きな人と一緒に意味のあるものを作ること以上に素晴らしい仕事はないと信じています。このチームのおかげで、私は毎日それができています。だから、ありがとうございます。

それでは、アンナ・ブライソンに代わって、当社の財務実績とガイダンスについてお話を伺います。アンナさん?

Anna Bryson

ジェフ、そして電話会議に参加された皆さん、ありがとうございます。公開企業としての歩みを始めるにあたり、第1四半期の好調な業績に期待しています。高い成長性、強固な収益性、強力なフリーキャッシュフローという当社独自の組み合わせが、第1四半期の業績によく反映されています。

第1四半期の売上高は、前年同期比100%増の7,270万ドルでした。この成長は完全に有機的なものであり、主にランド&エクスパンション戦略の継続的な成功によってもたらされました。具体的には、成長の約80%が既存顧客によるものでした。

当社の主要な医師ネットワーク、ネイティブでインタラクティブなモジュール群、魅力的なROIにより、当社は顧客の基盤となるデジタルパートナーになることができました。このことは、第1四半期の純売上高維持率が167%であったことにも反映されています。この指標は、当社の決算短信で定義されているもので、既存顧客における解約を除く、加入ベースの過去12ヵ月間の収益成長を反映しています。なお、純収益維持率は収益成長率と直接関連しているため、収益成長率に応じて変動します。

第1四半期の業績は、当社のプラットフォームに6桁以上の金額を支払っているお客様の数の増加にも牽引されました。当四半期において、10万米ドル以上のサブスクリプション・ベースの売上を計上しているお客様は224社で、1年前の142社から58%増加しました。この増加分は、アップセルした既存のお客様と、当社のプラットフォームを初めてご利用になったお客様とでほぼ均等に配分されています。Doximityのバリュープロパティー(価値提案)は非常に重要であり、Doximityを利用している企業が増えてきていることを実感しています。

Doximityの価値提案は、明らかに中堅およびロングテールの製薬メーカーやヘルスシステムの幅広い顧客層に響いています。Doximityの価値提案は、中堅およびロングテールの製薬メーカーや医療システムなど、ますます幅広い顧客層に受け入れられています。

収益性については、持続的な成長だけでなく、魅力的なマージンを伴った意義のある規模のビジネスを構築することに注力しています。なお、損益計算書に記載されている費用や営業成績は、特に明記されていない限り、すべてNon-GAAPベースであり、決算短信ではGAAPベースの数値に調整されています。

当四半期の売上総利益率は、前年同期が79%であったのに対し、89%でした。当四半期の売上総利益率は、昨年の第1四半期に比べてより典型的な範囲を反映しています。昨年の第1四半期には、新たに導入した遠隔医療ソリューションのためのサードパーティ製ソフトウェアやホスティングにかかる費用が大幅に増加しましたが、これらの費用を相殺する収益はまだ得られていませんでした。なお、当四半期の売上総利益率は88%、2020年度通期では87%となっています。

次に、営業費用について説明します。第1四半期の研究開発費は1,230万ドルで、売上高の約17%を占めています(前年同期は980万ドルで売上高の27%)。規模の拡大にともない、営業レバレッジの恩恵をますます享受していますが、研究開発費は依然として当社にとって重要な投資分野です。従業員の3分の1以上が研究開発に従事しているプロダクトリード型のソフトウェア企業として、当社は、医師の体験を向上させ、新たな収益源を生み出すことができる新製品の開発に引き続き投資していく予定です。

第1四半期の営業費用は1,810万ドルで、売上高の約25%を占めていました。前年同期に比べて費用が増加した主な理由は、新しいテレヘルステクノロジーの営業チームを立ち上げたことと、その他の商用ソリューションへの継続的な投資です。このような投資を行ったにもかかわらず、非常に効率的な垂直販売モデルにより、前年比で大幅なレバレッジを実現することができました。

さらに、会員向けマーケティングの観点からは、当四半期のプラットフォームの広告費は売上高の1%未満でした。これは、強力なネットワーク効果により、当社の会員数が米国の全医師の80%以上にまで有機的に拡大したことによるもので、今後もこの状況が変わることはないと考えています。

第1四半期の販売費及び一般管理費は430万ドルで、総売上高の約6%を占めました。G&A費用が61%増加したのは、主に公開会社として効果的に運営するためのチームおよび機能の拡大に関連する費用によるものです。

当四半期の調整後EBITDAは3,120万ドルで、調整後EBITDAマージンは前年同期の390万ドル、11%に対し、43%でした。フリーキャッシュフローは、前年同期が760万ドルであったのに対し、当四半期は3,240万ドルでした。

貸借対照表については、当四半期は無借金で、7億2,650万ドルの現金、現金同等物および有価証券を保有しています。新規公開企業としての今後の展望として、社内での事業運営方法と一致した財務見通しを提供したいと考えています。そのため、次の四半期および通期の売上高および調整後EBITDAガイダンスを提供します。

2022年度第2四半期の売上高は、7,300万ドルから7,400万ドルの範囲で、中間点で63%の成長を見込んでいます。調整後EBITDAは2,640万ドルから2,740万ドルの範囲で、中間点で37%の調整後EBITDAマージンを見込んでいます。2022年度通期では、売上高は2億9650万ドルから2億9950万ドルの範囲で、中間点で44%の成長を見込んでいます。調整後EBITDAは1億600万ドルから1億900万ドルの範囲で、中間点で36%の調整後EBITDAマージンを見込んでいます

次に、見通しについてもう少し詳しく述べます。売上高の見通しについては、パンデミックの期間中、お客様がデジタルチャネルに予算をシフトする動きが加速したため、過去数四半期にわたって需要の伸びが見られました。今後、パンデミックが緩和されれば、お客様はより正常な成長率でデジタル支出の割合を増やしていくと予想しています。

当社の利益率の見通しは、研究開発への継続的な投資、顧客への訪問活動や会議の増加による営業およびマーケティングの平常時への復帰、および上場企業に伴うG&Aコストの増加を考慮しています。とはいえ、2021年度通期では、調整後EBITDAマージン31%に対して意味のあるレバレッジをかけることができると考えています。

結論として、当四半期のような高い成長率は期待できませんが、当社は、デジタルへの移行が進む中で、大きく成長する市場機会の初期段階にあると考えています。当社は過去10年間、お客様に信頼されるデジタルパートナーになることを目指してきましたが、この業界の変革において当社が果たすべき役割に期待しています。そして何よりも、当社は医師を第一に考える企業であることを誇りに思っており、今後も医師、お客様、株主の皆様に価値を提供していきたいと考えています。

以上をもちまして、質疑応答に移りたいと思います。

 

質疑応答

最初の質問は、SVBリーリンクのステファニー・デイビスさんからお願いします。あなたの回線は開いています。

Stephanie Davis

これを言うのは私が最後ではないと思いますが、私が最初になりたいと思います。この度は、非常に好調な四半期を迎えられ、おめでとうございます。私の最初の質問は、TAMについてです。準備書面では、市場機会について多くのコメントがありましたが、この市場機会について語る際には、実際には製薬会社やプロバイダーのビジネスにしか目を向けていないようにも感じられますが?では、他のエンドマーケットに目を向けたことがあるかというと、そうではありません。また、医療技術やデジタルヘルスなど、他にどのような市場が一番低いところにあるとお考えですか?

Anna Bryson

ありがとうございます、ステファニー。ありがとう、ステファニー。嬉しいお言葉もありがとうございます。最初に申し上げておきますが、当社の最大のビジネスチャンスは、現在取り組んでいる中核市場にあると確信しています。185億ドルの顧客層にはほとんど浸透していませんが、医療のデジタル化によって、そこでの財布のシェアを拡大する大きなチャンスがあると考えています。

とはいえ、当社のネットワークは、隣接するエンドマーケットに進出するための多くのオプションを提供しています。例えば、準備中の挨拶でも述べましたが、医療機器・診断機器メーカーからの支持を得ています。その証拠に、前四半期には、この分野で初めて7桁の契約を締結しました。既存のモジュールをさらに活用して、これらのお客様とのデジタル・パートナーシップを深めることができると期待しています。

Stephanie Davis

数年後までにどのくらいの割合になっているかというと、まだ1桁の割合ですが、最終市場が成長するにつれて、より重要な割合になっていくのでしょうか?

Anna Bryson

そうですね、年末までにはまだ収益の一桁の割合になるでしょう。とはいえ、ここには絶対にチャンスがあると思っていますし、時間をかけてデジタル関係を深めていきたいと考えています。しかし、私はこの機会を過大評価したくありません。繰り返しになりますが、当社の中核市場が最大のチャンスであることに変わりはありません。

Stephanie Davis

オーケー、保守的にいきましょう。それはいいですね。それから、モデルについて簡単に説明します。明らかに、あなたが公開して以来、多くのプッシュプルがありました。あなたは何を主張しているのでしょうか。また、ガイダンスに対するCOVIDの影響や、今週の[indiscernible] 0:21:47とは対照的に、ここから電話をしていることを考えると、これもバーチャルな会議に戻り、結果的にもっとデジタルな感覚を持つことになるのでしょうか。

Anna Bryson

まず、デルタ・バリアントについてですが、今後6ヶ月から12ヶ月の間に何が起こるかを予測することは誰にとっても非常に難しいことです。では、現在のガイダンスについて。予想通り、ワクチンが発売されてから、個人向けのマーケティング活動に若干の戻りが見られます。今後は、社会の他の多くの側面で見られるように、ヘルスケアマーケティングが正常に戻るには、デジタルと対面を組み合わせたハイブリッド型の採用が必要だと考えています。

さらに付け加えると、昨年、当社のお客様はデジタル戦略を活用して大きな価値を見出したと考えています。先ほど述べた新しいハイブリッドモデルでは、お客様は引き続きデジタルを重視していくと思いますが、その移行はより通常のペースで行われ、それが今年のトップライン44%というガイダンスに反映されています。

Stephanie Davis

わかりました、とても参考になりました。おめでとうございます。

Anna Bryson

ありがとうございました。

Operator

次の質問は、ウィリアム・ブレアのライアン・ダニエルズさんからお願いします。

Ryan Daniels

この度は、上場企業として非常に素晴らしいスタートを切ることができましたこと、心よりお祝い申し上げます。そして、質問をお受けいただきありがとうございます。まず最初の質問ですが、ワークフローソリューションや有料サービスを利用するプロバイダーの数など、プラットフォームの利用実績に関して、プロバイダーがより積極的に関与することで、収益化の機会が増えていますか?

Jeff Tangney

ライアン、こちらはジェフです、よろしくお願いします。そしてステファニー、よろしくお願いします。私も今週は [indiscernible] 0:23:29 にいません。これは新しい世界の兆候だと思いますよ。

ライアン、あなたの言うとおり、当四半期は、電子署名やFX製品の利用が記録的に増加しました。また、アクティブな遠隔医療プロバイダーの数も前年同期比で増加しました。アクティブな遠隔医療提供者は、当社のプラットフォーム全体で最も活動的な医師を示す良い指標だと考えています。また、最も多くの患者を診ている医師は、通常、処方者や紹介者の割合が高い専門分野の医師です。つまり、お客様が最も関心を持っているのは彼らなのです。このようにして、当社の他のビジネス全体を向上させることができると考えています。

Ryan Daniels

そうすると、プラットフォームに登録している全医師の30%に達したことで、今後の製品開発や収益化の取り組みに影響を与えたり、変化をもたらしたりしているのでしょうか?研究開発費を考えた場合、ユーザーベースがどれほどアクティブであるか、また、特に製薬会社の顧客に価値を高めるための増分ソリューションを追加できるようなユニークな新製品であることから、どこに研究開発費を配分するのかを考えています。

Jeff Tangney

M&Aや長期的な取り組みについては、ここにいるネイト博士に話してもらいたいと思います。しかし、有料の遠隔医療プラットフォームとしての成長と、クラスランキングでのリーダーシップについては、研究開発の面でも力を入れていますし、遠隔医療プラットフォームを構築していく上では、皆さんのご想像通り、多くの関連分野があります。その多くは有機的に構築できると考えていますが、一部は有機的に構築することも検討しています。それでは、ネイトさん、お願いします。

Nate Gross

これは私が担当します。私たちは、既存のビジネスラインに大きな有機的成長の可能性を見出しています。それは、現在のホワイトスペースと、デジタルへの移行などの有利な市場トレンドの両方の観点からです。また、ご想像のとおり、市場には数多くの巨大な隣接領域があり、当社のネットワーク効果や医師との深い関係、そしてヘルスケアエコシステム全体のおかげで、当社が競争力を持ち、答えを出すことができるでしょう。例えば、テレヘルステクノロジーによる外来診療後の紹介は、病院が数百万ドルを投じて実在する診療所を買い戻す理由となっています。私たちのプラットフォームには、外来受診後に患者さんを適切な専門医療機関に紹介できるという独自の利点があります。

Ryan Daniels

とても参考になりました。ありがとうございます。また列に戻ります。ありがとうございました。

Operator

次の質問は、ニーダムのスコット・バーグからお願いします。

Scott Berg

皆さん、素晴らしい四半期にお祝いを申し上げます。そして、私の質問に答えてくださってありがとうございます。いくつか質問をさせていただきます。アンナさんは、今後の需要動向について、注意というよりも保守的な見方をされていましたね。その点はご理解いただけると思います。そして、あなたの採用ソリューションに少し脚本をつけてみませんか?再開が始まると、医師は1年前よりもこの環境下で変化を起こしやすくなるので、少なくとも何らかの形で需要や利用が増加すると思われますか?

Anna Bryson

いい質問ですね。特にパートタイムの医師派遣では、ワクチン接種後に再開される予定の手術が滞りなく行われているため、需要が高まっています。私たちは、このような勢いを非常に喜ばしく思っています。とはいえ、採用ソリューションのお客様の成長率は、当社の事業全体の成長率100%よりも低いものでした。そのため、当四半期の成長を支える重要な要因ではありませんでした。しかし、今後も、この勢いに期待したいと思います。

Scott Berg

素晴らしい、参考になりました。続いての質問です。当四半期のEBITDA成長率が過去最高だったことに触れられましたが、EBITDAマージンも過去最高の43%で、これは非常に良いことだと思っています。今後の成長についてはどのように考えるべきでしょうか。私が投資家からよく受ける質問のひとつに、成長率が非常に高いことは明らかですが、マージンはおそらく成長率に比べてさらに素晴らしいものになっていると思います。ありがとうございました。

Anna Bryson

はい、それではいくつか質問があります、スコット。まず第一に、医師やお客様に最高の価値を提供するために、プラットフォームへの投資を継続することに注力しており、ガイダンスもそれを反映したものになっています。下半期のEBITDAマージンは、今後も投資を続けることから、多少圧縮される可能性があります。

具体的には、売上高の成長率がより正常化すること、研究開発への継続的な投資、営業およびマーケティングのための対人顧客活動や会議への復帰を想定して、マージンの見通しを立てています。同じように、お客様がセールスとマーケティングのハイブリッドモデルを採用することを想定していますが、それは私たちも同じです。また、上場企業であるがゆえに、当然ながらG&Aにかかるコストも高くなります。だからこそ、私たちは絶対に投資を続けているし、トップラインの成長のためにも投資を続けていくつもりです。

Scott Berg

素晴らしい、第4四半期の業績におめでとうございます。

Operator

次の質問は、レイモンド・ジェームズのブライアン・ピーターソンさんからです。

Brian Peterson

ありがとうございます。私からもお祝いの言葉を述べさせていただきます。140の法則について話すのは驚きです。しかし、あなた方はこの140の法則で新たな活力を生み出しています。ひとつだけ、Scottの質問の続きのような質問をさせていただきます。今後3年から5年の間に成長するための要因を考えるとしたら、JeffやAnnaはどうでしょうか。また、今後3年から5年の間に成長するための鍵となる2つのレベルは何だと思いますか?ありがとうございます。

Jeff Tangney

やあ、ブライアン、ジェフだ。私が担当します。140の法則もいいですね。私もあなたの意見を参考にさせていただくかもしれません。簡単に言うと、当社の成長にはそれほど大きな制約はありません。繰り返しになりますが、私たちは、非常に大きなアドレス可能な市場の初期段階にいると考えています。医師は日々、国のGDPの14%を決定しています。その医師が日々の仕事をうまくこなすために必要な高度に専門的な情報を提供するための教育を提供できるようにすることは、非常に大きな事業だと考えています。

とはいえ、ヘルスケア業界の動きは非常に速いものです。冒頭のコメントでも指摘したように、2020年にデジタル化されているヘルスケア広告は28%に過ぎず、2020年に63%がデジタル化されている他の業界と比較しても、その動きは少し遅いと言えます。もちろん、優秀なエンジニアを採用し、製品セットやスキルを向上させるという課題もあります。しかし、最大の阻害要因は、ヘルスケアがいかに早くデジタル化に移行するかということだと思います。

Brian Peterson

ありがとうございます。ありがとうございました。

Operator

次の質問は、JPMorganのJackson Aderさんからです。

Jackson Ader

ありがとうございます。私の質問に答えてくださってありがとうございます。ジェフさん、デジタルへの移行について補足しますと、2020年とデルタバリアントは一過性のものだと理解しています。しかし、通常の環境下でデジタルへの移行を考えると、毎年、パイの何パーセントがデジタルに移行すると予想されますか?

Jeff Tangney

申し訳ありません、ミュートになっていました。ありがとう、Jackson。素晴らしい質問ですね。COVIDが登場する前には、IDCやE-marketerなどが、毎年数ポイントずつデジタルに移行するというレポートを発表していましたが、通常の移行では1年に5ポイント程度です。この1年は、完全にシャットダウンされていたこともあり、当然のことながら、それ以上に成長したと思います。今後の見通しとしては、デジタルとヘルスケアへのシフトが、通常の5〜7ポイントに戻ると予想しています。

Jackson Ader

素晴らしい。沈黙が続いていたので、シフトを見込んでいないのではないかと一瞬心配になりました。しかし、アンナさんに簡単な質問をしたいと思います。純売上の保持率は、前四半期末の持続不可能な150%という数字を超えて加速していますね。この指標について、今年の残りの期間はどう考えればよいでしょうか?

Anna Bryson

ありがとう、Jackson。ここでミュートを解除しておきますね。ジェフが言ったように、純売上高維持率は売上高の伸びに直接影響します。しかし、パンデミック前の水準から2019年度と2020年度を振り返ってみると、純売上高維持率は130%を超えており、パンデミック後の当社の状況をよりよく表していると考えており、純売上高維持率は依然として非常に高く、非常に満足しています。

Jackson Ader

わかりました、ありがとうございます。

Operator

次の質問は、モルガン・スタンレーのリッキー・ゴールドワッサーさんからです、電話は開いています。

Ricky Goldwasser

はい、ありがとうございます。こんにちは。今日はよろしくお願いします。需要の前倒しに関するコメントに戻りたいのですが、ガイダンスでは下半期の成長率を20%前後と想定しているようです。2022年と23年のベースについて考えてみましょう。まだ早いとは思いますが、あなたは2022年のことを考えているだけです。しかし、22年を基準にした場合、どのように考えればいいのでしょうか?2023年に向けて育成すべき成長率とはどのようなものなのでしょうか?そのベースラインとそこからの成長について、少しお話しいただけますか。

Anna Bryson

はい、もちろんです、リッキー。将来、どのような動きになるかはわかりません。しかし、昨年、お客様がデジタルチャネルを活用して大きな価値を実現されたことを考えると、予算がデジタルチャネルに移行する割合は、パンデミック前の状況に近いものになると思います。そのため、2019年、2020年の成長については、流行前の状況に戻ると考えています。

Ricky Goldwasser

つまり、125%のアップセルということですね。そのように考えているのですか?

Anna Bryson

収益維持率は、この2年間で130%以上でした。

Ricky Goldwasser

そうですか。それは参考になりますね。それから、1つだけフォローアップの質問です。売上高が10万ドルを超えるお客様の数を考えると、2022年の目標を大きく上回っているように思えます。これらのお客様からの収益の合計は、全体の中でどのくらいだったのか教えていただけますか?

Anna Bryson

すみません、ミュートになっていました。これらのお客様からの売上は、直近12ヵ月の売上全体の88%を占めています。

Ricky Goldwasser

わかりました、ありがとうございます。ありがとうございました。

Operator

次の質問は、パイパー・サンドラーのショーン・ウィーランドさんからお願いします。お電話はこちらです。

Sean Wieland

どうもありがとうございます。ミュートにしておいてくださいね。多少の雑音は気にしませんので。テレヘルス事業の経済性について、数字で説明してください。第二の質問は、企業市場、あるいは企業レベルの戦略である遠隔医療をどのように考えているのでしょうか?

Jeff Tangney

ショーン、ジェフが聞いています。ミュートにしておいたほうがいいかもしれませんね。遠隔医療市場は、全体的に見ると、当社の収益に占める割合はまだ非常に小さく、前四半期は2%だったのが3%程度になりました。企業向けには非常に好調です。実際、収益のほとんどは企業向けのものです。ロードショーで述べたように、当社には150以上の医療機関が加盟しています。これが私たちの人気の秘訣です。私たちは、大規模な医療システムとのEHR統合やその他の作業を深く掘り下げています。また、小規模な診療所にも非常に人気があります。そこでも成功を収めています。しかし、実際には、企業側の数字が大きいのです。

Sean Wieland

企業向けと個人向けのサブスクリプションの割合はどのようになっていますか?

Jeff Tangney

私は頭のてっぺんまでは知りませんが、大部分は企業向けですね。

Sean Wieland

わかりました。ありがとうございました。

Operator

次の質問は、ゴールドマン・サックスのマイク・ウンさんからです。

Michael Ng

こんにちわ。質問をありがとうございました。2つだけ質問があります。まず、オプション性についてお聞きしたいと思います。外資系メーカーや医療システムといったコアベース以外に、医師以外にも積極的に投資したり、広告主をターゲットにしたりするなど、新しいビジネス開発の取り組みについて、進捗状況を教えていただけますか?

Nate Gross

こんにちは、マイク。ユーザー面では、看護師やNPAが大きく伸びています。看護師やNPAの半数以上がこのサイトを利用しています。私たちは、将来的に彼らにとって重要なビジネスを継続的に構築するための重要な機会があると信じています。

アンナがすでに述べているように、今期は医療機器や診断分野で成功を収めました。しかし、ここで強調しておきたいのは、すべての事業展開において、当社は製品をリードするソフトウェア企業であり、パートナーシップと健全なバランスシート上の現金の両方を活用して、新製品の開発に自信を持って迅速に移行できるような、意義のあるビジネスを大規模に構築しようとしているということです。この業界に進出したテレヘルスって、まさにその好例だと思います。

今後、このような状況が変化していく中で、当社のプラットフォームの規模とバランスシート上の現金があれば、スピードと自信を持って、相乗効果のある買収に踏み切ることができると思います。しかし、そのような買収は、人材や製品のためのものである可能性が高く、収益のためのものではありません。先ほど申し上げたように、当社は既存のビジネスラインに大きなオーガニック成長の可能性を見出しているからです。

Michael Ng

ありがとうございます。ありがとうございました。次に、今年の残りの期間、あるいは第4四半期のマーケティングキャンペーンの時期に関連して、予想される季節性についてお話いただけますでしょうか。ありがとうございました。

Anna Bryson

はい、ありがとうございます、マイク。私たちのプラットフォームでは、非常に迅速なプログラムの立ち上げが行われており、それが収益の早期化につながっています。これは、お客様がより強固で集中的なデジタル戦略を採用されていることに加え、カスタマーサクセスチームへの投資が効率化され、お客様が迅速にプログラムを開発・立ち上げられるよう支援している結果です。このように、今後も季節性は期待できません。

Michael Ng

はい、ありがとうございます。

Operator

それでは、ジェフ・タングニー氏に電話をおつなぎします。

Jeff Tangney

ありがとうございます。本日お集まりいただいた皆様に感謝いたします。次の四半期には皆さんとお話しできることを楽しみにしています。本当にありがとうございました。

Operator

以上で、本日のカンファレンスコールを終了いたします。ご参加ありがとうございました。これで電話を切ることができます。

 

🌟まとめ

・良い決算だったと思います。見通しについてはAfter COVIDの影響を懸念する内容がありましたが、日本のエムスリーを含めて強い事業内容だと思いました。

・遠隔診療のところに関しても医療者が使いやすいような試みがされていて、TDOCと同様に医療者への配慮が感じられました。

・決算後に株価が上昇し、PSRは高めな印象です。

f:id:reostock:20210815025801p:plain

2021/8/15

$MQ Q2決算

reostock.hatenablog.com

 

決算前コンセンサス

f:id:reostock:20210808123937p:plain

Q2決算前コンセンサス

 

f:id:reostock:20210814214937p:plain

Q2

 →EPSをmissしており、Revenueとガイダンスはclear

※じっちゃま曰く、EPS未達は一時的要因とのこと。

f:id:reostock:20210814221428p:plain

Q2

GAAPベースかどうかの差なのかもしれませんが、Seeking αのEarningページではどっちもPassしています。

 

○2021年Q2 Press Releaseより

・CEOコメント

Marqeta社の創業者兼CEOであるJason Gardner氏は、「当社の業績は、最新のカード発行に対する膨大な需要、様々な業界における需要、そして当社の顧客の急速な成長を示しています。」と述べています。

・Marqetaは、Google Pay残高ユーザー向けのデジタルカードの発売に向けて、Googleに選ばれたことを発表しました。
・Marqetaは、Buy Now, Pay Later(今すぐ購入して後で支払う)の分野で力強い成長を続けており、主要なイノベーターの大半をサポートしています。2021年6月30日に終了した四半期において、この分野の純収益は2020年の同四半期と比較して350%増加しました。
・7月、Marqetaは、Buy Now, Pay LaterカテゴリーのリーダーであるAffirmとの契約を2024年1月まで延長し、顧客がMarqetaのプラットフォーム上での構築と拡張に長期的にコミットしていることを示しました。
・Marqetaは、Marqetaの成長の次の章を推進するために、深い経験を持つ2人の重要なリーダーを加えました。EMEAでAWSのビジネスをリードしていたDarren MowryがCROとして、SalesforceのテクノロジーリーダーであるRandy KernがCTOとして参加しました。

 

○Presentationより

f:id:reostock:20210814220202p:plain

Q2

→TPVはQoQ、YoYともに伸びています。

f:id:reostock:20210814220245p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814220507p:plain

Q2

→Gross profitやGross profit marginはQoQで減少も、Net revenueはQoQでも上昇。

 

○Earning callより

Jason Gardner

ステイシー、ありがとう。皆さん、Marqeta社の上場後初の決算説明会にお集まりいただき、ありがとうございます。皆さんとお会いできることを大変うれしく思います。当社のIPOは非常に成功しました。多くの資金を調達し、素晴らしいスタートを切ることができました。トリップと私は、Marqetaの第2四半期の業績と事業の概要についてお話できることを楽しみにしています。

ここでは、いくつかの財務ハイライトについて説明します。次に、第2四半期の3つの重要テーマについてお話しします。最後に、当社をあまりご存じでない方のために、Marqetaに焦点を当ててお話しします。それでは、始めます。

第2四半期の業績は、急速に進化するデジタル・ペイメント市場において、当社の製品の市場適合性と実行力が実証されました。TPVの総処理量は270億ドルで、2020年の同四半期と比較して76%の増加、純収入は1億2200万ドルで、2020年の同四半期と比較して76%の増加となりました。

第2四半期から強調したい重要なテーマが3つあります。第1に、当社は引き続き勝者を獲得しています。Googleは、Google PayのユーザーがGoogle Payでトークン化された仮想カードを使って残高を即座に利用できるようにする、Google Pay Balanceユーザー向けのデジタルカードの立ち上げをサポートするために、Marqetaを選びました

次に、現在の顧客との関係を拡大し、急速に成長させています。当社は、Square社との関係を拡大しました。Squareは当四半期中にSquareバンキングサービスを発表しましたが、当社はSquareのチェック商品を強力にサポートできることを誇りに思っています

そして3つ目は、お客様との長期的な関係を構築し続けることです。当四半期には、Affirm社との契約を2024年まで延長しました。これは、当社のプラットフォームの永続的な価値と、強固なパートナーシップを裏付けるものです。

第2四半期の業績については、トリップが数分後に詳細を説明します。今回は初めての決算説明会ということで、Marqetaの概要、成長の原動力となっている業界の追い風、そして戦略的な取り組みについて、少し時間をかけてお話ししたいと思います。

Marqetaは、今日のデジタル経済の中心であるモダンカード発行を実現しました。あなたの財布に入っているカードを考えてみると、これらにはほとんど何の機能もなく、何十年もの間、ほとんど革新がありませんでした。

しかし、どんなフォームファクターにも対応し、重要な舗装問題を大規模に解決することができ、何十ものダイナミックな基準に基づいて取引を承認したり、分割払いを可能にしたり、まったく新しい消費者体験や商業体験を生み出すなど、業界全体を破壊することができるカードを想像してみてください。

これらのカードは、物理的なものでも、仮想的なものでも、トークン化されたモバイルウォレットでもよい。クレジットカード、デビットカードプリペイドカードなどがあり、開発者が最先端のツールを使って、数ヶ月ではなく数日で作ることができます。これが現代のカード発行です。DoorDashを使って料理を注文したり、Instant Cardを使って食料品を注文したりすると、アプリから配達員のカードへとお金が移動する際に、最新のカード発行がバックグラウンドで機能します。

また、大画面テレビを購入し、AffirmやKlarnaを使って分割払いをする際にも、現代のカード発行は、加盟店への支払いに使われるペイメントカードへの資金移動をシームレスにサポートします。

Square、Instacart、Uber、Klarnaなど、この10年で最も破壊的な企業のいくつかは、Marqetaの技術を製品の中心に使用しています。Marqetaは、開発者による開発者のための、オープンAPIとクラス最高の開発者ツールを備えたクラウドで、ゼロから構築された最初の最新カード発行プラットフォームです。

また、JIT(Just-in-Time)ファンディングやトークナイゼーションをサービスとして提供するための初のオープンAPIを含む、複数の発行・処理イノベーションを市場に先駆けて提供しています。

これらのイノベーションにより、卓越した決済体験の設計を顧客の手に委ね、従来のプラットフォームでは不可能だったユニークな決済カード製品の発売を可能にします。

私たちは、Marqetaが今や事実上の最新カード発行プラットフォームであり、継続的なイノベーションによって市場をリードする地位をさらに強固にし、拡大していくものと信じています。私たちは、技術、経験、パートナーシップという3つの方法で、お客様と深く結びついています。

Marqetaの技術はお客様のコアビジネスを支え、当社はお客様のコアビジネスをサポートしています。Marqetaのスタッフは、Marqetaのソリューションがお客様の重要なプロセスを推進することから、お客様の信頼できるパートナーとなっています。最も革新的な商取引の破壊者、技術大手、金融機関にサービスを提供してきた当社の深い経験は、革新的なプログラムを構築し、拡張するための貴重な専門知識をもたらします。

さらに、私たちは長期的な成功を目指してお客様とパートナーシップを組んでいます。当社の利用ベースのビジネスモデルは、お客様とMarqetaの双方にメリットをもたらします。お客様のビジネスが当社のプラットフォームで成功すればするほど、当社の純収益は増加します。

さらに、当社のお客様は、階層的な価格設定によりボリュームベースの割引を受けることができるため、当社のプラットフォーム上で新たなボリュームを増やしたり、新たなカードプログラムを立ち上げたりするインセンティブを得ることができます。その結果、お客様との連携を促進し、維持するための長期的な契約を結んでいます。

カスタマーサクセスは、当社が行うすべてのことの核心であり、企業の中核的価値としてお客様とのつながりを大切にしています。当社は、人々にサービスを提供する人々のためにテクノロジーを構築しました。当社の顧客関係の強さと耐久性は、第2四半期の前年同期比76%増の純売上高が証明しています。

当社は、これらのお客様のために、大規模なイノベーションをかなりの規模でサポートしています。当社のプラットフォームは99.995%のアップタイムで稼働しており、Marqetaプラットフォームを通じたボリュームは過去4年間で30倍に増加しています。

当社は36カ国で事業を展開しており、現在も拡大中です。私たちは、ペイメントと最新のカード発行の機会は非常に大きいと考えています。世界には24兆ドルのバディ・ムーブメント市場があり、そのうち30兆ドルが国際的なカード発行に使われています。

Marqetaのプラットフォームは昨年600億ドルを処理しましたが、これはカード発行機会全体のごく一部に過ぎません。デジタル決済への移行が加速する中、市場は拡大し続けています。

Marqetaには、この市場で拡大するシェアを獲得するための最新技術、深い経験、勢いがあると信じています。あらゆるものがデジタル電子取引に移行し、将来的に世界がどのようにお金を動かしていくかという風景を一変させる中で、このタンは私たちの前にある広大な機会の海であると信じています。

Marqetaは、3つの方法でこの大きな機会を捉えることができるポジションにあります。まず、デジタル決済への移行は加速しており、ますます多くの取引がオンラインで行われるようになっています。そして、世界中の人々が、現金ではなくカードでの支払いを選ぶようになってきています。

カードや非接触型の支払いを選択しているのです。この傾向は、パンデミックの間、さらに加速しています。第二に、決済はよりデジタル化されているだけでなく、消費者や企業のアプリケーションにもより頻繁に組み込まれています。

最後にオンラインのフードデリバリー、メッセージングアプリ、デジタルマーケットプレイスを利用したときのことを考えてみてください。決済は体験の一部として深く浸透しています。ソフトウェア企業は、決済会社と継続的に提携し、エンドユーザーのニーズを満たす、シンプルで拡張性のある、設定可能な決済サービスを提供しています。

第三に、消費者の信頼と新しい決済技術が高まっている。消費者は、安全性や利便性のためにオンラインショッピングやデジタル決済を利用することに、ますます自信を深めています。

パンデミックの影響で、Instacartなどのサービスの利用が促進されたかもしれません。私たちの非接触型決済は、安全性の問題です。消費者が一度こうした利便性を体験すると、元に戻ることはないと考えています。

このような3つの追い風に加え、11年以上の経験から、当社はモダンカード発行のリーダーとしての地位をさらに拡大できると確信しています。これまで達成してきた仕事や、今後も世代を超えたビジネスを目指していくためには、Marqetaが人生で最高の仕事ができるような環境を作ることが重要です。

そのために、最近、経営陣に2人の新しいリーダーを加えました。最高収益責任者のダレン・モウリーと最高技術責任者のランディ・カーンです。ダレンとランディはともに、大規模なエンタープライズビジネスの拡大に多大な経験を持っています。

ダレンは、AWSのEMEAを経て、Marqetaに入社しました。EMEAは、大規模なパワーを持つ革新的なビジネスと、Marqetaと同じようにカスタマーサクセスに焦点を当てたビジネスで、他に類を見ません。

ランディは、30年近くエンジニアリングに携わり、そのほとんどをマイクロソフトやセールスフォースで過ごし、実質的なハイアベイラビリティ・ビジネスをサポートする技術インフラを構築してきました。彼らが当社に与える影響に期待するとともに、目の前の巨大な市場機会の獲得に注力する当社の経営陣にふさわしい人材であると確信しています」と述べています。

当四半期は、当社が上場企業としての第一歩を踏み出した瞬間です。私たちは、現代のバディ・ムーブメントに関しては、まだ表面をなぞっているに過ぎないと考えています。私たちは、目の前にあるオプションに期待していますし、私たちの実績を楽しみにしています。

それでは、第2四半期の業績について、Marqeta社の最高財務責任者であるトリップ・フェイクス氏にお話を伺います。ありがとうございました。

Tripp Faix

ありがとう、ジェイソン。皆さん、こんにちは。本日は、好調な第2四半期の業績と、第3四半期のガイダンスについてお話できることを大変うれしく思います。今回は上場企業として初めての決算説明会ということで、当社のビジネスモデルと、ユーザーベースのビジネス、トランザクションベースのビジネス、インターチェンジベースのビジネスについて、いくつかのポイントを簡単にお話しします。

当社は、2020年第2四半期に比べて76%増加した総処理量(TPV)が、当社プラットフォームの市場への導入、当社事業の成長、お客様に合わせて拡張する能力、およびお客様がプラットフォームを継続的に利用していることを示す重要な指標であると考えています。

TPVは、当社の収益の大部分を占めており、カード取引からインターチェンジフィーを得ています。これらのインターチェンジフィーをお客様と共有することで、お客様の利益とMarqetaの利益が一致するようにしています。

当社の顧客は、段階的な価格設定によりボリュームベースの割引を受けることができるため、当社のプラットフォーム上に新たなボリュームをもたらし、新たなカードプログラムを立ち上げることにインセンティブを得ています。これにより、当社との連携を促進・維持する長期契約が成立します。

お客様とのレベニューシェア後の収益は、損益計算書の純収益の項目に計上されます。また、他の収入源、処理手数料、月額プラットフォームアクセス料、ATM手数料、カードフルフィルメント、トークン化による収入も得ています。

売上原価は、カードネットワーク手数料、発行銀行手数料、カードフルフィルメント費用、およびネットワークインセンティブの臨時項目で構成されています。コストを見る上で重要なのは、カードネットワークとの戦略的パートナーシップを通じて、年間を通じて一定のボリュームのマイルストーンを達成した場合に得られるインセンティブを受け取っていることです。

これらのネットワークインセンティブは、売上原価として計上され、売上原価の低減につながります。インセンティブは四半期ごとに獲得するものと、年間ベースで獲得するものがあります。年間の測定期間を持つ一部のインセンティブ契約では、1年間の測定期間が当社の会計年度と一致しない場合があります。このため、四半期ごとに売上原価が変動する可能性があります。最後に、ネットワーク費用、発行銀行の手数料、カードフルフィルメント費用、ネットワークインセンティブの臨時売上原価を差し引くと、Marqetaの売上総利益の項目になります。

それでは、2021年6月30日に終了した3ヵ月間の業績と、非GAAPベースの業績について説明したいと思います。2021年第2四半期の総純収益は、2020年第2四半期の6,900万ドルから76%増の1億2,200万ドルとなりました。

これは、当社の予想を上回る好調な結果でした。この増加は主に、TPVが76%増加したことによるものです。当社のレベニューシェア支払額は、2020年第2四半期から78%増加しました。

ご参考までに、レベニューシェア支払いは、当社のプラットフォームでの処理量を増やすための顧客へのインセンティブです。その結果、当四半期のインターチェンジフィー(純額)は68%増の9,500万ドル、処理手数料およびその他の手数料は121%増の2,300万ドルとなりました。これは主に、ATMの処理量が増加したことに加え、月次手数料やサービスのトークン化によるものです。

当四半期のTPVは270億ドルとなり、前年同期比で76%増加しました。この増加は、デジタル・バンキングおよびBuy Now, Pay Later(BNPL)の両分野のお客様の業績が好調であったことを反映していますが、オンデマンド・デリバリーのお客様の比較対象が厳しくなっていることが影響しています。

まず、デジタル・バンキング分野では、これらの製品の好調な導入に加えて、タックスシーズンの申告期限が第2四半期の4月15日から5月17日にずれ込んだことが重要なポイントです。還付金の受け取りが遅くなったことで、支出が第2四半期に集中したと考えています。

第2に、BNPLのお客様の純売上高が前年同期比で350%増加しました。これは、当社のプラットフォームに適合した製品による成長と、世界中でこの決済方法が採用されていることの両方を示しています。

第3に、当四半期は、パンデミックの影響により、オンデマンド・デリバリー分野で初めて厳しい比較対象に遭遇しました。この分野の成長率は前四半期に比べて低下しましたが、絶対的なボリュームレベルは高いままでした。

これは、消費者行動の変化、オンデマンド・デリバリー・サービスの強み、および業界の長期的な追い風の永続性を証明するものです。売上総利益は前年同期比70%増の4,700万ドルで、前年同期の2,800万ドルに比べて増加しました。

売上総利益率は、2020年第2四半期の40%から2021年第2四半期の38%へとわずかに減少しましたが、これは主に、TPVが76%、取引件数が77%増加したことによるカードネットワーク手数料の増加が、発行銀行手数料の伸びの低下によって相殺されたことによるものです。

売上総利益率についても少し時間を割きたいと思います。まず、長期的な目標である売上総利益率を40%から45%の間で維持することに引き続き取り組んでいます。2021年第1四半期の売上総利益率が高かったのは、ネットワークからの年間継続的なインセンティブ支払いによるものです。これにより、売上原価が下がり、売上総利益率が数ポイント上昇しました。

第2四半期には、ネットワーク手数料の増加がありました。ネットワーク手数料は、加盟店のMCCコード、取引の種類、カード・ノット・プレセントなどによって大きく異なります。当社は利用ベースのビジネスであり、利益率は四半期ごとに変動するため、今後、具体的な売上総利益率のガイダンスを提示しないことにしました。当社は、今後、38%の粗利益率を期待しておらず、長期的には40%から45%の粗利益率を目標としており、非常に安心しています。

全体として、GAAPベースの純損失は6,900万ドルとなりました。これは人材と技術に対する継続的な投資によるもので、株式報酬5,600万ドルが含まれています。

さらに、株式の売出しに対して580万ドルの株式報酬を計上しましたが、これは非経常的なものと考えられます。非GAAPベースでは、当四半期の調整後EBITDAは、2020年同期の300万ドルの損失に対し、1,060万ドルの損失となりました。

この成長は、将来の成長を支えるために事業に再投資するための報酬関連費用が主な要因です。注記として、当社は調整後のEBITDAを当社の営業利益率を示す有用な指標と考えています。

当四半期は、17億ドルを超える利用可能な流動性、現金および市場性のある有価証券を保有しました。この流動性のうち約13億ドルは、新規株式公開時に調達した資金によるものです。

ジェイソンが冒頭で述べたように、当社は大きなアドレス可能な市場の表面をなぞっているに過ぎません。したがって、この機会を生かすための最善の方法は、当社の製品、技術、人材に投資することだと考えています。

次はガイダンスに移ります。プレスリリースにも記載しましたが、現時点での想定に基づき、2021年度第3四半期のガイダンスを以下の通りお知らせします。当四半期の純収益は、1億1,400万ドルから1億1,900万ドルの範囲になると予想しています。中間点では、前年同期比で38%の成長となります。

調整後EBITDAは、1,600万ドルのマイナスから1,300万ドルのマイナスの範囲としています。第2四半期は、予想を上回る好調な四半期でした。第3四半期のガイダンスは、デジタル・バンキングおよびBMPL分野の継続的な強さを反映しています。

第2四半期の純収益には、先ほど述べたように、納税シーズンの遅れによる一時的な利益が含まれていると考えています。この一時的な利益を第2四半期に反映させれば、2021年第3四半期の純収入は前四半期比で増加したことになります。第3四半期の純売上高のガイダンスの中間値は、2020年第3四半期の刺激から1年が経過するため、前年同期比で38%の成長となります。

当社は、短期的にも長期的な見通しにおいても、大口顧客と新興顧客の両方から得られる成長に引き続き非常に満足しています。さらに、調整後のEBITDA見通しには、主に製品および技術チームに人材を追加するための人員増員を考慮しています。

第4四半期のガイダンスは発表していませんが、補足説明をしておきます。これまでのところ、第4四半期には個人消費の増加によるプラスの動きが見られます。これは伝統的に、第4四半期のホリデーシーズンに向けて、デジタル・バンキングやBuy Now, Pay Later(今すぐ購入して後で支払う)といった分野で現れてきました。

また、例年であれば、旅行による経費管理部門の増加が見られます。しかし、COVIDパンデミックの影響で変化していることを考慮し、慎重に対応しています。以上のように、第2四半期は全体的に非常に好調であり、今後の四半期、お客様、そして最新のカード発行の機会について非常に楽観的に考えています。

それでは、質疑応答のために電話をオペレーターにお渡ししたいと思います。オペレーター?

 

質疑応答

Operator

ありがとうございます。これより質疑応答を行います。[最初の質問は、JPモルガンのTien-Tsin Huangさんです。

Tien-Tsin Huang

ありがとうございます。ありがとうございます。初めての公開電話会議、そして大きな成長にお祝いを申し上げます。全体的な業績は予想を楽に上回るものでした。今、皆さんが経験したように、多くの意見があることは承知しています。しかし、簡単にお聞きしたいのは、収益面では前四半期比で大幅に増加しました。一方、売上総利益は前四半期比でわずかに減少しました。この違いを一言で言うと何でしょうか?

Tripp Faix

Tien-Tsinさん、ご質問ありがとうございます。トップラインでは、3つの要因によって業績が向上しました。1つ目は、デジタル・バンキング分野が引き続き好調だったこと。2つ目は、BNPLが前年同期比350%の成長を遂げたことです。3つ目は経費管理で、前年比100%の成長を達成しました。これが最初の質問の答えです。では、次に売上総利益率についてお伺いします。

Tien-Tsin Huang

はい。いいえ、間違いありません。それから粗利の方は、ええ。

Tripp Faix

売上総利益の観点からまず申し上げますと、第3四半期の業績は、目標としていた40%から45%に沿ったものになると考えています。第1四半期は、ネットワークからの年間継続的なインセンティブ支払いにより、売上総利益率が2、3ポイント上昇しました。第2四半期には、ネットワーク料の増加がありました。ネットワーク手数料は、加盟店、MCCコード、取引の種類、カード・ノット・プレセントなどによって大きく異なります。当四半期は、ATMの台数が増加したことも指摘しておきます。しかし、ここでの最も重要なメッセージは、第3四半期の業績は、当社の長期目標である40%から45%に沿ったものになると考えているということだと思います。

Tien-Tsin Huang

了解しました。先ほどのニュアンスの違いから離れていくわけですね。いいえ、とても明確です。もしよろしければ、ジェイソンにもうひとつ簡単なフォローをお願いします。Buy Now, Pay Laterの収益が350%という驚くべき統計を聞きました。私はそれを正しく理解するために、何度も読み直さなければなりませんでした。しかし、ジェイソンさんにとっては、多くのユースケースが成功しているのではないでしょうか?今すぐ購入」「後払い」についてのお考えをお聞かせください。また、Squareの「後払い」の組み合わせがMarqetaにとってどのような意味を持つのかについてもお聞かせください。ありがとうございます。

Jason Gardner

ご指摘の通り、当社のプラットフォームでは、Buy Now, Pay Laterが人気を博しており、この分野の売上は2020年の比較四半期から350%増加しています。SquareとAfterpayは、どちらも創業者が率いる企業で、美しい顧客体験を提供しています。これは、Buy Now, Pay Laterが非常に人気のある決済方法であることを示していますが、私たちはこのような決済方法が今後も普及すると信じています。忘れてはならないのは、Klarna、Affirm、SezleもMarqetaの顧客だということです。今回の取引は、金融サービスのバリューチェーンのあらゆる部分が破壊される可能性があることを端的に示しており、現代のカード発行のリーダーである当社の強みを発揮していると思います。

ヨーロッパでは、Klarna社が「Buy Now, Pay Later」を開始したのを見ました。また、米国でサポートしているAfterpayやオーストラリア、ニュージーランドでサポートしているAffirmも成長し続けています。このように、Marqetaの顧客であるAfterpayとSquareが一緒になったことは非常に重要です。また、Buy Now, Pay Later(今すぐ購入して後で支払う)の分野では、引き続き成長が見込まれます。

Tien-Tsin Huang

いい話ですね。ありがとうございました。

Operator

次の質問は、キーバンクのジョシュ・ベックさんです。どうぞよろしくお願いします。

Josh Beck

質問をお受けいただきありがとうございます。また、新規公開企業としてのスタートを祝福いたします。Googleの発表についてですが、これは非常に注目を集める勝利です。彼らは本当に素晴らしい社内リソースを持っています。このビジネスには他にも多くの企業が入札していたと思います。その中で、御社の差別化につながり、御社を選んだ企業と企業の双方に利益をもたらすことができたと思われる点を教えてください。

Jason Gardner

はい、ありがとうございます。まず、現代のカード発行においては、市場で最高のツールを使用するという彼らの信念、パートナーシップ、テクノロジー、そして経験が最も重要だと思います。おっしゃる通り、Googleは世界中のカード発行や処理を行うすべての人と話をしていますが、彼らにとっては、Marqetaと当社の技術、そして当社の方向性に対する信頼が最も重要でした。私たちのプラットフォームは、世界で最も革新的な企業が、ゲームを変えるような製品を大規模に実行するのを支援できるように設計されています。そしてGoogleは、そのためにMarqetaを選んだのです。Googleと一緒に構築した製品は、新しいバーチャルなGoogle Payバランスカードを提供しています。ユーザーは、モバイルウォレットであるGoogle Payウォレットに組み込まれた仮想カードを使って、Google Pay残高を簡単に利用することができます。現在では、特に米国内で多くの加盟店がカードを受け入れています。

これにより、エコシステム全体が大きく広がります。追い風になっているのは、おサイフケータイでの非接触型決済で、COVID-19の停止期間中に急増し、消費者は物理的なカードによる現金払いからおサイフケータイへと大きく移行しました。例えば、私の母はいつもGoogle Payを使っていますが、これはその良い例です。彼女はテクノロジーを受け入れる上での模範的存在です。Marqetaは、企業がトークン化されたカードをモバイル・ウォレットに即座に提供できるようにした最初の企業のひとつです。Marqetaは、トークン化されたカードをモバイル・ウォレットに即座に提供することを可能にした最初の企業のひとつです。ですから、Googleと協力してこの製品を市場に投入できることを大変光栄に思います。

Josh Beck

おめでとうございます。そして、トリップにフォローアップをお願いします。当四半期で特に好調だった業種について、非常に有益な情報を提供していただきました。オンデマンド・デリバリーに関するコメントもありましたね。下半期と第3四半期の見通しを立てるにあたり、高レベルの情報を教えてください。それぞれの分野で注意すべき点や、流れの違いなどがあれば教えてください。

Tripp Faix

その通りです。当社の第3四半期のガイダンスは、デジタル・バンキングとBNPLの各分野が引き続き好調であることを反映しています。第3四半期の純売上高は、前年同期比38%増の中間値を見込んでいます。また、第4四半期のガイダンスを発表しないことをお伝えしましたが、追加情報を提供したいと思います。歴史的に見て、第4四半期は個人消費の増加によってプラスの効果が得られています。あなたは、オンデマンド配信について非常に具体的に質問されました。オンデマンド・デリバリーには若干の弱さが見られます。しかし、このプラットフォームは引き続き高い水準にあることも強調しておきたいと思います。これは、彼らが我々のプラットフォームを通じて提供しているサービスの証であると考えています。

Josh Beck

おめでとうございます。チームに感謝します。

Tripp Faix

ありがとうございました。

Operator

次の質問は、バークレイズのラムジー・エル・アッサルさんです。どうぞお進みください。

Ramsey El-Assal

私の質問にお答えいただきありがとうございます。第3四半期のガイドには、タックスシーズンの刺激的なタイミングなど、多くの動きがあります。これらの動きについて、もう一度おさらいしていただけますか?また、第3四半期に向けての見通しについてもコメントをお願いします。つまり、通常の年と比較して、これまでのビジネスと同じような収益の見通しが立っていると感じていますか?

Jason Gardner

ありがとう、ラムジー。この質問はいくつかに分かれていますので、いろいろな角度から考えてみたいと思います。税務申告期限が4月15日から5月17日へと第2四半期にずれ込んだことが功を奏したと考えています。この申告遅延の影響により、支出が第2四半期に多くシフトしたと考えています。この効果を除いて第2四半期を標準化すると、純売上高の成長率は60%台後半から60%台半ばになると考えています。これをプロフォーマ・ベースのミッドポイントガイド116.5と比較すると、前四半期比で増加していることになります。第3四半期の見通しについて少しお話がありましたが、皆さんはどのように考えていますか?2020年第3四半期からの景気刺激策の支払いが遅れていることは、誰もが気にしていることだと思います。しかし、私たちは、前年同期比で38%の成長という中間値のガイドを非常によく感じています。繰り返しになりますが、これはデジタル・バンキングとBNPL事業の強化に支えられています。

Ramsey El-Assal

わかりました。1つだけ補足します。最近、ダービン修正条項における小規模銀行の除外規定の耐久性や、MarqetaのようなFintech企業が小規模銀行を経由して発行し、規制のないインターチェンジを獲得できるかどうかについて、多くの議論がなされています。今後、何か変化があると思いますか?さらに重要なのは、もし変化があるとしたら、その変化をどのように乗り越えるかということだと思います。

Tripp Faix

その点については私が説明します。

Jason Gardner

はい、ここからは私が入りますよ、トリップさん。ジョシュ、ダービン修正条項に関しては、当面は何も変わらないと考えています。我々はそれを注視しています。ダービン修正条項は、小規模なコミュニティバンクを保護し、消費者を守るために導入されたものです。このような変更は、業界にとって非常に大きな意味を持ちます。しかし、繰り返しになりますが、私たちはこの問題に目を光らせています。私たちは、[Indiscernible]のような数多くの規制や、業界で起こっているその他のことに目を光らせています。とはいえ、当社は米国外で健全かつ成長しているビジネスを展開していますが、それは純粋にインターチェンジに依存したものではありません。これは、純粋にインターチェンジだけを目的としたものではなく、当社が構築に成功した別のビジネスモデルです。これはヨーロッパでも、オーストラリアでも同じです。ニュージーランドでもそうです。ですから、数年後にダービンの状況が変わり始めたとしても、成長を維持できるようにビジネスモデルをどのように変えていくかについては、非常に慎重に考えています。

Ramsey El-Assal

とても参考になるコメントです。ありがとうございました。

Operator

次の質問は、ウルフ・リサーチのダレン・ケラーさんです。

ダレン・ケラー

お待たせしました。第1四半期は売上面で好調だったようですが、おめでとうございます。第1四半期の売上高は好調でしたが、その内訳は?

Jason Gardner

ありがとうございます。

Darren Keller

ありがとうございます。貴社の成長率を見ると、10-QではSquareが70%台前半でしたね。全体的な収益の伸びは明らかに大口顧客の業績を上回っていますが、あなたがおっしゃったように、ビジネスの多様化によって他の種類のサービスが拡大したことが原因だと思います。今すぐ購入、後払いは、ネオバンク、デジタルバンクのひとつです。もう一度、Buy Now, Pay Later分野での差別化について、あるいは収益の中核をなすものを超えて、技術面での差別化について少し触れていただけますか。Marqetaはオンデマンド配信やBuy Now, Pay Laterといった分野でよく知られていますが、そこでどのようにして勝利を収めているのかを説明していただけますか?

Jason Gardner

プラットフォームに参加しているAffirm、Klarna、Afterpay、Sezleなどの企業を見てみると、彼らは本当に体験を重視しています。彼らは1つの製品を作るのではなく、我々のプラットフォーム上で複数の製品を作っています。私これが第一のポイントだと思います。2つ目は、複数の地域での活動です。私たちは、異なる規制環境だけでなく、異なる技術環境、異なる運用環境の中でどのように活動するかを知っています。私たちには11年以上の経験があります。ロードショーでも話しましたが、最初に構築したように、このことについても話しました。商取引の破壊者といえば、Buy Now Pay Later(BNPL)がすぐに思い浮かびます。私たちの目標は、常に1つの分野を支配することでした。参入して勝者を増やし、経験を積んで、これらのビジネスを大規模に運営する方法を知る。だからこそ、前年比350%という驚異的な成長が見られ、この分野でのさらなる成長を期待しているのです。しかし、彼らは単にMarqetaを選んだのです。私たちはスマートな取引をします。私たちの顧客はスマートな取引を行います。私たちは、お客様とのつながりを重視し、イノベーションをリードし、私たちのプラットフォームに関連した結果を提供します。

Darren Keller

了解しました。そうですね。また、追加の質問として、これまで行ってきた事業の拡大についてもお聞きしたいと思います。ここ2、3四半期のことだったと思います。また、銀行との提携も進んでいるようです。主にクレジットカードの分野でのビジネスチャンスと、その進捗状況についてお聞かせください。ご協力ありがとうございました。

Jason Gardner

はい。これについては公に話しました。Deserve社との提携を発表しました。Deserve社との提携を発表しましたが、すでに1社のお客様がこのプラットフォームを使用してテストを行っており、これを大幅に拡大したいと考えています。米国では、消費者の50%がクレジットを利用しています。米国以外でも、ヨーロッパや世界最大のクレジットカード市場のひとつであるアジアでは、今後数年のうちにクレジットが拡大することがわかっています。消費者がより多くのクレジットを求めていることも知っています。だからこそ、私たちはこれまでとはまったく異なる方法で事業を展開しようと考えました。消費者や企業にとって、より良い体験をしてもらいたいと思いました。APIの約束のように、私たちがビジネスを始めたときの約束のように、業界全体を破壊したり、大規模な問題を解決したりするカードを作ることができるようにしたかったのです。銀行が提供する他のカードと同じようなカードでは、それができませんでした。そこで私たちは、クレジットについても同じように考えました。

未来のクレジットカードとはどのようなものか、そしてそれをどのようにして作ることができるのか。そのため、Marqetaにはかなり大規模なチームがあり、この製品に注力しています。この製品は今後数四半期のうちに拡大すると思いますので、その際にはまたお知らせします。しかし、クレジットについては大いに期待しています。また、発行や処理だけでなく、カード商品やそれに付随する処理、多くのツールや物事、特にプログラム管理など、他にも様々な分野があります。これからも、たくさんの話をしていきたいと思います。

Darren Keller

そうですね。私たちも楽しみにしています。ありがとうジェイソン、ありがとうトリップ。

Jason Gardner

ありがとうございました。

Operator

次の質問は、シティのAshwin Shirvaikarさんです。

Ashwin Shirvaikar

皆さん、こんにちは。公開企業としての幸先のよいスタート、おめでとうございます。

Jason Gardner

ありがとうございます。

Ashwin Shirvaikar

スクエアについてお聞きしたいと思います。スクエアのために新たな仕事をする場合、それは必ずしも既存の契約のどれかに該当するのでしょうか?もしそうであれば、Square社の視点から見て、すでに高い基準値が設定されていることによる恩恵を受けることができるでしょうか。もちろん、私は顧客の秘密を理解しています。質問の2番目の部分は、概念的に理解しようとしているので、遺伝的な答えで構いませんか?

Jason Gardner

そうですね、Squareにはいくつかの製品があります。Squareは、現代のカード発行の輝かしい模範であると話してきました。Squareは、キャッシュカードをはじめとして、お客さまに美しい成果をもたらす方法を、そのDNAの中で真に理解しています。そして2つ目は、マーチャント側のSquareカードです。スクエア・バンキング・サービスは、貯蓄、融資、スクエア・チェッキングといった、より健全なサービスを提供するものであり、当社は複数の部分をサポートしています。我々はSquareチェックを強化しています。Squareデビットカードの口座やルーティング番号、FDIC保険についても説明しました。

繰り返しになりますが、企業は我々のAPIを使って金融問題を大規模に解決しています。もちろん、私たちはそれを歓迎しています。私たちは、お客様が私たちのプラットフォーム上でより多くの製品を構築することを歓迎します。これは、私たちがお客様とつながり、市場に参入する方法の一部である、素晴らしい水平方向のアプローチを生み出します。そして、お客様には成長を続けていただきたいと思っています。だからこそ、彼らの成功に応じてボリュームゾーンを増やしていきたいと考えています。確かに、スクウェアの成功は我々の成功であり、彼らにはこれからもそうしてもらいたい。

Ashwin Shirvaikar

了解しました。分かりました。それから、これは申し訳ないのですが、第2四半期と第4四半期の売上高を比較してみてください。第2四半期、第4四半期の解説では、次の2、3四半期を考えたときの、いわば落ち込みについて、あまり明確ではありませんでした。主に注意が必要なのでしょうか?つまり、税金については理解しています。税務上の問題はわかりますが、それ以外に何か注意すべき点はありますか?また、現在の業績を見ると、デルタ変数などの影響が出ているのでしょうか?

Jason Gardner

私たちが話したことは、すべて......トリップから始めて、あなたに引き継ぎます。

Tripp Faix

はい。

Jason Gardner

私たちが話したことは、すべてガイダンスに反映させています。私たちは、まだ表面をなぞっているだけだと思っています。当社の処理能力は600億ドルです。また、米国だけでも6兆ドルのカード取扱高があります。それでは、まず私からトリップに話を移します。

Tripp Faix

アシュウィン:第3四半期のガイダンスには、デジタル・バンキングとBNPLの分野での強みが反映されています。ODDには若干の弱さが見られると述べましたが、当社のプラットフォームでは引き続き非常に高いレベルを維持しています。純収益の前年同期比38%の成長は、当社のガイダンスの中間点です。そして、2020年に向けて第3四半期の景気刺激策を講じています。このように、私たちは引き続き慎重に行動します。また、新規公開企業として慎重に行動していきたいと思います。

Ashwin Shirvaikar

わかりました。分かりました。ありがとうございました。

Operator

次の質問は、ウィリアム・ブレアのボブ・ナポリさんです。

ボブ・ナポリ

ありがとうございます。第1四半期の電話会議でIPOが成功し、出だしから好調な数字が出たことにお祝いの言葉を述べさせてください。

Jason Gardner

ありがとうございます。

Bob Napoli

ジェイソン、あなたが指摘したように、アメリカだけでなく海外にも大きなチャンスがあると思います。ビジネスの2%程度だと思います。しかし、海外にも多くのお客様がいらっしゃいます。海外のお客様の成長について、成長のタイミングについてお考えをお聞かせください。海外のお客様をビジネスの大きな部分を占めるようにするには、何が必要でしょうか?APACまたはEMEAでAWSのシニアエグゼクティブを採用したばかりですが、これも戦略の一環でしょうか?

Jason Gardner

戦略の一環として、Darrenを採用したのですが、彼の10年以上にわたるAWSでの経験と、それをEMEA全体、特に国際的に強力なビジネスとして構築することが非常に重要です。まずはこの話から始めたいと思います。現代のカード発行は、確かに町、都市、国、大陸に至るまで世界的な現象であり、オンラインであれオフラインであれ、顧客が決済カードを受け入れる能力は世界中で成長し続けています。私たちは、この状況にまったく変化はないと考えています。それどころか、現金を大幅に減らすことができるので、むしろ増えていくと思われます。これは特に国際的なもので、Marqetaにとって将来的に大きなチャンスとなります。

当社のビジネスは昔からグローバルなものでした。世界で取引可能なすべての国で取引を行ってきました。また、先ほど述べたように、現金からカードへの移行、そしてカードからモバイルへの移行は、本当に世界的な現象です。ですから、新しい市場に参入するのは、それが意味のあることだと考えています。当社の長期的な戦略に合致していること、既存のお客様とその拡大計画をサポートできること、現地で強力なビジネスを構築するための条件が整っていること、これらの成果を達成するために優秀な人材を採用できることなどです。そして、当社の国際的な計画は、部分的にはお客様によって推進されています。オーストラリアのDoorDash、カナダのInstacart、オーストラリアのKlarna。アメリカ、カナダ、ヨーロッパではAfterpay、EUではUberを展開しています。

ロードショーでは、米国外からの売上はわずか2%とお話ししましたが、世界には30兆ドルのカード発行機会があります。また、現在の発行枚数の多くは、レガシーなプラットフォームから最新のプラットフォームに移行していると考えています。そのため、海外市場での成長は非常に大きいと考えています。ご質問の一部に「何が必要か?どの国も違います。国ごとにネットワークも違えば、お金の動き方もルールも違います。また、消費者のデータ、PII(個人を特定できる情報)の管理方法も異なります。ですから、海外に進出する際には、その方法について十分に検討し、慎重に対応しています。そして当然のことながら、その国で素晴らしいビジネスを構築し、世界を移動するお客様をサポートできるようにしたいと考えています。

Bob Napoli

ありがとうございます。ありがとうございました。JPモルガン、ゴールドマン、マーカス、そして明らかにネオバンクと呼ばれる銀行は、Squareと非常によく連携していますよね。他にもたくさんのネオバンクがありますが、その中には御社が持っているものもあれば、現在持っていないものもたくさんあります。この分野では多くの新しいスタートアップが存在しています。そこで、大規模な銀行の分野について考えてみたいと思います。また、Square以外のネオバンクにもチャンスがあるのではないでしょうか。Squareとの契約で、他の特定のネオバンクや他の特定の銀行との連携を禁止するようなことはありますか?

Jason Gardner

契約上、ビジネスを拡大することを妨げるものはありません。そうですね。デジタル・バンキングの分野は、Marqetaにとって大きな分野です。私たちは、この分野に非常に力を入れています。デジタル・バンキングやネオバンキングなど、どのようなレッテルを貼っても、大きな破壊力を持っています。ジェイミー・ダイモンがネオバンクやデジタルバンクによる破壊について語っているのを見たことがあります。また、Square社のように、当社が開発したキャッシュアプリやカード、そして当社のプラットフォーム上に構築されたその他の製品が成長していると聞いています。

このように、私たちはビジネスとして非常に目的を持っています。商取引の破壊者の獲得に着手しました。そして、デジタルバンクを開拓しました。JPモルガン・チェースやマーカス、ゴールドマン・サックスのような大手ハイテク企業も対象にしていますが、これはLFI(大規模金融機関)に参入するためです。これらの大規模な金融機関は、現在の取引量の大部分を占めています。これらの大手金融機関は、近代化を目指しています。オンプレミスからクラウドへの移行を目指しています。つまり、オンプレミスで管理されているハードウェアをクラウドに移行するということです。これが私たちのビジネスの核心です。そして、それは私たちが未来について考える方法でもあります。すべてがクラウドに移行しつつあることは承知しています。また、大手金融機関が新しいプラットフォーム上で構築したいと考えていることも知っています。クラウドを利用することで、総所有コストを削減できるだけでなく、これまでよりもはるかに早く新製品を構築し、市場に投入することができます。

つまり、商取引の破壊者、デジタルバンク、大手ハイテク企業、そして多くの大手ハイテク企業が何らかの形で金融機関になりたいと考えていると考えています。そして大規模な金融機関は既存の金融機関で、私たちは既存のビジネスを成長させるだけでなく、これらの特定のランドスケープの中でビジネスを拡大する方法について、非常に明確で緻密な戦略を持っています。

Bob Napoli

ありがとうございます。とても参考になりました。

Operator

皆様、Q&Aセッションを終了します。質問は1つだけにしてください。次の質問は、アノニマスクレイグ・ムーアさんです。どうぞお進みください。

Craig Moore

はい、こんにちは。私の質問を受けてくださってありがとうございます。簡潔に説明しますね。Square社によるAfterpay社の買収によって、Square社との契約に重大な、あるいは不利な変更条項が発生し、再交渉のスケジュールがより積極的になる可能性はありますか?ありがとうございます。

Jason Gardner

ありがとうございます。SquareとAfterpayの両社は、それぞれのビジネスに当社のプラットフォームの複数の部分を利用しています。また、Afterpayは、当社のプラットフォームを利用しているお客様の中で、取引量がトップ5に入っていません。したがって、この組み合わせが動くことはないと考えています。集中リスクがあると、再交渉などのきっかけになります。また、両社はMarqeta社と2024年までの長期契約を結んでいます。

Craig Moore

わかりました。とても参考になりました。ありがとうございました。

Jason Gardner

どういたしまして。

Operator

次の質問は、みずほのDan Dolevさんです。

Dan Dolev

お待たせしました。私の質問に答えてくださってありがとうございます。利回りが前四半期比で1ポイントほど改善したのは良かったですね。しかし、重要な論点は、スクエアと非スクエアの利回りがどうなっているかということで、明らかに2020年に劇的に低下しました。そこで、何が起こっているのか、もう少し理解できるようにしていただけないでしょうか。その原動力は何なのか。また、何が起こっているのかをもう少し正確に説明していただけないでしょうか。よろしくお願いします。ありがとうございました。

Tripp Faix

喜んでお受けします。スクエア以外のポートフォリオについて、いくつか誤った情報があったようなので、その点を明確にしたいと思います。第一に、ポートフォリオは非常に多様です。オンデマンド・デリバリー、Buy Now, Pay Later、経費管理、Eコマース・イネーブルメントなどが含まれています。第二に、これらの分野の売上高は四半期ごとに変動します。当社は使用量ベースのビジネスです。3つ目は、お客様に提供するサービスが異なる場合があり、消費者向けと商業向けではCOG構造が異なる場合があることです。スクエア以外の一部のプログラムでは、TPVが急激に増加しました。

Qでは、トップ5以外のプログラムが265%成長したことを強調していますが、これは素晴らしいことです。これは、当社のプラットフォームを証明するものです。私たちは、売上総利益のドル成長を絶対に目指しています。その理由は?それは、増加したドル数や取引を処理するための限界コストが減少するからです。以上、ポートフォリオについてご説明しましたが、いかがでしたか?

Dan Dolev

そうですね。いや、そうですね。つまり、私は実際に具体的なデータを求めていたのですが、あなたが何を言いたいのかは理解できました。ありがとうございました。

Tripp Faix

ありがとうございました。

Operator

次の質問は、トゥルーストのアンドリュー・ジェフリーさんです。

Andrew Jeffrey

質問を受けてくださってありがとうございます。ジェイソンさん、トリップさん、お二人のことをもっとよく知りたいと思っています。市場で注目されていることのひとつにネットワーク接続性があり、これは他社との差別化を図る上で重要なポイントだと思います。特にBNPLや、この分野で最近行われた取引に関連して、発見について少し話していただけますか。また、他に追加したいネットワークがあるかどうか、そして一般的に、世界的な成長の野望を推進するために、世界的に十分なネットワーク接続性があるとお考えですか?

Jason Gardner

はい、始めます。つまり、VisaとMasterCardは全世界を網羅しています。オンラインでもオフラインでもカード決済を行いたい加盟店は、VisaとMasterCardに対応しています。そうは言っても、実は私たちは何年も前からDiscoverと仕事をしてきました。このDiscoverは当社の最初のネットワークでした。最初に立ち上げたネットワークがDiscoverでした。設立当初にクレジットカードを作っただけでなく、Facebookカードを含む最初のお客様もDiscoverネットワークを利用していました。世界中をカバーしているかどうかというご質問ですが、カバーしています。しかし、すべての国で営業する権限はありません。VisaとMasterCardの両方でサポートを受けるためには多くの作業が必要ですが、特定の国で業務を行うための銀行については、その計画を持っています。現在は36カ国で展開しており、成長を続けています。しかし、ディスカバーについては、長期的な関係を築いてきました。しかし、当社のビジネスを拡大するだけでなく、世界を網羅するためには、彼らは必要ありません。

Andrew Jeffrey

ありがとうございました。ありがとうございました。

Jason Gardner

どういたしまして。

Operator

それでは、最後にジェイソン・ガードナーさんにご挨拶をお願いします。

Jason Gardner

この電話に参加してくださった皆さん、そしてMarqetaに興味を持ってくださった皆さん、ありがとうございました。残りの夏をお楽しみください。健康でいてください。そしてトリップと私は、次の四半期に皆さんとお話しできることを楽しみにしています。ありがとうございました。

Operator

以上で本日の電話会議を終了します。この時点で回線を切断していただいて結構です。ご参加いただきありがとうございました。

 

🌟まとめ

・BNPLを含め、今後に期待できるストーリーで、個人的にもすごく好きです。

・EPSはmissしましたが、今後の決算に期待したいと思います。

・決算のmissで株価が下がっていますが、PSRは意外とまだ高め。

f:id:reostock:20210814224619p:plain

2021/8/14時点

 

$RPRX Q2決算

reostock.hatenablog.com

 

○CEOコメント

ロイヤルティファルマの創業者であり最高経営責任者のパブロ・レゴレッタは、「1年余り前の株式公開以来、総額47億ドルの買収を発表してきましたが、これは当社のビジネスモデルの強さと、急成長するバイオファーマのロイヤリティ・ファンディング市場におけるリーダーとしての地位を証明するものです。「これは、当社の資金調達能力の幅広さを示すものであり、M&Aにおいてロイヤリティ・ファーマが果たすことのできるユニークな役割の一例です。また、革新的なアプローチでバランスシートを強化するために、初のソーシャルボンドを含む13億ドルの債券を発行しました。最後に、当社は2021年第2四半期に堅実な財務実績を上げ、通期の財務見通しを上方修正できることを嬉しく思います」とのこと。

○財務ハイライト

・2021年第2四半期のGAAPベースの業績は、強力な営業キャッシュフローを実証

・営業活動によるキャッシュ・フローは5億3,200万ドルに増加、投資活動によるキャッシュ・フローは1億2,600万ドルに増加、財務活動によるキャッシュ・フローは2億2,400万ドルに減少しました。
・収入その他の収益合計は、主に新たに取得した資産により、9%増の5億5,500万ドルとなりました。
・2021年第2四半期の非GAAPベースの財務結果は、ビジネスの継続的な勢いを示している

・ACRは、CFフランチャイズのロイヤルティ収入(前年比15%増)、Biohaven社への支払い、ロイヤルティの獲得により、3%増の4億7500万ドルとなり、成熟した製品のロイヤルティ満了により一部相殺されました。
・ACFは、90.2%のマージンを反映し、16%増の429百万ドルとなりました。
・革新的なMorphoSys社の買収により、ポートフォリオに6つのキャッシュフローの可能性が加わる

・Tremfyaのロイヤリティ、アルツハイマー病のGantenerumabを含む魅力的な開発段階の治療薬の4つのロイヤリティ、および開発資金債により、ポートフォリオのさらなる拡大と多様化を実現。
・2021年の財務ガイダンスの引き上げ

・ロイヤリティ・ファーマ社は現在、本リリースの日付以降に発表された新規取引を除き、2021年通期のACRを20億8,000万ドルから21億2,000万ドルと予想しています。
・最近のロイヤリティ取引と、第3四半期のソリカに関連する37百万ドルの純支払額を反映。

 

○各薬剤について

<Cystic fibrosis franchise>

バーテックスの嚢胞性線維症フランチャイズ(Kalydeco、Orkambi、Symdeko/Symkevi、Trikafta/Kaftrioなど、嚢胞性線維症の原因となる特定の変異を有する患者に対して承認されている製品)からのロイヤルティ収入は、2021年第2四半期に1億5,600万ドルとなり、2020年同期と比較して15%増加しました。この増加は、米国でのTrikaftaおよび欧州でのKaftrioの継続的な使用により、嚢胞性線維症フランチャイズ全体の売上が増加したことによるものです。

2021年6月、Vertex社は、嚢胞性線維症の膜貫通コンダクタンスレギュレーター(CFTR)遺伝子に少なくとも1つのF508del変異があるか、またはin vitroのデータに基づいて反応するCFTR遺伝子の変異がある6歳から11歳までの小児にTrikaftaの使用を拡大するための補完的新薬申請(sNDA)がFDAに承認されたことを発表しました。また、Vertex社は、6~11歳の小児に対するKaftrioの使用について、EMAに承認申請を行っています。

<Tysabri>

バイオジェン社が多発性硬化症の治療薬として販売しているTysabriからのロイヤルティ収入は、2021年第2四半期に9,200万ドルと、2020年の同時期と比べて比較的横ばいでした。Tysabriの患者数は増加しましたが、売上高は、主に2020年同期の出荷日数の増加とイタリアでの価格調整の影響により減少しました。

2021年4月、バイオジェン社は、再発性多発性硬化症の治療薬である「Tysabri」の皮下注射剤の販売承認を欧州委員会が取得したと発表しました。また、バイオジェン社は、「Tysabri」皮下注射剤の生物学的製剤承認申請(sBLA)について、FDAからComplete Response Letter(CRL)を受領したことを発表しました。このCRLは、バイオジェン社が提出した申請をFDAが承認できないことを示しています。バイオジェン社は、このCRLを評価しており、米国での次のステップを決定すると述べています。

<Imbruvica>

アッヴィとジョンソン・エンド・ジョンソンが血液がんおよび慢性移植片対宿主病の治療薬として販売しているイムブルビカのロイヤリティ収入は、2021年第2四半期に8,700万ドルとなり、2020年同期に比べて7%増加しました。これは主に、慢性リンパ性白血病患者への継続的な浸透と持続性の向上によるものですが、COVID-19のパンデミックによる新規患者の開始数の減少や、2020年同期のCOVID-19の在庫調整による利益の影響で一部相殺されました。

2021年6月、慢性リンパ性白血病(CLL)および小リンパ性リンパ腫(SLL)のファーストライン治療として、イムブルビカとベネトクラクスを併用した第3相GLOW試験の結果が発表され、CLLのファーストライン治療としてのクロラムブシル+オビヌツズマブと比較して、優れた無増悪生存期間が示されました。また、本試験では、寛解期間の改善と寛解深度の有意な改善が認められました。AbbVie社は、2022年に承認が得られる可能性を示唆しています。

<Januvia, Janumet, Other DPP-IVs>

メルク社が販売するジャヌビアとジャヌメットを含む2型糖尿病向けDPP-IVsからのロイヤリティ収入は、2021年第2四半期に39百万ドルとなり、2020年同期に比べて13%増加しました。

<Xtandi>

ファイザーアステラス製薬前立腺がんの治療薬として販売しているXtandiからのロイヤルティ収入は、様々な前立腺がんの適応症における需要により、2021年第2四半期に3,600万ドルとなり、2020年同期に比べて5%増加しました。

2021年5月、アステラス製薬ファイザー社は、転移性ホルモン感受性前立腺がん患者の治療薬として、欧州委員会(EC)からXtandiが承認されたことを発表しました。

<Promacta>

ノバルティス社が慢性免疫性血小板減少性紫斑病(ITP)および再生不良性貧血の治療薬として販売しているPromactaのロイヤルティ収入は、2021年第2四半期に3,200万ドルとなり、2020年の同時期と比べて21%増加しました。成長の要因は、ITPでの使用が増加したことと、米国で重症再生不良性貧血の第一選択薬としての採用が進んだことです。

HIV franchise>

Biktarvy、Genvoya、Truvadaなど、ギリアド社が販売するエムトリシタビンを含む製品を基盤とするHIVフランチャイズからのロイヤリティ収入は、2021年第2四半期に29百万ドルとなり、2020年同期と比較して56%減少しました。この減少は、2020年10月の米国における独占権の喪失に伴い、TruvadaおよびAtriplaの販売数量が減少したことに加え、米国におけるエムトリシタビンに起因する併用療法の売上の割合が低下したことによるものです。

<Nurtec ODT>

バイオヘブン社が片頭痛の急性期治療および予防のために販売しているヌルテックODTからのロイヤルティ収入は、2021年第2四半期に100万ドルでした。また、2020年2月にNurtec ODTが承認された結果、シリーズA優先株式に関連してバイオヘイブン社から受け取る16回連続の四半期支払いの2回目となる1,600万ドルの固定支払いを2021年第2四半期にロイヤルティファーマ社が受け取りました。

2021年5月、バイオヘブン社は、FDAがヌルテックODTを「月の頭痛日数が15日未満の成人患者における片頭痛の予防的治療」として承認したことを発表しました。また、承認された製品ラベルは、ヌルテックODTを月に18回まで使用できるように拡大され、同一患者で急性期治療と予防治療の両方を行うことが可能になりました。今回の承認は、305試験および長期非盲検安全性試験(201試験)のデータに基づいています。

<Cabometyx/Cometriq>

エクセリクシス、イプセン武田薬品が販売しているCabometyx/Cometriqからのロイヤリティ収入は、進行性腎細胞がん患者の第一選択薬としてオプジーボと併用したCabometyxの普及により、2021年第2四半期に1,000万ドルとなりました。ロイヤリティ・ファーマ社は、2021年3月にCabometyx/Cometriqのロイヤリティ権を取得しました。

<Trodelvy>

ギリアド社が転移性トリプルネガティブ乳がんおよび転移性尿路上皮がんの治療薬として販売しているトロデルビーからのロイヤルティ収入は、2021年第2四半期に300万ドルでした。

2021年6月、ギリアド社はASCENT試験(第3相試験)において、転移性トリプルネガティブ乳がんセカンドライン治療において、標準治療に対する優れた成果を発表しました。トロデルビーは、新たなASCENTサブグループ解析において、セカンドライン治療として全生存期間を2倍以上に延長しました。
2021年4月、ギリアド社は、切除不能な局所進行性または転移性のトリプルネガティブ乳がん(TNBC)の成人患者で、2種類以上の全身療法の前治療を受け、そのうち少なくとも1種類は転移性疾患に対する治療を受けた患者を対象に、FDAトロデルビーを完全に承認したと発表しました。今回の承認は、第3相試験であるASCENT試験のデータによって裏付けられています。
2021年4月、ギリアド社は、プラチナを含む化学療法およびプログラムされた死の受容体1(PD-1)またはプログラムされた死のリガンド1(PD-L1)阻害剤の投与を受けたことのある局所進行性または転移性尿路上皮がんの成人患者に対するトロデルビーの使用について、FDAが加速承認したことを発表しました。今回の早期承認は、国際共同第2相単群試験であるTROPHY試験のデータに基づいています。
<Evrysdi>

ロシュ社が生後2カ月以上の成人および小児の脊髄性筋萎縮症(SMA)の治療薬として販売しているEvrysdiのロイヤルティ収入は、2021年第2四半期に300万ドルとなりましたが、SMAのすべての患者タイプで取り込みが観察されました。

<Oxlumo>
2021年7月、アルナイラム社は、進行性の腎機能低下を伴う進行性原発性高シュウ酸尿症1型(PH1)の全年齢の患者を対象としたルマシランの第3相非盲検試験ILLUMINATE-Cの結果を発表しました。6ヵ月後の主要解析結果では、血液透析を受けている患者を含む進行性疾患の患者(n=21)において、血漿シュウ酸塩がベースラインから大幅に減少したことが示されました。また、6ヶ月間の投与後のルマシランの安全性および忍容性プロファイルは、すべての年齢層において良好であり、薬物関連の重篤な有害事象(SAE)はなく、最も多い有害事象(AE)は注射部位反応(ISR)でした。これらの結果に基づき、アルナイラム社は、2021年後半に米国食品医薬品局(FDA)にlumasiranのsNDAを、欧州医薬品庁(EMA)にType II Variationを提出する予定であることを発表しました。

2021年4月、ロイヤリティ・ファーマ社は、Dicerna Pharmaceuticals社からOxlumo(lumasiran)のロイヤリティ権を、契約一時金1億8,000万ドル、売上に応じた偶発的なマイルストーン支払い最大6,000万ドルで取得したことを発表しました。Oxlumoは、原発性高オキサル尿症(PH)1型の治療薬としてFDAおよびEMAで承認されており、Alnylam Pharmaceuticals社が販売しています。

<Cabometyx>
2021年8月、Exelixis社は、前治療歴のある放射性ヨウ素不応性分化型甲状腺がん患者を対象としたCabometyxのsNDAがFDAに優先審査として受理され、PDUFA(Prescription Drug User Fee Act)のアクション・デートが2021年12月4日になったことを発表しました。

2021年6月、Exelixis社とIpsen社は、前治療歴のない進行性肝細胞癌HCC)患者を対象に、Cabometyxとatezolizumabの併用療法をSorafenibと比較して評価した第3相試験「COSMIC-312」の結果を発表しました。本試験では、予定していた主要解析で無増悪生存期間(PFS)の有意な改善が認められ、主要評価項目の1つを達成しました。しかし、2つ目の主要評価項目である全生存期間(OS)については、事前に設定した中間解析で統計的に有意ではありませんでした。Exelixis社は、予備的なOSデータに基づき、最終解析時に統計的に有意な結果が得られる可能性は低いと予想しています。OSの最終解析は、現時点では2022年初頭を予定しています。Exelixis社は、これらの結果を今後の医学会議で発表し、前治療歴のない進行性肝細胞癌患者に対する本併用療法の承認申請に向けた次のステップを決定するために、FDAと協議する予定であると発表しました。

2021年5月、Exelixis社は、転移性去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)患者を含む局所進行性または転移性固形癌患者を対象に、Cabometyxとatezolizumabの併用を評価する第1b相試験COSMIC-021のコホート6の結果を発表しました。高リスクの患者において、Cabometyxとatezolizumabの併用により、治験責任医師による評価で27%、盲検独立放射線委員会による評価で18%の客観的奏効率が得られました。Exelixis社は、今回の結果を米国FDAと協議し、高リスクの転移性CRPC患者の承認申請に向けた次のステップを決定する予定です。

<Orladeyo>

2021年4月、バイオクリスト社は、12歳以上のHAE患者における遺伝性血管性浮腫(HAE)発作の再発予防を効能・効果とするOrladeyoがECで承認されたことを発表しました。

 

 

・2021Q2 Financial Presentationより

f:id:reostock:20210814193805p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814194358p:plain

Q2

f:id:reostock:20210729150700p:plain

Q1

f:id:reostock:20210814194606p:plain

Q2


→ACR/ACFともに伸びています。若干鈍化しているのが心配ですが💨

f:id:reostock:20210814194016p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814194712p:plain

Q2

→ACRのガイダンスは引き上げられており、次回決算がどうなるかに期待です。

○個人的な今後の懸念

f:id:reostock:20210814204546p:plain

2021/05 Presentationより

f:id:reostock:20210814204819p:plain

Q2

HIV関連薬のパテントが切れるのは問題ないとして、2022年のDPP-4阻害薬(低血糖を起こしにくい経口血糖降下薬)のパテント切れは心配。罹患者の多い糖尿病の中で、日本でもよく処方されているジャヌビアが無くなるのは不安です(実際に2021Q2でもかなり売り上げに貢献している)💔

 

○以下、Earning callより

Pablo Legorreta

ジョージさん、ありがとうございます。

第2四半期において、ロイヤリティ・ファーマ社が当社の戦略に沿って順調に業績を伸ばしていることをご報告できることを嬉しく思います。独占権が失われたにもかかわらず、引き続き2桁の収益成長を達成しました。また、革新的な社債の発行を完了し、資本構造の強化と競争力の拡大に努めています。これらの強力なビジネスダイナミクスに基づき、2021年通年の調整後現金収入のガイダンスを再度引き上げます。

スライド7では、当社の財務状況をもう少し詳しくご紹介しています。第2四半期の調整後受取現金収入は3%増、調整後キャッシュフローは16%増で、それぞれトップラインとボトムラインと考えています。テリーが今年度のガイダンスを上方修正したことを説明してくれますが、事業の勢いが続いていることで、2021年にも好調な業績を達成することができると考えています。

スライド8は、2020年6月のIPO以降の成果を示したものです。これは、当社のビジネスモデルと競争力の強さを如実に表しており、特に誇りに思っています。わずか1年余りの間に、4つの治療カテゴリーと17の治療法にまたがる9つの取引で、47億ドルのロイヤルティ獲得を発表しました。一方で、トップラインの効率性をキャッシュに変換し、調整後キャッシュフローマージンは85%に達しました。また、ボトムラインは25%成長しました。これらのマイルストーンは、急速に成長するロイヤリティ・ファンディング市場における当社のマーケットリーダーとしての地位と、当社チームの革新的なアプローチを証明するものです。このプレゼンテーションをお聞きになれば、当社の長期的な持続的成長の見通しは引き続き素晴らしいものであることがお分かりいただけると思います。

以上をもって、ジムとマーシャルにロイヤルティ事業の最新情報を伝えたいと思います。

Jim Reddoch

パブロさん、皆さん、ありがとうございます。

スライド10にあるように、最近取得したロイヤルティの初期段階での進捗が好調です。最後のスライドで述べたように、当社はIPO以来、約47億ドルの資金を投入しました。しかし、もう少しさかのぼって2020年の初めまで見てみると、資本投下額は約53億ドルになります。右側の図は、当社が各ロイヤリティを取得してからの推移とコンセンサスの売上予測を示しています。当社のロイヤリティの基盤となる製品は、当社が目標とするリターンを達成するためにコンセンサスを上回る必要はありませんが、最近買収したロイヤリティのほとんどでコンセンサスがポジティブに推移しており、4つの治療法が買収時のコンセンサス予想を上回り、下回るものは1つだけであることに非常に勇気づけられました。

これらの買収はまだ始まったばかりですが、多くの製品は今後10年間に渡ってロイヤルティの増加が見込まれており、これらの傾向には大いに勇気づけられました。これは、深いデューデリジェンスと独自の競争優位性により、患者さんに重要かつ変化をもたらす可能性のある治療法を見出すという、ロイヤルティファーマの能力を物語っていると考えています。

スライド11は、当社のロイヤルティ契約による買収を、治療分野とロイヤルティ契約の種類別に分析したものです。昨年の初めからポートフォリオに加わった新しい治療法の約40%は希少疾患に対するもので、残りはがん、免疫、神経の分野に分かれています。いずれもアンメットニーズの高い領域を対象としています。

忘れてはならないのは、当社のビジネスモデルの強みは、治療分野にとらわれず、個々の案件を評価することであり、画期的な医療イノベーションが起きている分野に素早く焦点を当てることができることです。当社のロイヤリティ買収をタイプ別に見ると、約3分の2が既存のロイヤリティ、3分の1が新たに創出された合成ロイヤリティとなっています。MorphoSysの買収を通じて、それぞれのカテゴリーの大部分は、将来のディールフローに大きなチャンスがあると考えられる中堅企業のM&Aを可能にすることに関連しています。

それでは、マーシャルにお話しをお伺いします。

Marshall Urist

皆さん、おはようございます、こんにちは。

私は、IPO以降に発表したロイヤルティの買収に非常に興奮しており、当社のチームは新たな潜在的機会を評価するために非常に忙しくしています。ここで2分ほど、MorphoSys社の買収について説明し、今後のポートフォリオイベントについても触れたいと思います。

スライド13は、モルフォシスがコンステレーション・ファーマシューティカルズを買収するために行った、最大20億ドル規模のカスタマイズされた取引の概要です。パブロは当時、この取引を上場以来最大かつ大胆な取引であると述べました。私は、ロイヤリティ・ファーマが、技術的、科学的、財務的に優れた企業であり、真の意味でのWin-WinM&Aを実現するために、このように慎重に調整された資金調達構造を提供することができると考えています。

なお、当社はモルフォシス社に14億2,500万ドルの契約一時金を支払い、1億ドルの株式を購入しました。これに加えて、当社は、臨床、薬事、商業上のマイルストンを最大1億5,000万ドル、開発資金債を最大3億5,000万ドル提供することに合意しました。その見返りとして、ジョンソン・エンド・ジョンソンが販売している代表的な免疫学的ブロックバスターであるTremfyaのロイヤリティを中心に、6つのキャッシュフローを受け取ることになります。

さらに、ロイヤルティのパイプラインに4つの魅力的な開発段階の機会を追加しました。GSK社が開発中のGMCSFを標的とした関節リウマチに対する新しいアプローチであるotilimabのロイヤリティ権を獲得しました。GSK社は、6月の投資家向けイベントで、オチリマブのピーク時の売上を、非リスク調整ベースで10億~20億ポンドと予想し、2022年末には第3相試験のデータが得られると発表しました。

なお、当社はモルフォシス社の段階的二桁ロイヤリティの80%を取得しました。また、ロシュが開発中のアルツハイマー認知症治療薬「ガンテネルマブ」のロイヤリティも獲得しました。今回の買収が発表された後、バイオジェン社のアジャイルホームがFDAによって承認され、アルツハイマー病治療薬の規制環境がより有利になる可能性を示しました。この機会は明らかに大きく、MorphoSys社の買収や当社の広範なポートフォリオとの関連で、この治療法がもたらすアップサイドの可能性を高く評価しています」と述べています。なお、MorphoSys社の5.5%~7%のロイヤルティの60%を取得しました。

また、コンステレーション社のオンコロジー製品(骨髄線維症を対象としたcollaborativeと、いくつかのオンコロジー領域で評価されているCP-0209)に対する2つの合成ロイヤリティも獲得しました。

最後に、当社は開発資金債から安定した固定額を受け取る権利を有しています。これらの固定支払は、2.2倍の倍率と約13%のアンリバードIRRを生み出し、この取引のリスク・リターン・プロファイルを軽減します。このような複雑な取引を行うことができたのは、当社の資金調達能力の幅広さと、今後の大きなビジネスチャンスであるM&Aにおける当社のユニークな役割を明確に示しています。

スライド14は、当社のポートフォリオについて、今後1年から1年半の間に予定されている臨床および規制上のイベントを示しています。2021年は、アストラゼネカ社のPT027の喘息に対する第3相試験、バイオヘブン社のザベゲパント経鼻剤の片頭痛に対する第2相、第3相試験、ギリアド社のトロデルビーのHR陽性乳がんに対するピボタル試験など、いくつかの重要なデータが発表される予定となっています。

2022年に向けては、特にアルツハイマー病を対象としたガントネルマブの第3相試験結果、潰瘍性大腸炎を対象としたトレムフィア、関節リウマチを対象としたオティリマブなど、非常に意味のある臨床試験結果が得られる可能性があります。

規制当局の決定については、前四半期に、FDAが尿路上皮がんのTrodelvyを承認したほか、NURTEC ODTのラベルに片頭痛予防を追加すること、Trikaftaを6歳から11歳のCFに適用することを承認しました。

要約すると、当社のポートフォリオの継続的な開発を支えるために、今後12ヶ月間で多くの臨床および規制上のマイルストーンに近づいています。これらのマイルストーンが成功すれば、当社の長期的な調整後キャッシュフローの見通しに大きく貢献するでしょう。

それでは、テリーに質問をお願いします。

Terry Coyne

ありがとう、マーシャル。

それでは、スライド16に進みましょう。ロイヤリティ収入は、第1四半期の決算発表時にお伝えしたとおり、前年同期を若干上回りました。当四半期の成長要因は、最大のフランチャイズである嚢胞性線維症、バイオヘブン社からの支払い、およびCabometyxなどの新規ロイヤリティの追加です。これらのプラス要因は、HIV関連製品からのロイヤルティ収入が50%以上減少したことにより、ほぼ相殺されました。

注記:当社のロイヤルティは、通常、実際の業績から1四半期遅れて計上され、多くのバイオファーマ企業が第1四半期に軟調な業績を計上したことを考慮する必要があります。最近の報告書シーズンで見られたように、これらのダイナミクスは来期にはほぼ逆転するでしょう。

スライド17は、ロイヤルティ収入が第2四半期の好調な調整後キャッシュフローにつながったことを示しています。ご存知のように、調整後キャッシュ・フローは、非支配持分を控除した後に算出される、当社にとって重要な非GAAP指標です。当四半期の調整後現金収入は、パブロが先に述べたように、前年同期比3%増の4億7,500万ドルとなりました。これは、エムトリシタビンやトルバダなど、NCIの比率が高い製品のロイヤルティが、独占権の喪失により2021年に減少したためです。営業費用は4,000万ドルで、調整後現金収入の8%に相当し、第1四半期と同様の比率となっています。

純利息は最小限にとどまりましたが、これは当四半期および第4四半期において、2020年に発行する60億ドルの無担保社債に関連する半年ごとの利息支払いが発生しなかったことを反映しています。なお、次回の半年ごとの支払利息は約6,400万ドルで、これは第3四半期に発生します。これは、2022年第1四半期に予定されている最近の13億ドルの債券の募集を反映していません。

その他の項目500万ドルと調整後のキャッシュフローを加えた最終利益は4億2,900万ドル、1株当たり0.71ドルとなりました。この結果、調整後のキャッシュフローのマージンは90.2%となり、当社のビジネスモデルに大きなレバレッジが効いていることが明らかになりました。

スライド18は、7月に13億ドルを調達した革新的な債券発行を通じて、当四半期末以降も引き続きバランスシートを強化していることを示しています。7月に13億ドルを調達しました。満期が2031年と2051年の2つのトランシェで、非常に魅力的な金利で、当社の債務プロファイルの大部分を2030年以降まで延長しました。2021スライドの右側には、当社の負債総額がバイオファーマの同業他社と比較して良好なことが示されています。特に、当社が発行した債券のうち6億ドルがソーシャル・ボンドの形態をとっており、ESGと企業責任に対する当社のコミットメントを明確に示していることを嬉しく思います。

具体的には、当社のソーシャルボンドのフレームワークは、SDGsの3番目と9番目に関連しており、社会の健康と福祉を促進し、科学的な研究とイノベーションを強化するものです。ソーシャルボンドの収益は、希少疾病、WHOや国連が定義した上位疾患、その他の十分な治療を受けていない疾病などの分野におけるイノベーションへの資金提供に充てられます。また、昨年11月にCF財団から取得したCFフランチャイズの残存ロイヤリティ権のように、社債発行前の2年間に行われた取引にも遡って適用することができます。

スライド19によると、当四半期の現金および有価証券の残高は、2020年末のポジションと同様に20億ドルでした。6ヵ月間の現金流入には、8億3,800万ドルの調整後キャッシュフローが含まれています。これらの流入額は、ロイヤルティの買収に投入した7億1,900万ドルと、配当金および分配金の2億2,600万ドルによってほぼ相殺されたため、当期の純利益の変動は限定的でした。

当四半期末には、MorphoSys社の買収と先ほど説明した債券の発行を完了しました。これらの要因を調整した場合、当四半期の現金・預金および有価証券の残高は17億ドル強となります。現在、当社は73億ドルの投資適格債を保有しています。また、当社のプロフォーマ・レバレッジは、純額でEBITDAの約3倍、総額でEBITDAの約4倍です。当社のキャッシュバランス、強力なキャッシュ創出力、そして15億ドルの未使用の回転信用枠により、当社は強力な流動性を確保し、事業計画を実行するのに十分な体制を整えています。

スライド20は、当社がイノベーションのための資金調達を行う上でユニークな立場にあると考える理由を示しています。第一に、当社はロイヤルティの買収資金を調達するための負債資本に深くアクセスできます。例えば、当社は2020年以降、魅力的な金利で22億ドルの負債を調達しており、これは当社が発表した53億ドルの案件と比較しても遜色ありません。第二に、当社の負債の満期プロファイルを、当社のロイヤルティプロファイルの平均期間である約13年から14年に合わせています。第三に、保守的なレバレッジにより、株主への利益還元を大幅に拡大することができます。当社は、取引の種類に応じて1桁台後半から10%台のリターンを目標としており、これは当社の平均的な負債のクーポンが2.24%であることと比較しても変わりません。当社の資本構造の強さは、常に見落とされている強みであり、資産を購入するための最低の資本コストを提供すると同時に、株主の皆様に魅力的なリターンを提供していると考えています。

最後のスライドは、2021年の新しい通期見通しです。調整後の現金収入は、前回のガイダンスから約1億4,000万ドル増加し、20億8,000万ドルから21億2,000万ドルの範囲になると予想しています。この増加の約半分は、タイサブリのCFフランチャイズや[indiscernible]社で最近発売された治療薬が特に好調で、当社のポートフォリオの強さに起因しています。増加分の約4分の1はTremfyaが加わったことによるもので、もう4分の1はSoliquaのロイヤリティに関連した3700万ドルの一時的なマイルストーン支払いによるものです。

調整後現金受取額の新しいガイダンスは、2020年に達成した18億ドルに対して16%から18%の成長を示しており、中間点ではIPO時の調整後現金受取額に対するアナリストのコンセンサスを約8%上回っています。

営業費用については、調整後受取現金収入の約9%から10%になると予想しており、これは前回のガイダンスから変更ありません。上半期の営業費用は調整後現金収入の約8%でしたが、様々な費用が発生するタイミングを考慮して、下半期の営業費用は少し増加すると予想しています。

最後に、2021年の支払利息の見通しは1億3,000万ドルで変更ありません。最近実施した13億ドルの公募増資は、2021年の純支払利息には影響しませんが、2022年の純支払利息は約1億7,000万ドルに増加し、準支払利息は第1四半期と第3四半期でほぼ均等に分配されます。2022年は、支払額が第1四半期に若干偏りますが。2022年の第2四半期および第4四半期は、支払い額が最小となる見込みです。なお、このガイダンスは、当社が確立している慣行に従い、現時点での当社のポートフォリオに基づいており、将来の買収は考慮していませんのでご了承ください。

それでは、最後にパブロからコメントをさせていただきたいと思います。

Pablo Legorreta

ありがとう、テリー。

最後に、2021年の当社のビジネスの進展に非常に満足していることを繰り返しお伝えします。当社の業績は好調で、通期のガイダンスを上回る結果となりました。パートナーのために革新的な資金調達方法を継続的に見つけてきました。また、当社の資本構造にも同様の革新的なアプローチを採用し、成長するバイオファーマ・ロイヤルティ市場での競争力を高めています。当社の市場は、過去1年間で数量・金額ともに70%以上の成長を遂げており、勢いがあります。そして、当社はその価値の大半のシェアを獲得しています。

今後も、バイオファーマのエコシステムにおける科学的進歩の速さと、そのイノベーションに資金を供給する必要性から、この成長を支える強力な基本的追い風が当面続くと予想しています。

最後の2枚のスライドでは、ここ数年の当社のディール活動を振り返ってみたいと思います。当社の歴史の中で、当社は一貫して強力な資本投下のペースを維持してきました。株式公開の前年までに、2012年の50億ドルから合計約180億ドル、8年間で合計130億ドルの資本を投下してきました。

2020年に入ってからは、53億ドルの取引を発表し、好調なトレンドを維持しています。これは、2025年までに70億ドルの資本を投入するという、当社が以前に発表したランレートを大きく上回るものです。このような資本投下のペースは、当社が長期的に力強い成長を遂げるために、そして重要なことには、株主の皆様に価値を提供するために適しています。また、バイオファーマにおけるロイヤリティ・ファンディングの認知度と受容度が高まっていることや、今後の成長の大きなチャンスを物語っています。

次のスライドでは、過去5年間の取引を振り返ると、年間約18億ドルを提供しており、魅力的なロイヤルティファンディングの機会を一貫して見極める能力があることを示しています。2枚目の図は、実績と現在のコンセンサス売上予測に基づいて、このレベルの資本投下を行うと、5年後には平均して約3億5,000万ドルの多額の現金収入が得られると予想されることを示しています。言い換えれば、10億ドルの資本を投下するごとに、5年後には約1億7,000万ドルのロイヤルティ収入が得られると推定されます。これは、当社の規模と専門性が、成長と多様化を可能にし、価値を高める長期的な成長を促進することを示しています。

さらに、主要な製品やフランチャイズの魅力的なポートフォリオに加えて、毎年新たなロイヤリティを獲得していることから、当社のビジネスの複利効果は非常に強力であると考えています。私たちは、これまでと同様にパイプラインに期待しており、今後も新しいキャッシュフローや既存事業のキャッシュフローストリームを重ね、バイオファーマのトップレベルの成長を実現していきたいと考えています」と述べました。

それでは、質疑応答の時間を設けたいと思います。ジョージ、よろしくお願いします。

George Grofik

ありがとう、パブロ。

それでは、皆様からのご質問にお答えします。オペレーター、最初の質問をどうぞ。

 

Operator

最初の質問は、J.P.モルガンのクリス・ショットさんからお願いします。お電話お待ちしております。

Chris Schott

どうもありがとうございます。質問をありがとうございました。私からは2つだけ。まず、アルツハイマー病についてですが、Genmab社との契約以降、この市場がどのように発展してきたのか、あなたのお考えを詳しくお聞かせください。来年の新しいガイドラインに沿ったデータで認知機能に意味のある効果が見られなかったとしても、ロイヤリティー収入を得るための魅力的な機会があるとお考えですか、あるいは、この市場で成功するには認知機能が本当に重要だとお考えですか?2つ目の質問ですが、これまでにもお話しされたことがあると思います。しかし、バーテックスが進めている新しい3剤併用療法について考えると、もし承認された場合、ロイヤリティの水準はどうなるでしょうか。また、おそらく重要なことですが、契約の解釈について当事者間で意見の相違があった場合、どのような解決方法があるのでしょうか。発売前に明確になるものなのか、それとも承認されるまで様子を見なければならないものなのか。というのも、長期的なロイヤルティへの影響について、各社が微妙に異なることを伝えているように思えるからです。どうもありがとうございました。

Pablo Legorreta

ありがとう、クリス。アルツハイマー病に関する最初の質問は、マーシャルにお願いします。その後、テリーと私で、CFに関するさまざまなご質問にお答えします。マーシャル?

Marshall Urist

はい、ありがとうございます。アルツハイマー病に関する当社の見解とこれまでの経緯についてですが、MorphoSys社の買収とGantenerumabへの関心を発表して以来、アルツハイマー病は確かに活発な分野でした。私たちは、業界の誰もがそうであるように、アジャイルホームの立ち上げで何が起こっているのかを見守っています。来年のNCDに向けて、この市場がどのように発展していくかを見守っていますが、皆さんにお伝えしておきたいのは、認知に関するご質問に対して、私たちがガントネルマブに好感を持ったのは、ロシュがガントネルマブに成功のチャンスを与えるために、非常に大規模で強固な臨床試験プログラムを設計したからだと考えています。ですから、ロシュも今年の電話会議でコメントしたように、同じように考えていると思います。来年のデータについては、先に述べたように慎重に楽観視しており、データが何を示すのか、市場がどのように発展するのかを見守りたいと思います。私たちは、先に述べたように、この製品をポートフォリオに加えることに興奮しています。

Terry Coyne

はい。クリス、バーテックスが開発中の新しい3剤についての質問ですが、まず最初に、そのロイヤリティー率について説明します。新しい3剤併用療法のロイヤルティ率が1桁台前半になるシナリオは考えていません。

まず、資本金に対するロイヤリティで、新しいトリプルのロイヤリティ率は4%になります。次に、私たちの立場を明確にしておきましょう。重水素化したKalydecoは単にKalydecoであると考えており、新3成分のロイヤリティ率は8%になります。3つ目の成分については、ロイヤリティが発生するかどうか、どの程度の率になるかを見守る必要がありますが、これについては現時点ではコメントできません。しかし、一歩引いて考えてみると、Trikaftaは安全性と有効性の面で非常に高いハードルを設定していることも忘れてはならないと思います。

最近のフェーズ2のデータについてコメントしている他の多くの人たちと同じ意見だと思います。このデータは明らかに患者数が少ないものです。しかし、このデータを見る限り、新しい3剤併用療法がTrikaftaよりも有意に改善することを示唆するものはありませんでした。また、新しい3剤併用療法には、48週をエンドポイントとする大規模な非劣性試験が必要であることもわかりました。これらの試験では、Trikaftaがすでに十分な効果を発揮している人々を対象にしなければなりません。また、新しい3剤併用療法が成功したとしても、10年の半ばまでには市場に出てこないでしょう。発売されたとしても、多くの患者さんは5年以上のトリカフェタの使用経験があります。また、バーテックスが何度も指摘しているように、この薬は多くのCF患者の病状を完全に変えてきました。これらの理由から、CFフランチャイズは長期的に当社のビジネスに重要な貢献をするものと確信しています。

ご質問の解決方法についてですが、当社の契約には紛争解決条項があり、当然のことながら、契約に基づく当社の権利を守ることになります。今はまだ、法的戦略の可能性を検討するには時期尚早だと思います。

Pablo Legorreta

クリス、私はテリーのコメントに補足したいのですが、まず私たちの観点から言うと、投資家のアナリストたちは、CFロイヤリティの問題がロイヤリティ・ファーマに影響を与える可能性について懸念を示しています。個人的には、テリーがすでに話したような多くの理由から、この懸念は非常に大げさだと思っていますが、私は少し色を付けたいと思います。

ここで重要なのはスケジュールですが、私たちは2021年にいます。これを開発するには何が必要なのかを考えてみると、3種類の試験を行う場合、登録にはおそらく数年かかり、患者の48週間の追跡調査が必要になります。つまり、2年から3年、より可能性としては3年、つまり2022年、2023年、2024年ということになります。その後、試験を終了します。FDA(米国食品医薬品局)への承認申請には、データの確認に時間がかかります。ですから、発売の可能性としては、2025年半ばから2025年後半ということになります。

もちろん、Kalydecoに問題があるとは少しも考えていません。私たちは非常に安心しています。また、2014年に投資を行って以来、非常に長い間この製品を追い続けてきたという事実も考えなければなりません。昨年、残余財産を購入した際には、さらに多くの投資を行い、この投資に関するあらゆることを徹底的に分析した結果、6億または数億の追加投資を行うことに大きな自信を持ちました。ですから、私たちは何も考えていません。

しかし、もし収益が少しでも不足した場合のことを考えてみると、アナリストが予測したCFの収益は8億ドル強といったところですが、もし不足した場合は、2025年、2026年の発売を考えてみてください。その時には、ロイヤリティ・ファーマはもっともっと大きくなっているでしょう。アナリストが予測する2025年までの収益は約27億ドルです。現在のポートフォリオに基づいて考えてみると、ご存じのように、私たちは非常に積極的に資本を投入し、トップラインにさらなる収益をもたらすことになります。10億ドルの投資ごとにトップラインにどのような利益がもたらされるかという数字を見てきました。

10年後の収益を考えると、おそらく30億ドル以上、30億ドルから40億ドル、あるいはそれ以上になると思います。ですから、1つの資産で数億ドルの不足が生じる可能性があるとしても、それは重要ではなく、トップラインに対する数パーセントポイントの話なのです。だからこそ、この問題は大げさに言われているのだと思います。

最後に、いくつかの重要なコンセプトをお伝えしたいと思います。この業界は、競合他社、臨床試験の結果、特許など、不確実性を抱えています。つまり、私たちのビジネスモデルの強さと、この業界で私たちが果たしているユニークな役割によって、ロイヤリティ・ファーマは、業界で最も魅力的な資産を持つ高度に多角的なビジネスを展開しており、非常に高い予測可能な成長を実現しているのです。

最後のスライドでは、過去5年間、当社が10億ドルを投入するごとに、5年後に平均約1億7,000万ドルの調整後現金収入が得られていることを示しています。2020年初頭から1年半の間に50億件以上の取引を発表しています。このように、将来を予測する際には、毎年何十億もの資金を投入し続けることで、このビジネスに何が起こるのかを認識することが重要だと思います。

最後に、公開時には保守的な想定をしていました。しかし、株式公開から1年半後、あるいは1年後の今、私と私のチームは、このビジネスチャンスは非常に大きいと感じていることに疑いの余地はありません。だからこそ、私たちは長期的な成長見通しに自信を持っているのです。

ですから、ポートフォリオの中の単一の製品に関心を持つことは、当社のビジネスの最も重要な原動力を見逃してしまいます。私たちは、毎年、毎年、ポートフォリオに十分な治療法を追加し、収益基盤を成長させ、多様化させています。長くなりましたが、このような見解を皆さんと共有したいと思いました。

Operator

次の質問は、モルガンスタンレーのマシュー・ハリソンさんです。お待ちしております。

Unidentified Analyst

質問を受けていただきありがとうございます。チャーリーがマシューに代わりました。今後数年間に発生する可能性のある大規模な取引について、長期的な観点から考えてみたいと思います。現在、2025年までに70億ドル以上としているガイダンスをどのように考えていますか。現在のガイダンスは2025年までに70億ドル以上となっていますが、これをかなり上回っていることは承知しています。しかし、投資のグレードを維持しようとしていると思いますし、現在のレバレッジは4に近いように思いますが、今後数年間でさらに投資を減らしたり、大規模な取引を行ったりすることについて、どのように考えているのかを知りたいと思います。ありがとうございました。

Pablo Legorreta

ご質問ありがとうございます。テリー、この質問に答えてくれますか?

Terry Coyne

はい、もちろんです。当社は、今後数年間にわたって大規模なロイヤルティ契約を継続していくことに大きな自信を持っています。当社のバランスシートには17億ドルの現金があります。EBITDAの増加に伴い、時間の経過とともに自然にデレバレッジされていきます。また、キャッシュフローのある製品を導入すれば、当然ながらレバレッジをかけることができます。

そして、ビジネスは大量の現金を放出します。パブロが言ったように、当初設定した目標をはるかに上回るペースで推移しており、今後の機会についても非常に良い感触を得ています。この目標は、他の長期的なガイダンス指標を更新する際に、すべて関連しているため、更新を検討します。私たちは、このビジネスに非常に大きな自信を持っていますし、このビジネスチャンスにも非常に大きな自信を持っています。

Operator

ありがとうございました。次の質問は、バンク・オブ・アメリカのジェフ・ミーチャムさんです。よろしくお願いします。

Bill Maughan

こんにちは、おはようございます。ジェフ・ミーチャムさんの代わりにビル・モーガンです。ソーシャル・ボンドについての質問ですが、ソーシャル・ボンドからの投資についての意図や計画をもう少し詳しく知りたいと思います。また、聞き違いであれば申し訳ありませんが、過去数年間のCFに遡って適用できるとおっしゃっていましたね。それが貸借対照表上でどのように見えるか、論理的にどのような意味を持つかを説明していただけますか?ありがとうございます。

Pablo Legorreta

ご質問ありがとうございます。テリーが答えてくれると思います。しかし、この質問は、私たちがいかに創造的で革新的になれるかを強調していると思います。当社は、ソーシャル・ボンドを発行した2番目のライフサイエンス企業だと思います。私たちは、事業の資金調達に利用できる非常に魅力的な新しい手段があることに気づきました。そして、すぐにそれを利用し、結局、通常の社債よりも低いコストで社債を発行することができました。

Terry Coyne

はい、もちろんです。ソーシャル・ボンドのフレームワークをウェブサイトで公開しましたが、この業界で我々が果たすユニークな役割を強調しています。例えば、嚢胞性線維症財団のように、この病気の永久的な治療法を見つけようとするミッションに資金を提供するために、資本を業界に再循環させる手助けをすることができるということです。そのためには、CF財団のような案件が必要となります。2016年にUCLAと行った取引では、私たちがUCLAに提供した収益は、医療研究や奨学金などの資金に還元されました。

遡及して適用される可能性があるという意味では、正確にそうなるとは言い切れませんが、最終的には資金が配分されるまで年次報告書を提供することになるでしょう。そして、その資金がどのように配分されたかを年次報告書で開示することになります。また、これらの資金がどのように配分されたか、その影響度を示すことも試みます。

Operator

次の質問は、CowenのSteve Scalaさんです。お待ちしております。

Steve Scala

ありがとうございます。また、今期もうまくいったようで、おめでとうございます。2つ質問があります。第3四半期に計上される予定のソリカの業績に関する3700万ドルのマイルストーンについて教えてください。ソリカーはサノフィにとってささやかな成功であり、マイルストーンはその売上に対して非常に大きいと思われます。このマイルストーンがどのように計算されているのか教えてください。次に、過去に取り上げられたことがあれば申し訳ありませんが、気になることがあります。また、過去に取り上げられていたら申し訳ありませんが、ガンテネルマブのロイヤルティは、少なくとも当社の理解では、別の独立した分子体であるガンテネルマブのブレインシャトルバージョンにも適用されるのでしょうか?ありがとうございました。

Pablo Legorreta

ご質問ありがとうございました。ソリカーのマイルストーンに関する最初の質問にはテリーがお答えし、ガントネルマブに関する質問にはマーシャルがお答えする予定です。

Terry Coyne

ソリカーについては、商業面でのマイルストーンでした。具体的な話はしていませんが、以前は2022年に実現すると少し控えめに予測していましたが、現在は2021年に実現しています。しかし、それ以上の具体的な基準値については言及していません。

Steve Scala

ソリカーについて、今後予想すべきマイルストーンがあれば教えてください。

Terry Coyne

私たちは、ポートフォリオの中に他のマイルストーンを持っています。具体的なマイルストーンについては、今はまだお話しできませんが、調整後の現金収入に反映されることが予想される場合は、事前にお知らせするようにしています。そのために、今四半期はそれを行いました。しかし、特定の年に何かが影響することがわかっている場合には、それが要因となることを前もってガイダンスするように最善を尽くします。

Marshall Urist

ティーブさん、おはようございます。ブレインシャトル版についてのご質問ありがとうございます。そうですね、ガンテネルマブの脳内シャトル版は、モルフォシスとロシュとの間のロイヤリティ契約に含まれていますが、「含まれている」という事実以上の詳細は明らかにしていません。

Operator

次の質問は、ゴールドマン・サックスのテレンス・フリンさんです。電話はつながっています。

Terence Flynn

ありがとうございます。質問を受けてくださってありがとうございます。スライド24枚目のパブロさんのお話では、資本の投下と、過去のランレートを上回っていることについてよく触れられていますね。このランレートの持続可能性について、あなたの見解をお聞かせください。これを今後の課題と考えるべきなのか、それとも時間の経過とともに平均値に回帰していくと予想するのか。そして2つ目の質問は、Dicerna社の最近のルーマシランのデータに関するものです。それによって、Oxlumoのロイヤルティストリームのピーク時の機会についての考え方が変わるのではないかと思っています。ありがとうございました。

Pablo Legorreta

ご質問ありがとうございました。テリーが言ったように、私たちは近い将来、アナリストや投資家の皆様にいくつかの指標を報告することになるでしょう。しかし、先ほど申し上げたように、新しい会社としてどのように登場するかを考えたとき、実際には保守的に案内することにしました。上場して1年が経過した今、チャンスは数年前に考えていたよりもはるかに大きいことは間違いありません。考えるべきことは次のようなことだと思います。24ページの図表を見て、5年前、10年前の市場の様子を思い返してみると、市場を開放して、ロイヤリティの所有者に、大学や病院の場合は建物や研究に必要な資金を調達するためにロイヤリティを収益化することの魅力を伝える努力をしていました。しかし、企業が研究開発のためにロイヤリティ・ストラクチャーを実際に利用し始めることは、主流ではありませんでした。企業や取締役会、経営陣にロイヤリティベースの構造を検討してもらい、事業資金を調達してもらうには、大変な苦労がありました。

しかし、現在では、より主流になってきていると思います。クリス・ハイトは、取締役会の状況がどのように変化したのか、また、企業とのパートナーシップで行うことや、それがいかにWin-Winの状況をもたらすかについて、今日ではより多くの人々に受け入れられていることについて、多くのことを語ってくれました。役員会での考え方の変化と、それがいかに主流になってきているかについて、クリスに少し補足していただきたいと思います。

Chris Hite

はい、ありがとうございます、Pablo。質問をありがとう、Terence。私は、パブロの言うとおりだと思います。取締役会やCFO、経営陣の間では、研究開発だけでなく、商業生産の開始や、最近のMorphoSysのM&Aのように、別の資金調達方法を模索するというマインドシフトが起きていると思います。

私たちが技術革新を続けるにつれ、開発段階でのボンディング、ボンド、商業的資金調達、M&Aサポートなどを通じて、私たちの技術革新を活用することが、これらの取締役会や経営陣の間で受け入れられてきたと思います。私たちのイノベーションと、取締役会レベルでそのイノベーションを受け入れようとする意思の両方があれば、今後、非常に大きなチャンスがあると考えています。

Pablo Legorreta

最後になりますが、2019年、2020年、2022年の状況を見ると、20億ドル以上のペースで投資を行っています。ですから、先ほど申し上げたように、当社のビジネスをどのように判断すべきかという指標については、近いうちにまたお話します。ご質問の答えになっていれば幸いです。

Marshall Urist

ありがとうございます。それから、テレンス、おはようございます。Dicernaについてのご質問ですが、当時申し上げたように、Oxlumoと比較したDicernaのデータについては、製品の違いというよりも似ていると予想していました。アルナイラム社のように、世界的に希少疾患領域のプラットフォームを構築している企業と提携できたことは、大変喜ばしいことです。PH1におけるDicernaのデータは、ほぼ我々の予想通りのものでした。PH1のDicernaのデータは、我々の予想とほぼ一致していましたが、ページ2の患者さんには残念な結果となりました。商業的なパートナーを見つけるという彼らの決断は、状況を遅らせ、長期的にはOxlumoの利益になると思います。しかし、全体的に見れば、PH1の結果は我々が期待していた通りのものだったと思っています。

Operator

次の質問は、Evercore ISIのUmer Raffatさんです。お待ちしております。

Umer Raffat

私の質問にお答えいただきありがとうございます。よろしければ、2つのことに触れてみたいと思います。まず、アルツハイマー認知症潜在的な可能性について考えたとき、考えなければならないことのひとつは、皮下投与のGantenerumabと競合品の比較だけでなく、GantenerumabはDonanemabやAducanumabと同じピアプールを利用していないということです。私が質問したいのは、この点が商業的展望にとってどれほど重要なのか、また、ピーク時の機会がどのようなものになるのかをモデル化する上でどれほど重要なのか、ということです。次に、ガンテネルマブが画期的新薬に指定されなかったことや、ロシュがバイオマーカーに基づいて申請しなかったことについてのお考えをお聞かせください。なぜなら、この領域の承認はすべてバイオマーカーに関連したものであり、データに関連したものではないからです。最後に、テリーさんがおっしゃった点のうち、私が以前から考えていたのは、重水素化されたカリデコがカリデコと同じであるという考え方です。もし、重水素化カリデコが独自の物質構成特許を持っているとしたら、法的にどのように主張するのか、という疑問がありました。ありがとうございました。

Pablo Legorreta

それでは、アルツハイマー病のウマーに関する最初の質問はマーシャルが担当します。そして、テリーがCFに答えます。

しかし、私が強調したように、ビジネスが成長するにつれ、相対的に — 私たちはより多様化し、より大きくなっていきますが、同時に、多くの人々が注目しており、そのために少し誇張されているのが、今日の影響です。現実には、これが実行されるとすれば、非常に長い時間軸の話になり、これが実行されるには非常に長い時間がかかるということを考えるだけでもひとつの意味があります。とにかく、マーシャルはアルツハイマーの質問に答えてください。

Marshall Urist

はい、わかりました。ウマーさん、おはようございます。いい質問が2つありました。最初の質問のガンテネルマブについては、パートBの話ではなく、サブキューがあるために、商業的には少し違ったものになると思います。私たちは、様々なシナリオを検討し、異なる支払者構造が製品にどのような影響を与えるかを検討しています。アルツハイマー認知症の場合、長期的には非常に大きなボリュームチャンスがあり、様々なタイプの製品や市場の一部が存在すると考えています。このように、この市場が発展していく過程では、複数のプレイヤーにとって大きなチャンスと余地があると思います。

また、この市場の他のプレーヤーが、現行製品、予備製品、パイプライン製品のいずれにおいても、サブキューの機会を模索し、サブキューによるデリバリーを検討していることを見てきましたので、指摘しておきます。このように、サブキューの利点と配信の利点は明らかであり、市場のさまざまな部分に貢献できると思います。

2つ目の質問は、ガンテネルマブとブレイクスルー指定に関するロシュのコメントです。私たちは、ロシュが最近行ったこの件に関する皆さんと同じコメントを聞きました。そして、全体的に見て、ロシュの開発プログラムに対する私たちの見解と本当に一致していると思います。これは大規模なプログラムであり、完全に蓄積されたデータはかなり近い将来に得られるものです。それが彼らの決断の鍵となったようですが、それに加えて、ロシュの話によると、彼らはバイオマーカーの申請をする可能性がまだ足りないので、規制プロセスを加速できる方法を検討しているようですね。ガンテネルマブのデータは来年には出てくるでしょう。近い将来、それを楽しみにしていますし、規制プロセスを加速するための活動を推進し、できる限りのことをしていきたいと考えています。

Terry Coyne

アナリストや投資家の方々が、重水素化カリデコに関する当社のポジションに自信を持っている理由を知りたがっているのはよく理解できますが、現時点ではその法的戦略については言及できません。

Pablo Legorreta

ウマー、私も何か付け加えることがあるかもしれません。というのも、私はある視点を表現しようとしたのですが、うまくできなかったかもしれません。私は個人的には、このCF全体、つまり重水素化したカリデコと重水素化していないカリデコ、本物のカリデコは、目先の雑音、目先のノイズだと考えています。そして、その目先のノイズに多くの注目が集まっています。それは — そのノイズは無関係で、5年から10年後に解決することです。そしてその時には、何もなくなっているでしょう。

今、人々が本当に注目すべきなのは、ポジティブなことです。このフランチャイズは非常に優れた業績を上げており、我々は非常に大きな関心を持っています。だからこそ、人々はRoyalty Pharmaにとって非常に魅力的な成長をもたらしているという事実に注目すべきであり、正直言って何でもないこと、つまりこのノイズに注目すべきではないのです。そしてそれは、先ほど言ったように、将来的には解決され、重要性はかなり低くなるでしょう。とにかく、そういうことを付け加えたいと思います。

Operator

次の質問は、シティのアンドリュー・ボームさんです。お待ちしております。

Andrew Baum

ありがとうございます。いくつか質問をさせてください。まず、IPO以降、御社の株価はアンダーパフォームしていますね。それは言うまでもないでしょう。しかし、あなたが説明したように、資本配分、コンセンサスのアップグレード、そして少なくともコンセンサス予測に基づくROICについては、あなたが言ったことを完全に実行しています。現在、嚢胞性線維症の懸念は誇張されたものであると述べていますが、その理由は何ですか?ロイヤルティが将来の米国の薬価法の影響を受けやすいかどうかという議論があることは知っていますが、あなたが考える他の要因とは何でしょうか。投資家層の違いでしょうか?つまり、ヘルスケア関連の投資家とクレジット関連の投資家を二分しているのですね。競争の激化を懸念しているのか、薬価の問題を懸念しているのか、それともすべてCFのオーバーハングが原因だと考えているのか。これが1つ目の質問です。次に、先ほどの質問に関連して、ガンテネルマブについてですが、ロシュ社はメディケアパートBにおいて、パートDのNeulasta Bと同様の償還を求める意向を示していますが、これがサブキューの薬についてもあなたの予想と一致しているかどうかを確認したいと思います。最後に、インブルビカの知的財産権の存続期間と耐久性について教えてください。ありがとうございました。

Pablo Legorreta

はい、ありがとうございます。まず、株式のパフォーマンスについてのご質問について、いくつかコメントさせていただきます。私が言いたいのは、先ほど申し上げたように、Royalty Pharma社の業績については、短期的には本当に重要ではないことにノイズがあるということです。本当に重要なのは、大局的な視点と、ロイヤルティファーマがこの業界で最も革新的で創造的な資金提供者の1つになったというビジネスの基本的な部分です。

この業界での私たちの地位は非常にユニークなものであり、規模、創造性、長期的な投資を行うこと、多くの企業にとって非常に辛抱強いパートナーとなることなど、私たちができることは誰にもできません。これらはすべて、他の企業にはない私たちのビジネスの特性であり、急速に拡大する機会を活用するために非常に有利な立場にあります。投資家が注目すべきは、この点に尽きると思います。

また、ロイヤリティ・ファーマには他にもユニークな点があり、投資家はそれに注目すべきだと思います。投資家の間では、成長への意欲が非常に高まっています。私たちの業界では、非常に興味深いことに、ある種の二極化が進んでいます。バイオテック業界では、非常に速いスピードで成長する、非常にリスクの高い単一製品の会社があります。うまくいくこともあれば、投資家は何倍もの利益を得ることができますが、多くの場合、うまくいかずに大金を失うことになります。

一方で、2%から3%の成長率を誇る大企業もあれば、1桁台半ばの6%や7%の成長率を誇る大企業もいくつかあります。ロイヤリティ・ファーマのユニークな点は、ライフサイエンス分野の大企業よりもはるかに速いスピードで成長できることです。つまり、一桁台半ばの成長を遂げた企業よりも、当社ははるかに速いスピードで成長することができるのです。今年の成長率は10%台でしたね。繰り返しになりますが、成長率を見ると、重要なのは、当社のポートフォリオが提供する基礎的な成長があり、さらに買収によってその成長が加わることです。ここ数年は非常に好調で、そのおかげで10%台半ばの成長となっています。

これは、ロイヤルティファルマのように、収益基盤を多様化することで、成長がより予測しやすく、高い成長率を実現している、非常にユニークなビジネスだと思います。投資家は成長を求めていますが、当社には成長があり、多様な成長があり、耐久性のある成長があり、また、ロードショーでお話ししたように、鉱山を利用した成長があります。成長の管理者、成長の多様性、成長の持続性、これは非常に珍しいことです。私たちは、このエキサイティングな業界で、投資家の皆さんにそれを提供できると思っています。マーシャル、私が思うに…

Marshall Urist

はい、パブロとアンドリューです。ガンテネルマブについては、ご指摘ありがとうございました。ウマーの質問にもあったと思いますが、私たちは、様々な種類の薬剤を検討しました。私たちは、医師が投与するサブキュー製品について、様々なシナリオを検討し、それがどのように変化するのか、あるいは時間の経過とともに変化するのか、また、支払者やアクセスの観点から、それらの異なる構成要素やシナリオがどのようになるのかを検討しました。ご指摘ありがとうございます。私たちは、さまざまなプロファイルを検討し、特に時間の経過とともにどのように変化していくのかを考えました。テリーさん、もしよろしければ、アンドリューさんからインブルビカについてもうひとつ質問があったと思うのですが。

Terry Coyne

イムブルビカについては、2027年から2029年までのロイヤリティを期待していると述べました。それ以上の具体的な話はしていません。もちろん、どんな製品でも、特許の延長や追加の特許など、さまざまなシナリオが考えられますが、2027年から2029年までと言っています。

Operator

次の質問は、チュリスト・セキュリティーズのグレッグ・フレイザーさんです。お待ちしております。

Greg Fraser

皆さん、おはようございます。ご質問ありがとうございます。あなたは一般的に治療分野にこだわらず、さまざまな分野の薬剤に対するロイヤルティの幅広いポートフォリオを持っています。しかし、まだ取引を行っていない分野で、特に関心の高い分野があれば教えてください。2つ目の質問は、ガイダンスについてです。スライドに記載されているような、臨床上または規制上のイベントに関連したマイルストーンペイメントはありますか?ありがとうございました。

Pablo Legorreta

ジム、この質問に答えてくれませんか?

Jim Reddoch

最初に私が質問しますが、マーシャルが補足するかもしれません。しかし、治療分野についての質問ですが、私たちは、新しい分野を切り開くことができる新しいターゲットの扱いやすい黄金時代にいると思います。つまり、関節リウマチのように、すでに多くの投資で成功を収めている既存の分野でも、私たちが取り組むべきことがたくさんあるのです。例えば、先ほどお話したオチリマブは、関節リウマチに対するまったく新しいアプローチですが、これは免疫学の科学をこれまで以上に理解することで可能になったもので、TNFやJAKなどの領域や関連する炎症性免疫学の領域よりも広い範囲をカバーできるようになりました。この分野ではまだやるべきことがたくさんあると思いますし、ループスなど、これまで薬が効きにくかったり、治療が難しかったりした分野を開拓することもできるでしょう。

また、新しい治療法にも目を向けたいと思っています。細胞治療や遺伝子治療については、これまであまり投資をしてきませんでしたが、ロイヤリティが発生する興味深い製品がたくさん出てきています。そのため、この分野ではやるべきことがたくさんあり、私たちはこれらの分野を注意深く見守っています。しかし一般的には、病気に対する理解が深まったことで、過去に投資を行った分野であっても、より多くのチャンスが広がっていると思います。

Marshall Urist

今年のガイダンスに含まれているマイルストーンは、先ほどお話した3,700万ドルのソリーカのマイルストーンだけです。そのため、ガイダンスを大幅に引き上げて1億 — 1億4,000万ドル程度とし、そのうち約4分の1をSoliquaの影響で賄うことができ、非常に満足しています。

Pablo Legorreta

次の質問に移ります。

Operator

最後の質問は、Tigress FinancialのIvan Feinsethさんです。お電話はつながっています。アイヴァン、もし電話がミュートになっていたら、ミュートを解除してください。

Ivan Feinseth

私の質問を受けていただきありがとうございます。また、素晴らしい業績と継続的な進展にお祝いを申し上げます。M&A戦略やパイプラインの詳細について、また、どこでブレークスルーが起こると考えているのか、あなたの資金調達力が最大の効果を発揮できるのはどの分野だと感じているのか、教えてください。

Pablo Legorreta

はい、ご質問ありがとうございます。クリスはこの質問に答えるのに非常に適した立場にいます。ご存知のように、クリスは1年以上前に当社に入社し、同世代のライフサイエンス分野のトップM&Aバンカーの1人として素晴らしい経験を積んできました。しかし、私にとって常に非常にエキサイティングなことの一つは、M&Aの市場を開拓し、私たちがM&Aで企業と提携することです。そして、ロイヤリティ・ファーマの歴史は、最初から市場を開拓することでした。

これまでにも、さまざまな段階を経てきたことをお話ししてきましたが、その多くはオープンマーケットを通じて行われてきました。今の段階では、市場を開拓するのに最も適した段階だと思います。モルフォシス社との取引を発表したことで、ライフサイエンス分野では過去になかったようなM&Aに光が当てられたこともユニークだと思います。クリス、あなたの見解を聞かせてくれませんか?

Chris Hite

はい、もちろんです。パブロさん、そしてアイバンさん、ご質問ありがとうございました。私もパブロに賛成です。過去を振り返ってみると、この分野では中堅企業同士のM&Aが不足していました。その主な理由は、売り手の取締役会が、ほとんどの場合、株式取引ではなく現金での売却を望んでいるからです。開発段階にある2つの企業や、最近薬が承認されたものの、その薬がどのように作用するかがはっきりしない1つの企業を見た場合、評価が非常に難しいことがあります。買収する会社の株式を評価するのは非常に難しいことです。

そのため、中堅企業ではM&Aが不足しており、M&Aの資金を提供する銀行も、キャッシュフローの実績がない企業には融資したがらない。MorphoSys Constellationの取引は、中堅企業のM&Aの好例だと思います。MorphoSysは承認された製品を持っていますが、まだ実際には利益を上げていませんでしたが、当社の資金提供により、すべて現金を通貨としてM&Aを行うことができました。

マーシャルは、開発段階の資金、株式投資、既存のロイヤルティ、合成ロイヤルティなど、さまざまな方法で買収企業に資金を提供できることを示す素晴らしいスライドを紹介してくれました。私たちは、これが今後の大きなチャンスだと考えています。ターゲット企業の取締役会が安心して取引できるように、前もって現金を提供することを嫌がる銀行とは対照的に、私たちは現金を提供することができます。このように、今後も大きなチャンスがあると考えています。

Ivan Feinseth

ありがとうございます。それでは、成功に向けて進んでいきましょう。

Pablo Legorreta

もうひとつ考えておきたいのは、バイオテック業界では、企業が研究を行う際に多様化していることが多く、多くの製品を持っていますが、これらの製品は互いに適合しないことがよくあります。つまり、企業は価値や成長の原動力となる1つの製品を持っていますが、それ以外の複数の非中核的な資産を持っている場合が多いのです。

MorphoSysの例を見てください。この会社は非常に魅力的なロイヤリティを持っていましたが、ロイヤリティは実際にはMorphoSysの価値を生み出すものではありませんでした。MorphoSysにとって、キャッシュフローを集めることは興味深いことですが、価値を生み出すものではありません。MorphoSysのCEOは、5年、10年かけてロイヤリティを徴収するだけでは自分の会社の価値を創造できないことに気づき、当社と提携してロイヤリティを設定し、自分が開発できる資産を持つ会社を手に入れることで、一夜にしてこの会社を完全に変えてしまったのですから、その大胆さには感心するしかありません。そして、それらの資産は、MorphoSysの価値を生み出すものなのです。

この業界には、このような状況に直面する企業が何千とありますが、私たちは完璧なパートナーであり、彼らの戦略的イニシアティブの達成を支援することができます。MorphoSysはその好例で、時間はかかるでしょうが、彼らは正しいことをしたと思いますし、誰にとってもWin-Winの関係を築けたのではないでしょうか。

Pablo Legorreta

最後になりましたが、ロイヤリティ・ファーマに関心を持ち続けてくださった皆様、そして電話会議に参加された皆様に感謝します。最後に、私と私のチームは、今後も皆様に当社の進捗状況をお伝えしていきたいと考えており、ご質問があれば、ジョージ・グロフィックとテリーまでお気軽にお問い合わせください。本日はお時間をいただき、ありがとうございました。それではまた。

Operator

皆さん、これで電話会議を終了します。これで会議を終了しますので、切断してください。皆様、良い一日をお過ごしください。

 

🌟まとめ

・M&Aを含めて新しい薬品など、今後に期待しています。

・一方でジャヌビアに変わる大きな柱が出てこないと、来年にジャヌビアのパテントが切れた後の不安が残ります💦

$PLTR Q2決算

reostock.hatenablog.com

 

決算前コンセンサス

f:id:reostock:20210808123524p:plain

Q2決算前コンセンサス

f:id:reostock:20210814143832p:plain

Q2

 →EPS/Revenue・ガイダンス全てOKでした。

 

f:id:reostock:20210814144210p:plain

Q2

→これまでの決算は全てPassしています。

 

○2021Q2決算

f:id:reostock:20210814144557p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814144649p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814144741p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814145243p:plain

Q2

→売上や契約の伸びも順調。

f:id:reostock:20210814144835p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814145921p:plain

Q2

→売り上げ上位の企業からの売上も伸びています。

f:id:reostock:20210814145607p:plain

Q2

→Operating marginも堅実に伸びている印象。

f:id:reostock:20210814145653p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814145838p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814145730p:plain

Q2

→Commercial、Governmentともに順調な伸び。

・以下、Earning callより

Shyam Sankar

ロドニー、ありがとうございます。先月行われたGlobal Information Dominance Experiments (GIDE 3)で発表した、当社の最新の製品イノベーションについてご紹介します。メタ・コンステレーションと呼ばれるこの技術は、衛星の運用方法や情報収集の遅延を根本的に変え、AIを活用した意思決定の連鎖の基本となるリンクを生み出します。

私たちは、商業宇宙企業と協力して、237機の衛星を使ったメタコンステレーションを一晩で構築しました。これらの企業は、ハイパースペクトル、レーダー、エリートセンサーのコンステレーションを軌道上に展開しています。そして、これらのパワーを最前線の人々に直接提供し、エッジを強化しています。これは史上最大級の共同センサーコンステレーションであり、実際に運用されています。ここでは、AIを活用したディシジョンチェーンの定義と構築を担当したシャノンが、その詳細を紹介します。

Shannon Morahan

パランティアのメタ・コンステレーション・ソフトウェアは、成長する衛星コンステレーションの力を利用して、宇宙にAIを展開し、地球上の意思決定者にインサイトを提供します。私たちのメタコンステレーションは、既存の衛星を統合し、何百もの軌道センサーとAIモデルを最適化し、ユーザーが地球全体でタイムセンシティブな質問をすることを可能にしています。

重要な質問としては、山火事の指標はどこにあるのか、気候変動は作物の生産性にどのような影響を与えているのか。また、海軍の艦隊はいつ、どこで作戦を行っているのか?メタコンステレーションは、PalantirのEdge AIテクノロジーを新たなフロンティアへと押し上げます。周知のように、潜水艦は米国とその同盟国に脅威をもたらします。そして、戦略的利益を守るために、同盟軍は世界中のすべての潜水艦の配備を追跡する必要があります。

そして、この課題の最前線にいるのが対潜水艦戦担当者です。彼らは、太平洋上の港を監視するためにメタ・コンステレーションを利用しています。その様子を少しだけご紹介しましょう。連合軍の監視要請に応えて、メタ・コンステレーションは利用可能な軌道上のセンサーを動的に決定します。Palantirを介して統合されたコンステレーションは、共同で各港をカバーするようスケジュールされます。

一方、Apollo for Edge AIは、それぞれの衛星に合わせたAIマイクロモデルを割り当てます。このモデルは衛星に搭載されており、自動的に潜水艦を発見し、その洞察をユーザーに直接伝えることができます。ミッションが計画されると、Apolloはそれぞれの衛星を自動的に再構成し、適切なマイクロモデルを軌道に乗せます。また、Palantir社のEdge AIプラットフォームは、ソフトウェアペイロードとして搭載され、複雑な衛星のサブシステムをモデルに接続し、新しいAIをハードウェアに統合します。

私が一番気に入っているのは、軌道上でEdge AIプラットフォームが適切なマイクロモデルをホットスワップし、衛星を迅速に再構成することです。モデルは画像を処理し、潜水艦を検出して地理的な位置を特定し、最後に収集したデータが通過した後の動きを1秒以内に判断します。AIが潜水艦の動きを発見すると、衛星が頭上を通過する際にその情報が連合軍に直接ダウンリンクされ、対潜水艦戦担当者にわずか数分で通知され、これまでにない方法で対応できるようになります。

ご存知のように、私たちはパランティアのメタコンステレーションにとても期待しています。これは、最も困難な問題に何百もの衛星を投入するソフトウェアだと考えています。先ほど説明した対潜水艦戦担当者が潜水艦を見つけるためにメタコンステレーションを使用する場合でも、救急隊員が山火事の兆候を見つけるためにAIを活用する場合でも同様です。メタコンステレーションは、ユーザーに力を与えるためにあります。

Shyam Sankar

シャノン、ありがとうございました。最先端の製品と継続的な効率化と流通が、第2四半期の前年同期比で非常に好調な業績を牽引しました。第2四半期の総収益は49%増加しました。米国のコマーシャル収入は90%に加速し、第2四半期のTCBブックは前年同期比175%増の9億2,500万ドルとなりました。

第2四半期だけで20社の新規顧客を獲得し、顧客1社あたりの平均売上高は790万ドルとなりました。上位20社の顧客の平均収益は、前四半期比で36百万ドルから39百万ドルに増加しました。法人顧客数は前四半期比で32%増加しました。100万ドル以上の案件を62件成約し、そのうち500万ドル以上の案件が30件、1,000万ドル以上の案件が21件ありました。

上半期の売上高は49%増加しました。調整後のフリーキャッシュフローは28%、調整後の営業利益率は33%となりました。また、総取引額が63%増の34億ドルとなったことで、将来の成長に対する見通しが立っています。これらの結果と、当社のビジネスを前進させる勢いの核となっているのは、製品イノベーションです。先ほど、Apolloを通じて提供されるエッジAIのイノベーションが、お客様の能力をどのように変化させるかをご覧いただきました。

最近では、軍用の高度なヘリコプターや特殊作戦用の高速艇への搭載など、この技術にとって重要な初の試みをいくつも成し遂げました。

さらに先週は、我々の頭上484kmの宇宙から、まさに宇宙から泥の中まで、我々のエッジAIが会議を行いました。さて、第3のプラットフォームであるApolloは、常に当社の隠れた強みとなっています。Apolloは、集中管理されたSaaSソリューションの効率的な拡張性を失うことなく、ドローン、潜水艦、衛星、機密ネットワーク、オンプレミスなど、これまでのSaaSにはない場所でのSaaSの提供を可能にします。

私たちは、お客様のニーズに応えることができました。そして今、私たちはApollo自体を商品化することで、お客様がお客様のニーズに応えられるよう支援していきます。既存のソフトウェア企業からは、オンプレミスの大規模な顧客基盤を持っているにもかかわらず、将来の研究開発をクラウドだけのソリューションに投資しているという声が聞かれます。大企業や政府機関の主要な顧客は、クラウドへのアップグレードをせず、オンプレミスでの展開を必要としているという大きな問題を抱えています。

フォーチュン500社のある企業では、2億5,000万ドルから5億ドルのアップセルを確認しましたが、彼らが開発した最新かつ最高の製品はクラウドでしか動作しないため、見送らなければなりませんでした。また、特定の顧客はオンプレミスでの動作を必要としています。

この会社は、Apolloの長年の研究開発を活用して、既存のクラウドベースのSaaSソフトウェアを、最小限の労力でお客様が必要とする場所で実行できるようにすることができます。クラウドネイティブな製品を運用しているDevOpsチームやSREチームを活用して、Apolloを運用することもできます。Apolloは、オンプレミスでの運用をクラウドでの運用のように感じさせます。過去15年間に行われた研究開発の膨大な量と、隅々まで見渡せるようにするための投資が実用化されるにつれ、この分野ではさらに多くのことができるようになると期待しています。

流通の効率化と同時に、既存企業の製品イノベーションも加速しています。例えば、欧州最大級の銀行は、そのリテールバンキング部門が直面している緊急のコンプライアンス問題について、当社に相談に来ました。この銀行は10,000以上の支店を有しており、新しい規制要件に対応し、アンチマネーロンダリングコンプライアンスのプロセスを最適化するために、迅速に行動する必要がありました。

私たちは、ファウンドリに組み込まれたすぐに使える機能を活用して、わずか2日でこのお客様のためにソリューション全体を展開することができました。これは、お客様から見れば、以前は考えられなかったスケジュールでした。率直に言って、これは3年前にも考えられなかったことで、同等のプロジェクトは3ヶ月かかっていたかもしれません。

このようなことが可能になったのは、データ統合の限界コストをゼロにするSoftware-Defined Data Integrationや、アプリケーション開発の限界コストをゼロにするアーキタイプ、ノーコードテクノロジーなど、当社の製品イノベーションのおかげです。

これらのおかげで、お客様は数ヶ月から数年に渡ってレガシーシステムと格闘して時間を浪費することなく、常に進化し続ける問題の解決に最初から集中することができます。当社の技術が、ますます複雑化するオペレーション上の課題に対応し、これらのシナリオでお客様に複合的な利益をもたらすのを見るのは、とてもエキサイティングです。

鉱業分野では、リオ・ティント社の最新鋭の地下鉱山にファウンドリが導入されました。この鉱山は、5つの独立した坑口で構成されており、200kmのトンネル、最大で地表から1.3kmの深さに達しています。リオ社はファウンドリを利用してデジタルマインを構築し、従業員の安全を確保し、業務を効率化しています。

センサーデータにより、リオ社はピンポイントの精度で機器の性能を監視し、地盤の状態を測定し、地下にいる従業員の安全を確保することができます。また、これらの作業を何千マイルも離れたブリスベンの拠点から行うことができ、洞窟探検の専門家が現場での作業を支援することができます。

エネルギー分野では、戦略的な成果を得るために業務ユーザーに力を与える方法をさらに開拓しています。当社のノーコード技術は、リアルタイムのセンサーデータにまで拡張されており、現場ではオペレーションのスピードに合わせて、独自のマルチソースセンサーフュージョンを簡単に作成・管理することができます。

これは、データから意思決定までの最短経路であり、リアルタイムで、高結果、高スキルの環境を実現します。エッジAIにしても、エッジアプリケーションにしても、私たちは極限状態にあります。公共事業における当社の勢いは加速し続けています。ここでは、ファウンドリープラットフォームが独自の適合性を持ち、数週間でスケールアップした価値を提供しています。

第1四半期には、ENGIE社およびPG&E社とのパートナーシップを発表しました。第2四半期には、National GridとSouthern California Edisonという2つのユーティリティ企業が加わり、PSPS(Public Safety Power Shutoff)から調達、グリッド管理、安全性に至るまで、コネクテッド・ユーティリティの構築を進めています。

より広く言えば、ここ数四半期で私たちが本当に証明したことがあります。このことは、第2四半期に32%の成長を遂げた商用顧客数の驚異的な伸びにも反映されており、ファウンドリはすべての人のためのものであることを示しています。市場は変化しています。私は、COVIDが "皇帝に服はない "ということを如実に示したことを話しました。COVIDのベア・アセットに注目したのは、既存の大企業だけではありません。若手も注目していました。彼らはファウンドリを、AWSやAzure、その他のクラウドでスポークソリューションを構築する代わりの手段と考えています。彼らが必要としているのは、明日に備えたソフトウェアなのです。ファウンドリのソフトウェアは、そのためのプラットフォームです。アーリーステージの企業から新規上場企業まで、ファウンドリでそのビジョンを追求する企業が増えています。

私たちはこれらの企業を「デイ・ゼロ・カンパニー」と呼んでいます。当社のディストリビューションの革新性により、さまざまな業界の企業がファウンドリ上で製品を構築する際に、当社はこれらの企業のパートナーとなることができます。例えば、バイオテック分野では、セルラリティが医薬品の研究開発と製造の両方で培った経験を活かして、医薬品の開発を加速させ、細胞ベースの治療法の新たな基準を打ち立てています。

ロイバントは、サノフィやメルク・グループなどの製薬会社やN3Cなどの公衆衛生プラットフォームで培った経験を活かして、開発パートナーと試験データをプールして共有し、主要な疾患領域をサポートするためのリアルワールド・エビデンス機能を構築しています。自動車業界では、WejoがSaaSエコシステムを構築しており、コネクテッド・ビークルのデータは、OEMサプライヤー、保険会社などのユースケースに広がっています。

Wejoは、Foundryの上に、自動車メーカー、サプライヤー、保険会社、政府機関のユースケースを網羅したSaaSエコシステムを構築します。物流分野では、Boxが出荷と販売の両方のオペレーションを統合したデジタル・ツインを構築し、原材料から最終顧客までのすべての支出に対応しています。このプログラムでは、アーリーステージの企業が最初からFoundry上で業務を構築することができ、複雑化するビジネスを効率的に管理するだけでなく、実際に生み出すことができます。

Rodney Nelson

競合他社がレガシーITへの投資に追われ、社内ですべての車輪を再発明することに執念を燃やしている一方で、これらの企業にはITカタログがありません。彼らは、創業者、起業家、エンジニアであり、勝つことに集中しており、そのための最良の方法がファウンドリであると考えています。

Shyam Sankar

このプログラムには、メディケアプランの選択と登録において消費者の体験に革命を起こしているChapterや、産業検査用の優れたロボットを開発しているGecko Robotics、企業のサプライチェーンの脱炭素化を支援してカーボンフットプリントのネットゼロ、実際にはネットマイナスを達成しているOrigin Materialsなどの企業が参加しています。今後は、このサービスをさまざまな業界のアーリーステージの企業にも拡大していく予定です。

これらのDay Zero企業には、当社のビジネスを成長させ、製品の意欲を高める大きなチャンスがあると考えており、次世代のビルダーに力を与えることができることを非常に嬉しく思っています。また、このようなイノベーションは、事業強化のための継続的な投資の中で行われています。私たちは、事業全体で販売への投資を続けています。第2四半期には営業部門で60名以上を採用し、上半期の採用数が100名を超え、パイプラインも加速しています。

第2四半期には、民間企業の顧客数が32%増加し、第2四半期の契約総額は9億ドル強となりました。官公庁向けビジネスでは、防衛、医療、その他の重要な取り組みにおいて、機会の拡大と業務の拡大が続いています。

米国陸軍、空軍、沿岸警備隊との新規契約を締結し、その中には米国特殊作戦軍との2年間で1億ドルの契約も含まれています。この実験では、当社のソフトウェアが実世界のシナリオに対して応用的なAIによる意思決定を促進し、敵を凌駕するためにデータを活用するノースコムの能力に革命をもたらしました。ヘルスケア分野では、米国でHHSやCDCと新たな契約を締結しました。

7月には、米国政府がワクチンの生産、流通、管理を追跡するために使用しているTiberiusプラットフォームの契約を倍増したことを発表しました。これらの受賞は、パンデミックへの対策とヘルスケア分野におけるイノベーションの推進の両方において、当社の活動範囲が拡大していることを示しています。政府との連携は、防衛分野だけでなく、ヘルスケア分野にも広がっています。第2四半期、FAAは、航空機の認証および運航安全活動をサポートするソフトウェア・バックボーンの提供者として、パランティアを選定しました。

FAAはFoundryを導入し、737 MAXの運航再開に向けた継続的なモニタリングなどの重要な業務を行います。これは、エアバス社との深いパートナーシップや、Skywiseを通じた航空会社との連携など、Palantirの航空宇宙ビジネスの繁栄を継続させるものです。また、チャネル・パートナーシップの発展も続けています。

6月にはDataRobot社との新たなパートナーシップを発表し、顧客の需要予測の支援に注力しています。COVIDの混乱により、これらの予測を管理する旧来の方法はすべて台無しにされ、変革の必要性が非常に高まっています。DataRobotのモデル開発と、ファウンドリーのクラス最高のソフトウェア定義のデータ統合、オントロジー、運用アプリケーションとワークフローを活用することで、ブランドは需要予測にアジャイル戦略を採用し、数ヶ月ではなく数分で展開することができます。私たちは、Global SIとの関係を構築し続けています。Accenture Federalとの協力関係は非常にうまくいっています。私たちは、情報機関、防衛省、民間企業など、さまざまな機関で仕事をしています。Accenture社は、この勢いを自社のすべての市場部門に拡大するために投資しています。

文化的な話になりますが、先週、恒例のハックウィークがオフィスで開催され、とても興奮しました。ハックウィークは、アクセンチュアの初期の頃にさかのぼる、歴史的で活気に満ちたパウンダーの伝統です。ハックウィークは、私たちのイノベーションの文化を示すものです。私たちの時代を決定づける問題に最高の人材を配置し、その一人ひとりに権限を与えて、「やめてくれ」と言うことができるのです。私たちの最も革新的なアイデアやコアテクノロジーのいくつかは、アポロの前身を含む過去のパックウィークから生まれました。

大きなアイデアは、いつもロードマップに載っているわけではありません。大手テクノロジー企業が提供してくれる、偽りの快適さや洗練された嘘の言葉がロードマップになるのではなく、ビッグアイデアはひらめきや汗から生まれるのです。私は経営者として、最高のアイデアや最も深遠なアイデアは、階層構造が消滅させてしまうというヘッダーDocSys(ph)のような異端から始まったことを痛感しています。私たちPalantirは、アーティスト・コロニーなのです。

非常にフラットで、絶妙にフラットです。そして、それを維持しているのは、顧客の問題を中心に組織化し、再編成することであり、しばしば大きな変動を伴うものです。私たちが困難なことや勇敢なことをするのは、それがお客様にとって正しいことだからです。私はただ、現在と過去のハッキングを粉砕した「ホビット」を讃えたいのです。フェローシップ万歳です。それでは、デイブに財務状況について話してもらいましょう。

Dave Glazer

Shyamさん、ありがとうございます。まず第2四半期の業績について説明し、次に今後の見通しについて述べます。第2四半期は、継続的な製品革新と流通への継続的な投資により、取引が加速し、記録的な業績となりました。第2四半期および上半期の売上高は前年同期比で49%増加し、第2四半期の売上高は3億7,600万円、上半期の売上高は7億1,700万円となりました。また、第2四半期に5,000万ドルの調整後フリーキャッシュフローを創出したことで、上半期の調整後フリーキャッシュフローは2億ドルを超え、上半期のフリーキャッシュフローマージンは28%となり、前年同期比で4億3,300万ドルの改善となりました。

上半期は好調で、下半期の見通しが立ったことから、調整後フリーキャッシュフローの通期見通しを上方修正しました。第2四半期の調整後営業利益は1億1,700万ドルで、利益率は31%となり、3四半期連続で調整後営業利益率が30%を超えました。第2四半期の契約金額合計は、前年同期比175%増の9億2,500万ドルとなり、長期的な成長の見通しが立ちました。

当四半期には20社の新規顧客を獲得し、顧客数は前四半期比で13%増加しました。商用顧客数は前四半期比で32%増加しました。第2四半期の売上高については、事前のガイダンスである43%を上回る49%の増収となりました。米国事業は引き続き好調で、第2四半期は前年同期比60%増となりました。分野別の売上高を見ると、第2四半期の政府機関の売上高は、前年同期比66%増の2億3,200万円でした。

政府関連事業の好調は、米国陸軍、空軍、沿岸警備隊、HHS、CDCとの新規取引に加え、国際的な政府関連顧客のマイルストーン収入によってもたらされました。当社は、政府関連事業において、引き続き強力なパイプラインを構築しています。これらの収益が、今後の政府関連事業の持続的な成長を促進するものと期待しています。

第2四半期のコマーシャル収入は、前年同期比19%増の1億4,400万円となり、成長が加速しました。第1四半期の19%の成長に対し、第2四半期のコマーシャル収入は前年同期比28%増の1億4,400万円と加速しました。特に米国では、第1四半期の72%から第2四半期には90%へと成長が加速しました。また、海外の経済が回復しつつある中、海外事業も成長しています。第2四半期には、契約金額が100万ドル以上の案件を62件成立させました。

また、500万ドル以上の案件を30件、1,000万ドル以上の案件を21件成立させました。第2四半期に計上した契約総額は、前年同期比175%増の9億2,500万円となりました。第2四半期の総契約残額は前年同期比63%増の34億円となり、商用契約残額は前年同期比122%増の21億円となりました。また、平均契約期間は、第1四半期末の3.7年から3.9年に延長しました。

第2四半期の顧客一人当たりの収益は790万ドルで、前年同期比19%増、第1四半期比ではわずかに減少しました。これは、急速な顧客獲得により、当四半期に20社の新規顧客を獲得した結果です。第1四半期の電話会議で述べたように、営業チームとチャネルパートナーの成長、および革新的なD-zeroの新規企業の参入により、新規顧客の増加が加速しています。顧客基盤の拡大を反映して、顧客一人当たりの平均売上高は増加すると思われます。

第2四半期に追加された新規顧客の影響を除くと、顧客1人当たりの平均売上高は、第1四半期に比べて9%増の880万円となりました。上位20社の顧客の平均後12ヵ月売上高は、前年同期比36%増の3,900万円でした 次に、株式ベースの報酬を除いた調整後のマージンと費用について説明します。第2四半期の調整後の売上総利益率は、前年同期比200bp増の82%となりました。貢献度は58%で、前年同期比300bpの増加となりました。

株式ベースの報酬および関連する雇用者の給与税を除く営業利益は1億1,700万円で、利益率は31%でした。調整後の費用は、前年同期比16%増の2億5,900万円となりました。これは、長期的な成長を支えるために製品開発と販売の両面で事業を拡大していることを反映しています。第2四半期には100名以上の営業担当者を採用し、2021年下半期も引き続き好調な採用を見込んでいます。

第2四半期のマーケティング費用は、第1四半期と比較して約2倍に増加しました。これは、販売と採用のファネルを促進するために、ブランドマーケティングとパフォーマンスマーケティングの両方を引き続き強化しているためです。第2四半期の調整後フリーキャッシュフローは5,000万円となり、利益率は13%、調整後フリーキャッシュフローは2021年上半期に2億円を超えました。キャッシュフローが好調なことから、未払いの2億ドルのタームローン枠を返済し、現在は無借金経営となっています。

負債を返済した後、当四半期の現金および現金同等物は23億円となりました。このようなバランスシートとキャッシュフローの強化を背景に、当社は、製品の革新と販売の拡大の両方に継続して投資するとともに、Day Zero企業と提携し、当社のソフトウェア・プラットフォームを活用しながらビジネスを迅速に拡大できるよう支援していく予定です。

今年の前半では 当社は2億5,000万ドルの投資を約束し、本日、そのうち約2,000万ドルを調達しました。当社は、今後も追加の戦略的投資を行う予定です。第2四半期には、今年初めに開始した戦略的投資プログラムの一環として投資した企業からの収益が300万円と、四半期収益の1%未満でした。

第2四半期の収益見通しについては、売上高3億8,500万ドル、調整後営業利益率22%を見込んでいます。上半期の調整後フリー・キャッシュ・フローの好調さと下半期の継続的な勢いを受けて、通期の調整後フリー・キャッシュ・フローを引き上げます。通期の調整後フリー・キャッシュ・フロー見通しを3億円超に引き上げます。

長期収益ガイダンスに関しては、2020年末の決算説明会で当社CEOのアレックス・カープが示したガイダンス戦略を継続して実行します。本年度および今後4年間の収益成長率を30%以上とするガイダンスを各決算説明会で発表しており、今後も継続していきます。

以上をもって、質疑応答を開始するために、コールをロドニーに託します。

 

Rodney Nelson

ありがとうございます。では、株主の皆さまからsayで寄せられた質問をもとに、質疑応答を始めます。Shyam 最初の質問は、Ralstonからの質問ですが、Palantirは企業顧客との関係を深めて[不明]のシェアを拡大しました。PalantirがデフォルトのOSとなったことで、これらの顧客のライフサイクルはどのように変化しているのでしょうか?また、ネットワーク効果フライホイールをどのように生み出しているのでしょうか?

Shyam Sankar

ありがとう、Ralston。Foundryが特殊任務用のOSを提供するまでには約8年、航空業界のOSを提供するまでには約4年かかりました。COVIDの研究と共同作業のオペレーティングシステムになるまでには約2ヶ月かかりました。そして、デイ・ゼロ企業のOSになるまでには、約2日かかっていますし、彼らが業界を活性化させようという野心を持っています。私たちのビジョンは変わりません。

それは、企業や産業のデフォルトOSになることです。しかし、顧客の動きはどんどん速くなり、ネットワークへの影響は甚大です。現在、ボーイング社の航空機の5%がエアバス社のSkyWayエコシステムで管理されています。これは、ネットワーク効果を特に強く証明しています。ファウンドリーとエアバスがSkyWayを立ち上げる約1年前に、マイクロソフトボーイングが競争力のあるエコシステムを立ち上げたことを思い出してください。

このことは、レゴブロックのようなDIYアプローチと当社のエンド・ツー・エンドのオペレーティングシステムの根本的な違いをさらに強調しています。もう一つの例として、ある製薬会社はFoundryで2,000件以上の臨床試験を調和させました。例えば、5つの臨床試験をプールして分析することは、大したことではないと思われがちです。2,000件というのは初めてのことで、カテゴリーを定義するものです。そして、その臨床試験の資産を他の製薬会社に提供し、研究開発を共同で行うという野心を持っています。

もしあなたが、優れた臨床的洞察力が優れた研究開発成果をもたらすと信じているのであれば、このネットワーク効果はゲームチェンジャーになるでしょう。もし、あなたが製薬会社であり、参加しているとしたら、あなたはどうなるでしょうか?おそらく、根本的かつ複合的に不利な立場に置かれることになるでしょう。このような状況を打開するには、参加する必要があります。

このお客様は、ファウンドリを社内の研究開発用のOSとして使用していたのが、業界全体のOSとして使用するまでになりました。デイ・ゼロ企業の特徴は、最初からそのような野心を持っていることです。全体的なビジョンは、その業界を変革することです。エコシステムを最初に構築しているのです。

Rodney Nelson

Shyamさん、ありがとうございます。ケビン、次の質問はあなたにです。Aviさんからの質問ですが、前四半期に追加された新規顧客数には満足していますか?

Kevin Kawasaki

ありがとうございます。特に商業分野では、前四半期比で32%増加し、上半期では61%増加しました。これにより、年末までに商業分野の顧客数を2倍以上に増やす予定です。案件数も増加しました。100万ドル以上の案件を62件成立させました。これは、前四半期比で72%の増加です。第2四半期のTCBは、前年同期比175%増の9億2,500万円となりました。現在のお客様も増えました。

新規顧客を平均売上高から差し引くと、1人当たりの顧客数は前四半期の810万人から880万人に増加しました。当社の最大顧客である上位20社の顧客数も、3,600万人から3,900万人に増加しました。これらの結果は、製品への投資と流通の効率化によってもたらされたものです。それでは最後に、先ほどShyamが話したことをもう一度説明します。

当社は現在、フルパワーのFoundryをサブスクリプションモデルを通じて小規模企業に提供しています。これは、ヘルスケアからロボット工学、ソフトウェア企業、SaaSビジネスまで、さまざまな分野で実施されています が、Foundryを利用してサービスを構築しています。

Rodney Nelson

素晴らしいケビン。次の質問では、収益が出る前の企業へのパイプ投資について、長期的なビジョンを説明してく ださい。巷では、Palantirが収益を買っていると言われていますが、私は、ネットワーク効果を高める巧妙でハイリスク・ハイリターンな戦略だと考えています。

Kevin Kawasaki

ありがとうございます。これは、お客様に投資する大きなチャンスであり、私たちが常に行ってきたことでもあります。今回は、当社のバランスシートを使って行うことができます。これらの企業は、私たちが長い間一緒に仕事をしていくと考えている企業です。さらに、私たちの製品を使うことで、お客様の勝利に貢献できると考えています。私たちがお客様との関係で常に求めているのは、創業者のメンタリティです。そこに私たちは最も共感しています。

官僚主義ではなく、高速で質の高い実行力。私たちは、このような創業者の精神を求めています。また、ここで少し数字を整理してみましょう。Daveはすでに述べたように、第2四半期の当社の収益のうち、このプログラムによるものは1%未満でした。さらに、第2四半期のTCB総額9億2,500万円のうち、このプログラムによるものは5億4,300万円でした。これは長期的な戦略です。また、この案件も同様に長期的なものであり、収益計上までの期間も長くなることが予想されます。第2四半期のTCBのうち、戦略的投資以外の部分も好調で、合計3億8,200万ドルとなりました。

これは、前四半期比で33%の伸びを示しています。言い換えれば、投資プログラムがないと仮定した場合、TCBは前四半期比で33%増加したことになります。これには大変満足しています。また、National Grid、Avi、John Deere、Bass Pro、FAA、U.S. Army、Air Force、Coast Guard、CDC、HHS、Tiberius(ご存知の通り、米国政府がワクチンの製造・販売・管理を行っていた組織)など、多くの企業と契約を結びました。そして、最後になりましたが、米軍特殊部隊に1億ドルを提供しました。

Rodney Nelson

すばらしい、ありがとう、ケビン。Dave、次の質問に答えてください。Lindaさんからの質問ですが、PalantirはいつGAAPベースのEPSを発表する予定ですか?

Dave Glazer

ありがとう、Linda。私たちは高い成長率と強力なキャッシュフローを実現していますが、私たちの規模でそれを実現できる機関はほとんどありません。6月の数字については、多くの点を重視しています。収益と、その収益からキャッシュを生み出す能力、つまり調整後のフリーキャッシュフローで評価しています。今年の上半期は、収益が49%増加し、調整後フリーキャッシュフローのマージンは28%でした。また、調整後フリー・キャッシュ・フローの通期見通しを、従来の1億5,000万ユーロから3億ユーロ超へと100%上方修正しました。

Rodney Nelson

ありがとうございます。Dave Shyam、Mohamadからの質問ですが、ビジネスの成長速度はどのくらいですか?また、Palantirにとっての競争上の脅威にはどのようなものがあるでしょうか。

Shyam Sankar

ありがとう、モハマド。上半期の売上高は49%増加し、調整後のフリーキャッシュフローマージンは28%、調整後の営業利益は33%となりました。当社の商用顧客数は前四半期比で32%増加し、年初から61%増加しました。米国でのコマーシャル収入は、前年同期比で90%増加しました。

海外でのコマーシャル収入も加速しています。ヘルスケア事業も成長しています。このように、私たちの成長を制約するのは、お客様の構想力だけです。COVIDの最前線では、ワクチン接種プログラムや臨床研究開発プロジェクト、商用サプライチェーンの変革など、意欲的な取り組みが行われています。そして、このことを最も明確に表しているのが、Day Zero企業です。

これらのデイ・ゼロ企業は、PTSやエアバスのように5ヶ月以内に達成したいと考えていますが、ファウンドリーでは5年かけて達成しようとしています。それが、彼らと一緒に仕事をする上で、私が最も期待していることです。これらの企業は、膨大な問題に厳しいスケジュールで取り組んでおり、そのすべてをFoundryの上で実現しようとしています。

ですから、彼らと話をして、競争上の脅威についてどう考えているのか、彼らの選択肢は何だったのかを確認する必要があります。

しかし、私の印象では、彼らはFoundryの上に構築するか、あるいは、より多くの時間と費用をかけてRp上でゼロからオリジナルのものを構築するかのどちらかだと思います。彼らの立場に立てば、それはとても簡単な決断だと思います。つまり、簡単に言えば、競争上の脅威とは、臆病さと怠惰さなのです。そして、お客様が勇敢で効率的であれば、私たちは常に勝つことができるのです。

Rodney Nelson

Shyamさん、もう一つJasonさんからの質問ですが、ノミネートされたアナリストはPalantirの事業内容を理解しているようですね。今後、広報活動を強化し、ビジネスモデルの認知度を高めることで、Palantirのさまざまなソフトウェア・プラットフォームの利用率を高める計画はありますか?

Shyam Sankar

ありがとうございます。ジェイソン、なぜ私たちの活動を知らない人がいるのか、理解できない人がいるのか、私にはよくわかりません。しかし、知らない人たちについては言えます。それは、カープを引き渡すために彼を追い詰める特殊工作員たちです。アメリカやイギリスでワクチンを届けるためにたゆまぬ努力をしている公務員、フランス政府がマイクロンの選挙前夜に家賃を値上げしていること。

ドイツ人は、COVIDに取り組む世界食糧計画のサプライチェーン・オペレーターに自爆テロや時間を割くことを信条としており、世界の貧困と飢餓に深刻な影響を与えています。COVIDの臨床研究開発以外にも、不明瞭なデトロイトの組立ラインで働く工場労働者、ナイジェリアで救出された人質など、私たちはこれらの人々とコミュニケーションをとることで、明確かつ明瞭になり、極限状態にあるユーザーと話ができるようになると思われます。

Rodney Nelson

ありがとうございます。ありがとう、Shyam。Dave、あなたにも1つ。ベンジャミンからの質問ですが、最近、インサイダーセールが大幅に増えているのはなぜですか?

Dave Glazer

ありがとうございます、ベンジャミンさん。今年の初めに始まった、月に数回、ハーバーズ社が行う予定販売のことをおっしゃっているのですね。前四半期の第1四半期の電話会議でも述べましたが、ハーバーズ社は10年前に大量のオプションを付与し、それが今年末の12月に期限切れとなりました。つまり、それまでにオプションを行使しなければ、すべての株を失ってしまうのだ。

2021年のこれまでに、ハーバーズはそのオプションのうち約4,000万株を行使し、半分の株を売却し、その資金で残りの半分を行使して保有している。これらの取引により、今年は数億ドルの所得税が課せられ、年末にはさらに数億ドルの所得税が課せられる見込みです。

また、12月末に期限切れとなる約2,700万個のオプションについては、半分を売却し、残りの半分を行使して保有する予定です。

Rodney Nelson

すばらしい、ありがとう、Dave。カルプがかつて言っていたように、経営者は数年間の数字は、GAAPベースのいくつかのマクロトレンドの遅れた指標であると考えています。経営陣が自信を持って株主価値を向上させたり、長期的にアルファを提供できるような、将来を見据えたミクロやマクロのトレンドとは何でしょうか。

Shyam Sankar

ありがとうございます。もし私が4ヶ月前にアナリストやウォール街の投資家にCOVIDはなくならないと言ったら、きっと笑われていたでしょう。たまたま、私はこのことを彼らに伝えたので知っているのですが、何度も何度も笑われました。いいですか、Humpty Dumptyは大失敗をしました。世界は変わってしまったし、もう元には戻らない。私たちは今の世界、そしてこれからの世界のためにソフトウェアを作りました。私たちはそれが起こることを予見していました。

将来のニーズを予測していました。サプライチェーンはこれまでと同じではありませんが、今日の不足分だけではありません。古い世界では、予測の正確さに固執します。新しい世界では、予測の誤差をいかにうまく管理するかが重要になります。誤差はシグナルであり、誤差は勝利のチャンスなのです。医療はこれまでと同じではありません。

ワクチンだけではなく、18ヶ月に及ぶバックログの解消や、診断の遅れによる罹患率や死亡率への影響など、様々な問題が発生しています。エネルギーは、あらゆる業界に変革をもたらしました。当社のお客様は、過去10年間に行ったIT投資のうち、必要とされたものがほとんどなかったことに失望し、率直に言って怒りを覚えました。それは巨大な市場であり、醜いものでした。

現実には、ショックはもっと頻繁に起こるでしょう。それは一回限りのことではありません。それは新しい規範なのです。何年にもわたって行われてきた無意味な投資の結果、巨大な脆弱性が生まれました。私たちは、未来のチャンピオンのための弾力性のあるオペレーティングシステムです。

Rodney Nelson

素晴らしいShyam。開く前にもう1つお願いがあります。Steveからの質問ですが、Palantirはどのようにして優秀な人材を集め、維持し続けるのでしょうか?

Shyam Sankar

ありがとう、スティーブ。この質問は、私にとって非常に身近で大切なものです。私たちにはユニークな文化がありますが、その文化については私には説明できません。私たちの文化を説明できるのは経営者だけです。それは経験しなければならないことなのです。それは組織のすべての核心から発せられるものです。そしてその文化は、私たちのミッションによって支えられています。私たちは、バグダッドのコンクリートの床で寝たことがあります。アフリカでは、HIV結核マラリアエボラ出血熱との戦いの最前線にいました。トゥールーズからデトロイトまで、工場の床でコーディングを行ってきました。その文化を説明することはできませんが、その文化が象徴する基本的な考え方をお伝えすることはできます。

私たちはアーティストを呼ぶ場所であり、工場ではありません。人々はPalantirには来ません。予測可能なキャリアの道筋や、規則正しい梯子を登りたい人は、Palantirには来ないでください。私たちにはそれがありません。工場のような会社もあります。ソフトウェアエンジニア1からスタートして、努力すればソフトウェアエンジニア1.5になれるとか、そんな感じです。私たちは、アーティストを呼ぶ会社です。ダル・リーに「もっとモネのような絵を描け」と言っても意味がありません。

私たちが求めているのは、個性的で並外れた人材であり、定義上、凸凹でトゲトゲしているような人たちです。そして、その人と一緒に旅をして、その人の人間性に合わせたオーダーメイドのロールを作ることを約束します。私たちは、社員について批判的に考えることに多くの時間を費やしています。彼らは何者なのか?どんな人になれるのか?どうすれば彼らとその可能性を最大限に引き出すことができるのか?ブルース・バナーがインクレディブル・ハルクに変身するために必要なガンマ線の量を考え、それを照射します。パランティアで働くことは誰にでもできることではありません。しかし、もしあなたに向いているのであれば、この仲間たちは他に類を見ないほどのカリスマ性を持っています。そして、この文化はタダでは手に入りません。宇宙のエントロピーはあなたに不利です。毎日起きて、そのために戦わなければなりません。

Rodney Nelson

Shyamさん、ありがとうございました。 では、質疑応答をお願いします。

Operator

最初の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルさんです。

Brent Thill

おはようございます、お電話ありがとうございます。商業部門の業績は、前四半期比で素晴らしいものでした。直販体制の構築、IBMとの提携、Palantirの導入など、要因をもう少し掘り下げてお話しいただけないでしょうか。何が原動力になっているのか、もう少し詳しく教えてください。また、下半期の形状についてはどのようにお考えですか?ありがとうございました。

Shyam Sankar

もちろんです。ありがとう、ブレント。まずはそこから始めます。ダイレクトセールス部門への投資の効果が現れています。上半期に採用した約100名のスタッフには大変満足しています。彼らは順調に成長しています。ここでは、より多くのアカウント・カバレッジが得られています。第4四半期には、FD Edison、National Grid、Avis、Deerなど、いくつかの大きなロゴが入りました。もちろん、商業分野での卓越した強みだけでなく、FAA(連邦航空局)のような官公庁分野での新規獲得も見られます。もちろん、チャネルも貢献しています。もちろん、チャネルも貢献しています。チャネルからの広告収入の約10%を占めているので、この点については非常に満足しています。しかし、直販部隊の影響がここにきて本格的に現れてきました。

Operator

次の質問はWolfeのアレックス・ズーキンさんです。

Alex Zukin

私の質問にお答えいただきありがとうございます。まず最初に、Shyamさんから、戦略的パートナーシップから得られるTCBの割合に関する質問の再検討についてお話いただけますか。これはどのように推移すると予想していますか?これらの契約期間はどのくらいですか?TCBの50%が戦略的パートナーシップによるものであるというのは、非常に印象的な指標でした。そこで、当社の全体的な戦略について理解を深めておきたいと思います。

Shyam Sankar

はい、もちろんです。Daveは、第2四半期のこのプログラムによる売上は全体の1%にも満たないと述べました。さらに、第2四半期のTCB総額は9億2,500万で、このプログラムによるものは543でした。長期的な戦略についてのご質問ですが、この案件も非常に長期的なものです。そのため、収益計上までの期間も長くなることが予想されます。これについては少し触れましたが、繰り返しになりますが、戦略的投資以外のTCBの部分も非常に好調で、合計3億8,200万となっています。

これは前四半期比で33%の伸びを示しています。言い換えれば、投資プログラムがなければ、GP(Ph)グロスは前四半期比33%増となります。それから、ここでは長期的なビジョンについても少し触れたいと思います。カープ博士は、プレスリリースやFoundry(現代企業のためのオペレーティングシステム)で、当社がいかに未来のためのソフトウェアを構築しているかについて述べています。

そして私たちは、産業を変革し、新たな産業を創造するという野心を持った人々にFoundryを提供しています。これまでにもお話してきましたが、私たちは、細胞ベースの治療薬、ファイルや医療ヘルスケアの提供、量子コンピューティング、衛星、電気自動車、宇宙から世界中の情報を配信するといった分野の企業に注目しています。

Shyam Sankar

その他にもたくさんあります。これらの企業は、独自の最先端技術を持っています。そして、彼らのビジョンを推進するためにファウンドリを選んでいます。そして、多くの企業がこれに続くと考えています。私たちの戦略的投資プログラムは、これを加速させるものです。

Operator

次の質問は、モルガン・スタンレーのキース・ワイスさんからお願いします。

Keith Weiss

質問を受けていただき、ありがとうございます。質問は2つあり、1つはアレックスに続くものです。新規の法人顧客20社について、そのうち何社が戦略的提携プログラムによるものかを教えてください。そして、2つ目の質問は、より製品に関連したものです。あなた方は、プラットフォーム全体のモジュール性を高めるために多くの作業を行っていると思います。それがどのように進んでいるのか、またお客様がどのようにそれを採用しているのか、お話いただけますか?それが新規顧客の導入を加速させている一因となっているのでしょうか?

Shyam Sankar

その通りです。ありがとう、キース。この製品は、戦略的投資プログラムに基づいて開発された20機種のうちの7機種です。また、製品に関しては、モジュール化への投資を継続しています。これにはとても期待しています。Edge AIの進化についても少し触れました。先ほどビデオの一部を紹介しましたが、ぜひご覧ください。

しかし、もっと広く言えば、日付の統合から、統合するシステムの数の拡大、EU銀行の例で話したアーキタイプの加速、そして3年前には3ヶ月かかったであろう、本番のアンチマネーロンダリングワークフローやコンプライアンスワークフローを2日で展開できるようになったことなどです。これは3ヶ月から3年前の話です。

銀行が、すべてのファウンドリではなく、AMLソリューションだけを購入できるようになったことで、市場投入までの時間が大幅に短縮され、顧客の成長を加速させることができています。

Operator

最後の質問は、モーニングスターのマーク・キャッシュからお願いします。

Mark Cash

質問にお答えいただきありがとうございます。過去3四半期の営業利益率が30%を超えていますが、これは人為的に高くなっていると考えていますが、第3四半期の営業利益率のガイダンスについて詳細を教えてください。また、今後数年間の成長のためには、20%台前半から中盤を期待してもよいのではないでしょうか?

Dave Glazer

ありがとう、マーク。また、過去4分の3の30%を指摘していただきありがとうございます。そして今期は、あなたの戦略通りです。過去3四半期は約30%でした。今期は33%以上です。私たちは、事業に投資しながらそれを実現しているのだと思います。

今年の上半期を見てみると、100人の営業担当者を追加しました。Shyamは、今年の後半もこのペースを維持するつもりだと話しています。また、マーケティング費用については、第1四半期から第2四半期にかけて約2倍に増加しました。

マーケティング費用については、第1四半期から第2四半期にかけてほぼ倍増しました。また、製品開発やその他のクロスビジネスにも積極的に採用していくつもりです。今年を振り返ってみると、継続的な投資が必要であることがわかり、次の機会をとても楽しみにしています。

Operator

それでは、本日のカンファレンスコールを終了いたします。ご参加ありがとうございました。電話を切っていただいて結構です。

 

🌟まとめ

・もう何が何だかという感じですね。

・決算は良かったと思いますし、これからにも期待しています💌

$BMBL Q2決算

reostock.hatenablog.com

 

決算前コンセンサス

f:id:reostock:20210808123400p:plain

Q2前コンセンサス

f:id:reostock:20210814121525p:plain

Q2


 

 →EPSはmissも、RevenueとガイダンスはOKでした。

 

f:id:reostock:20210814121754p:plain

Q2

→初めての決算missでした。

 

○2021年Q2

f:id:reostock:20210814121919p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814122212p:plain

Q1

→Bumbleのユーザー数やARPUは伸びているものの、Badooはほとんど横ばい。

・CEOのコメント

第2四半期は、戦略的優先事項の実行に引き続き注力し、BumbleアプリとBadooアプリの両方において、有料ユーザー数、エンゲージメント、収益化を大きく伸ばすことができました。当社の業績は、当社のミッションの魅力を反映したものであり、当社が提供する製品、技術、国際的な拡大努力、およびメンバーに対する継続的なコミットメントに対して行っている投資の結果です。Bumble社の創業者兼CEOであるWhitney Wolfe Herd氏は、「健全で公平な関係を望む声が高まっている中、世界中でより多くの人々が当社のブランドの恩恵を受けています。
「Bumble社のCFOであるAnu Subramanian氏は、「当社のビジネスは、ユーザーベースを増やし、メンバーに革新的な製品を提供することで、有料ユーザーとARPPUの増加につながり、第2四半期に優れた収益成長を達成しました。「調整後のEBITDAの拡大は、当社がコスト構造を効率的に拡大しながら事業を成長させることができることを示しています。私たちはこの勢いに勇気づけられ、今年の売上高と調整後EBITDAの両方の財務見通しを増やせることを嬉しく思っています」

・以下、Earning callより

Whitney Wolfe Herd

ありがとうございます、ブリンレアさん。本日ご視聴いただいている皆様におかれましては、健康で元気にお過ごしのことと思います。第2四半期は、当社にとって素晴らしい四半期となりました。Bumble Inc.のグループレベルでは、総売上高が前年同期比38%増の1億8,600万ドル、調整後のEBITDAが28%の利益率を示す5,200万ドルと、好調な業績を達成しました。Bumbleアプリの収益は前年同期比55%増の1億2,700万人、Badooアプリなどの収益は11%増の5,900万人となりました。また、第2四半期の平均有料ユーザー数は、前年同期比20%増の290万人となりました。

当社の優れた業績は、愛と関係の必要性がこれまで以上に重要であることを示しています。パンデミックから1年半が経過し、これまで以上に多くの人々が、オンラインデートが提供する利益、安全性、アクセスを認識するようになりました。COVIDが加速し、孤独感が強まると、人々は私たちにつながりを求めてきます。そして、市場が再開され、現実の生活の中で新しい人に会いたいという欲求が高まると、Bumble Inc.は、人々が迅速かつ安全に新しい関係を見つけられるよう支援します。世界が直面しているデルタバリアントの課題にもかかわらず、当社のプラットフォーム全体でポジティブな傾向が続いています。最も影響を受けた市場でさえもです。

例えば、第2四半期には、インドでデルタバリアントが蔓延しているにもかかわらず、エンゲージメントとアクティビティが増加し、バンブルアプリの月間アクティブユーザー数が前年同期比60%以上の伸びを示しました。第三者機関の情報によると、2021年にはバンブルアプリとBadooアプリの両方において、ほとんどの主要市場でダウンロードシェアを獲得または維持しており、第2四半期にはバンブルアプリの米国でのダウンロードシェア獲得などがありました。第2四半期の結果と第3四半期の牽引力は、世界がパンデミック・カーブに直面する中、当社がユーザーに効果的なサービスを提供できることを示しています。

そしてまた、市場が再開される中で。世界中のすべての市場におけるCovidの状況を積極的に監視し続けていますが、2021年の残りの期間の業績には自信を持っており、通期の売上高ガイダンスを前回のハイエンドガイドである7億3400万ドルから7億5200万ドルに引き上げ、中間点での前年同期比成長率を30%とすることをお伝えします。この業績は、今年初めに発表した戦略的優先事項を着実に実行したことによるものです。これには、継続的な収益化の取り組み、急速な国際展開、中核市場におけるユーザーの再エンゲージメント、製品イノベーションやデータサイエンスの取り組みによるユーザー維持とエンゲージメントの向上が含まれます。

Bumbleアプリの加速、グローバル展開、次世代の友達探しサービス「Bumble BFF」への投資、第3四半期からのBadoo初の2段階価格の導入など、これらの取り組みを継続しています。APTによるパフォーマンスの詳細をお伝えします。まず、バンブル・アプリについてですが、バンブル・アプリは、有料ユーザーとARPPUの両方で成長し、収益は55%増と非常に好調でした。第2四半期のグローバルベースでは、バンブルアプリの登録者数と月間アクティブユーザー数は、パンデミック発生以来、最も速いペースで前年同期比で増加しました。

また、登録数、成長率、顧客の再活性化、顧客のエンゲージメントと保持の大幅な改善により、再エンゲージメントユーザー数が26%増加し、第2四半期のデイリーアクティブユーザー数は記録的なレベルに達しました。当社のチームは、最も先進的で安全かつ効果的な方法でユーザーにサービスを提供できるよう、革新を続けています。パンデミック時には、真剣な交際相手を探す女性の数がかつてないほど増えました。そこで私たちは、より真剣な交際相手を探している人のために入会プロセスを更新し、会員にはしっかりとした、より詳細なプロフィールを作成してもらうことで、お客様同士の相性を高めるようにしました。

また、スナップ社と提携し、ビデオチャットにAR(拡張現実)機能を導入しました。また、インドで開催されたトリビアイベント「Night In」では、高いエンゲージメントを得ることができました。Bumbleアプリの平均利用時間は、第2四半期に10%増加し、女性の利用時間は男性よりも24%多くなっています。これは、すべてのユーザーにとって、より健康的でバランスのとれたエコシステムを実現する、当社の女性優先モデルの力を示しています。Bumbleアプリの成長は、引き続きグローバル展開が大きな原動力となっています。

英国とアイルランドが再開された第2四半期には、米国の売上が非常に急速に伸び、前年同期比で70%以上の伸びを示しました。DACH地域は引き続き成長の主要な原動力となり、月間アクティブユーザー数は100%以上増加し、現在では前年同期比200%以上の成長率で収益が4番目に高い市場となっています。また、フランスやベネルクスなどの西欧地域でも、非常に高い成長率を維持しています。

東南アジアとインドでは、ソーシャル・ディスカバリーとフレンド・バインディング・プラットフォームである「BFF」の進捗に引き続き満足しています。第2四半期時点ではまだV1製品であるにもかかわらず、当社のBumbleアプリの月間アクティブユーザーの10%がBFFを利用しています。私たちのチームは 次世代のBFFプラットフォームの構築に懸命に取り組んでおり、今後数ヶ月の間に新しい製品機能の提供を開始する予定です。我々のテストの初期の結果は励みになり、開発中のこれらの新機能に対する我々の食欲が強く使われていることを示唆しています。

例えば、BFFの新機能であるインタレスト機能のベータテストの初日には、プロフィールにインタレストを追加するユーザーが500%以上増加しました。今後も開発を進めながら、さまざまな情報をお伝えしていきたいと思います。続いて、第2四半期に前年同期比11%増となったBadooアプリとその他の収益について説明します。Badooアプリは、東欧、西欧、ラテンアメリカなど多くの市場で展開しているグローバル規模のプレイヤーです。パンデミックは、これらの地域の多くの広範な人々にとって、いまだに大きな課題となっています。特にBadooのユーザーコミュニティは、都市部の中産階級が中心で、COVIDによる経済的圧力に直面しています。

三者機関によると、Badooは第2四半期、ほとんどの主要市場でダウンロードシェアを維持または拡大しています。また、特にレガシーウェブプラットフォームにおけるユーザー数の増加は、このような状況下では課題となっています。しかし、二桁成長の原動力となった多くの成功例を報告できることを嬉しく思います。Badooチームは、収益化とユーザーエンゲージメントの向上に注力し、多くのユーザーエンゲージメント指標が過去2年間で最高レベルに達しています。第2四半期には、1日目と1週間目のリテンション、そしてユーザーの成功を示すコアな指標の一つである「グッドチャット」がすべて増加しました。

当社は、収益化とエンゲージメントの向上に非常に注力してきましたが、その努力が実を結んだことを示しています。ブラジルでは40%、米国では34%の増加など、多くの主要市場でペイパーの普及率が健全に増加しています。また、iOSのユーザー数も増加し始めています。下半期は、Covidの状況が改善されるのに合わせてBadooを再びユーザーに提供し、このパンデミックの間に現れた変化やユーザーの行動に合わせた様々な新機能や体験を提供することに注力しています。

市場や経済がパンデミックの状況から回復し、Bumble Inc.のレベルまで戻ってくるにつれ、Badooの継続的な改善を期待しています。レベルでは、私たちを私たちたらしめている重要な要素の1つは、安全性と説明責任に焦点を当てていることです。これは、単なる一回限りの投資や、特別なサイロで実行されるイニシアチブではありません。これは、当社のビジネスのあらゆる側面に組み込まれています。先週、私たちは業界初の試みとして、「Indiscernible」と「Bloom」とのパートナーシップを発表しました。これは、性的暴行を受けたサバイバーにトラウマサポートを提供する初の支援アプリとなるものです。これが私や私たちのチームにとってどれほど重要なことか、言葉では言い表せません。

そして、出会い系業界全体が追随してくれることを願っています。私たちは、アプリでの体験をより良いものにするために、機械学習のノウハウを展開し続けています。そのあとに直面しても。第2四半期には、Badooでのチャットのモデレーションを改善するために、新しいデータ分析と機械学習モデルを使って大きく前進しました。その結果には非常に満足しています。ユーザーが問題を起こす前に、より多くの悪質業者を捕まえることができるようになり、体験の質が向上し、潜在的な悪用を減らすことができるようになりました。これは、当社のすべてのブランドで継続的に取り組んでいることです。

バンブル社の将来について考えるとき、我々のチームは、戦略的な優先事項と長期的な成長計画を実行することに集中しています。現在の当社グループは、女性が常に最初の一歩を踏み出すことができる女性向けアプリ「Bumble」と、ユーザーがプレッシャーを感じることなく素早く簡単に本当のつながりを作ることができる「Badoo」の2つのアプリで構成されています。どちらも、卓越したエンジニアリングと安全性、説明責任、優しさという当社の基盤の上に成り立っています。私たちは、共有の技術プラットフォームを活用して、新しいコミュニティのために、構築、親切、説明責任のある技術を提供することで、有機的な成長を目指しています。

また、当社のミッションと価値観に合致し、当社の存在感を高め、新たな地域や顧客層へのアプローチを可能にする事業を買収する機会もあると考えています。バンブル・インクのミッションは、世界中のコミュニティが人生のあらゆるステージで健康的で公平な関係を見つけられるよう支援することであり、非常に長期的な機会を提供し、当社のブランドを確立できると確信しています。それでは、本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。

Anu Subramanian

ありがとう、ホイットニー。そして、皆さん、こんにちは。第2四半期は、売上高および調整後EBITDAが予想を上回り、ビジネスの勢いが継続しました。当四半期の総売上高は、前年同期比38%増の1億8600万円となりました。調整後のEBITDAは5,200万ドルで、利益率は28%でした。これは、昨年第2四半期の24%に比べて増加しています。なお、2020年第2四半期の収益は、パーチェス法で計上された繰延収益が400万円減少したことによる影響を受けています。

第2四半期の収益成長は、有料ユーザー数が20%増加したことに加え、ARPPU総額が20.88ドルとなり、前年同期比で15%、前四半期比で4%増加したことが要因です。当四半期の「バンブル」アプリの売上高は1億2,700万ドルで、前年同期比で55%の大幅な成長となりました。「バンブル」アプリの有料ユーザー数は、前年同期比36%増の150万人となりました。前四半期比では12万人の増加です。ホイットニーが述べたように、当社のバンブル・アプリのコミュニティの成長は、北米および新しい国際的な地域からの強い貢献により、引き続き堅調に推移しています。

第2四半期には、オーストリア、スイス、オランダ、ベルギーでサービスを開始し、ヨーロッパでの事業拡大を進めました。西ヨーロッパ全体では、第2四半期に3桁の有料ユーザー数の増加が見られ、中でもダッハ地域は例外的に200%以上の伸びを示しました。当四半期のBumble Apps are Peopleは28.81ドルで、前年同期比13%増、前四半期比4%増となりました。特に、女性の評価指標が好調で、女性の成長率が男性の成長率を100%以上上回ったことに満足しています。当四半期には、残りの市場でAndroid向け「two-tier」の発売を完了しました。

第2四半期末時点で、新規ユーザーの3分の2以上が上位層の採用率を維持していることを大変喜ばしく思っています。Bumbleアプリの中では、新しい消耗品やサブスクリプションサービスの導入により、収益化の作業が継続されると考えています。例えば、6月には、スーパーユーザーの視認性を高める拡張スポットライトを開始しました。Badooアプリとその他の収益は、第2四半期に5,900万円となり、前年同期比で11%増加しました。Bumbleアプリと同様に、有料ユーザーの普及率の改善が見られ、前年同期比8%増の150万人に増加しました。

有料ユーザーの増加は、ブラジル、ロシア、米国などの主力のBadoo市場からもたらされ、好調な結果となりました。Badooアプリの第2四半期の売上高は、前年同期比4%増の12.85ドルでした。Bumble Premium の導入で得られた知見を活かし、第 3 四半期後半に Badoo の Tier Pricing を導入する予定です。まずは米国でiOSAndroidの両方で展開し、残りの市場は第4四半期に追随する予定です。また、前四半期にもお伝えしましたが、Badooの次世代の消耗品についても、メンバーが有料ユーザーになるための低いエントリーポイントを提供するための作業を進めています。

次に費用についてですが、株式ベースの報酬の影響を除いた調整後の数値で説明します。また、一時的な取引費用も含まれています。売上原価は、前年同期比36%増の5,000万円となりました。これは、収益と同様に増加したアグリゲーター・フィーの増加によるものです。売上高に対する比率は、前年同期比横ばいの27%となりました。当四半期の販売費・マーケティング費は、前年同期比20%増の4,700万円でした。売上高に対する比率は25%で、前年同期の29%から低下しましたが、前年同期の24%からは若干上昇しました。夏の初めにいくつかの市場が開放されたため、米国、フランス、ドイツ、オランダ、英国でのキャンペーンの再開に傾注しました。

来期は、アジアでの市場拡大の取り組みや、大学の再開に合わせたオンキャンパスでのフィールドマーケティング活動など、再開に向けたマーケティングへの投資を機動的に行っていきます。販管費は2,100万ドル(売上高の11%)で、前年同期の絶対額での支出と同様でした。これは主に、従業員数の増加および公開会社の費用によるものです。第2四半期の調整後EBITDAは、前年同期比60%増の5,200万円となり、調整後EBITDAマージンは28%となりました。当社のトップライン収益が急速な成長を示している中、当社は引き続き事業における営業レバレッジを発揮しています。

当四半期の株式報酬費用は3,000万円で、前年同期の300万円から増加しましたが、これは主にIPO時の株式報酬の修正によるものです。当四半期の純損失は1,100万円で、第2四半期末には2億5,200万円の現金がありました。今後の見通しについてですが、Bumbleアプリの勢いは下半期も続くと確信しています。Badooはパンデミックを経て、その回復力を示していますが、その地理的、人口的なフットプリントを考えると、Bumbleアプリよりもコボットへのエクスポージャーの減少が顕著です。

そのため、Badooの第3四半期は、Deltaの影響を受ける可能性があると考えています。しかし、これらの市場がワクチンカーブに乗ってきていることから、年末まで勢いを維持できると確信しています。このことは、通期見通しの上方修正にも反映されています。以上のことから、売上高およびEBITDAの通期見通しを上方修正します。第3四半期の総売上高は、1億9,500万から1億9,800万の範囲を見込んでおり、この範囲の中間点で21%の成長率を達成することになります。調整後のEBITDAは4,800万から5,000万の範囲とし、中間点で25%のマージンを見込んでいます。

通年では、売上高は7億5,200万から7億6,200万を見込んでおり、成長率は中間点で30%です。調整後のEBITDAは1億9,500万~2億円を見込んでおり、中間点でのEBITDAマージンは26%となります。最後になりましたが、上半期の業績は非常に好調でした。事業を拡大し、規律を守りながら収益を伸ばし、収益性を向上させる能力があることを示しました。今回のガイダンスの引き上げは、事業の勢いと戦略的方向性を実行する能力に対する自信を反映したものです。それでは、皆様からのご質問にお答えします。

Cory Carpenter

質問をありがとうございます。ホイットニーとタリクは、冒頭のコメントで少し触れましたが、COVIDの症例が急増したことによる影響や、米国などの市場での勢いが鈍っていることを示す証拠があれば、それについて詳しく教えてください。ありがとうございます。

Tariq Shaukat

はい、コーリーさん、こんにちは。こちらはタリクです。質問をありがとうございます。まずは、Bumbleアプリに関する最初の記事からですね。特に、COVIDや米国でのデルタ・バリアントの普及による重大な影響は見られません。米国市場は引き続き非常に好調だと思います。Bumbleについては、Deltaが復活している市場であっても、世界中のBumbleアプリで概ね同様の結果となっています。

先に述べたように、Badooは、特にCOVIDの影響が大きい一部の海外市場で、少し影響が出ています。しかし、全般的には、先ほど申し上げたように、バンブルでは、エンゲージメントに影響を与えるような兆候は見られず、バンブル、バドゥーともに、流行前の最高水準にあります。ですから、Andrewが言ったように、今期は非常に自信を持っています。

Whitney Wolfe Herd

コリーさん、2つ目の質問ですが、第2四半期の成長は、BumbleとBadooの両方で、有料ユーザーと従業員が全体的に大きく成長したことによるものです。私のコメントにもありましたが、Bumble側の勢いには非常に満足しています。既存の市場だけでなく、多くの新規市場でも成長が見られ、国際的な拡大を考える上で非常にエキサイティングなことです。

また、従業員の成長を考えると、2段階の価格設定に取り組んできた成果が出てきています。ガイダンスについては、これまでの上半期の好調な成長に非常に満足しています。第2四半期の収益は、Bumbleが55%、Badooが11%の伸びを示し、38%増加しました。

第3四半期のガイダンスでは、収益が中間点で21%成長すると想定しています。Bumbleアプリをアプリ別に見ると、第2四半期の成長と第3四半期までの進捗状況から、すべての主要市場で非常に高い成長率を示しています。そして、有料ユーザーと従業員の両方の成長を期待しています。

これは、第2四半期から第3四半期にかけても続くものと期待しています。先ほど申し上げたように、ワクチン接種率の高い北米や英国などの市場や、西ヨーロッパ、ドックなどの拡大している市場においても、非常に前向きな姿勢で臨んでいます。また、従業員については、先ほど申し上げたように、2階層の展開を終了しましたが、より高い価格帯に新規ユーザーが増え続けることで、引き続きその効果が期待できます。第3四半期、第4四半期の従業員の成長を考える上で、これは非常にポジティブなニュースだと思います。

さらに興味深いことに、ここ数ヵ月の間に、高価格帯の導入がこれまで述べてきた2/3を上回っていることを実際に確認しています。いくつかの市場では、実際に70%以上の成長が見られ、採用率も70%を超えています。今年の残りの期間を考えると、非常にポジティブなシグナルだと思います。そして、Badooアプリについて。先ほど述べたように、Badooは現在大規模な基盤を持っており、そのユーザーはR&D、都市部の中間層です。

また、COVIDの影響が大きい地域にも拠点を置いています。そのため、ユーザー数や有料ユーザー数の増加に多少の影響があると考えています。しかし、第4四半期に入ると、Badooの2つの層の展開に非常に期待しており、これは収益化の観点から非常に有益だと考えています。これらを総合すると、自信を持って通期のガイダンスを引き上げることができます。

Cory Carpenter

ありがとうございました。

Nick Jones

ご質問ありがとうございます。まず、新製品の機能やユーザー数の増加についてですが、年内の追加フューチャーをどのように考えればよいのでしょうか、またユーザー数にどのような影響があるのでしょうか。それから、AR機能を搭載するためのSnapとの提携についても、少しお話いただけますか?ありがとうございます。

Tariq Shaukat

そうですね、ニック、素晴らしい質問ですね。BumbleとBadooについて順番にお話しさせてください。Bumble側で注力しているのは、ユーザーの好みが恋愛の観点から変化し、Whitneyが真剣な交際を重視するようになったことで、ユーザーの関心を引くための機能です。私たちが意図的なデートと呼んでいるものに、より多くの注目が集まっています。あるいは、私たちはこう考えています。

意図的なデートとは、人々がデート市場に入ってくることを意味します。私たちは、そのためのツールを提供し、ユーザーが話しているような、より真剣で意図的なタイプの交際に適した体験を提供しようとしています。また、新たな収益化機能にも注目しています。

また、前四半期に言及した、世界のさまざまな地域で行っている消費型の実験も行っています。私たちは、先ほどお話しした最適化の部分に加えて、非常に活発なイノベーションプログラムを実施しています。これは、先ほどお話した拡張現実やスナップ、ビデオ機能などの機能を積極的に探求するもので、これらの機能について詳しく説明するのはまだ早いでしょう。

しかし、これらの分野でも多くの作業とテストが行われています。Badoo側では、似たような話になりますが、パンデミックから立ち直りつつある人々をどのように支援するかということに非常に重点を置いています。Bumbleで見られるような結果とは少し異なりますが、これは主に地理的な影響によるものです。しかし、同じようなテーマがあります。意図的なデート プロフィール要素の強化、マッチング機能の向上、BumbleとBadooの両方におけるアルゴリズムのアップデート。これらすべてが、今年の下半期に集中していると思います。

Nick Jones

ご質問ありがとうございました。

Mike Ng

こんばんは。質問をありがとうございました。Bumbleアプリに関する質問ですが、当四半期は非常に好調でした。前年同期比で加速した成長の要因を定量的に説明していただけないでしょうか。IOSとアンドロイドの2段階の価格設定や、革新的な製品やアラカルト製品はどの程度貢献しているのでしょうか?ありがとうございました。

Anu Subramanian

ありがとう、マイク。Bumbleのマネタイズについては、昨年この作業を開始したときから、より多くの人をサブスクリプション層に移行させることに重点を置いていると言ってきました。Bumbleのユーザー数を思い出してみてください。Bumbleの有料ユーザーのうち、サブスクライバーでもあるユーザーの数は、90%を超えていました。今ではその数は増加しており、当社製品のいずれかに加入している有料ユーザーの数は、93%に近づいています。

これは主に2ティアによるもので、2ティアでは消耗品もパッケージに含まれるようになったからですが、以前はそうではありませんでした。もちろん、「バンブル・プレミアム」を発売し、そのすべてが完了しました。

先ほどの質問にも答えましたが、高価格帯の製品の採用が始まっています。多くの市場では、70%以上の導入率となっていますが、実際には、まだ旧料金システムを利用しているユーザーが少なからず存在しており、今後も、ユーザーが増えたり、システムに再参入したりするにつれて、移行していくでしょう。そのため、新しい料金体系に移行する必要があります。しかし、ARPPUの増加には、2つの料金体系が非常に大きな役割を果たしています。これは、特にBumbleアプリから得られた知見をBadooに活かすことを考えると、非常に重要なことです。

今年の残りの期間と今後について考えてみると、価格設定を見直し、市場を持つことで、入札するすべての市場で競争力を保つために調整と反復を続けていますが、価格弾力性やサブスクリプションに関するすべての作業がARPPUの実際の改善につながることも確認しています。これは私たちにとって非常にエキサイティングなことです。

さらに、消耗品という形で製品の機能を追加することにも取り組んでいます。6月に「エクステンデッド・スポットライト」を発売したことは、準備中の挨拶でもお伝えしました。これは、パワーユーザーの方の視認性を高めるための消耗品です。これは、パワーユーザーであれば視認性を高めることができる消耗品であり、我々の人間性を高めるのにも役立ちます。他にも興味深い消耗品がいくつかありますが、それらは現在テスト中、もしくは開発中で、次の四半期にはお話しできると思います。

Mike Ng

すばらしい、とても参考になります。ありがとう、Anu。

Brad Erickson

ありがとうございます。最後のコメントに続きますね。ただ、興味があります。これらの新製品は、どのようなサイクルで展開されるのでしょうか。例えば、先ほどおっしゃった消耗品のように、新製品の可能性とともに、毎年のように展開していくのでしょうか、それとももう少し頻度が低いのでしょうか?

Tariq Shaukat

そうですね、それは多段階の発売プロセスを経た場合だと思います。私たちは非常に積極的にテストと学習を行っています。地理的にも、人口統計学的にも、セグメンテーションの観点からも、多くのことをテストして、その影響や関与、価値について確信を持ってから展開することができるのです。

そのため、常に何十、何百もの実験を行っており、ユーザーにとって本当に価値のあるものが見つかると、それを実際に展開しています。かなり継続的に行っています。一般的には、ユーザー体験の向上を目的としています。私たちは常に、ユーザーに可能な限り最高の体験を提供したいと考えています。

収益化に関しては、これらをもう少しまとめようとしていますが、あなたがおっしゃっているような年1回以上の頻度で行うことは間違いありません。もちろん、変化の大きさにもよりますし、年によって多少の変動はあるかもしれませんが、一般的には頻繁に発売することが望ましいと考えています。そして、ユーザーの皆様に革新的な体験をしていただくことを目指しています。

Brad Erickson

ありがとうございます。理念を理解する上で参考になりました。次に、Bumbleブランドの競合状況について、最近どのようなことが起こっているのでしょうか。特に、主要なアメリカ国内のMSAを超えて多様化していることについて、どのように感じているのかを教えていただけないでしょうか。競合他社の中にも最近強さを見せているところがありますが、そのあたりの最新情報を教えていただければ幸いです。ありがとうございます。

Whitney Wolfe Herd

そうですね。Bumbleアプリは、非常に急速な成長を続けています。先ほども少し触れましたが、第三者機関のデータによると、米国をはじめとする大多数の規模の市場で、ダウンロードシェアを維持しているか、獲得しています。競合他社を見ると、成長しているところもあれば、減少しているところもあります。

しかし、この6ヶ月間、Bumble社を犠牲にして重要なシェアを獲得しているスケールドプレーヤーは見当たりません。これは非常に重要なことだと思います。私たちは、製品の革新、技術の革新、機械学習に継続的に投資しているだけでなく、ブランドにも継続的に投資しています。これは、私たちに競争上の優位性をもたらし、これまでの成功の大部分を占めるモードに再投資することを可能にしています。

そして、今後数十年にわたって当社を支えていくことができると確信しています。さて、ここでBadooアプリの話をしておきましょう。COVIDの立場からすると、Badooアプリが展開している市場は若干厳しいものがありますが、同じ点が当てはまります。ほとんどの市場がパンデミックの影響を受けている中で、我々はシェアを拡大または維持しています。もちろん、競合他社には常に注意を払っていますが、私たちはユーザーには徹底的にこだわっています。

私がここで言える最も重要なことは、お客様の声に耳を傾け続け、お客様のために構築し、お客様のために最適化するということです。そうすれば、お客様が求めるものに対して最高の体験を提供することで、私たちは成功し続けることができ、競争はリスクにならないと確信しています。

Tariq Shaukat

米国では、大都市で強いプレゼンスを発揮していますが、MSAと地域の観点から少し補足します。今後も継続して構築していきます。海外だけではなく、米国内での地理的な拡大は、他の第1級都市や第2級都市、特にアヌやホイットニーが言ったように、大学都市やそのような地域に焦点を当てています。このように、アメリカやイギリスといった既存の市場でも、西ヨーロッパや東南アジアで行っている活動に加えて、地理的な多様性を継続する機会があると考えています。

Whitney Wolfe Herd

最後に申し上げたいのは、この点を強調しすぎないようにしたいのですが、このブランドは非常に強いということです。今後も機械学習アルゴリズム、そしてその継続的な改善に注力していけば、競合他社との競争が問題になることはないと確信しています。

Brad Erickson

素晴らしいですね。ありがとうございます。

Shweta Khajuria

エンゲージメントの傾向についてお聞かせください。特にインドを強調されていましたが、エンゲージメントを促進した特別なものはありますか?また、トリビアの話があったと思いますが、その他の地域でエンゲージメントが大幅に増加した地域とその理由を教えてください。2つ目の質問は、BFFのトレンドについてです。今後数ヶ月の間にいくつかの新機能を展開する予定とのことですが、これはエンゲージメントが強化されていることを意味していると思います。そこで、BFFで何が起こっているのか、お話いただけますか?ありがとうございます。

Whitney Wolfe Herd

はい、ありがとうございます。ご質問ありがとうございました。では、まずBFFについてお話しましょう。BFFの中に存在する例外的なTAMの舞台を設定することは重要です。友人がプラトニックな関係の中で機会を見つけ、その機会はパンデミックの間、さらに重要で需要が高まっています。人々は最も孤独な時を過ごしており、これは友人探しのカテゴリーにも当てはまります。

Bumbleのユーザーの10%がBFFを利用しているという事実は、私たちが友人探しのためのより幅広いブランドになるという大きな許可を得ていることを示していますし、最終的には女性のライフスタイルブランドの中でもより幅広いブランドになるということです。2021年は、基本的には製品開発に焦点を当てています。製品を非常に強力なポジションに引き上げ、現在の状態を確実に超えるようにします。

初期のイノベーションや初期の製品開発で得られた実験データを見ると、新しい導入フローにより、テスト市場でBFFとDateの両方を利用しているデイリーアクティブユーザーが200%以上増加していることがわかります。これは、エンゲージメントとマネタイズの両方において、今後の可能性を示すものです。

歴史的に見ても、BFFとDateの両方を利用しているユーザーのARPUは、Dateのみのユーザーよりも30%高く、今後の大きな成長を示唆しています。この製品の特徴は、ユーザーが写真でつながり、この機会に身を任せ、友達のグループを見つけ、コミュニティに参加し、1対1の体験だけでなく、共有する能力を提供することです。次回の決算説明会では、その詳細をお伝えしたいと思います。

Tariq Shaukat

最初の質問であるエンゲージメントについては、いくつかの点を指摘しておきたいと思います。そのひとつが、先ほどお話した最適化の取り組みです。当社には、オンボーディングの改善やリテンションの向上などに注力しているチームがありますが、こうした取り組みがエンゲージメントを高め続けるためにどれほど重要であるかは想像に難くありません。

このような取り組みが、エンゲージメントを高め続けるためにどれほど重要であるかは想像に難くありません。もうひとつは、「人の推薦」や「人とのつながり」のアルゴリズムの変更に多大な投資を行ってきたことですが、これは、お客様が最もマッチしそうな相手を実際に特定する方法です。その結果、マッチングの能力が大幅に向上しました。

また、より多くのデータを得るために、人々に興味を示してもらうなど、多くの機能に投資してきました。現在、Bumbleアプリでは、約40%の人がプロフィール情報だけでなく、何に興味があるのかを教えてくれています。それをマッチメイキングのアルゴリズムの一部として利用しています。これが2つ目の要素ですね。

そして、あなたが言及した「Night In」のような要素、特にインドを見ると、最初に挙げたいくつかの要素が組み合わさっています。さらに、インドは、これまで見てきたすべての市場の中で、「Night and Pre-feature」に対する反応が最も良かったと思います。インドでは第2四半期に大災害が発生しましたが、それにもかかわらずです。このように、ビデオチャットは、現実世界で起きていることとは別の、バーチャルな世界で人々がつながるための手段を提供してくれたと思います。

Shweta Khajuria

わかりました。ありがとう、Brinlea。ありがとう、Tariq。

John Blackledge

ありがとうございます。2つの質問があります。まず、App Storeでの救済措置の可能性とその時期について、最新の見解をお聞かせください。2つ目は、非常に堅実なEBITDAであり、強いマージンの増加が見込まれていること。そこで質問です。まず、下半期の投資がわずかなマージン縮小をもたらしていることについて。ありがとうございました。

Anu Subramanian

はい、ジョンです。アプリストアの料金をめぐっては、明らかに規制当局の監視の目が光っています。ご想像のとおり、私たちはこれらすべてを注意深く見守っています。私たちは、ご想像のとおり、すべてを注視しています。ですから、これらの会話から何が起こるかを見守っていきたいと思います。下半期のEBITDAガイダンスでは、Google Playの影響を最小限に抑えることを想定していますが、これが2022年にどのような意味を持つのかについては、Googleと話し合いを進めています。Google Playは当社にとって素晴らしいパートナーです。

彼らとの話し合いは現在も続いています。その意味するところについて、より詳細な情報が得られれば、ぜひ皆さんにお伝えしたいと思います。EBITDAについてのご質問ですが、その通りです。下半期に関しては、マーケティングなどへの追加投資を計画していると思います。

すでに述べたように、私たちは機動的でありたいと考えており、機会があれば事業への投資を継続したいと考えています。そのため、第3四半期および第4四半期の計画については、このような投資を継続することを目標としており、マーケティングはそのための最も大きな分野のひとつです。もちろん、世界経済の回復や市場の再開を見守る必要があります。

もちろん、世界情勢や市場の再開を見極めなければなりませんが、それに基づいてマーケティングプランを調整します。しかし、ここ1年から1年半の間に私たちが行ってきたことのひとつは、現場での草の根的なマーケティングを、非常に効果的な方法でデジタルマーケティングに移行したことです。このように、資本をどのように投入するかについては、非常に効率的であることを確認しています。これは、第2四半期からのステップダウンを考慮したガイダンスに組み込まれています。そうですね。

John Blackledge

ありがとうございました。

Andrew Marck

私の質問にお答えいただきありがとうございます。2つのアプリの顧客層や支払い者の普及率の違いを考慮した場合、2段階の価格設定の機会の大きさや、BadooアプリとBumbleアプリの効果をどのように考えればよいでしょうか。ありがとうございました。

Anu Subramanian

はい、わかりました。ここ数四半期でBumble Premiumを立ち上げた後に、2つのアプリを立ち上げたことで、Bumbleを立ち上げたすべての市場から多くのことを学ぶことができました。そして、あなたの言うとおりです。つまり、Badooのお客様の行動や支払い傾向は、Bumbleの場合とは異なるということです。

2つの層を立ち上げるにあたり、我々が異なることの1つは、低位の層を、現在のBumbleのお客様、つまりBadooのお客様と同じ価格で立ち上げることです。高価格帯の製品には、追加の消耗品が含まれます。つまり、バンブル・プレミアムを発売したときとは、少し異なる戦略をとっています。私たちは多くの市場で多くのテストを行ってきました。準備は万端で、発売を開始すれば、私たちの仲間が力強く活躍してくれるだろうと確信しています。

ですから、第3四半期末からの発売に向けて、また最新情報をお届けしたいと思います。もう1つは、2-Tierの展開をより速いペースで行うことです。繰り返しになりますが、Bumbleから得られたすべての学習成果を活用するためです。このように、Badooの展開を年末まで加速させていきます。

Andrew Marck

ありがとうございます。ありがとうございました。

Lauren Schenk

私の質問にお答えいただきありがとうございます。第4四半期の暗示的なガイドについてですが、昨年の厳しい比較対象に対して、第4四半期に加速を期待しているように見えますが、その背景には何があるのでしょうか。第3四半期にDeltaの影響を受け、第4四半期には受けなかったBadooだけかもしれませんが、何か情報があれば教えてください。また、IDFAがマーケティング効率に与える影響についてもお聞かせください。

Anu Subramanian

最初の部分は私が担当しますが、次はタリクが担当します。第4四半期の増加に関しては、Bumbleアプリについて2つのことが考えられますが、私たちは国際市場での展開を継続することに非常に期待しています。そのため、北欧やドックなど、すでに展開している市場からもさらなる成長が期待できます。

また、新たな市場の開拓にも力を入れており、その中にはアジアの「Indiscernible」も含まれています。バンブルのARPPUの観点からは、やはり、2層化の効果と、パイプラインで計画している新製品の発売により、健全な成長が期待できます。また、Badooについては、Badooの2層化が大きな意味を持っています。

第4四半期には、私たちが成長を考える上で重要な役割を果たしています。先ほどお話したように、すでに実施したテストの結果では、当社の従業員が素晴らしい成長を遂げることがわかっています。ですから、第4四半期の成長を考えるとき、私たちはそれに期待しています。Tariq.

Tariq Shaukat

ローレンはIDFAについて質問しています。IDFAでもCPIはほぼ横ばいか、わずかに低下しています。私は、当社のマーケティングチームがこれまでどのようにしてIDFAを乗り切ってきたかを非常に誇りに思っています。皆さんにお伝えしたいのは、当社がパフォーマンス・マーケティングに依存しているのは、新規顧客獲得数の約20%に過ぎないということです。また、当社は非常に強力なオーガニックチャネルを持っています。

そのため、全般的には確かに役立っています。しかし、CPIは非常に安定しており、これをさらに拡大するにはどうしたらよいか、チームで検討しています。しかし、これまでのところ、私たちが行ってきたことに関しては、概して良いニュースだと思います。

Lauren Schenk

わかりました。本当にありがとうございました。

Brent Thill

ホイットニーです。あなたは、短期的にはBFSについてのモデルに興奮する必要はないとおっしゃいました。しかし、もっと長期的に見た場合、別の収益モデルがあると思いますか?例えば、広告事業は前年比でほとんど増加していませんね。もっと大きな広告事業を展開できるのではないか、あるいは、BFFの収益化を創造的に考える他の方法があるのではないかと思っています。そして残業中。

Whitney Wolfe Herd

質問をありがとうございます。私がとても楽しみにしているテーマです。ですから、具体的にお話しすることはできませんが、簡単に言えば絶対です。私たちの前には大きな収益化のチャンスがあり、それはおそらく3つの方法に分類されます。1つ目はサブスクリプションで、今日のデートとは明らかに異なります。これらは全く異なるユースケースですよね。恋愛対象を探すのと、友人を探すのとでは違います。

もちろん、サブスクリプションモデルに戻る方法は異なるでしょうが、当社はサブスクリプションに関する将来の機会に非常に強い関心を持っています。2つ目のカテゴリーは広告です。これは、将来的には広告のメガワットチャンスとなります。今日の決算説明会では、私たちがどのようにアプローチしていくかについてはお話しできません。第3のカテゴリーは、クリエイターの経済活動で、これは本当にエキサイティングな機会です。

この3つのカテゴリーは、将来に向けて非常に楽しみな分野です。BFFの可能性については、2012年に最初の主流製品の1つである「Tinder」を発表したときにさかのぼりますが、これは爆発的なカテゴリーであり、数年前の出会い系のような友達探しです。私たちは、この成長の可能性に非常に期待しています。

Brent Thill

新規参入者のために、GOに関する簡単なフォローアップをしてください。いくつかあったとおっしゃっていましたね。しかし、最も強い立ち直りを見せているとしたら、最も興奮している1つか2つの地域をどのように表現しますか?

Anu Subramanian

そうですね、私のコメントにもあったと思いますが、DACH(ドイツ)地域が好調です。DACH地域は、ユーザー数の増加という点では非常に良い結果を出しています。しかし、収益の面でも、支払者の普及率の面でも、非常に素晴らしい成長を見せ始めています。

DACHは総売上高の観点から見てもトップの地域であり、これはエキサイティングなことです。先ほどタリクが言ったように、インドなどの市場で見られたエンゲージメントのレベルには驚かされました。第2四半期のCOVIDでは、インドはかなりの打撃を受けましたが、大量の機能をリリースしたことで、市場の好調を維持することができたと思っています。

Brent Thill

ありがとうございました。

Dan Salmon

皆さん、こんにちは。全体を見ると、今のM&Aの優先順位、特定の機能、特定の市場、そしてポートフォリオを拡大することに意味があるかどうかについての最新の見解をもう少し詳しく説明していただけないでしょうか。ホイットニー、あなたの言うとおりです。今、この電話で広告機会のすべてを説明するのは意味がないかもしれません。しかし、何がメガワットの機会になるのか、また、今後の展望についての差別化について、あと1、2行でいいのではないでしょうか?ありがとうございます。

Whitney Wolfe Herd

ご質問ありがとうございました。まずは質疑応答から始めます。私たちは、グループレベルでの成長を維持し、加速させるために、M&Aを必要としないという、信じられないほど幸運な立場にいるということを、まず申し上げたいと思います。

Bumbleアプリは、それ自体が非常に大きな可能性を秘めており、その拡張性は非常に未開拓です。また、Badooの顧客を規模の大きいプレーヤーとして見た場合、その規模も非常に大きいと考えています。しかし、私たちは成長を愛し、成長の展望を愛しています。M&Aに対しては、運用面でも財務面でも非常に厳格なアプローチをとっています。

M&Aを検討する際には、基本的にいくつかの質問を検討します。既存の会員の方々に、どのようにしてよりカスタマイズされた接続方法を見つけていただけるか?また、当社の技術、マーケティング、安全性、収益化のためのプラットフォームやインフラを活用して、大きな成長機会を持つ他のブランドのために活用するにはどうすればよいか?これらはすべて、人々が安全に健全で公平な関係を築けるよう支援するという当社のミッションに沿ったものであり、最終的には強化されます。

そして、すべての機会は、make-or-buyの基準で検討されます。私たちは、新しいビジネスチャンスを開拓していくつもりです。また、財務的にも経営的にも理にかなっている場合には、買収によって補完していきます。

当社には卓越したエンジニアリングの基盤があり、これが戦略的な柔軟性につながっています。もうひとつ注目すべきは、当社には共有モデルがあるということですね。私たちはソースのハブとなっているので、グループ内でリソースを共有する機会があります。これは非常に大きなメリットだと思います。ちょっと広告の話をしましょう。BFFには、人々の共通の喜びと共通の苦しみに寄り添うことができる素晴らしい機会があります。

BFFには、人々の共通の喜びや苦労に寄り添うことができる素晴らしい機会があります。従来の広告モデルを見てみると、そのほとんどがポスト・エクスペリエンス(体験後)をフォローしていないことに気付きます。私たちは、人々をオフラインに送るというユニークなモデルを持っています。私たちの仕事がうまくいけば、彼らが現実の世界でお互いを見つけるのを助けることができ、そこには巨大なパートナーシップの広告機会があります。

また、ユーザーコミュニティでは、同じようなニーズを持つ人々を見つけることができます。そこには大きな広告機会があります。そして最終的には、パートナーシップにおけるブランドエンゲージメントに最適なのです。プログラムではないかもしれませんが、非常に質の高いものです。パートナーシップやブランドからの関心を歴史的に振り返ってみると、BFFへのインデックスが非常に高く、人々はそのオーディエンスを利用することに非常に興奮しています。このことを覚えておくといいでしょう。

Dan Salmon

ありがとうございました。

Steve Koenig

どうもありがとうございました。おめでとうございます。バンブル、本当に良い四半期だった。レイズのガイダンスも素晴らしいですね。ホイットニーに1つ質問がありますが、アヌには家事の質問があります。あなたの数字が正しいかどうか確認したいのですが。第2四半期の繰延べ評価損による逆風は400万円だったとのことですが、私の記憶が正しければ、第1四半期は900万円だったと思います。

つまり、その逆風は500万減少したと考えてよろしいでしょうか?それで、その評価損が最小になるのはいつなのでしょうか?それはいつまで続くのでしょうか?以上、補足説明でしたが、続いてホイットニーさんにも質問させていただきます。

Anu Subramanian

2020年の数字を見ると、仕入計上の影響は1,500万ドルで、第1四半期と第2四半期が最も大きな影響を受けています。第1四半期と第2四半期が最も影響が大きく、下半期はまだ少し残っています。

Steve Koenig

わかりました。とてもいいですね。ありがとうございます。ホイットニーさんは、Bumbleアプリでより真剣な関係を築くために、ユーザーがより詳細なプロフィールを記入するように促すという興味深いコメントをされていますね。何があなたの努力を促しているのか興味があります。また、これはモデルに対するご褒美なのでしょうか、それとも、この取り組みをどのように考えるべきか、重心を少しずらしたものなのでしょうか?

Whitney Wolfe Herd

あなたの質問を適切に理解したいと思います。つまり、先ほど言及した製品機能のように、より本格的なデートに移行するということでしょうか?

Steve Koenig

はい、その通りです。

Whitney Wolfe Herd

そうですか。素晴らしいですね。第2四半期の取り組み方としては、最終的にはオンボーディングから始めています。お客様の情報をより多く収集し、お客様が探しているものと同じものを探している人と、お客様が実際に会いたいと思っている人との出会いをサポートします。Bumbleアプリは、実際に真剣な関係を求めている人たちのために、オンボーディングを更新しました。その結果、表面的ではないしっかりとしたプロフィールを作成するようになり、第2四半期には「自分について」を記入するメンバーが10%増加し、インスタグラムに接続するメンバーも13%増加しました。

また、ライフスタイル・バッジを記入するメンバーが12%増加しました。ライフスタイル・バッジとは、「子供についての考え方は?あなたはお酒を飲みますか?あなたの宗教は何ですか?そして、プロフィールに質問を記入するメンバーが17%増加しました。このように、お客様のDNAをより強固なものにすることで、より適切な相手を見つけることができるようになったのです。

Steve Koenig

私が気になっているのは、この点についての説明をありがとうございました。気になるのは、何がその原動力になっているのかということです。最終的にユーザーのエンゲージメントを向上させることができると信じているのか、それとも、現在の環境下では市場機会の一部がより急速に成長すると見ているのか、何があなたの努力を促しているのか、それが私の興味ある質問です。

Whitney Wolfe Herd

もちろん、そうですね。いくつかの要因があると思います。まずは私から、そしてタリクからももっと詳しく説明してもらいたいと思います。最終的には、これはお客様が望んでいることだと考えています。私たちは常に、お客様が何を求めているのかを聞いています。私たちは常に、お客様が何を求めているのかを聞いています。データだけでなく、アンケート調査などを通して、お客様の声に耳を傾けることに投資しています。その結果、女性はこれまで以上に真剣な交際を望んでいることがわかりました。これが、今回の機能追加につながったのです。

Tariq Shaukat

私たちが解決しようとしている最大のニーズは、どのような交際タイプに興味があっても、その人に合った体験を提供することだと思います。深刻な関係を求める人が増えていると言いましたが、一般的には、自分が求めている関係のタイプを明確にする人が増えています。

私たちは、彼らがそれを表明できるようなツールを提供しようとしているのです。誰も驚きません。彼らは自分と最も相性の良い人と会うことができます。そういったことですね。これは、パンデミックの中で見られた大きな変化のひとつですが、今のところ、人々は自分が何を求めているかを知っていて、できるだけ早くそこに到達したいと考えているようです。

Steve Koenig

はい、わかりました。色をつけてくれてありがとうございます。

Lauren Champine

ありがとうございます。新しい株式ベースの報酬が予想よりも少し高かったので、ちょっとしたお手入れをしました。下半期の見通しはどうでしょうか?あなたはそのラインにいます。

Anu Subramanian

当四半期の株式報酬額が増加したのは、主に株式報酬の修正と、IPO後に行った新規付与によるものです。RQ1の数字が当四半期に計上した3,000万ドルを上回っていることから、この数字を期待しています。この数字は今後数四半期の間に緩やかになると予想していますが、IPO後に付与されたものがあり、それが費用の増加につながっています。

Lauren Champine

来年に向けては、だいたい今年の下半期のランレートで考えるべきだと思いますが、そうでしょうか?

Anu Subramanian

はい、その通りです。

Lauren Champine

いいですね。ありがとうございました。

 

🌟まとめ

・オンラインで恋人や友人を探していくというサービスや、男尊女卑から脱却して女性ファーストの概念を進めている企業理念みたいなものは好きです。

コロナウイルスの影響が残る決算であり、今後の回復に期待したい内容でした。

・ただ、マッチングアプリ自体があんまり好きではなかったので、EPSをmissしたという点でいったんお別れです💥

マッチングアプリという点では、MTCHよりBMBLの方がPSRでは安くなってます。

f:id:reostock:20210814133004p:plain

2021/8/14