reostockのブログ

資産運用などなど

$NVDA 銘柄分析

半導体株である$NVDAについてです。

半導体にあまり詳しいわけではないので、この記事を通して自分自身も半導体への理解を深められたらと思います。

 

 

$NVDAはGPUで有名な企業であり、ファブレス企業(製造は他社に依頼して開発を自社で行うような会社)です。

GPUとCPUの違いについては以下に引用します。

ledge.ai

GPUは単純演算処理が得意で、PCゲームなどの画像処理に多く使われていましたが、最近ではAIやディープラーニング、自動運転、5Gなど膨大な演算処理が必要となる様々な場面で使われるようになったようです。

また、最近ではCPU領域にも参入しており、CPUで有名なArm社の買収を行っていて、これによりさらに機械学習の速度が上がることが期待されています。

www.businessinsider.jp

 

GPU市場について☆

GPU領域に関しては、$NVDA, $AMD, $INTCが関与しています。

f:id:reostock:20210531211216p:plain

https://www.reddit.com/r/hardware/comments/m1gays/graphics_card_market_share_q42020_amd_17_vs/

"AIB GPU"=アドインボード=デスクトップグラフィックスカード

"dGPU" = ディスクリートGPU = 統合されていないディスクリートのモバイルおよびデスクトップソリューションを含む

"all PC GPUs" = すべての統合型ソリューション(AMDIntelのPCプロセッサに内蔵されたiGPU)を含む

tech-camp.in

デスクトップPCのグラフィックスカード領域、dGPU領域(CPUとは独立してグラフィックボードに内蔵されているGPU/CPU内蔵のGPUよりも性能が高い)では$NVDAがMarket shareの80%を占めています。

g-pc.info

また、今後GPU市場は31.1%のCAGRで成長すると報告されています。

www.gii.co.jp

manelite.jp

 

☆$NVDAの決算・構成☆

最新の決算は2022年Q1で2021/05/26に発表されました。

f:id:reostock:20210531212926p:plain

いずれの構成領域も順調に伸びているのが分かりますね。

①Gaming領域

GPUのもともとの活躍分野ですね。

・巣ごもり需要もあったと思いますが、eSportsなどゲーム市場に注目が集まっている中でこれからも成長が期待されます。

・最近では仮想通貨のマイニングにも用いられています。

GPU領域ではGeForce RTX 30シリーズが人気のようです。

chimolog.co

www.nvidia.com

NVIDIA DLSSはゲームのフレームレートを向上させ、より鮮明な画像となります。

www.nvidia.com

GeForce Nowはサブスクリプションで毎月お金はかかるものの、高性能のグラフィックボードなどは要さず、スマホなどで手軽に高負荷なゲームがプレイできるサービスです。

www.nvidia.com

ascii.jp

www.youtube.com

-----以下$NVDA IR情報より(DeepLで翻訳)-----

 第1四半期の売上高は、前年同期比106%、前四半期比11%増の27億6,000万ドルを記録しました。
 NVIDIAの第2世代RTXグラフィックスを搭載したラップトップの波を広げ、999ドルからのGeForce RTX™ 3060 Laptop GPUシステムを発表し、799ドルからのGeForce® 3050 Tiおよび3050 Laptop GPUシステムを発表し、ゲーマーやクリエイターを対象としました。
 Call of Duty Modern Warfare」、「Crysis Remastered」、「Outriders」など、60以上のゲームでRTXの勢いを加速。
 ゲーマーのGeForce GPUへのアクセスを向上させるため、RTX 3060のハッシュレートを下げる以前の措置に加え、新たに製造されたRTX 3080、3070、3060 Tiグラフィックスカードのイーサリアムのハッシュレートを下げる措置を講じました。
 NVIDIA DLSSがUnreal Engine 4で利用可能になり、近日中にUnityゲームエンジンでも利用可能になることを発表しました。
 システムのレイテンシーを低減する「NVIDIA Reflex」が、「Call of Duty Warzone」、「Overwatch」、「Rainbow Six: Siegeを発表しました。
 2年目を迎えたGeForce NOW™は、70カ国以上で1,000万人以上のメンバーを抱え、ライブラリのゲーム数が1,000に近づいていることを発表しました。

-----以下Earning callより(DeepLで翻訳)-----

 まずはゲーミングから。売上高は28億ドルで、前四半期比11%増、前年同期比では106%増となりました。これは3四半期連続で前年同期比の成長を加速させていますが、その背景には、秋に発売したGeForce RTX 30シリーズGPUの存在があります。アンペールGPUアーキテクチャを採用した30シリーズは、これまでで最も成功した製品であり、驚異的な需要を喚起し、デスクトップおよびノートPC向けGPUの両方で販売記録を更新しました。

 チャンネルの在庫は依然としてトップレベルであり、下半期も供給不足が続くと予想しています。当社のAmpere GPUアーキテクチャーは、デスクトップとラップトップの両方のスタックで稼働しており、当社のGPUインストールベースの大部分がアップグレードを必要としていることから、RTXアップグレードサイクルが本格化すると予想しています。

 ノートPCは、Ampere GPUアーキテクチャーがラインナップ全体で強化されたことにより、今期も力強い成長を遂げました。今月初め、すべての主要なPC OEMは、春の新製品の一環として、3080、39、3070、3060をベースにしたGeForce RTX 30シリーズのラップトップを発売しました。

 さらに、3050および3050 Tiをベースにしたメインストリームバージョンは、今夏、学校帰りに間に合うように799という低価格で発売されます。これは、ゲーマー、クリエイター、学生の間で高まっている、NVIDIAの電源を搭載したノートPCへの需要にOEMメーカーが対応するためのもので、GeForceゲーミングノートPCとしては過去最大の140機種を超えるシリーズとなります。

 RTX 30シリーズは、これまでで最大の世代的な性能の飛躍を実現します。また、第2世代のレイトレーシング技術とフレームレートを向上させるAI搭載のDLSSを搭載しています。RTXは、60以上のアクセラレーションゲームでグラフィックスのリセットを実現します。今期は、『Call of Duty, Modern Warfare』、『Crysis Remastered』、『Outriders』など、多くのゲームを追加しました。また、DLSSがUnreal Engine 4で利用可能になり、近々Unityゲームエンジンでも利用可能になることを発表し、ゲーム開発者が最小限の労力でフレームレートを加速できるようにしました。

 また、RTX 30シリーズは、システムのレイテンシーを低減する新技術「NVIDIA Reflex」を搭載しています。Reflexは、「Call of Duty: Warzone」、「Fortnite」、「Valorant」、「Apex Legends」などの対戦型タイトルをプレイするeスポーツゲーマーにとって、必須の機能として登場しています。当社は、GeForceゲーマーの約75%がe-sportsゲームをプレイし、e-sportsプロの99%がGeForceで競技を行っていると推定しています。

 ゲームは、どの程度かを判断するのは難しいですが、暗号化されたマイニングの需要からも恩恵を受けていると考えています。当社は、GeForce GPUをゲーマー向けに最適化する一方で、暗号通貨マイニング・プロセッサ(CMP)によるマイニング需要にも別途対応しています。先週、新しく製造されたGeForce RTX 3080、RTX 3070、RTX 3060 Tiグラフィックカードは、イーサリアムのマイニング機能が半分になり、低ハッシュレート(LHR)の識別子が付けられることを発表しました。

 また、RTX 3060の更新に伴い、パートナー企業はより多くのGeForceカードをより良い価格でゲーマーに提供できるようになります。マイニング需要に対応するため、当四半期に発売されたCMP製品は、GeForce GPUに要求される仕様を満たしていないため、マイニングのパフォーマンスと効率に最適化されており、ゲーマーへのGeForce GPUの供給に影響を与えることはありません。第1四半期のCMPの売上は1億5,500万ドルで、OEMおよびその他のカテゴリーに含まれています。また、第2四半期の見通しでは、CMPの売上高を4億ドルと想定しています。

 当社のクラウドゲーミングプラットフォーム「GeForce NOW」は、当四半期に登録数が1,000万を超えました。GFNは、他のクラウドゲーミングサービスよりも多い300社以上のパブリッシャーから約1,000本のPCゲームを提供しており、その中には最も人気のある無料ゲームプレイのゲームが80本含まれています。GFNは、パワー不足のWindows PC、MacChromebookAndroidバイスiPhoneiPadを持つ数十億人のユーザーにGeForceの可能性を広げます。GFNは、オーストラリア、シンガポール、南米など、最新の拡張により70カ国以上で提供されています。

 

②Data center

・Arm CPUを用いたNVIDA Graceが注目ですね。

・AIやディープラーニングの領域です。

・メラノックス社を買収して発売したBlueField DPU(従来はCPUが担っていた業務をDPUに負担させることでシステム全体の効率を改善するもの/グレードアップしたBlueField-3、BlueField-4も作成中のよう)も今後の注目のようです。

・AI推論としてのTritonは画像診断など多様な領域に用いられているようです。

www.nvidia.com

cloud.watch.impress.co.jp

www.nvidia.com

-----以下$NVDA IR情報より(DeepLで翻訳)-----

 第1四半期の売上高は、前年同期比79%増、前四半期比8%増の20億5,000万ドルを記録しました。
 史上最大規模のGPUテクノロジ・カンファレンスをバーチャルで開催し、195カ国から20万人以上の登録があり、オープニング・キーノートの視聴回数は1,400万回を超えました。
 NVIDIA Grace™を発表しました。これは、巨大なスケールのAIとハイパフォーマンス・コンピューティングのために設計された初のArmベースのデータセンター用CPUで、現在の最速のサーバの10倍のパフォーマンスを実現し、スイス国立スーパーコンピューティングセンターにある世界で最も強力なAI対応のスーパーコンピュータを駆動します。
 Amazon Web Servicesとのコラボレーションにより、GPUで加速されたAWS Graviton2ベースのAmazon EC2インスタンスを通じて、NVIDIA GPUの推論を展開し、GPUで加速されたゲームをAWS上でネイティブに実行できるようにし、Armベースのワークロードのパフォーマンスを向上させました。
 VMware、Splunk、NetApp、Cloudflareなどがサポートする、AIとアクセラレーション・コンピューティングのために作られた最初のデータ処理ユニットであるNVIDIA® BlueField-3® DPUを発表しました。
 会話型AI、創薬、自律走行車などの顧客を持つ、初のクラウドネイティブなマルチテナント型スーパーコンピュータである、新しいNVIDIA DGX SuperPOD™を発表しました。
 メインストリームサーバー用のNVIDIA A30およびA10 GPUで拡張されたAI推論プラットフォームが、様々なワークロードにおけるAIパフォーマンスのMLPerfベンチマークの最新リリースにおいて、あらゆるカテゴリーで記録を更新したことを発表しました。
 VMware vSphere向けのNVIDIA AI Enterpriseソフトウェア・スイートを発表し、様々なアプリケーションやデータサイエンスのためのスケールアウト、マルチノードのパフォーマンスと互換性を実現。
 NVIDIA Morpheus AIアプリケーションフレームワークを発表し、サイバーセキュリティプロバイダがAIとNVIDIA BlueField DPUを用いてサイバー侵害を即座に検知できるようにしました。
 インタラクティブな会話型AIのためのフレームワークであるNVIDIA Jarvisと、リアルタイムのビデオベースの体験のためのフレームワークであるNVIDIA Maxine™の提供を発表しました。
 エンタープライズAIアプリケーションの作成を加速させるフレームワークであるNVIDIA TAOを発表しました。
 NVIDIA Clara Discoveryによる創薬支援を拡大し、Schrödinger社とのパートナーシップを発表し、創薬ワークフローを高速化するAIソフトウェアで製薬業界を支援。

-----以下$NVDA Earning callより(DeepLで翻訳)-----

 データセンターに移行。売上高は初めて20億ドルを超え、前四半期比8%増、メラノックスを含まない前年同期比では79%増となりました。今期の成長を牽引したのはハイパースケールのお客様で、自社サービスのAIを商品化するためにインフラを構築しました。また、クラウドプロバイダーは、企業、新興企業、研究機関のAIに対する需要の高まりをサポートするために、A100を採用しました。

 お客様は、NVIDIAのA100とDGXプラットフォームを導入し、AIの中でも最も急速に成長している2つの分野である自然言語理解とディープ・レコメンテーターを筆頭に、計算強度が高まっているディープ・ニューラル・ネットワークを学習しています。3月には、Google Cloud PlatformがA100の一般提供を発表し、初期の顧客にはsquare社のキャッシュアプリケーションやAlphabet社のDeepMindが含まれています。A100は、世界中の主要なハイパースケールおよびクラウドサービスプロバイダーに導入されています。そして、今後数四半期の間に需要が強化されると見ています。

 あらゆる産業がテクノロジー産業となり、クラウドとオンプレミスの両方を通じたAIインフラへの投資を加速しています。当社の垂直産業は、コンシューマー・インターネット企業に牽引され、前四半期比および前年同期比ともに成長しました。例えば、韓国と日本の大手インターネットテクノロジー企業であるNAVERは、巨大なAI言語モデルをDGX SuperPOD上で大規模にトレーニングし、Eコマース、検索、エンターテイメント、決済アプリケーションにわたる新しいサービスを開拓しています。

 フランスでは、ハイパースケールやバーティカルインダストリーのお客様からの支持を得て、GPOポートフォリオを拡大しています。推論用GPUの出荷台数は過去最高となりました。推論の成長は、当四半期に好調だったT4だけでなく、汎用のA100 Tensor Core GPUや、Ampereアーキテクチャを採用した新しいA10およびA30 GPUをも牽引しています。

 お客様がAI推論のためにCPUからGPUに移行するケースが増えていますが、その主な理由は2つあります。第一に、GPUはディープニューラルネットワークのサイズと複雑さの指数関数的な増加にうまく対応し、必要な低レイテンシーで応答することができます。4月に実施されたAI推論ベンチマーク「MLPerf」において、NVIDIAは、コンピュータビジョン、医療画像、レコメンダーシステム、音声認識自然言語処理など、すべてのカテゴリーでトップの結果を出しました。また、トリトンと推論サーバーソフトウェアを含むNVIDIAフルスタック推論プラットフォームは、すべての主要なフレームワークのモデルをサポートし、バッチ、リアルタイム、ストリーミングを含むさまざまなクエリタイプに最適化することで、AIアプリケーションの展開の複雑さを簡素化します。

 Tritonは、AmazonGoogleMicrosoft、Tencentなど、クラウドサービスの複数のパートナーによってサポートされています。顧客がNVIDIAの推論プラットフォームをどのように使用しているかの例としては、Microsoftがオフィスでの文法チェックに、米国郵政公社がリアルタイムの荷物分析に、T-Mobileカスタマーサービスに、Pinterestが画像検索に、GE Healthcareが心臓病の検出に使用しています。

 また、Mellanox社のネットワーク製品も好調です。当社のコンピュートビジネスと同様に、イーサネットとインフィニバンドの両方でハイパースケールのお客様が力強い成長を遂げました。私たちは、クラウドサービス・プロバイダーやコンシューマー・インターネット企業向けのNVIDIA BlueField-2 DPUにおいて、重要なデザインウィンと概念実証実験を達成しました。また、VMware、Splunk、NetApp、Cloudflareなどのサポートを得て、AIとアクセラレーション・コンピューティングのために作られた初のDPUであるBlueField-3を発表しました。

 BlueField-3は、業界初の400ギガのDPUで、最大300のCPUコアに相当するデータセンターサービスを提供します。BlueField-3は、ビジネスアプリケーションのデータセンターサービスをオフロードして分離することで、従来のサーバーインフラを、すべてのユーザーが認証されるゼロトラスト環境に変えます。BlueField-3では、DPUのロードマップにおいて、3年間で100倍の性能向上を実現します。

 メラノックスの買収完了後、最初の1年間を振り返ってみると、事業の成果に非常に満足しています。財務予測を上回っただけでなく、DGX SuperPODやBlueField DPUなどの主要な新プラットフォームに貢献し、当社のデータセンター・スケール・コンピューティング戦略を可能にしてくれました。

 4月には、195カ国から20万人以上の登録者を集め、過去最大規模のGPUテクノロジーカンファレンスを開催しました。ジェンセンの基調講演の視聴回数は1400万回を超えています。GTCでは、何兆ものパラメータを持つ巨大な次世代AIモデルの処理をターゲットにした、当社初のデータセンター用CPU「NVIDIA Grace」を発表しました。このアームベースのプロセッサは、今日の最速のサーバの10倍のパフォーマンスとエネルギー効率を可能にします。

 NVIDIAはGraceによって、GPU、DPU、そして今回のCPUという3つのチップ戦略をとっています。スイス国立スーパーコンピューティングセンターと米国エネルギー省のロスアラモス国立研究所は、Graceを搭載したスーパーコンピュータの構築計画を発表した最初の企業です。Graceは2023年初頭に利用可能になる予定です。

 GTCは何よりもまず、開発者のためのものです。私たちは、NVIDIAが開発・最適化した事前学習済みモデルを、NVIDIA GPUクラウドレジストリで提供することを発表しました。開発者は、事前に学習されたモデルを選択し、当社の転送学習ソフトウェアであるNVIDIA TAOを使って特定のニーズに適合させることができます。TAOは、顧客自身の小さなデータセットを使ってモデルを微調整し、ニューラルネットをゼロから訓練するのに必要なコストや手間、膨大なデータセットを使わずにモデルを慣らしていきます。

 モデルが最適化され、展開の準備ができたら、ユーザは用途に合ったNVIDIAアプリケーションフレームワークと統合することができます。例えば、対話型会話AIのためのNVIDIA Jarvisフレームワークは、現在、一般的に利用可能であり、T-MobileやSnapなどの顧客に利用されています。また、ディープ・レコメンテーターのためのNVIDIA Merlinフレームワークは、SnapやTencentなどの顧客に利用されているオープンベータ版です。選択されたアプリケーションフレームワークで、ユーザーはNVIDIA Fleet Commandソフトウェアを起動して、様々なNVIDIA GPU搭載デバイスにAIアプリケーションを展開・管理することができます。

 企業のお客様向けには、永久ライセンスまたはサブスクリプションとして利用可能な、新しいエンタープライズグレードのソフトウェアを発表しました。NVIDIA AI Enterpriseは、AIワークロードの開発と展開を高速化し、エンタープライズAIインフラストラクチャの管理を簡素化するAIソフトウェアの包括的なスイートです。VMware社とのパートナーシップにより、何十万人ものvSphereユーザーが、IT管理者がVMware社のインフラストラクチャ・ソフトウェアを購入する際に使用しているのと同じ馴染みのある価格モデルで、NVIDIA AI Enterpriseを購入できるようになります。

 また、GTCでは、NVIDIA AIとアクセラレイテッド・コンピューティングの両方を、世界最大の産業界の企業やエッジユーザに提供することを加速するために、いくつかの発表を行いました。主要なサーバーOEMは、NVIDIA EGXプラットフォームをベースにした業界標準のサーバーであるNVIDIA認定システムを発表しました。これらのシステムは、NVIDIA AIエンタープライズソフトウェアを実行し、NVIDIA A30およびA10 GPUによってサポートされています。ロッキード・マーティン社やマス・ジェネラル・ブリガム社などが初期の顧客です。

 さらに、高性能な5GラムとAIアプリケーションを実現するために、NVIDIA EGXサーバでサポートされるNVIDIA AI on 5Gプラットフォームを発表しました。このAI on 5Gプラットフォームは、NVIDIA Aerialソフトウェアと、当社のGPUとDPUを組み合わせたNVIDIA BlueField-2 A100コンバージドカードを活用しています。当社は、富士通Google Cloud、Mavenir、Radisys、Wind Riverと協力して、AI on 5Gプラットフォームをベースにしたソリューションを開発し、スマートシティや工場、先進的な病院、インテリジェントな店舗の実現を加速していきます。

 GTCでのもう一つのハイライトは、クラウド・データセンター、HPC、エンタープライズ、エッジとPCにまたがるArmのエコシステムを強化するための幅広い取り組みを発表したことです。クラウドでは、AWSのGraviton2プロセッサとNVIDIAのDPUを組み合わせて、コストの削減、仮想ゲームのストリーミング体験のサポート、Armベースのワークロードのパフォーマンス向上など、さまざまなメリットを提供します。

 HPCでは、Ampere Altra CPUとNVIDIA GPU、DPU、NVIDIA HPCソフトウェア開発キットを組み合わせています。最初に導入されたスーパーコンピューティングセンターは、オークリッジ国立研究所ロスアラモス国立研究所です。エンタープライズおよびエッジでは、Marvell ArmベースのOCTEONプロセッサとNVIDIA GPUを組み合わせることで、ビデオ分析やサイバーセキュリティのソリューションを加速させています。また、PCでは、MediaTekのArmベースのプロセッサとNVIDIA RTX GPUを組み合わせることで、Armベースの新しいクラスのノートPCにおいて、リアルなレイトレースグラフィックスと最先端のAIを実現します。

 Arm社の買収については、主要地域の規制当局との連携が着実に進んでいます。当初予定していた2022年初頭の取引完了に向けて、引き続き順調に進んでいます。Arm社のIPは広く利用されていますが、同社が新たな高みに到達するためには、それを支援してくれるパートナーが必要です。NVIDIAは、Armの能力を強化できる独自の立場にあります。私たちは、Armのエコシステムの開発、研究開発の強化、IPの追加、開発のターボチャージに投資して、データセンター、IoT、組み込み機器など、Armが軽いフットプリントしか持たないか、場合によってはまったく持たない分野で新しい市場に成長することを約束します」と述べています。

③Professional Visualization

NVIDIA Omniverse™ Enterpriseソフトウェアが注目ですね。オンライン上で共有された3Dの仮想空間の中で、制作やデザインができるソフトのようです。

www.nvidia.com

www.nvidia.com

prtimes.jp

-----以下$NVDA IR情報より(DeepLで翻訳)-----

 第1四半期の売上高は、前年同期比および前四半期比ともに21%増の3億7,200万ドルを記録しました。
 リアルタイム3DデザインとコラボレーションのためのNVIDIA Omniverse™ Enterpriseソフトウェアを発表し、BMW Group、Foster + Partners、WPPが初期の顧客となりました。
 デスクトップ向けのNVIDIA RTX A4000およびA5000、ラップトップ向けのA2000、A3000、A4000およびA5000など、次世代のラップトップおよびデスクトップ・ワークステーション向けのNVIDIA RTX™ GPUを発表しました。
 標準的な2D画像から3Dオブジェクトモデルを作成するAIモデル「GANverse3D」を公開。

-----以下$NVDA Earning callより(DeepLで翻訳)-----

 Pro Visに移動します。第1四半期の売上高は、前四半期比および前年同期比ともに21%増の3億7,200万ドルとなりました。ノートブックは、RTXを搭載した洗練されたパワフルなモバイルワークステーションがMax-Qテクノロジーを採用したことや、企業がリモートワークの取り組みを継続的にサポートしていることなどにより、堅調な伸びを示しました。デスクトップ・ワークステーションは、企業がロックダウン中に延期していた支出を再開したことで回復し、オフィスのオープンに伴い継続的な成長が見込まれます。

 第1四半期の需要を牽引した主な業種は、製造業、ヘルスケア、自動車、メディア・エンタテインメントなどです。GTCでは、NVIDIA Omniverse Enterpriseが近日中に一般発売されることを発表しました。これは、グローバルな3Dデザインチームが共有スペースで複数のソフトウェアを使ってリアルタイムにコラボレーションできるようにする世界初の技術プラットフォームです。

 この驚くべき技術は、NVIDIAの全作品の上に構築されており、急速に成長している大規模なエコシステムに支えられています。初期の導入企業には、洗練されたデザインチームや、BMWグループ、Foster + Partners、WPPなどの世界有数の企業が含まれています。

 400社以上の企業が「Omniverse」を評価しており、約17,000人のユーザーがオープンベータ版をダウンロードしています。Omniverse」は、ユーザーごと、サーバーごとのソフトウェアサブスクリプションとして提供されます。世界がよりデジタル化、バーチャル化、コラボレーション化していく中で、Omniverseには大きな収益機会があると考えています」と述べています。また、次世代デスクトップおよびラップトップ・ワークステーション向けのパワフルな新アンペア・アーキテクチャGPUを発表しました。RTXを搭載した新しいワークステーションは、すべての主要なOEMメーカーから発売される予定です。

 

④Automotive

・近年注目されている自動運転領域です。

・様々な企業とパートナーを組み、今後の売り上げ拡大も見込まれています。

NVIDIA DRIVE Atlan™という半導体が最近の注目のようです。

www.nvidia.com

blogs.nvidia.co.jp

jidounten-lab.com

jp.techcrunch.com

www.nvidia.com

-----以下$NVDA IR情報より(DeepLで翻訳)-----

 第1四半期の売上高は1億5400万ドルで、前年同期比で1%減、前四半期比で6%増。
 自動車メーカーの2025年車両をターゲットに、1,000TOPSとデータセンター級のセキュリティを備えた自律走行車用のAI対応プロセッサ「NVIDIA DRIVE Atlan™」を発表。
 車両にAIとサラウンド・センサーを搭載するための時間とコストを削減する、完全運用可能なオープン・プラットフォームの最新世代であるNVIDIA DRIVE Hyperion™ 8を発表。
 NVIDIA DRIVE™は、2022年からSAIC R Auto、IM Motors、Faraday Future、VinFastのインテリジェント新エネルギー車に搭載されることを発表しました。
 Amazon Zoox社、DiDi社、Oxbotica社、Pony.ai社、AutoX社に続き、Cruise社がNVIDIA DRIVEを採用する最新のロボットタクシー会社であることを発表しました。
 ボルボ・カーズが、2022年に発表されるXC90をはじめとする次世代自動車の自律走行コンピュータにNVIDIA DRIVE Orin™を採用することを発表しました。
 メルセデス・ベンツの新型セダン「EQS」のAIコックピット「MBUX Hyperscreen」をNVIDIA DRIVEプラットフォームが支えることを発表。
 TuSimple社とNavistar社が、NVIDIA DRIVE AGX™プラットフォームを搭載した自動運転トラックを製造することを発表。また、自動運転トラックの会社であるPlus社が、来るべき自律走行車のプラットフォームにNVIDIA DRIVE Orinを採用することを発表しました。

-----以下$NVDA Earning callより(DeepLで翻訳)-----

 オートモーティブに移動します。第1四半期の売上高は、前四半期比6%増、前年同期比1%減の1億5,400万ドルとなりました。AI コックピットの売上の伸びは、予想されていたレガシー・インフォテイメントの売上の減少により一部相殺されました。当社は、次世代のNVIDIA DRIVE Atlan SoCを発表し、技術面でのリーダーシップを拡大しました。

 Atlanは、他に類を見ない毎秒1,000兆回の演算性能を実現し、データセンタークラスのNVIDIA BlueFieldネットワーキングとセキュリティ技術を統合することで、車両の性能と安全性を向上させ、車輪上の真のデータセンターを実現します。自動車メーカーの2025年モデルをターゲットとするAtlanは、来年からの生産スケジュールに向けて大手自動車メーカーに採用されている254TOPSを実現するNVIDIA DRIVE Orin SoCを踏襲します。

 NVIDIA DRIVEプラットフォームは、輸送業界においてグローバルな採用を達成しています。当社の自動車設計における勝利のパイプラインは、2027年度までに80億を超えています。最近では、Volvo CarsがNVIDIA DRIVE Orinを使用することを発表し、Mercedes Benz、SAIC、Hyundai Motor Groupなどの大手自動車メーカーとの間で次の大きな勢いが生まれています。

 robotaxi'sでは、GM Cruiseを加え、Amazon ZooxやDiDiなど、NVIDIA DRIVEプラットフォームを採用する企業の数が増えています。また、新エネルギー自動車メーカーにも大きな影響を与えています。最近では、Faraday Future、R Auto、IM Motors、VinFastが採用されており、これまでに発表されたSAIC、NIO、XPeng、Li Autoに加えて採用されています。

 また、トラック運送業界では、NavistarがTuSimpleと提携し、自律走行用にNVIDIA DRIVEを採用しました。NVIDIAは、輸送業界の革命に貢献しています。私たちのフルスタックソフトウェア定義AVおよびAIコックピットプラットフォームは、シリコン、システム、ソフトウェア、AIデータセンターインフラにまたがり、車の寿命を通じた安全性と運転の喜びを高めるための無線によるアップグレードを可能にします。当社のリードパートナーであるメルセデス・ベンツをはじめ、NVIDIA DRIVEは、新しいソフトウェアおよびサービスのビジネスモデルを通じて提供される素晴らしい技術によって、自動車業界を変革することができます。

 

☆これまでの決算振り返り☆

f:id:reostock:20210531225401p:plain

→決算についてはEPS・Revenueともに取りこぼすことなく来ています。

 →ガイダンスも問題ありません。

 

☆チャート☆

f:id:reostock:20210531225545p:plain

→4月中旬からの日足チャートでの下降トレンドラインをブレイクした後、現在は過去最高値を記録しています。

f:id:reostock:20210531225806p:plain

→PERもコロナウイルス時の2021年3月時点に迫るくらいです。

 

☆その他ニュース☆

nvidianews.nvidia.com

→6/3に株式分割の予定(1株が4株に)です。

 

🌟まとめ

・決算/ガイダンスともに問題なく、チャートも過去最高値を更新しました。

GPU/CPU/DPUを主幹に、AIや自動運転、量子コンピューティングなど多くの場面で活躍が期待されます。

・Earning callの質疑応答を踏まえると、決算ではGaming(仮想通貨マイニングCMP含む)、Data centerが稼ぎ頭として注目されます。

・ただ、NVIDIA® BlueField-3® DPUなどはまだしばらく時間がかかるようであり、Arm買収についても注目されます。

・僕としてはこのままHoldの予定です。