reostockのブログ

資産運用などなど

$AFRM 銘柄分析

Buy now, Pay laterでおなじみのAFRMです。

IPO後の決算に関しては、IPO時の費用で1回EPSをmissしていますが、それ以外は問題なしです。

 

○事業内容

・以下に引用。

tabinformation.com

2021年Q3より

f:id:reostock:20210728121810p:plain

→Merchant retention>100%

f:id:reostock:20210728122142p:plain

→GMVはYoYで順調な伸び(季節性があるようなのでQoQよりYoYでみていく方が良さそう)

f:id:reostock:20210728122356p:plain

→利用者数の伸びもOK。Buy now, Pay laterには多くの企業が参入中であり、利用者が減るような事態は避けたい。

 

○2021年Q3 Earning callより(DeepLで翻訳)

Max Levchin

本日の電話会議にご参加いただき、ありがとうございます。本日の電話会議にご参加いただきありがとうございます。2月に行った電話会議以降の業績と進捗状況をお知らせできることを大変うれしく思います。しかし、数字を説明する前に、まず、Affirmのパワーを示すために、この四半期のエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

ご存知のように、Affirmのコアバリューの1つは「人が第一」です。つまり、私たちは常に人々の生活に与える影響を考え、自分の利益よりも彼らの利益を優先するよう努力しています。だからこそ、私たちは遅延損害金や隠れた手数料を請求しません。また、消費者からの評価や、消費者が必要なものを手に入れるために私たちがどのように貢献しているかを常に意識しています。

3月には、Affirmの9回目の誕生日を記念して、Instagramでプレゼント企画を実施しました。プレゼント企画では、Affirmを使ったお気に入りの体験や購入品を紹介してもらいました。投稿された11,000件以上の個人的なストーリーの多くに刺激を受けました。ある看護師さんは、パンデミックの際に12時間勤務の後の痛みを和らげるセラグーン・プライム・マッサージャーを購入できたのは、手頃な月々の支払いがあったからだと感謝していました。また、2児の母は、赤ちゃんが生まれる直前に家族でディズニーランドに行くことができたことに感謝しています。彼女は、お金をかけずに特別な休暇を予約できたことに感謝しています。

また、私はよく企業の方とお話をします。長期的なパートナーシップを築くためには、お客様のニーズを理解し、目標達成に向けてどのように支援するかが重要です。最近では、パンデミック後の消費者の需要を満たすために、特に旅行会社の方とお話しすることが多いですね。

アファームのおかげで、2018年に提携を開始したPricelineのような企業が新たな顧客を増やしています。Priceline社は、Affirmの柔軟でゴーシェのない決済ソリューションのおかげで、消費者がより安心して予約できるようになったと話してくれました。また、ミレニアル世代やZ世代の消費者へのリーチ拡大にもAffirmが役立っていると話してくれました。

私たちが消費者と加盟店に提供する価値の核心は、Affirmの比類なきテクノロジーにあります。スピードと正確さを兼ね備えたAffirmのテクノロジーは、消費者の要求を瞬時に昇華させ、数秒で消費者に合った支払い方法を提供することができます。また、Affirmのテクノロジーの品質と拡張性により、Shopifyのような大規模なプラットフォームがAffirmをパートナーとして選択しています。

本日、わずか4月から5月初旬にかけて、10,000以上の加盟店がShop Payの分割払いサービスを開始したことをお知らせします。新規および既存の加盟店を対象とした一般提供に移行すると、この数は大幅に増加し、現在から6月末までの間に到達すると予想しています。技術の重要性については後ほど説明しますが、ここでは第3四半期の業績の概要をご紹介します。

Affirmは、2月に発表した業績見通しを上回る好調な業績を達成しました。アクティブな加盟店数は、前年同期比で2倍以上の約12,000店となりました。GMVの成長率は、第2四半期の55%から83%へと加速しました。Pelotonを除くと、GMVは前四半期の54%から100%に増加しました。また、過去12ヶ月間でアクティブユーザー数が60%増加しました。

第3四半期のGMVの伸びは、すべてのカテゴリーで好調でした。これは主に、Affirmが提供するサービスに対する消費者の需要と、Ikon Pass、Neiman Marcus、Vrboなどのマーチャントとの新規および拡大した関係によるものです。また、スポーツ用品、家具、家庭用品など、パンデミック時にも好調だったカテゴリーも引き続き好調でした。

また、当四半期末近くになると、パンデミックの影響を受けたカテゴリーの支出が急激に増加し始めました。特に旅行・チケットが好調でした。このカテゴリーのGMVは、2021年度第2四半期に約3倍に増加し、COVID前の四半期における旅行カテゴリーの最高値であった昨年第3四半期と比較しても50%以上の増加となりました。この勢いを励みに、経済の強化がAffirm社に新たな追い風になると信じています。

パンデミック後のアメリカ人は、過去最高の830億ドルのクレジットカード負債を返済し、2020年には1.7兆ドルの貯蓄を達成しており、大きな消費力を持っています。また、パンデミックの影響でオンラインショッピングをする人が増え、米国の電子商取引市場は8,000億ドル近くにまで拡大しています。このような財務状況の改善に加え、消費者のポジティブな感情の高まりや継続的な再開が、当社の継続的な成長を支えるものと期待しています。

復職前にスーツを買って使ったり、先延ばしにしていた披露宴用のウェディングドレスを買ったり、会えなかった大切な人に会いに行くための航空券を買ったりする消費者の方々に寄り添えることを楽しみにしています。

また、私たちのチームは、この数ヵ月間に戦略的目標に向けて素晴らしい成果を上げました。先ほどお話したように、Shopify社とのパートナーシップを有効にすることで、より頻度の高いカテゴリーに当社のプレゼンスを拡大しています。

ここ数週間で、加盟店への導入を加速させ、2月に行った試験的な導入では100社だったShop PayのAffirmによる分割払いを、10,000社以上のショップ加盟店で可能にしました。Shopify社とのパートナーシップを拡大することで、大規模かつ多様な加盟店とのビジネスを成長させることができると考えています。

Shopify社のチームは、Affirm社が提供するShop Pay Installmentsによって、同社の急速な成長に合わせたソリューションを提供することができ、新規ユーザーと再訪ユーザーの両方に対して、今すぐ購入して後払いするまでの時間を最大30%短縮することができたと語っています。

また、消費者と販売店の双方にとって、返品・交換をシームレスにするテクノロジー企業であるReturnly社を買収し、プラットフォームを拡大しました。現在、Returnly社は、1,800社以上のマーチャントが、返品から再購入率の向上、返品による収益の増加、消費者満足度の向上に貢献しています。より多くのマーチャントに返品サービスを提供し、800万人を超えるマーチャントのユーザーにAffirmを紹介できることを楽しみにしています。

マイケルに電話を移す前に、先ほどの技術的な優位性の話に簡単に戻ります。Affirmはテクノロジーカンパニーであり、我々のテクノロジーは競合他社にはないと信じています。私たちは、消費者と加盟店の両方にとって、他社ができない、あるいはしないような複雑な問題を解決することに喜びを感じています。このようにして得られた技術的専門知識は、重要な競争力となります。当社独自の機械学習を活用することで、消費者にパーソナライズされたオファーを提供し、より効率的にクレジット価格を実証し、リスクを管理することで、より良いクレジット結果を得ることができます。

その結果、Affirmは消費者に柔軟に対応することができ、様々な価格帯やローン期間で利用することができます。このような利点により、Affirmは、「今すぐ購入、後で支払う」プロバイダーや他のネットワークとは異なり、短期間での支払い以上のものを消費者に提供することができます。これは、旅行などの取引額が大きいカテゴリーでは非常に重要です。

また、当社のテクノロジーは、加盟店の成長を促進することができます。加盟店は、当社が生み出す購入量、コンバージョン率の向上、平均注文額の増加、消費者の増加などを実感しています。実際、第3四半期には、取引の約3分の1がAffirmのアプリとサイトからのものでした。WalmartやPricelineをはじめとする多くの大企業がAffirmをパートナーとして選んでいるのは、加盟店に一貫して高い成果を提供できるからです。

もちろん、優れたテクノロジーとは、究極的には優れた技術者のことです。技術面での優位性を維持・拡大するために、私たちは技術を支える人材に投資し、社内のリーダーシップを高めています。その一環として、本日、Affirm社のPresident of TechnologyであるLibor Michalek氏が当社の取締役に就任したことを発表しました。Liborは、フィンテック業界で最も高く評価されている技術者の一人であり、当社のビジネスにとって重要な競争力となる独自の技術プラットフォームの開発に重要な役割を果たしています。

ワールドクラスの技術を構築することは、当社の戦略にとって極めて重要です。リボーは、ソフトウェア、システム、セキュリティ、機械学習、エンジニアリングに関する重要な経験を当社の役員室にもたらしてくれることを嬉しく思います。リボーの就任は、当社が技術と革新を競争上の優位性として活用し、消費者や加盟店に優れたソリューションを大規模に提供することに尽力していることを反映しています」と述べています。

最後に、リーダーシップについて簡単にご説明します。本日、当社の最高法務責任者であるSharda Caro Del CastilloがAffirmの役職を退くことを発表しました。Shardaは、当社がIPOを実施し、前例のない市場期間を乗り切り、驚異的な成長を達成するという重要な時期に、当社の法務チームを率いてくれました。彼女の献身とリーダーシップに感謝したいと思います。彼女は、私や当社のリーダーシップチームにとって信頼できる貴重な相談相手であり、彼女の成功を願っています。

Katherine Adkinsは、最高法務責任者に就任します。キャサリンは、シャルダの代理として、上級法務チームの重要な一員として、当社の重要な法的ニーズをサポートしながら、より大きな責任を担ってきました。彼女は、私たちがプラットフォームの普及を進め、Affirmを長期的に強化、拡大、成長させていく上で、重要な役割を担ってくれます。

要約すると、第3四半期は好調に推移し、戦略的目標に向けて素晴らしい成果を上げることができました。消費者や加盟店の導入が進むにつれ、ビジネスの勢いが増してきており、Affirmは目の前にある大きく成長している機会を捉えることができる独自の立場にあると考えています。これはAffirm社の皆さんの努力なしには実現できません。パンデミックの中でも素晴らしい結果を出し、消費者やマーチャントに優れたサービスを提供し、PayBrightやReturnlyのチームをAffirmファミリーに迎え入れ、上場企業として成功するための準備をしてくれました。私は、Affirm社がお客様、マーチャント、そして株主のために集中し、献身的に働いてくれたことをこれ以上ないほど誇りに思い、感謝しています。私たちは共に多くのことを成し遂げてきましたが、実際にはまだ始まったばかりです。それでは、マイケルから第3四半期の詳細と第4四半期の見通しについて説明させていただきます。

Michael Linford

マックスさん、ありがとうございます。マックスが述べたように、第3四半期は好調でした。GMVは83%、売上高は67%と、それぞれ業績見通しを上回り、2021年第2四半期に達成した前年同期比の成長率をさらに加速させることができました。この成長を実現するために、資本効率を大幅に向上させ、バランスシートを100%以上成長させたにもかかわらず、必要な自己資本を前年同期比で10%削減しました。また、投資目的で保有するローンに占める引当金の割合が過去最低の5.2%に減少するなど、信用面でのパフォーマンスも向上しました。これらの傾向は心強いものであり、今後もこの勢いを維持していくことに注力しています。

次に、当四半期の主な財務ハイライトをご紹介し、好調な業績を反映して本日上方修正した財務見通しについてもご説明します。特に断りのない限り、すべての期間の比較データは、2020年度第3四半期に対する2021年度第3四半期の比較データです。

第3四半期のGMVは83%増の23億ドルとなり、予想していた18億ドルから18.5億ドルを上回りました。この増加は、すべてのカテゴリーにおいて加盟店および消費者の方々に受け入れられたことによるものです。第3四半期末時点で、アクティブな加盟店数は2倍以上の約1万2,000店となり、アクティブな消費者数は60%増の540万人となっています(前年同期比)。アクティブコンシューマー1人当たりのトランザクション数も2.1から2.3に増加しました

GMVが見通しを上回った一方で、事業の勢いは83%のヘッドライン成長が示す以上に強かったです。ペロトンを除くと、第3四半期のGMVは2倍になりました。これは、Affirmがサービスを提供しているすべてのカテゴリーと、新規および既存の加盟店からの成長によるものです。

幅広いカテゴリーでの成長は、加盟店の集中度を分散させることにもなりました。Pelotonは、フルフィルメントのリードタイムが予想以上に改善したため、第3四半期の売上高に占める割合は、前年同期の25%に対し、18%となりました

マックスが述べたように、第3四半期に入ってからは、旅行分野の成長が顕著になりました。旅行は、第9四半期の売上高に占める割合はわずか2%でしたが、第3四半期には9%まで着実に伸びました。4月に入ってからも旅行の成長は加速しており、全社のGMVに占める割合は11%に達しています。このカテゴリーで行ってきたパートナーシップへの投資を考えると、第4四半期以降も旅行が大きく貢献すると期待しています。

APR0のビジネスは、2020年第3四半期と同様、GMV全体の43%を占めています。期間が12ヶ月を超えるローンは30%を占め、2020年第3四半期の35%から減少しましたが、これは加盟店ベースの拡大と、ベロシティが高く平均注文額が低いカテゴリーを反映したものです。これに伴い、AOVも612ドルから564ドルへと若干減少しました。

第3四半期のGMVの伸びの勢いは、2月にお伝えした1億8,500万ドルから1億9,500万ドルという予想を上回る収益の伸びにつながりました。第3四半期の純収入は67%増の2億3,100万ドルで、これはネットワーク収入合計が53%増の1億1,200万ドル、受取利息が80%増の9,500万ドルとなったことによるものです。受取利息の約3分の1は、消費者金融からの支払利息ではなく、貸借対照表に計上されている投資用ローンの割引額の償却によるものです。消費者向けの利払いに関連する部分の受取利息の伸びはより緩やかで、前年同期比42%増でした。

ローン売却益による収入は、ローン売却の価格設定がより有利になったことと、売却数量が増加したことに より、1,600万ドルで前年同期の1,000万ドルから増加しました。最後に、第三者が所有するローンの平均未払い元本残高が前年同期に比べて増加したことにより、サービシング収入は800万ドルとなり、前年同期の300万ドルから増加しました。

なお、第3四半期の業績には、ペロトン社が発表したTreadおよびTread+製品の自主回収がアファーム社に与える財務上の影響の概算に関連して計上した350万ドルの収益減が含まれています。これは、ペロトン社が発表したTreadおよびTread+製品の自主回収がAffirm社に与える財務上の影響を見積もったことに関連して計上したものです。この試算は、Peloton社が直近の四半期報告書に記載した2021年6月30日までの四半期における返品率の予測に基づいています。

第3四半期も引き続きユニットエコノミクスを改善し、信用損失引当金を除く取引費用のうち収益を67%増加させ、50%の増加となりました。第3四半期の貸倒引当金繰入額を含む取引費用は、前年同期比34%減の9,700万ドルとなりました。第3四半期の業績には、貸倒引当金繰入額が2020年に比べて8,300万ドル減少したことが含まれています。信用損失引当金を除く取引費用は、2020 年第 3 四半期比で 3,300 万ドル(50%)増加して 9,800 万ドルとなり、収益の増加を大幅に下回りました。

ローン購入コミットメントの損失は、APR0%のローンのボリュームが増加したことにより、前年の4,400万ドルに対して6,200万ドルとなりました。貸倒引当金繰入額は、投資目的で保有する貸付金の5.2%という過去最低水準まで引当金を削減したことにより、前年の8,200万ドルの費用に対し、100万ドルの利益となりました。

昨年は、記録的な失業率を見越して5,600万ドルの引当金を追加計上しましたが、ポートフォリオの返済履歴が予想以上に好調であったため、時間の経過とともに解消されました。先に述べた引当金の減少は、将来の貸倒損失の見積もりが大幅に改善されたことを反映したもので、当社の堅調な信用実績と一致しています。さらに、当社が新興成長企業の地位を失ったことにより、2020年7月1日に遡ってCECL会計基準も適用しましたが、当期の貸倒引当金には大きな影響はありませんでした。

資金調達コストは、2021年第3四半期に800万ドルから1,500万ドルに増加しましたが、投資目的で保有する貸付金に比べて成長は緩やかでした。この増加は、固定金利で利息を負担する証券化信託の発行、ならびに平均調達負債の増加を反映しており、平均金利の低下によって相殺されています。

最後に、プロセシングおよびサービシング業務は、前年同期の1,400万ドルから2,100万ドルに増加しましたが、規模の効率化を実現したことにより、プラットフォーム・ポートフォリオ全体よりも低い成長率となりました。

トップラインの堅調な業績と取引費用の削減により、取引費用控除後の売上高は、第3四半期の見通しである6,000万ドルから6,500万ドルに対して、1億3,400万ドルとなり、予想を上回りました。当四半期は、取引費用だけでなく、長期的な成長を促進するための投資にも目を向け、主に1月のIPOに関連した株式ベースの報酬から大きな影響を受けました。

これは主に、マックスが前述した競争優位性と技術の拡大に向けたSBCとエンジニアリング要員の増加を反映したものです。SBCの4,600万ドルを除いた技術・データ分析費は、前年同期比で74%増加しました。

これは主に、SBCおよびShopify社との独占的長期パートナーシップに関連して付与された賞の権利確定によるものです。SBCの1,000万ドルとShopify社のワラントの影響1,700万ドルを除くと、販売促進費は前年同期に比べ2,500万ドル増加しました。

一般管理費は、当社の長期的な成長と上場企業としての活動を支援するために、財務、法務、業務、管理部門の人員を増加させたこともあり、前年同期の3,100万ドルから1億4,700万ドルに、純売上高の23%から64%に増加しました。また、G&Aには、当社のリモート・ファースト・ポリシーに照らした不動産の変化に関連する1,100万ドルの転貸減損が含まれています。最高経営責任者に対する複数年の業績連動型ストックオプションの付与に関連した3,800万ドルを含むSBCの8,200万ドルを除くと、販管費は前年同期比で132%増加しました。

これらの費用を含むGAAPベースの営業損失は、2020年第3四半期の8,200万ドルに対し、21年第3四半期は1億6,900万ドルとなりました。減価償却費500万ドル、株式ベースの報酬1億4,000万ドル、Shopifyワラント1,700万ドル、その他の非経常的項目1,300万ドルを除いた調整後営業利益は500万ドルで、前年同期の調整後営業損失7,100万ドルから7,600万ドル改善しました。売上高に対する比率では、調整後の営業利益率は2020年第3四半期から53ポイント増加し、2%となりました。

当社は、自己資本を非常に効率的に活用しながら事業を成長させるという戦略を引き続き実現しています。成長面では、第三者保有するローンを含め、当社のプラットフォームを通じてファシリテートされたすべてのローンの未払い残高を含むプラットフォームポートフォリオ総額が、2020年3月31日時点の24億ドルから、第3四半期末には42億ドル、前年同期比で18億ドル増加しました。この18億ドルの増加は、13億ドルの証券化案件と5億5,200万ドルのフォワードフロー案件によって賄われましたが、オンバランスシートについては前年同期比で比較的横ばいでした。

資金調達面では、第3四半期に2021-Aリボルビング証券化を実行したほか、新たなウェアハウス・ファシリティと新たなローン販売プログラムを導入しました。これらの案件により、当社のプログラムを効率的に拡大することができました。バランスシート上のローン残高が12億ドル増加したにもかかわらず、必要な自己資本を前年同期の2億2,900万ドルから2億700万ドルへと10%削減することができました。プラットフォーム・ポートフォリオ全体に占める自己資本の割合は、前年同期の約10%から5%に低下しました。

今後については、当社のビジネスの勢いに勇気づけられるとともに、経済全般の強化が第4四半期の追い風になると考えています。すべてのカテゴリーでGMVが増加しており、特にパンデミックの影響を強く受けたカテゴリーでは需要が回復しています。また、第3四半期に見られた消費者および加盟店による強力な普及にも勇気づけられました。

このような状況を反映して、通期の見通しを上方修正しました。2021年6月30日に終了する第4四半期の売上高は22億ドルから22億5,000万ドル、売上高は2億1,500万ドルから2億2,500万ドル、取引費用は1億3,500万ドルから1億4,000万ドル、売上高から取引費用を差し引いた額は8,000万ドルから8,500万ドル、調整後の営業損失は5,500万ドルから5,000万ドル、加重平均株式数は2億7,000万株を見込んでいます。

先ほど述べたように、第3四半期に350万ドルの収益減少を計上しましたが、これはペロトン社のTreadおよびTread+のリコールによる直接的な収益への影響を見積もったものです。これはペロトンのTreadおよびTread+のリコールによる直接的な収益への影響を示しています。第4四半期には返金された加盟店手数料による追加の収益への影響はないと予想していますが、近い将来、返品の増加が予想され、これはGMVなどの主要な営業指標にマイナスの影響を与えます。当社の財務見通しでは、この返金にともなうGMVへの影響見込みに加え、将来のTreadおよびTread+のGMV低下への影響見込みも考慮しています。さらに、当社の見通しには、5月1日に完了したReturnly社の買収による影響も含まれていますが、第4四半期には重要な影響はないものと見込んでいます。

2021年6月30日に終了する2021年度の売上高は80億1,000万ドルから80億6,000万ドル、売上高は8億2,400万ドルから8億3,400万ドル、取引費用は4億6,000万ドルから4億6,500万ドル、売上高から取引費用を差し引いた額は3億6,400万ドルから3億6,900万ドル、調整後の営業損失は5,500万ドルから5,000万ドル、加重平均株式数は約1億6,000万株と予想しています。

通年のガイダンスおよび会計年度末の財務データには、2020年7月1日に遡ってCECLを適用したことによる影響が含まれています。この適用により、21年度上半期の貸倒引当金繰入額は、引当金の減額により1,600万ドル下方修正されました。

最後に、当社は第3四半期に好調な業績を収めました。消費者の皆様が当社製品をより多く採用してくださるようになり、加盟店の皆様も当社製品の提供によって真の成長を遂げています。私たちは、誠実な金融商品で生活を向上させるという使命を果たすと同時に、株主の皆様に成果をもたらしています。

以上、皆様からのご質問にお答えします。

Dan Perlin

ありがとうございました、こんばんは。私は、ここで起こっているダイナミクスをすべて理解しているかどうかを確認したいと思います。特に、第4四半期のマーチャント獲得率が低下し、6月期もこのレベルで推移するように見えます。これにはPelotonやShop Payの分割払いを導入したことが関係しているのではないかと思います。しかし、まずその要因を教えていただければ、とても助かります。

Michael Linford

加盟店手数料収入については、まず最初に、加盟店ネットワーク収入とバーチャルカードネットワーク収入の両方をまとめることが重要です。特に、バーチャルカードネットワーク収入は、旅行会社から加盟店手数料を徴収するための重要な手段です。したがって、旅行の重要性が増すにつれ、このラインを組み合わせて見ることが重要です。また、最大の影響は、総売上高が予想通りだったことに加え、長期の0%ローン、特にPelotonの集中度が低下したことです。

Dan Perlin

現時点で2022年の見通しを立てたくないのはわかりますが、これまでのモデルでは2022年に500ベーシスポイント以上の差が出るように設定されていたように思います。私が言いたいのは、最終的にはShopifyがGMVを大幅に増加させてそれを相殺することができると期待しているのかということです。それとも、来年に向けてバーチャルカードとマーチャントネットワークの両方を組み合わせた場合でも、このようなランレートを考えておくべきなのでしょうか?ありがとうございました。

Michael Linford

はい、ありがとうございます。2022年に向けてのガイダンスを出すつもりは今のところありません。ただ、もうひとつ付け加えるとすれば、当四半期にPelotonに計上された350万ドルの数字がわずかに影響していることと、加盟店手数料の認識に大きく影響する金利収入の動きがここにも影響しています。しかし、Shopifyの影響によって、加盟店の売上高に大きな変化が生じることはないと考えています。

Dan Perlin

わかりました。ありがとうございました。

Ramsey El-Assal

今晩は、私の質問に答えてくださってありがとうございます。トラベル&チケッティング事業についてお聞きしたいと思います。率直に言って、今の世界の状況を考えると、私が予想していたよりも急速な回復を遂げているようです。第4四半期の総GMVは約9%増加しており、4月には11%と言っていたと思います。これはどこまで続くのでしょうか?旅行業界の回復にはまだ十分な時間があると思いますが、この分野が御社のビジネスにより大きな割合を占めるようになると思われますか?

Max Levchin

まず第一に、あなたのおっしゃる通りです。旅行やチケットは復活しているとしか言いようがありません。昨年の第3四半期はCOVID導入前の四半期としては高水準の市場でしたが、今期はCOVID導入前のAffirmと比較していることに注目してください。COVIDがすべてを変えてしまったのは明らかですから。しかし、この数字に対する成長率は、基本的に崩壊したベースから出発しているため50%でした。

しかし、拡大して現在の状況を見ると、前月比で約3倍の伸びを示しています。このように、この分野では信じられないような速さで復活しているのです。私たちは、この状況にとても興奮しています。私たちは非常に有利な立場にいます。Ikon PassやVrbo、ExpediaやPricelineのようなアカウント、その他の新しいパートナー、そしてもちろん、デルタバケーションズやアメリカン航空のような巨大なパートナーなど、あらゆる種類のエキサイティングなパートナーがいます。このように、当社はこの分野で非常に有利な立場にあります。

実際には、低額チケットと高額チケットの両方に対応しているという意味で、BNPLの仲間の中でも私たちが非常にユニークであることを物語っています。だから、私たちはそのすべてに対応しています。

ですから、私たちが何を目指していくべきかについては、マイケルに意見を聞いてみたいと思います。しかし、全体的な景気回復は旅行チケット業界にとって非常に大きなものであり、当社はその恩恵を受けるために非常に有利な立場にあります。昨年、景気回復のために行った投資が実を結び始めています。

Ramsey El-Assal

それは素晴らしいですね。また、Returnly社の買収について、もう少し詳しく説明していただけないでしょうか。御社の幅広い戦略にどのように適合するのか、また、収益の相乗効果や年間の損益への貢献度についてもお聞かせください。

Max Levchin

モデリングの部分については、マイケルが頭を悩ませているので、彼に話してもらいたいと思います。しかし、我々にとっての価値という意味では、驚くべき相乗効果をもたらしてくれます。製品の観点から考えると、Returnlyは文字通りAffirmが終了したところをピックアップしています。つまり、Affirmは、消費者が安心して商品を購入できるように、手数料がかからないようにしてレジに持っていくということです。価格は完全に透明化されていて、お客さまは喜んで購入されます。

しかし、靴のサイズが合わなかったり、色が気に入らなかったりした場合には、交換してもらわなければなりません。Returnlyが買収されるまでは、Affirmは「素晴らしい、きれいな返金プロセスをご提供します」と言っていました。しかし、マーチャントが在庫を補充して返金すれば、お客様は戻ってきて買い物ができるようになります。これは大きなチャンスだと考えました。お客様のことを十分に理解した上で、お客様が不要品を箱に入れる前に買い物ができるようにすれば、お客様の満足度を高めるためにコマースを加速させることができ、マーチャントは在庫を早く移動させることができるのではないかと考えました。

私たちがReturnlyに投資したのは、かなり前のことです。ですから、これは昔からの友人ではありません。私たちは長い間、この製品を追跡し、進捗を確認してきました。私たちは誇り高い投資家であり、シナジー効果があまりにも大きいことに気づき、買収を完了させました。そして、信じられないほどのシナジー効果を目の当たりにすることになります。

まず第一に、市場に出るという観点から、マーチャントの方々と話をしていると、「リターンについてはどうするのか」という質問を耳にします。私たちの標準的な答えの多くは、「私たちはお客様の最高の返品処理パートナーになります。私たちは手数料を請求しません。隠れた仕掛けもありません。お客様が不要品を箱に入れる前に、私たちがお伺いし、すぐにお買い物を始めていただき、より多くの商品を販売するお手伝いをさせていただくことができます。

だからこそ、私たちはこのプロジェクトにとても興奮しています。また、このプロジェクトは非常に近いので、一緒に市場に出すことができます。私たちには、ユーザーの巨大なネットワークがあります。800万人もの人々がReturnlyを利用しており、これはAffirm側の製品にとっても大きな変化です。この収益機会をどのように計上するかについて、マイケルさんからコメントをいただけないでしょうか。

Michael Linford

はい。Returnlyの収益や利益については、まだ公表していません。9月にまたお知らせします。ここで注目したいのは、彼らには2つの異なる収益源があるということです。製品を利用するほとんどのマーチャントにはSaaSモデルを提供していますが、これは粘着性を高め、低AOV領域での戦いに貢献するものと考えています。また、先ほどマックスが説明したようなプロセスを考えると、アンダーライティングの要素やリスクテイクの要素もあります。当社は、コスト面でも、既存のマーチャントベースにこの商品を提供する上でも、多くの価値を付加できると考えています。

Ramsey El-Assal

了解しました。ぴったりだと思います。私の質問に答えていただき、ありがとうございました。

Matt O’Neill

展開の時間軸をもう少し明確にしていただけないかと思いました。今後数ヶ月の間に、Shopifyの100のマーチャントが現在10,000のマーチャントになっていますが、これをより広い範囲で配布できるようにするにはどうしたらいいでしょうか?それはあなたの側なのか、Shopifyの側なのか、それとも両方なのか?同様に、カードの発表も非常に刺激的で、年内に発売されることも理解しています。しかし、広範な販売開始に向けてのマイルストーンは何なのか、もう一度お聞かせください。ありがとうございます。

Max Levchin

はい、素晴らしい質問ですね。申し訳ありませんが、Shopifyの数字を更新しなければなりません。前回、プレスリリースを追加した後、数が12,500に増えました。これは将来の見通しを示すものではありません。どのくらいの速さで成長するかはわかりませんが、明らかにかなりの速さで成長しています。

Shopifyで何が起こっているかを簡単に説明します。まず第一に、私たちはついにここまで来たということに非常に興奮しています。本製品のGAは6月中に提供開始される予定です。これにより、Shopifyの新規マーチャントは、Shop Pay Installments powered by Affirmが自動的に有効になります。マーチャントの皆様には、非常に多くのご利用をいただけるものと思います。

Shopifyは決して小さなネットワークではありません。実際、Affirmの製品や共同製品の対象となる加盟店は何十万とありますが、私たちは既存の加盟店を事前に承認してプラットフォームに招待しています。まだまだこれからです。ですから、この数字は直線的ではない成長を続けると考えています。この12,500人には、まだまだ追加できるものがたくさんあります。これがShopifyで起きていることです。この先の展開にとても期待しています。一緒にやることもたくさんあるので、とても長い時間をかけてがんばりました。

Shopifyの優れた点として、単なる独占的なパートナーではなく、より優れた方法でマーチャントにこの製品を提供していることを正直に伝えたいと思いました。そこで、Shop Pay Installments powered by Affirmを使った取引の完了までの時間を、他の競合製品と比較してみました。新規顧客、既存顧客ともに、コンバージョンまでの時間が30%以上短縮されています。つまり、私たちはこの商品を独占的に販売しているだけではなく、実際に市場で最高の商品を提供しているのです。これは、このプラットフォームをかなり強力に支持していると思います。

カード、皆さんの中には、私たちが実際に新規株式公開を行う前のテスト段階でお会いした方もいらっしゃると思います。私がカードの発表でやりたかったことは、だいたいこれと同じです。しかし、それとはまったく違います。それはとてもエキサイティングなことですが、自分の頭の中で起こっていることを消費者に確認せずに興奮してしまうのは簡単なことです。だから、私たちがこの製品を発表したのは、ウェイティングリストがどうなるかを確認するためでした。私たちの周りには、あくびをする人たちがいるのか、それとも実際に「すごい!」と言ってくれる人たちがいるのか、すでにかなりエキサイティングなフィンテックの世界でニュースサイクルを賑わせています。しかし、私の目から見ると、キャンセル待ちの状態は非常に良好であり、この製品を市場に投入できることを非常に嬉しく思っています。しかし、それはすべて良いタイミングです。私たちは今年中に発売する予定です。

Matt O’Neill

はい、わかりました。ありがとうございます。それから、ひとつだけ簡単なフォローアップをお願いします。来期のガイダンスの構成を考える上で、特に引当金に関して、ご協力いただけないでしょうか。これは、公開企業としてのこの2つの四半期において、パフォーマンスを向上させてきたラインだからです。どうもありがとうございました。ありがとうございました。またお話しましょう。

Michael Linford

直近の2四半期はかなり大きなリリースがありました。それはもう終わったことだと思っています。投資目的で保有するローンに対する引当金の割合を5.2%とすると、これはかなり安全な数字であると思いますが、ここから大幅に減少するとは考えていません。

Moshe Orenbuch

素晴らしいですね。Shopifyとの関係については、順調に進んでいるようですね。そのお客様がAffirmのエコシステムにどのように関わってくるのか、ご説明いただけますでしょうか。彼らはShopifyとの合弁会社の顧客になるのか、それともAffirmの一部になり、Affirmのアカウントを取得して、あなたが彼らにマーケティングを続けることができるようになるのでしょうか?

Max Levchin

白黒はっきりさせるためには、Shop Payの分割払いをShopアプリまたはそのアイデアアプリで利用できるようにすることが一番簡単だと思います。これで大体のことはわかると思います。しかし、ユーザーインターフェースの詳細については、多くのことを理解しなければなりません。もしお客様がShopifyのエコシステムの中でShopifyと一緒にいるとしたら、それは現時点では非常に大きなものですが、もちろん、Shop Payの環境の中でお客様を認識するのはとても簡単です。私たちはそこに最適な場所を確保しているので、可能な限りスムーズな体験ができます。

もしShopifyのエコシステムの外でお客様を見つけた場合、「以前お会いしたことがありますね」と言って、お客様を驚かせないようにしたいと思います。どうですか、サインアップしましたか?しかし、そのような経験も非常にスムーズで、自分のアイデンティティを再確認することができ、他のマーチャントでも当社のサービスを利用できるようになるでしょう。

このように、それぞれの経路には若干の違いがありますが、いずれも非常にシンプルに設計されています。理解しておくべき最も重要な点は、引受費用、顧客規定に関連するデータ、その顧客が実際にリスクを負ってもよい人物であるかどうかを確認するために行うすべてのことが、最初の取引で発生するということです。このように、お客様を迎え入れることで、財務的にもユーザーインターフェースの観点からも、非常に大きな相乗効果が得られます。

Moshe Orenbuch

それから、明らかに、何らかの形で、その時点でお客様に連絡を取り、招待することができるのではないかと思います。そんなことが可能なのでしょうか?

Max Levchin

状況にもよりますが、「イエス」というよりはもう少し微妙な答えになると思いますが、もし疑問があるのであれば、我々はShopifyのお客様にスパムメールを送るつもりはありません。そのようなことはありません。

Andrew Jeffrey

確かに、旅行やチケットの販売が回復しているのは心強いですね。このことと、再開に伴う消費者のカード利用行動の変化を重ね合わせて考えてみてください。言い換えれば、e-コマースにおける消費者の行動に変化があり、それが、多くの潜在的な需要があると思われる中心的なカテゴリーでの非常に強い回復を抑制しているのではないでしょうか?

Max Levchin

さまざまな要素が絡み合っていると思います。一般的に、私たちは景気回復が大きな追い風になると考えていますが、それにはさまざまな要因が関係しています。そのうちのいくつかは旅行・チケットカテゴリーで、人々が愛する人に会うためにようやく旅行できるようになったことで、ちょうどコイル状になっていて、現在急速に増加しています。また、サブカテゴリーの中には、すぐには思いつかないかもしれませんが、かなりの規模で発生しているものがあります。例えば、昔の結婚式の97%が延期され、そのうち5%だけがキャンセルされました。つまり、比較的高価なブライダルドレスや、その他のものを買わなければならない人がたくさんいるのです。繰り返しになりますが、高額商品と低額商品で勝負することは、こういった手頃な贅沢品や日常的な出費のためにも有効です。

このように、2020年に休んでいたこれらのカテゴリーには、多くの需要があると考えています。とはいえ、ファッションや家庭、フィットネス、アウトドアなどの需要が減ることはありません。Affirm社が伝統的に非常に得意としてきたすべてのカテゴリーは、実際に好調を維持しています。当四半期のパンデミック前の比較を見ると、ペロトンを除いて、100%成長しており、前四半期からかなり加速しています。これは、前四半期から大幅に加速したものです。つまり、2次的な成長をほぼ2倍にすることができたのです。

これは、回復が始まってからのことで、まだ小さなベースではありますが、この製品への需要が成長の原動力となっています。この製品の需要が成長の原動力です。このように、私たちはこれらすべてのことにとても興奮していますし、当然そうしなければなりません。需要が増えれば、これらすべての場所で販売することができると信じています。

Andrew Jeffrey

わかりました。ありがとうございます。また、カード・プレストについては、カード・プレストの成長にとってカードがどれほど重要であるか、どのような軌跡をたどるのかについて、最新の情報を教えてください。

Max Levchin

実は、カード・プレストという言葉の意味を理解しようとしていました。それが今、わかりました。少し話は戻りますが、オムニチャネル・ソリューションと呼ばれるものを、特に最大手のパートナー企業に提供することは、当社にとって重要なことだと考えています。当社はWalmartと長期にわたる大規模なパートナーシップを結んでおり、非常に大きな成功を収めています。当社の大企業のお客様の多くは、店舗で購入、オンラインで返品、オンラインで購入、店舗で返品といった、まったく新しい方法で消費者との対話を設定しています。このように、さまざまな新しい取引形態が生まれていますが、お客様のニーズに応えることが重要です。私たちのカード戦略は、消費者に提供できる最高のリエンゲージメント技術の1つだと考えています。もしAffirmがお客様に愛されていて、ネットプロモータースコアが証明しているのであれば、お客様の財布の中にAffirmが入っていれば、画面上でも実際の財布の中でも、どこに行ってもAffirmを使うことができることを思い出していただけると思います。

このように、私たちは、カード戦略や店舗内外でのオムニチャネル戦略全体を、お客様のいるところにいて、最終消費者の要望に応えられるようにするという、継続的な風景のように考えています。

James Faucette

テイクレートの圧縮は、Pelotonの0%キャンペーンがミックスされたことによるものだとおっしゃいました。他の加盟店が0%のプロモーションを中止したことも影響しているのでしょうか?また、構成比が変化して有利子負債が増えた場合、顧客獲得などへの影響をどのように考えればよいのでしょうか?

Michael Linford

はい。実際、0%という点では大きな変化はありませんでした。最大の要因は、ペロトン社との長期的な0%プログラムだと思いますが、これは明らかに合計では減少しています。しかし、それ以外では、0%ビジネスは前年同期比で横ばいだったと思います。つまり、0%プログラム全体が減少したわけではなく、ペロトンの影響が最も大きかったと思います。

Max Levchin

実際、ペロトン以外の0%プログラムは加速しましたね。

James Faucette

わかった、わかった。それは助かります。それから別途、トレッド製品に関連する返品予想による収益への影響を強調して説明されていましたね。それは6月の四半期で完全に捕捉されるのでしょうか、それとも6月の四半期を超えて暦年の下半期や会計年度の上半期にまで波及するのでしょうか?

Michael Linford

ペロトン社のQ&Aでは、推定返品額を5,000万ドルとしていますが、当社はそのうちの一定の割合を占めています。その結果、第3四半期には350万ドルを計上することができました。したがって、第4四半期にはさらなる返金に関連した影響はないと考えています。また、ペロトンの返品数を考慮することも重要だと考えています。ペロトンの返品件数は、どの四半期でも数億ドルにのぼります。ですから、この影響は外部から見た場合よりもはるかに小さいと思います。

James Faucette

はい、わかりました。もし、返品が予想と異なった場合には、それを考慮して将来的に若干の調整を行う可能性があるということですか?

Michael Linford

はい、その通りです。しかし、それが重大なものになるとは予想していません。つまり、第3四半期に計上された350万ドルという数字がその大部分を占めているのです。ですから、第4四半期に影響を与えることはありません。

Jason Kupferberg

ありがとうございます。まず、Shopifyについて質問したいのですが、第4四半期のGMVおよび/または売上はどのくらいになるのでしょうか?また、Affirm/Shop Pay Installmentの導入が完了した加盟店における消費者の反応についても教えてください。

Max Levchin

ガイダンスについてはマイケルに話してもらいますが、私たちはガイダンスを出すつもりはありません。しかし、私たちが引用した10,000件、あるいは12,500件という数字は、文字通り、この30日間に起こったものです。このように、非常に急速に増加しているマーチャントベースがあります。これが数量的に、また消費者への普及という点で実際にどのような意味を持つのかについては、もう少し明確にお話しできると思います。もちろん、1年近くかけて製品をテストし、競合他社よりもはるかに高速で、変換効率が高く、それ自体が競合他社よりも優れていることを確認しました。しかし、これが販売台数にどのような影響を与えるかについては、非常に大きな期待を抱いていますが、実際の数字が出てきたらお話しします。

Jason Kupferberg

はい。OK...

Michael Linford

具体的には、第4四半期はGAに移行することに焦点を当てており、22年度にはその影響がより顕著になると考えています。

Jason Kupferberg

では、次の四半期には、Shopifyの22年度の期待値が見えてくるということですね?

Michael Linford

はい、そうです。

Jason Kupferberg

そうですね。それから、追加の質問です。消費者と加盟店の両方が複数のBNPLプロバイダーを採用しているという点で、皆さんはどのような傾向を見ているのでしょうか。また、時間の経過とともに業界の統合にどのような影響があるとお考えでしょうか。

Max Levchin

業界の統合といっても、我々が含まれていないので、何とも言えません。私たちは自分たちが一番だと思っています。しかし、誰もが自分自身に偏見を持っているのは明らかです。とはいえ、前四半期に私は、「低AOVの企業は最終的に複数のプロバイダーを統合して提供できる能力を持っているが、高AOVの企業はおそらく1つのプロバイダーに傾くだろう」という趣旨のことを言ったと思います。それは今でも同じだと思います。

しかし、低AOVの加盟店が複数のプロバイダーを利用するようになる勢いは、私が予想していたほど早くはなく、一方で高AOVの加盟店へのサービス提供能力を維持する能力は、私が考えていたよりもさらに強くなっています。一方、高AOVの加盟店へのサービス提供能力を維持する能力は、思った以上に強かったです。高AOVの加盟店では、技術的にもリスク管理的にも複雑で、これこそが当社の強みだと考えています。これは非常に現実的であり、競合他社がこの分野で信頼できる発言をするのは非常に困難です。

低AOVの分野では、最終的には1社か2社、あるいは3社のプロバイダーが存在することになると考えています。まだ少し早いですね。どのサブセグメントでも、非常に多くの成長が期待できます。ローAUVでは、基本的にファッション、ビューティ、そして低価格のハードグッズがあります。先ほど引用したShopifyの数字を見ても、現時点では非常に多くの需要があります。マーチャント側には膨大な需要があることは明らかです。ですから、現時点では、競合他社との重複は、まだ私たちの頭の中では大きなテーマではありません。しかし、四半期後にまた報告します。

Chris Brendler

加盟店による「今すぐ購入、後払い」の導入についてお聞きしたいと思います。Affirmアプリを見ていると、現在、レジ画面やWebサイトにこの機能を導入していない加盟店がたくさんあります。消費者による導入が始まっているように感じますが、加盟店による導入、特に旅行分野での導入については、どのような状況にあるとお考えですか?今期、旅行業界では素晴らしい数字が出ているようですが、旅行サイトの中には今すぐ購入して後払いにしていないところもたくさんあります。そこで、あなたの考えをお聞かせください。ありがとうございます。

Max Levchin

そうですね。だからこそ、私たちにはセールスチームがあるのです。彼らはとても熱心に仕事をしています。彼らの問題なのです。では、もう少し真面目にお答えしましょう。私たちのアプリには、マーチャントと協力する複数の方法があります。その1つが、POSに組み込まれた「今すぐ購入、後払い、6日後、12日後に支払う」という古典的なもので、特定の価格帯に適したマーチャントのスイートをチェックアウト時に提供しています。その先には、当社の約定があり、当社のアプリでは、統合されているかどうかにかかわらず、リストアップすることができます。マーチャントの皆様には、このような新たな取引を増やすことで競争していただきたいと思っています。このようなお客様は、当社のアプリでショッピングを開始し、販売店の店頭で購入することになります。

このような状況では、マーチャントは、消費者を連れてきてくれたことに対して、基本的に報奨金や紹介ボーナスを支払ってくれることがよくあります。また、アプリ自体にも多くの機能がありますが、私はアプリという言葉をサイトと同じように使っています。かなりの数の消費者がサイトを利用していますが、それはおそらく大きな画面が好きだからでしょう。しかし、どちらの場合も、マーチャントパートナーがAffirmのエコシステムにオファーや新商品などを提供するための広告機会となる可能性があります。

いずれの場合も、マーチャントとは金銭的な関係があります。マーチャントは、まだAffirmをPOSに統合していない場合もあります。すでに契約を結んでいる場合もありますが、技術チームが対応できるようになるのを待っています。私たちが誇りに思っているのは、このように迅速に対応できることです。私たちは、さまざまな統合手段を持っています。私たちが力を入れているAffirm Liteは、マーチャントが契約してから文字通り数分で本稼働できるようにするものです。しかし、統合にはさまざまな方法があります。例えば、アプリでマーチャントを宣伝していても、そのマーチャントがまだPOSシステムを持っていない場合があります。しかし、これらはすべて、マーチャントパートナーに価値を提供するための手段にすぎません。それが私たちの毎日の仕事です。

Chris Brendler

素晴らしい。いい色ですね。実は関連した質問があるのですが、マーチャントパートナーに価値を提供することについてです。加盟店の価格設定や、PayPalや他のプロバイダーが「無料」で提供する可能性があること、あるいはクレジットカードのインターチェンジレートが、多くの「今買って、後で払う」という新興企業や先駆者たちが使ってきた価格設定モデルを損なう可能性があることなどです。私の印象では、Affirmは、御社の商品構成やローン商品を扱う能力を考えると、少し違うのではないかと思います。そこで、加盟店の価格設定と、加盟店の価値を考慮して比較的同じレベルの価格で契約更新を促進する能力についてコメントをお願いします。ありがとうございます。

Max Levchin

たくさんの質問があります。簡潔にまとめようと思っていますが、もしかしたら[indiscernible]になってしまうかもしれません。加盟店の認識や、加盟店とAffirmの関係を考える上で、Affirmは単なる決済サービス会社ではありません。基本的には、マーチャントのためのマーケティング・デバイスです。ですから、一般的に価格圧縮の話をするときには、ご存じのように、なぜ共通の決済業界のインターチェンジボックスの外にいるのか?それは私たちには当てはまりません。私たちは、決済予算だけでなく、より重要なマーケティング予算も含めて競争しています。

マーチャントが、割引をするか、他のことをするかと言ったとき、Affirmは立ち上がり、「割引をしないでください」と言います。Affirmは立ち上がって、「値引きしないでください。その代わり、0%のレートを提供し、価格の整合性を保ちます。これは、マーチャントが私たちの助けなしにできることではありませんが、Pelotonではそうしています。しかし、Pelotonではそれを実践しています。これは、当社の取引量のほぼ半分に相当します。0%の取引は、攻撃的な消費者の強力な変換手段となります。彼らは、取引をしたいのか、それとも今すぐ取引をしたいのかを考えています。これはとても重要なことなのです。根本的には、決済予算と競合するわけではなく、マーケティング・チャネルやマーケティングアクセラレータになることができます。このアプリが何をするのかを少し考えてみると、もっとたくさんのことが見えてきます。このアプリは、消費者のコンバージョンを助けるだけでなく、消費者がエコシステムの中で時間を過ごしているうちに、ある製品について興味を持つことを助けます。ローンのサービスを受けたり、私たちが連れてきたマーチャントをチェックしているかもしれません。しかし、これは消費者に「これは新しいプロモーションだ」「これは新しい面白いアイデアだ」と伝える別の機会であり、同時にマーチャントが価格を維持するためのサポートでもあります。

このような点から、私たちは基本的にクレジットカード会社と同じ空間にいるわけではなく、価格を比較しているわけでもないということがよくわかると思います。ここで一旦中断します。細かい話をしてしまったような気がします。マイケル、あなたは正直に言って...

Chris Brendler

この電話では細かい話はしたくありません。たぶんMax...それは素晴らしい。近い将来、マーチャント・プライシングが最大の懸念事項になることはないと言ってもいいのではないでしょうか?

Max Levchin

そうではありません。おそらく、高額商品では最も顕著に現れます。リスク管理や技術的な統合、そして消費者との全体的な対話が重要になってくることがよくわかります。これは非常にパワフルなことです。これは、PayPalやクレジットカード会社との関係とは全く異なります。

Bryan Keane

皆さん、こんにちは。本当に堅調な四半期でしたね。そのことについてもお聞きしようと思っていました。また、AOVが高い場合と低い場合では大きな違いがあるのでしょうか?

Michael Linford

更新の傾向という点では、大きな違いはありません。率直に言って、これはまだ初期段階だと思います。契約更新などに大きな圧力がかかるようになるまでには、今後2、3年はかかると思います。ですから、これといったデータはありません。しかし、私が言いたいのは、低AOV領域では間違いなく競争が激しいということです。決済手段を提供するだけであれば、それはますますコモディティ化していきます。だからこそ、より幅広い平均注文額のソリューションを提供し、今買って後で払うだけではなく、マーチャントサービスを増やすことが重要だと考え、Returnly社の買収に至ったのです。

Bryan Keane

分かりました。Shopifyとの契約について補足しておきます。現在1万2,500社ある既存のマーチャントを、どのようにコンバージョンしていくのでしょうか?これらの加盟店をより早く立ち上げるために何かしていますか?また、どのようにしてチェックアウトを増やすのでしょうか?また、Affirmのソリューションを導入してもらうために、ソリューションをもっとアピールする方法はありますか?ありがとうございます。

Max Levchin

一言で言えば、もっと多くのことを期待しています。この取引が意味を持つのは、このソリューションがShopifyのエコシステム全体に浸透している場合だけだと思います。最終的にGA展開の準備が整った今、12,500社以上のマーチャントに提供されることを確認するために、両社は非常に意欲的だと思います。1万2,500社のマーチャントは、主にこの30日ほどの間に本稼働しました。これは、需要がどのようなものかを試すのに適しています。

Shopify社と協力して、さまざまな教育機会を提供しています。大規模なプレイヤーに対しては、一緒に市場に出向きます。私たちの営業チームは一緒に働いており、企業を教育し、企業がカスタマイズするソリューションを正確に把握するようにしています。Shopify社が私たちを選んだ理由の大部分は、私たちが一芸に秀でた存在ではないからです。単にお金を払って、他に何が必要かを考えるだけではありません。私たちは、PricelineからWalmartまで、非常に複雑で興味深いシステムを構築してきました。また、Shopifyを利用している大手企業の中には、かなり厳しい要件を課しているところもあり、そこに参入するチャンスは十分にあります。

また、長い目で見れば、Shopifyはマーチャントとのコミュニケーションにおいて非常に優れています。私たちは、このソリューションの対象となる何十万ものショップに、ようやくストーリーを伝える準備ができたことを非常に嬉しく思っています。

 

🌟まとめ

・Buy now, Pay laterを手掛けるFintechです。

・低AOV領域での競合との争いが懸念ではありますが、Shopifyとの連携など期待も大きいです。

・このままIPO後の決算をmissしないorActive Userが減らなければholdしていく予定です。