reostockのブログ

資産運用などなど

$VUZI Q2決算

reostock.hatenablog.com

 

決算前コンセンサス

f:id:reostock:20210808123214p:plain

Q2前コンセンサス

 

○決算結果

f:id:reostock:20210810223708p:plain

Q2

→しっかりとRevenue/EPSをmissしました😂

f:id:reostock:20210810224247p:plain

Q2

→良いところが何もないではないか💦

・以下、Earning callより翻訳

Paul Travers

ありがとうございます、エド。皆さんこんにちは、Vuzixの2021年第2四半期のカンファレンスコールにようこそ。2021年は、Vuzixにとって変革の年であり、今後もそうあり続けるでしょう。2021年上半期の製品収益は前年同期比で約80%増、販売台数は53%増、上位20社のお客様からの収益は73%増となっています。第2四半期には、約1億3800万ドルの現金がありました。このように、当社のバランスシートは非常に健全であり、事業の成長、継続的な製品開発の推進、参入とビジネスモデルを拡大するための戦略的イニシアチブを追求するための十分な現金を有しています。ヘルスケアおよび幅広いエンタープライズ市場でのお客様の成功により、すべての主要地域で成長を遂げています。

2021年後半に向けては、スマートグラスの導入には若干のばらつきがあるものの、業界の成熟化に伴い、スマートグラスの導入が進むと予想しています。スマートグラス業界は、今後数年間で年間数百万台の規模に成長すると予想されています。企業による導入は現在進行中で、多くの大企業に集中している様々な市場の垂直方向で、定着性の初期の成功を目の当たりにしています。私たちは、この予測される成長を最大限に活用するために、ソリューションとテクノロジーの拡大と進化に積極的に取り組んでいます。

また、戦略的買収の可能性についても検討しており、すでにデューデリジェンスを行っています。第2四半期の中核事業であるスマートグラス事業は、前年同期比で21%の成長を達成しました。今後、最終2四半期以降も、スマートグラスの売上は前四半期比で増加すると予想しています。これは、医療分野での成長に加え、COVID以前のビジネスチャンスが再びオンラインになることで、大規模な商業顧客の勢いが増していることによるものです。さらに、OEMプログラムも順調に進んでおり、NREプログラムや製品供給契約に続いて、今年中に初期生産ユニットの出荷が行われることを期待しています。

第2四半期には、主力のスマートグラス事業において、最大のリピート顧客が引き続き強化されており、四半期ごとに基本事業を牽引しています。当社の最大手2社の顧客は、過去18ヶ月間の当社の企業向けスマートグラスの売上の約45%を占めており、Medtronic、KDDI、USAA、Clorox、Johnson & Johnson、Becton, Dickinsonなどの顧客に加え、まだ名前の知られていない米国の大手量販店が牽引役となっています。COVIDを導入する前は、Vuzixのスマートグラスにとって、物流は最大かつ最も活発な市場のひとつでした。当社のカスタマー・サクセス・チームは現在、小売店、配送センター、サードパーティロジスティクス、倉庫管理、在庫管理に関わる有名ブランドのお客様数社と定期的に連絡を取り、現場に戻っています。これらのお客様のほとんど、そしていくつかの新規のお客様は、再び前進しており、スマートグラスを導入することで得られる効率性を得るためにスケールアップすることに注力しています。

Marketwatch.comによると、世界のヘルスケア市場におけるAR(拡張現実)とVR(仮想現実)の市場規模は、2025年までに60億ドルに達すると予想されています。この分野は引き続き当社の最も急速に成長している市場のひとつであり、第2四半期の当社の総売上高の約25%を占めています。比較として、第2四半期のヘルスケア関連のスマートグラスの売上は、前年同期比で240%増加しています。これは、Vuzixがサポートする手術用ソリューションの使用が拡大し続けているためであり、予見可能な将来に向けてさらなる成長を期待しています。

スイスに本社を置くMedacta社は、Vuzix社のスマートグラスをベースにしたAR(拡張現実)手術プラットフォームを提供しており、昨年、規制当局との協議に多大な時間を費やしました。2021年6月、MedactaはNextARソリューションを使用した膝関節、肩関節、脊椎の手術で欧州CEマーキングを取得し、米国では膝関節だけでなく肩関節の手術でもFDAの認可を受けました。7月には、Vuzix社のスマートグラス「Blade」をベースにした拡張現実(AR)手術アプリケーション「NextAR」を使用して、米国と欧州の外科医が初めて肩関節全体の置換手術を完了しました。Medacta社は現在、商業的な販売を拡大し、外科医の間で人気を得ることに焦点を当てています。

世界最大の医療機器メーカーであり、VuzixスマートグラスのグローバルユーザーであるMedtronic社は、現場の医療技術者や外科医をサポートするために、第2四半期に強力なペースで注文を続けています。メドトロニック社は現在、世界中の手術室に数百台のM400を配備しています。

世界的な手術トレーニングの非営利団体であるOhana Oneも、当社のスマートグラスの利用を拡大し続けています。2021年7月までに、Vuzixスマートグラスを使って合計900件以上の手術コールが行われ、脳神経外科医、一般外科医、大腸外科医、成人および小児の整形外科医、形成外科医、再建外科医など5つの専門分野の100人以上の外科医が接続されました。オハナ社の目標は、スマートグラスを使ったメンター・メンティーのペアを1,000組に増やすことで、すでに30カ国以上である程度の展開を行っています。

フランスのPixee Médicalは、Vuzixのスマートグラスをベースにした拡張現実感のある手術プラットフォームを提供しており、商業的にも人気を集めています。Pixeeは、2020年5月に取得した欧州のCEマーキングを拡大するために、昨年規制当局をサポートするためにかなりの時間を費やした後、2021年4月にFDAの認可を取得しました。Pixee Médical社は、現在、商業的な販売と外科系コミュニティ内での継続的な市場拡大に主眼を置いています。この6ヶ月間で、Pixee Médicalは10カ国に拡大し、20の代理店を追加し、Vuzixスマートグラスを使用して何百もの手術を完了しました。

完全なバーチャル手術コラボレーション・プラットフォームを提供するRods & Cones社は、第2四半期にVuzix M400スマートグラスを120万ドルで発注し、年内は毎月の出荷を予定しています。これらの月次出荷は順調に進んでおり、ヨーロッパとアメリカの両方での顧客拡大計画をサポートします。これらの医療用ソフトウェア企業以外にも、当社はこの分野の主要なデバイス企業と提携しています。スマートグラスを使った遠隔医療、特に手術室での遠隔医療は、今後数年間でVuzixにとって大きな市場機会となるでしょう。Vuzixは、この分野で圧倒的なソリューションを提供する企業になることを目指しています。

スライド8に示すように、現在、当社はスマートグラスのハードウェアの販売から収益の大半を得ていますが、長期的には、スマートグラスのハードウェア、ソフトウェアとしてのスマートグラス、そして幅広い市場へのOEM供給という3つのバケットで駆動するビジネス基盤を構築するという目標を維持しています。企業向けスマートグラスの市場が勢いを増す中、Vuzixは、スマートグラスのハードウェアを中心としたビジネスモデルから、完全なソリューションを提供する顧客に近い上流工程へと変革するために、多大な時間と労力を費やしています。特に、当社のスマートグラスを中心とした意味のあるSaaSベースの収益を、ソフトウェア・パートナーや当社自身と長期にわたって生み出すことができれば、大幅に大きな収益基盤が得られるだけでなく、経常的ではるかに高いマージンを得ることができます。

私たちは、これを実現するために必要な全社的な変革を推進するため、3つのアプローチを採用しました。Vuzixは、スマートグラスの販売と業界への導入を加速させるために、スマートグラス、ソフトウェア、カスタマーサービスなどのコアビジネスへの投資を続けます。次世代スマートグラスの開発を継続しており、今年末までに最初のEBTユニットをお届けできるように進めています。また、中核となるMシリーズソリューションの強化にも取り組んでおり、現在、新しいラインの拡張やモデルの開発を積極的に進めています。

また、大手企業のお客様やパートナー企業との連携やサービスレベルを向上させ、大規模な企業展開をサポートするための最終ステップを完了させています。主要な人材を採用して社内インフラを整備することも、今年の主な取り組みのひとつです。特に、今年初めには、ピート・ジェイムソンをゼネラルマネージャーとして迎え入れました。ピートは、B2Bおよび消費者向けの数十億ドル規模の成長事業を構築し、その規模を拡大してきた実績のあるハンズオン・エグゼクティブであり、当社の能力を次のレベルに引き上げるための努力をサポートしてくれています。また、エンジニアリングチーム、ソフトウェアチーム、セールスチームにも重要なメンバーが加わり、当社のソリューションをサポートし、販売するための能力を拡大しています。当社は、企業向けビジネスソリューションについて、有機的および非有機的な機会を追求し、最終顧客のバリューチェーン全体への参加を拡大しています。

有機的な面では、先日、統合ソリューションビジネスユニットの設立を発表しました。VuzixのISBUは、企業中心のソリューションの加速、現在および将来のパートナーをサポートするための新しいツールの開発、ビジネスチャンスや様々な新しい市場、未整備な市場の垂直方向のSaaSベースのソリューションの構築に焦点を当てます。この新しいビジネスユニットは、Pano Spiliotisが率います。パノは、電気光学の分野で幅広い経験を持ち、ソフトウェア開発、セールス&マーケティング、戦略的プランニング、大企業との戦略的提携関係の構築などの分野に精通しています。この新ビジネスユニットでは、成功へのインセンティブとして、経営陣の株式報酬の大部分に具体的な売上高とEBITDAの達成目標が設定されています。このISBUは、顧客、パートナー、株主の皆様に大きな価値をもたらすものと期待しています。

インオーガニックな機会については、Vuzixが注力している複数の市場分野には、SaaSベースのソリューションが数多く存在します。Vuzixは、今日の医療において解決されている基本的な問題やROIは、スマートグラスによって一般的な手術や専門的な手術に提供されており、経済的にも患者にとってもより良い結果が得られると考えていますが、最終的には年間ベースで大きな収益になります。今後3年から5年の間に、スマートグラスが患者さんのケアを行うための標準的なツールの一つになることを期待しています。私たちは、ヘルスケア分野におけるスマートグラスの将来性を強く信じており、この市場におけるSaaSベースの成長に焦点を当て、この分野のデューデリジェンスを行っています。このビジネスは、Vuzixに大きな利益率の高い収益源をもたらし、ハードウェアサプライヤーとしてだけでなく、医療分野のソリューションプロバイダーとして、Vuzixをよりお客様に近づけることができるでしょう。

そして最後に、私たちは、自社製品の実現、OEMビジネスの成長、より広い市場への供給のために、コア技術を進化させています。光学、ディスプレイ、システムなどの当社のコア技術は、将来のARスマートグラスや関連するソリューションのための王国への鍵となります。この業界がさらに大規模になるにつれ、これらのキーテクノロジーをコントロールし、所有することは、当社の価値を大きく高めることになります。Vuzixは、この基盤となる技術の一部を社内で着実に開発し続けており、最新の特許および特許出願中の件数は、昨夏の166件をはるかに上回る210件という記録を達成したことをご報告します。最後になりましたが、おそらく最も重要なことは、破壊的なナノエレクトロオプティカル技術への投資の可能性と、最終的な所有権を評価するためのデューデリジェンスを開始したことです。この新技術は、当社の導波路技術とシームレスに連動する可能性があり、最終的には長期的な株主価値を大きく向上させることができると考えています。

2021年に向けた主要な経営目標については、着実に進捗しています。MSシリーズとBladeスマートグラスの売上拡大と導入量の増加に関しては、顧客ベースからの継続的な注文が続いており、2021年の残りの期間、前年比での売上増加を見込んでいます。買収や自社開発ソフトウェアによるSaaS型収益の増加については、前述のとおり、最近発表した統合ソリューション事業部が順調に進んでおり、医療分野に特化した利益率の高いSaaS型収益源を提供するための買収の可能性についてデューデリジェンスを行っています。

当社の主力製品であるスマートグラスの開発については、新バージョンが早ければ2021年の第4四半期にも製品化される予定です。マイクロLEDを採用した次世代スマートグラスは、年内に主要顧客への導入が予定されています。OEMプログラムは順調に進んでおり、今年は初期生産ユニットの出荷に合わせて、NREプログラムや製品供給契約のフォローアップを行う予定です。2021年の間に、当社のIPポートフォリオは184件から210件に増加しました。今年の残りの期間、私たちは、次世代スマートグラス、マイクロLEDベースのディスプレイ、インテクノロジーと導波路光学に焦点を当てて、IPポートフォリオを増やしていきます。

それでは、グラントの財務レビューに移りたいと思います。グラント?

Grant Russell

ありがとうございます、ポール。エドが言ったように、今日の午後にSECに提出した10-Qでは、四半期ごとの財務状況を詳しく説明しています。ここでは、いくつかの数字について少し説明させていただきます。2021年6月30日に終了した3ヵ月間のスマートグラスの売上高は、M400スマートグラスの販売台数が前年同期比で22%増加し、Bladeスマートグラスの売上高が前年同期比で77%増加したことにより、21%増の280万ドルとなりました。

2021年第2四半期のエンジニアリング・サービスは、過去の開発契約が早期に完了し、2021年にはまだ新規契約が開始されていないため、0.6百万ドル減少して0.1百万ドルとなりました。2021年6月30日に終了した3ヵ月間の第2四半期の全体的な収益は、前年同期比で4%減少し、290万ドルとなりました。2021年6月30日に終了した3ヵ月間の全体の売上総利益は、2020年同期の0.8百万ドル(26%)に対し、0.6百万ドル(20%)となりました。この減少は主に、当社が現在最も高いマージンを獲得している収益分野であるエンジニアリングサービスの粗利益が、2020年に対して2021年は0.5百万ドル減少したことによるものです。間接費などを除く直接製品の売上総利益率は、前年同期が50%であったのに対し、2021年 度は53%となりました。

研究開発費は、前年同期の118万ドルに対し、2021年6月30日に終了した3ヵ月間で270万ドルとなり、約50%増加しました。これは、前回の決算説明会で発表した支出ガイダンスと一致しています。研究開発費の増加は、従業員数の増加による給与の増加、現金支出を伴わない株式報酬費用の増加、新製品開発に関連する研究開発費や法規制遵守費用の増加などが主な要因です。

2021年6月30日に終了した3ヵ月間の販売費・マーケティング費は、販売員の増員、現金支出を伴わない株式報酬費用の増加、広告宣伝費の増加などにより、前年同期比68%増の130万ドルとなりました。2021年6月30日に終了した3ヵ月間の一般管理費は、前年同期比164%(290万ドル)増加し、470万ドルとなりました。一般管理費の増加は、主に、2020年には導入されていなかった当社の新しい業績連動型長期インセンティブ・プラン(LTIP)に関連する非現金株式報酬費用の増加、および株主とのコミュニケーション費用や保険料の増加によるものです。

2021年6月30日に終了した3ヵ月間の営業費用総額は、2020年同期比で430万ドル増加しましたが、そのうち約300万ドルは現金支出を伴わない株式報酬によるもので、主に2021年3月に導入された同社の新しい業績連動型LTIPに関連するものです。2021年6月30日に終了した3ヵ月間の純損失は880万ドル(1株当たり0.14ドル)で、これに対して2020年同期の純損失は470万ドル(1株当たり0.13ドル)でした。

2021年6月30日現在の現金および現金同等物のポジションは1億3,760万ドル、純運転資本のポジションは1億4,790万ドルで、バランスシートは引き続き良好です。運転資本の変動を除く営業活動に使用した現金は、2020年の290万ドルに対し、2021年第2四半期は460万ドルでした。2021年第2四半期の投資活動に使用された現金は、前年同期の0.4百万ドルに対し、0.5百万ドルでした。

2021年6月30日に終了した3ヵ月間は、2021年3月に実施した普通株式の募集に関連して、引受会社によるオーバーアロットメントオプションの完全行使に応じて、1,200万ドルのエクイティファイナンスを受けました。なお、2021年6月30日現在、当社には流動・長期の債務残高はありません。

2021年の収支については、新製品やIPの開発を進め、完成させるため、今年の下半期に投資活動が加速すると予想しています。ただし、先ほどポールが述べた、現在デューデリジェンス中の2つの潜在的な取引を2021年下半期に最終的に完了させるために投資する金額は除きます。

当社は、2021年第3四半期および第4四半期の研究開発費を、2020年と比較して少なくとも50%増加させることを見込んでいます。また、成長機会の多い海外を中心に、販売・マーケティング活動にも費用をかけていきます。これらの営業費用の分野では、統合ソリューションビジネスユニットの規模拡大に伴い、新しいチームの一員として今後数四半期の間に新規採用を行う予定です。また、新しい業績連動型長期インセンティブ制度に関連して、現金支出を伴わない営業費用が四半期ごとに約230万ドル、前年同期比でさらに増加します。

以上をもって、ポールに質問を戻します。

Matt VanVliet

こんにちは、皆さんこんにちは。質問にお答えいただきありがとうございます。先日発表された統合ビジネス・ユニットと、それに伴うアドオン型SaaSの開発や製品の可能性についてお聞きしたいと思います。今後数年間を見据えて、その収益化の方法をどのように考えればよいのでしょうか。また、メガネを市場に投入する際の価格設定に影響はありますか?

Paul Travers

現時点では......はい、マットさん、ご質問ありがとうございます。現時点では、追加的なものであると考えています。これらのビジネス・ユニットが発展し、ソフトウェアやSaaSベースのアプリケーションが出てくれば、誰にもわかりません。バンドル販売を行っているため、特定の分野ではこれまでとは少し違った見方ができるかもしれません。しかし今のところ、私はこれを付加的なものとして考えています。それが一番簡単な方法だと思います。ISBUには、いくつかの種類の収益があります。なぜなら、垂直市場を特定する方法はたくさんあるからです。その中には、「こんなことができるソリューションが欲しい」と言ってくる顧客もいます。このようなお客様は、エンジニアリングをしてもらうためにお金を払うことを厭いません。つまり、その問題を解決するのです。しかし、最終的には、エクセルのベースとなるソフトウェア・アプリケーションの一部となり、年間を通じて月次ベースで経常的な収益を得ることになります。そして、これらはすべて、販売されるハードウェアの上に乗っているのです。

Matt VanVliet

わかりました。とても参考になりました。それから、最近、ヘルスケアグループでの成功についてよくお話されていましたね。この分野で最も数量を伸ばしている特定のユニットについて考えてみると、統合モデルとしてBladeを使用している例もあると思いますが、すぐに列を見てみると、MSシリーズが依然として売上の大部分を占めており、実際に最も成長を促進しているように見えます。Bladeの寿命や医療業界との関係、そして今後のMSシリーズとBladeの全体的な構成をどのように考えればよいのかを教えてください。

Paul Travers

手術室では、Bladeには(失礼、M400には)非常に優れた機能があり、開胸手術や内視鏡手術などを行う際のPPE機器やその他の機器との相性が良いのです。つまり、M400は今でもフラッグシップなのです。そうは言っても、Bladeには、着用感やシースルー性など、独自の特徴がある部分もあります。医療分野におけるビジネスの大半はM400であり、最終的にはM4000になると考えていますが、特に新しいソフトウェア・アプリケーションが登場しています。ですから、私たちはMSシリーズに注目すべきです。これこそが医療分野の主役なのです。

Matt VanVliet

わかりました、ありがとうございます。私の質問に答えていただきありがとうございました。また列に戻ります。

Paul Travers

はい。ありがとう、マット。

Christian Schwab

皆さん、こんにちは。スライドプレゼンテーションをありがとうございました。スライドプレゼンテーションの4ページ目と、コメンタリーおよび準備中のコメントを見ていて思うのですが、2021年の年間収益の予想範囲と、2020年の下半期に対して2021年の下半期はどのような成長率を考えればよいのでしょうか?

Grant Russell

2021年は、第2四半期以降、連続した成長が見込まれます。率直に言って、第2四半期のビジネスの一部は時期的なものでした。とはいえ、私たちが最終的に期待しているSaaSベースのソフトウェアは、どれも収益に貢献し始めるものではありません。特に今年の第3四半期と第4四半期には、多少はあるかもしれませんが、秒単位でカウントします。ですから、おそらくもう少しソフトなマッチングになるでしょう。クリスチャン、過去に議論した数字とほぼ一致していると思います。私たちは、300万台から400万台を目安にしており、第4四半期にはさらに増えると考えています。

Christian Schwab

そうですね。OKです。

Grant Russell

それは難しい予想ですね。すみません。

Christian Schwab

はい。いや、それはありがたいことです。これらの数字をまとめると、今年の第4四半期は2,000万ドル以上を達成するのに十分な規模になるのではないかと思います。それは少し楽観的すぎて、今は多くのことが正しい方向に進まなければならないのではないでしょうか?

Paul Travers

正しい方向に進むには、いくつかのことが必要です。しかし、今すぐにそのようなアドバイスをすることはできません。なぜなら、そのタイミングには疑問符がついているからです。残念ながら、この業界はゼロダウンです。もうすぐです。私たちのビジネスが成長し続け、前進し続けているのを見ればわかるでしょう。私たちが話していることのいくつかの規模は、間違いなくどんどん大きくなっています。問題は、それが今月なのか、来月なのか、タイミングによって出たり入ったりするだけなのです。そうですね。でも、それを実現するためには、本当に努力しなければなりません。

Christian Schwab

わかりました。それは妥当ですね。2つ目の質問は、戦略的買収に関連したものです。技術的に、あるいは新しいお客さまと一緒に収益を上げるための道筋として、当社が非常に大きな利益を得られると思われるものがあれば教えてください。デューデリジェンスを行う上で、あなた方が考えていることをもう少し詳しく教えてください。

Paul Travers

今ご質問いただいた2つの案件は、まさに当社が検討している買収案件の特徴を表しています。1つは、ソフトウェア指向のソリューションです。例えば、M400を○○ドルで販売し、そのソフトウェアとソリューションを使用することで、年率ベースでその6~7倍の経常収益を得ることができます。そのため、トップラインにかなりのアクセントを与えることができます。また、ソフトウェアから想像されるように、大きなマージンも得られます。

技術面では、Vuzixは究極的にはOakleyのようなメガネを作るつもりです。これは、特殊部隊と協力してきた当初からの私たちの使命であり、他の偉大な大企業のような予算はありませんが、私たちはお金の使い方がとても賢いのです。しかし、私たちはお金の使い方をとても賢くしています。そして、私たちは長い間、テクノロジーを検討してきました。その意味で、技術分野のいくつかは、前進するためのカタパルトとして、これらのフォームファクターに到達するためにやろうとしていることだと思います。現在の製品はすでに非常に素晴らしいものですが、私たちが検討しているいくつかの製品は、それをさらに高いレベルに引き上げるものだと思います。クリスチャンによると、私たちがやっていることは、市場に出回るかもしれないスマートグラスシステムの大半に採用されると予想できるほどのレベルで、ゲームを変えるものだと信じています。

Christian Schwab

ありがとうございます。ありがとうございます。他に質問はありません。ありがとうございました。

Jim McIlree

ありがとうございます。ポール、あなたの発言の中で、何度かOEM生産収入について言及されていたと思いますが、それは待ち望んでいたTier1防衛サプライヤーとの契約が締結されているということでしょうか?それとも、契約が締結されて生産収入が発生することを期待しているのでしょうか?

Paul Travers

まさにその通りです。文字通り、我々が提供しているデバイスが、あたかも生産用のデバイスであるかのように見られている段階であり、もうすぐ供給契約が結ばれるはずです。

Jim McIlree

それは素晴らしいことですね。おめでとうございます。サービス収入は、ばらつきがあるのは承知していますし、契約の時期にもよりますが、今年はサービス契約が増えるのでしょうか。あるいは、今年はサービス契約が増えると考えるのが妥当でしょうか?

Paul Travers

あると思います。現在提供している基本的な光学機器やエンジンは十分な性能を備えているので、ユーザーはあまり変更を求めていないと思います。そのため、初期のギズモに目を向けているものの、製品に目を向けたり、質問したりしているかもしれません。とはいえ、年内にはもう少し期待したいところです。

Jim McIlree

おっしゃっていることを正しく理解しているかどうか、言い換えてもいいですか?つまり、お客様が何かをカスタマイズする必要がないほどの、標準的な装備とでもいうべきベースを構築しているということですね。

Paul Travers

はい。

Jim McIlree

了解しました。わかりました。下半期に頭数が増加したというコメントがありましたが、第2四半期末の頭数と第4四半期末の頭数を教えてください。第2四半期末の人員数と、第4四半期末の人員数を教えてください。

Grant Russell

現在、全世界で約110名の社員が働いています。年末までには15人ほど増えるでしょう。そのうち75%以上は、新たに統合されたソフトウェア・ソリューション部門を含む、R&Dソフトウェア部門に属することになります。

Jim McIlree

また、先ほどの75%という数字は、全体ではなく増加分に適用されるものです。

Grant Russell

それまでに増員する予定の15人のうち、75%はソフトウェア開発やカスタマーサポートなどの研究開発部門の人員です。

Jim McIlree

了解しました。この2つの買収候補については、あまり多くを語られないと思いますが、買収に対する考え方についても少しお話いただけますか。もし、それが - ここではいくつかのソフトボールを投げてみます。それは製品主導ですか?財務上の理由ですか?戦略的なものですか?競合他社との競争ですか?買収を考えるときに何を求めているのか、少し具体的に教えてください。

Paul Travers

お金のためだけにやっているわけではありません。しかし、私たちが買収するのは、数十億ドル規模になる可能性のある組織で、長期的に活躍できるビジネスモデルに基づいています。今日の医療分野を見ると、スマートグラスやジムのように、非常に高い水準にあります。あちこちで成長しており、多くのアナリストが、数十億ドル以上の産業が生まれると予測しています。だからこそ、私たちはこの分野に興味を持っているのだと思います。ただ、当社のトップラインに加えることができる程度の収益があるからといって、その企業を買収することはありません。そのためには、当社の事業と密接な関係がなければなりません。

テクノロジーの面では、多くのものを見てきました。もう何年も前から、これを追加することができます。私たちのためにベルを鳴らすには、かなり特別なものでなければなりません。また、長い間ここにいると、人々の閉ざされたドアやクローゼットの中にある多くのものを目にするようになります。そして、その中には......ちょっとしたことですが、とても素晴らしいものがあります。Vuzixはそのようなものを見ているのです。

Jim McIlree

そして、それをサイズに収めることができるのでしょうか?もし誰かがあなたのところに来て、あなたの金の壺から5,000万ドル欲しいと言ってきたら、あなたは世界では無理だと言うでしょう。しかし、2,000万ドルなら可能かもしれません。それを表現したり、枠にはめたりすることはできますか?

Paul Travers

それは、買収に費やすドルの大きさのことですか?

Jim McIlree

そうです。

Paul Travers

現在検討している2つの買収案件では、買収金額の大部分が資本金から拠出されていることをお伝えしておきます。ですから、現在のVuzixのキャッシュポジションにはあまり影響しないはずです。理由はいろいろありますが、Vuzix社のような企業は、買収のようなものではありません。彼らは、我々のビジョンを信じ、我々も彼らのビジョンを信じている人たちです。だからこそ、彼らは私たちと一緒に勝利を目指すのです。ですから、かなりの額が私たちの銀行口座から出てくるわけではありません。運営費については、また別の話になりますが、ここでは触れません。

Grant Russell

ジム、ポールが言っていた株式構成についてですが、どちらの場合も半分以上は完全に業績に基づいています。つまり、収益目標や開発のマイルストーンを達成できなければ、株式を受け取ることはできないのです。つまり...

Paul Travers

でも、私たちは......すみません、グラントさん、続けてください。

Grant Russell

それは結構です。私は自分の言いたいことを言っただけです、ポール。

Paul Travers

欠陥品を支持するということは、当然ながら彼らが成功することを期待しているということです。

Jim McIlree

わかりました。とても参考になる回答でした。ありがとうございました。これからも頑張ってください。

Paul Travers

ありがとう、ジム。

Jack Vander Aarde

素晴らしい。皆さん、四半期ごとのアップデートに感謝しています。私の質問に答えてくれてありがとう。ポール、OEMプロジェクトについても触れておきたいと思います。既にコメントをいただいていますが、私の頭の中にある主なものは、ティア1の航空宇宙産業のお客様で、4つのフェーズすべてが完了しました。前四半期には、他の4つのOEM製品について様々な段階があったと思いますが、それらの最新情報を教えてください。この先6ヶ月、12ヶ月の間に、他の4つのOEM製品、あるいは他の製品がフェーズ4、フェーズ3以降に到達する見込みはありますか?ありがとうございます。

Paul Travers

率直に言うと、最後のボックスに入っていた全員を正確には覚えていません。正確な答えを出すには、さかのぼらなければなりませんね。私たちが一緒に仕事をしていて、Vuzixに来て「次の仕事に移ります」と言った人は0人でしたので、これらはすべてあります。それ以外にも、「これが欲しい」「これが欲しい」と言ってくる人が何人かいて、そのビジネスの見積もりをしています。そして、その中の何人かは、「もっとお願いします」と言って戻ってきます。そのような人たちの一部であることは確かです。そして、1人か2人の新しい人たちと、大部分は防衛関連の人たちです。

Jack Vander Aarde

わかりました。それは助かります。感謝します。それから、同じようなことですが、個別に教えてください。いくつかの買収計画についてお話しされていましたね。現在の生産能力と設備の数を教えてください。また、需要に先んじて将来の生産能力を増強するための計画についても教えてください。それは、既存の施設を拡張したり、新しい施設を建設したりすることを意味しますか?それがどのような意味を持つのか、関連するスケジュールを含めて、何でも教えてください。

Paul Travers

ええ、面白いですね。大家さんとはもっと広いスペースを確保したいと話していたので、おそらく将来的にはそうなると思います。とはいえ、現在の施設は、いくつかのものを移動させることで、生産を拡大する能力があります。今、他のことに使われている場所でも、移動できるところがあります。生産能力は、何を作るかにもよりますが、複数のシフトを回した場合、50から75、そして10万個のギズモを作ることができます。平均的な販売価格が1,000〜1,500ドルだとすると、それだけで十分な生産量になります。ですから、現在の設備で5,000万ドルから1億ドルの収益を上げるには、かなり良い位置にいると思います。

Jack Vander Aarde

これはハードウェアだけの話で、付随するソフトウェアからの収益は含まれていませんね。わかりました。興味深いお話をありがとうございました。順番に戻ってきます。ありがとうございました。

Paul Travers

ありがとうございました。

Paul Travers

皆さん、ありがとうございます。Vuzixのサポートには本当に感謝しています。熱意に感謝しています。この業界は興味深いものだと思っています。Vuzixは間違いなく、最もクールで、最もホットで、最も急速に成長する業界の一つにいると言えるでしょう。誰もが話題にしていますし、我々もあちこちで目にしています。私たちは今年の後半を楽しみにしており、多くのことを皆さんと共有したいと思います。次の第2四半期には、たくさんのプレスリリースやエキサイティングなことがあるはずです。本当にありがとうございました。またお話しましょう。

 

🌟まとめ

・良いところを探すのが難しい決算だと思います(´;ω;`)ウッ…

・いったん損切りですね…