reostockのブログ

資産運用などなど

$GRWG Q2決算

 

reostock.hatenablog.com

 

決算前コンセンサス

f:id:reostock:20210808123034p:plain

Q2前コンセンサス

 

 

f:id:reostock:20210814013057p:plain

Q2

 →EPSはmiss、RevenueはOK、ガイダンスも問題なし

 

○2021年Q2決算

f:id:reostock:20210814013634p:plain

Q2

→一部で開店が遅れているところもありますが、店舗数は順調に増えています。

f:id:reostock:20210814013746p:plain

Q2

→既存店の売上もYoY+60%成長。

f:id:reostock:20210814013856p:plain

Q2

f:id:reostock:20210814013924p:plain

Q2

→順調に売上は伸びており、自社製品の販売もありGross marginも改善。

<2020年第2四半期と比較した2021年第2四半期の財務ハイライト>

・2021年第2四半期の売上高は、前年同期の4,350万ドルに対し、190%増の1億2,590万ドルとなりました。

・2020年および2021年の同時期にオープンした24店舗の既存店売上高は、前年同期の3,890万ドルに対し、2021年第2四半期は6,210万ドルとなり、前年同期比で60%増加しました。

・2021年第2四半期の売上総利益率は、前年同期の26.7%に対して28.4%となり、170ベーシスポイントの上昇となりました。

・税引前利益は、前年同期が270万ドルだったのに対し、2021年第2四半期は960万ドルでした。純利益は670万ドル、希薄化後の株式数6,020万株に基づく1株当たりの利益は0.11ドルでした。

・調整後のEBITDAは、前年同期の440万ドルに対し、2021年第2四半期は1,450万ドルでした。

・Power SiとChar Coirを含むプライベートブランドの売上高は、前年同期が1%未満であったのに対し、7%でした。

・E-コマースの売上は、Agron.ioおよびすべてのE-コマースサイトを含め、前年同期の330万ドルに対して1,200万ドルでした。

・2021年6月30日現在の現金および短期証券は1億2,450万ドルです。

 

○Earning callより

note.com

 

🌟まとめ

・EPSこそmissしていますが、ガイダンス自体も保守的に出ているようであり、今回の株価の下げは過剰な気がしています。

・事業が12→38州に拡大することでビジネスが成長する余地があること、プライベートブランドの売上が伸びて利益率の改善が進んでいることなどは良い点かなと思いました。

・新店舗の建築が遅れていることはデメリットではあります。