reostockのブログ

資産運用などなど

資産運用の見直し~まとめ~

reostock.hatenablog.com

reostock.hatenablog.com

reostock.hatenablog.com

 

■大枠

コアサテライト戦略を採用

 コア70%以上:サテライト30%以下

 コア:投資信託ETF・CFD、コモディティ、仮想通貨、債権、ロボアド

 サテライト:個別株・レバレッジETF、CFD/FX

 コア:楽天証券+GMOクリック証券

 サテライト:マネックス証券+IG証券

指数CFDを採用

 投資対象:S&P500指数

 レバレッジ管理

  CFD積み立ては積み立て時のVIX値で判断

  CFDをある程度積み立てている状態では、VIX値で一部利確を検討する

 【VIX<20の相場】

 レバレッジ2.5倍(40%までの下落に耐えられる)

 =証拠金が20万円貯まった段階で1単位

 【20≦VIX<30の相場】

 レバレッジ2倍(50%までの下落に耐えられる)

 =証拠金が25万円貯まった段階で1単位

 【30≦VIXの相場】

 レバレッジ1.5倍(66.7%までの下落に耐えられる)

 =証拠金が33.3万円貯まった段階で1単位

 

■毎月の投資方針

投資信託:毎月1日/8万円

ETF:売買ルールに則って/保有現金に応じた額

VTI/DIA/QQQ/VONG/VIG+FXI or 2800/EPI/EIDO+日経225/TOPIX投資信託を以下のルールで積み立て

ⅰ)ローソク足が100日SMAにタッチ

→100日SMAに絡み合う局面では3日以上どちらかに離れたら、次のタッチしたタイミングで買い増し

ⅱ)ローソク足が100日SMAより下にある状態でMACDがクロス

MACDは12-26-9の一般的なものを採用する

③指数CFD:毎月中旬/10万円

指数CFDのルールは上記

コモディティ・仮想通貨・債権:毎月月末/2万円

⑤ロボアドバイザー(Wealthnavi/Folio robo pro):毎月各1万円ずつ

マネックス証券に定額自動入金:毎月5万円

コア(入金額25万円/運用額30-45万円)サテライト(入金額5万円)

 

■追加の投資

・大枠のコアサテライト戦略に則る形で入金する

 

■サテライト

・米国株10銘柄まで+日本株10銘柄まで

・IG証券での短期投資は逆指値を必ず入れる

・IG証券の取引は維持証拠金+逆指値での損失を入金しておくこと

資産運用の見直し~指数CFD以外の部分~

reostock.hatenablog.com

 

CFD以外の部分についての検討です。

■コア部分

投資信託楽天証券で定期的に積み立て

ETF

・上記投資信託が円建てとなってしまうため、通貨ヘッジの意味も込めてETFも購入を検討。

・VTI/DIA/QQQ/VONG/VIG+FXI or 2800/EPI/EIDO+日経225/TOPIX投資信託)を以下のルールで積み立て

ⅰ)ローソク足が100日SMAにタッチ

→100日SMAに絡み合う局面では3日以上どちらかに離れたら、次のタッチしたタイミングで買い増し

ⅱ)ローソク足が100日SMAより下にある状態でMACDがクロス

MACDは12-26-9の一般的なものを採用する

・各国の主要な指数以外にVONGを採用する理由は以下。

postprime.com

・VIGに投資する理由は以下。

postprime.com

・EIDOに投資する理由は以下。

postprime.com

③金や仮想通貨などのコモディティ or 債権

・正直なところ現時点で債権に投資する意義はそこまで感じていないので、金などのコモディティや仮想通貨を主に投資する方針

④ロボアド

・手数料が高いと指摘されますが、CFDのところでも書いたように相場の予想の一助になればと考えており、WealthnaviとFolio robo proに投資予定です。

 

■サテライト部分(短期投資含む)

・主にマネックス証券に定額自動引き落とし機能を用いて入金し、サテライト比率が高くなりすぎないように管理する予定です。

マネックス証券ETF/個別株を購入し、IG証券で指数やコモディティ・FXに投資する予定。

・個別株については、多すぎると指数と変わらない推移になってしまうために米国株10銘柄まで+日本株10銘柄までとしました。

ETFについては、SPXL/WEBL/TECL/SOXL/CWEB。

f:id:reostock:20210926223234p:plain

レバレッジをかけているので、暴落時に良く下がるリスクあり。下がった後も戻りが悪く、コロナ相場ではSPXLがSPYに追い付くのに1年以上かかったなどのリスクあり。

資産運用の見直し~指数CFD~

今後の資産運用に指数CFDの運用を検討しているのは、以下の記事に書いた通りです。

reostock.hatenablog.com

※結婚関連資金の調達のために現在はまだポジションは取っていませんのでご注意を。

 

上記の記事に書いた通り、

レバレッジをかける対象はS&P500

レバレッジをかける証券会社はGMOクリック証券

を予定しています。

 

レバレッジをどこまでかけるかについても上記の記事に記載の通りで、

投資素人の自分がヘッジファンド以上の運用が出来るとは思わないので

資産全体に対して最大で1.5-2.5倍までです。

 

以下、具体的な運用方法について検討します。

①投資金額(自分の場合には毎月10万円の予定)

・定期的に資金を入れるものが、

 投資信託・ロボアド

 仮想通貨などのコモディティor債権のいずれか

 指数CFD

 マネックス証券への自動引き落とし

  ※青文字がコア部分

  ※赤文字がサテライト部分

コアサテライト戦略をコア:サテライト=70%以上:30%未満で運用する予定(コア部分が)であり、定期的に入れる資金がこの70%以上:30%未満の比率になるように入金することとします。

・自分の場合は

 投資信託(毎月8万)・ロボアド(2万)

 仮想通貨などのコモディティor債権のいずれか(2万)

 指数CFD(10万入金し、レバレッジ1.5-2.5倍で実質15-25万運用の予定)

 マネックス証券への自動引き落とし(5万)

  ※青文字がコア部分

  ※赤文字がサテライト部分

コア(8+2+2+15~25万円):サテライト(5万円)=27~37:5≒6~8:1でコア部分がかなり大きくなりますが、サテライト部分でもレバレッジETFを運用することやサテライト部分の個別株を十分に吟味する時間が仕事柄得られないリスクを考慮して、サテライト部分が小さくなるのは許容しています。

1か月あたりの入金額に対するレバレッジ比率は、運用額が8+2+2+15~25+5=32~42万円に対して、入金額が8+2+2+10+5=27万円であり、1.185-1.55倍になります。そのため、現在の全く適当にやっている運用方法から切り替えることで長期的にはポートフォリオレバレッジ倍率はこの1.185-1.55倍に収束していくはずです。

-------------------------------------------------------------------------------------

※ただ、指数CFDに関してはCFD口座で行うのでポートフォリオ全体に対するレバレッジ比率が1.5倍未満であったとしても、CFD口座だけでみると1.5-2.5倍のレバレッジが常にかかっている状態であるため、下落相場では特にロスカットされないかCFD口座の残高は要確認です。

例)

ポートフォリオ全体の資産(レバレッジ込みで150万円)

ポートフォリオ全体の資産に対して実際に入金している金額(100万円)

ポートフォリオ全体のレバレッジは1.5倍

その中で

ポートフォリオ全体の中でCFD口座に実際に運用している金額(85万円)

ポートフォリオ全体の中でCFD口座に実際に入金している金額(35万円)

→CFD口座ではレバレッジ85/35=2.43倍

こういった場合には、ポートフォリオ全体のレバレッジ比率は低くてもCFD口座内のレバレッジ比率が高い状況であり、CFD口座の指数CFDはレバレッジ2.43倍(指数が41.5%下落)でロスカットされてしまいます。

----------------------------------------------------------------------------------------

・上記内容を考慮して、

 基本的には毎月10万円をCFD口座に入金

 相場が荒れている時には追加での入金を考慮

 

②投資対象

f:id:reostock:20210926200924p:plain

・全世界を対象としたACWIというETFレバレッジをかけたCFDで購入することも検討しましたが、どうしても保有コストがかさむことと、VOOと比較してもパフォーマンスが劣ることから、現状はS&P500指数を対象とします。

NASDAQも検討しましたが、GMOクリック証券で2.5倍のレバレッジとした時にS&P500指数で20万円かかるのに対してNASDAQはその3倍以上の資金が必要となり、現在の資産状況から積み立てに向かないと判断しました。

 

レバレッジ比率

ヘッジファンドでも1.5-2.5倍のレバレッジであることを鑑みて、1.5-2.5倍までのレバレッジとしました。

 

④具体的な積み立て方針

f:id:reostock:20210926201441p:plain

・必要証拠金のみではレバレッジが10倍となってしまうので、レバレッジが2.5倍になるように必要証拠金×4倍の証拠金を入金した上で1単位ずつ購入する方針とします。

レバレッジ1.5倍にするためには必要証拠金×6.67倍の証拠金が必要です。

f:id:reostock:20210926201352p:plain

・2021/9/26時点でS&P500を1単位買うための必要証拠金は約5万円であり、レバレッジ比率2.5倍とするなら1単位購入に必要な証拠金は20万円、レバレッジ1.5倍とするなら33.3万円が必要です。

・以上から

 毎月10万円を入金して証拠金が20万円確保できたタイミングで、

 S&P500を1単位購入する(レバレッジ2.5倍)

 

⑤相場が荒れた場合にどうするのか

・相場が荒れた時にどうレバレッジを管理するかが指数CFDを管理する上には重要になります。

・冒頭で引用した記事に書いたように、リーマンショック時にはS&P500先物は60%弱も暴落しており、これを耐えられるように管理するとなるとレバレッジ1.5倍までに落とす必要があります。

※ちなみに世界恐慌では86%も暴落しています。

レバレッジを下げる方法についてはCFD積み立てを一部利確して現金化する or 追加での入金が考慮されます。

・暴落に対処する方法としては、積み立て時からレバレッジ1.5倍で管理するorレバレッジ2.5倍で積み立てつつ相場が怪しいときにレバレッジを1.5倍に落とす、のいずれかになります。

・個人的には後者を選択したいと考えており、以下に相場が下落する前にレバレッジを管理するか検討してみました。

→結論としては絶対にこれが良いというものはやっぱりありませんでした。

・いくつか検討した方法を挙げてみます。

ⅰ)VIX指数

moneyworld.jp

chartpark.com

fisco.jp

→VIX20 or 30を目安にするのが良さそうです。

-----------------------------------------------------------------------------------

・Tradingviewでは1998年以前はES1!(S&P500先物)が使用できないため、それ以降の30%以上の暴落で検証します。

【ITバブル崩壊

f:id:reostock:20210926204314p:plain

→3年くらいかけてじわじわとS&P500は下がりました。その間、VIXは20-30を推移しています。

→ここからはVIX20で区切ってレバレッジを下げることでロスカットは避けられたはずである。だが、VIX30で区切ると一時的に30を超えているタイミングはあるが、結局は高いレバレッジで管理する期間が長く、ロスカットの危険が高かった。

リーマンショック

f:id:reostock:20210926204741p:plain

→2年くらいかけてじわじわとS&P500は下がった。その間VIXは20-30を推移した。

→VIX20で区切ってレバレッジを下げていればロスカットの危険は低そう。VIX30で区切るのでは遅い印象あり。

【コロナショック】

f:id:reostock:20210926205034p:plain

→1か月で急落。VIXも20以上/30以上に一気に急上昇した。

→VIX20超えの時点でレバレッジ下げれば損失は減らせそうである。VIXが急上昇しており、VIX30の時点でレバレッジ減らしてもVIX20で区切るのと比較してあまり変わりなかった印象。

【VIX20で区切る弊害】

f:id:reostock:20210926205413p:plain

→2000年以降の長期チャートでみて分かるように、VIX≧20の期間はかなり長く、騙しも多い。

----------------------------------------------------------------------------------------

・結論としては、VIXでの管理を見据えると以下が良さそうである。

 VIX<20の相場ではレバレッジ2.5倍(40%までの下落に耐えられる)

 20≦VIX<30の相場ではレバレッジ2倍(50%までの下落に耐えられる)

 30≦VIXの相場ではレバレッジ1.5倍(66.7%までの下落に耐えられる)

 

ⅱ)ロボアドバイザーの資産比率から危機を察知する

selfinvest.net

・上記記事が由来です。株式比率の減少から暴落リスクを先回りして判断する方法です。

・ただ、何を基準にレバレッジ比率を下げるか(ロボアドの株式比率が●●%以下でレバレッジ下げるなど)は現状では決め兼ねる状況です。

 

ⅲ)インフルエンサーの情報・ニュースを参考に危機を察知する

・これまた100%相場を当てるインフルエンサーなんて存在し得ないことから、曖昧な基準にしかなりません。

-----------------------------------------------------------------------------------

⑤相場が荒れた場合にどうするのか(結論)

・現状はVIXを基準に、ロボアドやニュースから相場の危機感を察知するのが妥当なのかもしれません。

 VIX<20の相場ではレバレッジ2.5倍(40%までの下落に耐えられる)

 20≦VIX<30の相場ではレバレッジ2倍(50%までの下落に耐えられる)

 30≦VIXの相場ではレバレッジ1.5倍(66.7%までの下落に耐えられる)

 

■指数CFD運用方針まとめ

①投資対象:S&P500指数

②投資証券会社:GMOクリック証券

③投資金額 毎月10万円

レバレッジ管理

・CFD積み立ては積み立て時のVIX値で判断

・CFDをある程度積み立てている状態では、VIX値で一部利確を検討する

【VIX<20の相場】

レバレッジ2.5倍(40%までの下落に耐えられる)

=証拠金が20万円貯まった段階で1単位

【20≦VIX<30の相場】

レバレッジ2倍(50%までの下落に耐えられる)

=証拠金が25万円貯まった段階で1単位

【30≦VIXの相場】

レバレッジ1.5倍(66.7%までの下落に耐えられる)

=証拠金が33.3万円貯まった段階で1単位

資産運用の見直し~大枠~

相場の急落に備えて、この1か月で色々とポートフォリオ(PF)構成をどうするか検討し、ポジションも整理しました。

思ったよりも相場は早く回復しましたが、現状で金利がどんどん上昇傾向にあるのは懸念であり、テーパリングや利上げを見越すとある程度の相場の変動にはこれからも注意が必要だと思います。

f:id:reostock:20210926133115p:plain

実際に前回のテーパリング・利上げの時期をみても、S&P500の先物は右肩上がりとは言えず、100日・200日SMAもダウントレンドとなる時期もありました。

 

ただ、一方で資産が少ない現状である程度のリスクは取らないといけないなと感じる部分もあり、個別株投資やレバレッジをかけた投資の必要性に感じていました。

 

そういった思考過程を経て、コアサテライト戦略を取りつつ、CFDでレバレッジをかける運用が妥当だとの結論に至りました。

※以下は今後の運用方針であり、まだ運用は開始していません。

 

■コアサテライト戦略

①コアサテライト戦略の比率について

・どのような比率が妥当かについては、以下を参考にしました。

nextfunds.jp

→コア:サテライト=80:20

president.jp

→コア部分を7割以上

zuuonline.com

→コア:サテライト=80:20

masahiro-us-stock.hatenablog.com

→コア部分を2/3以上

・以上から、コアサテライト戦略の比率に関しては

     コア70%以上:サテライト30%以下

を目標に運用することとしました。

 

②何をどこに組み入れるか

・コアに組み入れるものは上記サイトより、分散が効いていてリスクが低いものが妥当のようです。

投資信託ETF、金などのコモディティ、債権、ロボアドバイザーなど。

マネックス証券の自動引き落とし機能を利用して、コアサテライト戦略の比率維持を図りたい目的から、マネックス証券・IG証券をサテライト口座とし、個別株やレバレッジETFを適宜運用することとしました。

・指数CFDに関してはコア部分とし、ポートフォリオ全体のレバレッジが2倍以下になるように調整。

・仮想通貨に関してもその月ごとにコモディティor仮想通貨or債権を購入することとしたこともあり、コア部分としました。

・以上より

 コア:投資信託ETF・CFD、金・仮想通貨などのコモディティ、債権、ロボアド

 サテライト:個別株・レバレッジETFなど

 

■指数CFD

・低いレバレッジをかけて長期保有が目標になるため、オーバーナイト金利が生じないGMOクリック証券での運用方針。

toushibu.net

レバレッジをかける対象は指数とし、現時点では長期的に強い成長が見込める米国のS&P500としました。

・どれくらいのレバレッジをかけるかについては、以下を参考に1.5-2.5倍までが許容の範囲内と判断しました。ヘッジファンドでも1.5-2.5倍であることを考慮してのことです。

xn--bckyaj3a6cwb4eva2nxdcb.com

ja.wikipedia.org

レバレッジ2倍ということは50%の下落までは何とか耐えられるということですが、リーマンショックの時には最大で60%程度の下落を経験しており、この60%まで耐えうるレバレッジにすると1.6倍程度までレバレッジを落とす必要があります。

f:id:reostock:20210926151450p:plain

・以上から、

 レバレッジ対象 S&P500指数

 レバレッジ 全体で1.5-2.5倍まで

動画作成用 音楽

プロポーズの動画作成に使う音楽を調べてみました!

 

Sugar Maroon5

www.youtube.com

 

Marry you Bruno Mars

www.youtube.com

 

Just the way you are Bruno mars

www.youtube.com

 

What makes you beautiful  One direction

www.youtube.com

 

Marry me  Jason Derulo

www.youtube.com

 

10,000 Hours  Dan+Shay&Justin Bieber

www.youtube.com

 

Wherever you are ONE OK ROCK

www.youtube.com

 

Stand by me, Stand by you 平井大

www.youtube.com

 

365日 Mr. children

www.youtube.com

 

100万回のI love you Rake

www.youtube.com

 

I love... Official髭男dism

www.youtube.com

 

オールドファッション Back number

www.youtube.com

 

ありったけのLove song ナオトインティライミ

www.youtube.com

CFDで指数レバレッジの検討

最近思うことがあります。

もともとの資産が少ないこともあって個別株投資などもやっているのですが、どうやっても分散しすぎてしまって銘柄が絞れない現状です。

そうなると個々の銘柄への投資額が微々たるものになって、資産の増減に乏しい状況です。

ある程度資産があって、複数銘柄に振っても資金の増減が出てくるようなら個別株でも良いのかもしれませんが、現状の資産額ではレバレッジなしの指数を持っているのと(何らパフォーマンスは指数以下(笑))変わりありません。

個々の銘柄は好きで投資しているので、個別株投資をやめたいわけではないのですが、資産運用という観点からいまいちかなと思っています。

それで、個別株投資はおまけ程度にやりながら、指数にレバレッジをかけて持つこと(僕の場合は個別株投資のパフォーマンスが指数にも劣るので)にしようかと思います。

レバレッジ自体は資産を増やすチャンスでもありますが、大きく減らすリスクもあり、リスク許容度の中で行いたいところです。

 

そこで、どういった形で指数にレバレッジをかけて、どういったタイミングで投資するかを検討したいと思い、今回の記事になります!

指数にレバレッジをかける方法としてはレバレッジETFとCFDが検討されますが、レバレッジETFについては別記事に書いた通り10%以下の低下で適宜買い増しスタイルで行きます。

それとは別個にCFDを運用しようと思っています(木材のCFD取引で多額の損失を出したので、その損益繰り越しを利用したい思惑からです)。

 

💌reostock流CFD投資についての考察

○根底にある考え方

・現在のCOVID流行下で仕事が忙しく、頻回に相場を見るのは困難なので極力簡単にINとOUTを判断する方法を考察したい。

→毎日INとOUTをするのは論外で、1か月に数回程度のINorOUTで済む投資にしたい。

・もっと良い案があれば教えてください。

+投資は自己責任でお願いします。

 

○思い至った方法

移動平均線のクロスを利用した売買

 ①’移動平均線ローソク足のクロスを利用した売買

グランビルの法則に近い売買です。

→試行錯誤した結果、ある程度の頻度で移動平均線がクロスして値幅が取れるものとして5日EMAと100日SMAを採用

→①' については、100日SMAをローソク足終値で下回ったのを日足で確認後、100日SMAを日足の終値で超えたのを確認した次の日に買いで入る。

※5日EMAと100日SMAを採用した理由

・5日SMAだとクロスがほとんどなくなってしまう。

・50日SMAや100日EMAだとクロスが多くて個人的にしんどい。

 

MACDを利用した売買

MACDは9.12.26の一般的なものを採用

+3%にトレーリングストップを入れる(前回の検証より)。

※上記MACDの理由

・最も一般的だから。

・綺麗にクロスするように設定をいじるという意見もあるが、それをやってしまうと規律が乱れると感じたから。

 

◆ES1!(S&P500先物)検証期間:2012/12-2021/8/26

移動平均線のクロスを利用した売買(単位はパーセンテージ)

f:id:reostock:20210828134704p:plain

31.62+2.12-1.79-6.05+5.85+22.03+3.11+3.89-2.39+48.02

25.9+80.51

=106.41%

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

・テーパリング前の金融相場に関しては上記の+31.62や+48.02と値幅が取れた。

・一方で、テーパリングや利上げ期間中は-6.05など-が目立つ。

f:id:reostock:20210828134737p:plain

-1.79や-6.05%の時期

🐍テーパリングや利上げ期間中の-を避けるには・・・

・上記の移動平均線デッドクロスしたところと次のゴールデンクロスを結ぶ角度がマイナスを避ければマイナスは避けられるが、それだとコロナ下落後の+48.02の値幅などプラスも一定頻度で取れなかった(グランビルの法則に則ることの弊害)。

・テーパリングや利上げ期間中の-1.79や-6.05の時も-13%近い急落時であり、コロナウイルス後の+48%を取ろうとすると暴落後かどうかで線引きするのも難しい。

→上記の2つを区別するとしたら指数が下がった比率の高さと下がる時間。

→テーパリングや利上げ期間中はMACDが-50に到達しない範囲で下がっていたが、リーマンショックコロナウイルス相場は-75近くまでMACD下落しており、ここまで下落した後の移動平均線ゴールデンクロス後はプラスが取れることが多かった。

🌟まとめ

・5日EMAと100日SMAのデッドクロスゴールデンクロスで売買するのはアリかもしれない。

・マイナスを避けるためには、移動平均線デッドクロスした位置(売ったタイミング)とゴールデンクロスした位置(次に買うタイミング)を結んだ角度がマイナスの場合は、次の取引で損失が出る可能性がある。ただ、デッドクロスゴールデンクロス(売ったタイミングと次に買うタイミング)の間にMACDが-50を超えて急落するような相場環境では大きな値幅が取れる可能性がある。

 

①' 移動平均線ローソク足のクロスを利用した売買

f:id:reostock:20210828134704p:plain

21.33+16.91+13.88+6.96+4.03+2.35+1.68+2.05+1.78+2-0.98-0.28-0.82-2.42-1.67-0.90-5.39-4.93-4.80+3.02+5.85-0.14-0.96+0.24+3.53+1.57-1.01-1.64+33.65

65.9+28.99

=94.89%

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

・金融相場はやっぱり値幅が取れて強い。

・テーパリングや利上げ期間中のマイナスについては上記で記載の方法で避けることを考慮するほかない。

・それに加えて今回はコロナウイルス相場で急落する直前に-1.01と-1.64の-が目立った。

f:id:reostock:20210828140800p:plain

2020/03

🐍コロナウイルス相場によるマイナスを避けるには・・・

・このタイミングも含めて指数が移動平均線から乖離しすぎたところから急落するタイミングでは損が出ることが多い。

移動平均線からの乖離率を利用して避けられないか?

milli-pro.com

→これを利用して100日SMAからの乖離率が8%にタッチしたところである程度の利確をするのが妥当だと思われる(乖離率が8%にタッチすることはあまりなかったので)。

🌟まとめ

ローソク足と100日SMAのクロスを利用した売買も有効であると思われる。

・この取引でのマイナスを避ける方法の1つとして移動平均線乖離率が8%になったところである程度を利確することが検討される。

 

MACDを利用した売買

f:id:reostock:20210828152945p:plain

15.33+82.87

=98.2%

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

MACDを利用した売買もある程度利益は出せるが、あまり労力に見合わない気もする。

・テーパリングや利上げ期間中については+15.33とそれ以降の期間と比較してもいまいちで、MACDが-5以下でクロスした例でのみエントリーした方が+19.49%と良かった(移動平均線と同じようなタイミングでMACDも損が出ている印象)。

・ただ、MACD-5以下クロスにしてしまうと2016年以降は82.87→46.26と半減してしまう。

→結局はMACDのダマシが原因なのですが、ある程度角度を持ってクロスしていてもダマシだったり、クロスの位置を上述の通り調整しても、何かを得て何かを失う形でした。

 

◆YM1!(ダウ先物)検証期間:2012/12-2021/8/26

 ①移動平均線のクロスを利用した売買(単位はパーセンテージ)

f:id:reostock:20210828182128p:plain

5.53+57.8

=63.33%

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

・指数がほとんど横ばいに近かった2015年までの相場では利益ほとんど出せず、-7.30%というトレードもあった。

デッドクロスゴールデンクロスを結んだ傾きがマイナスだとその後の取引が損失となりやすかったが、MACDが-200以下まで到達してもその後に値幅が取れず損失を出す取引も度々だった。

 

①' 移動平均線ローソク足のクロスを利用した売買

1.12+19.04

=20.16%

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

・①と同様の結果。

・7%程度の乖離率で一部利確することで多少の損失は回避できた可能性がある。

 

MACDを利用した売買

f:id:reostock:20210828203011p:plain

25.39+75.86

=101.25

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

移動平均線よりMACDの方があっている印象。

 

 

◆NQ1!(NASDAQ先物)検証期間:2012/12-2021/8/26

移動平均線のクロスを利用した売買(単位はパーセンテージ)

f:id:reostock:20210828205354p:plain

26.26+103.34

=129.6%

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

・ダウと比較すると大丈夫そう。

デッドクロスゴールデンクロスの角度がマイナスだとやっぱり損失出るリスクあり。

MACD-75超えているかどうかでコロナウイルス相場との判断はできそう。

 

①' 移動平均線ローソク足のクロスを利用した売買

35.29+165.58

=200.87%

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

デッドクロスゴールデンクロスの角度がマイナスだとやっぱり損失出るリスクあり、そこで嵩んだマイナスが足を引っ張っている印象。

MACD-75超えているかどうかでコロナウイルス相場との判断はできそう。

f:id:reostock:20210828211238p:plain

 ・あとは相場が急落・暴落している時の移動平均線クロス間際でのポジション取りは損失のリスクあり。

f:id:reostock:20210828211201p:plain

 

MACDを利用した売買

f:id:reostock:20210828221456p:plain

26.9+88.62

=115.52%

※斜体+下線は2012/12-2015年末(2013年にテーパリング発表、2014年にテーパリング、2015年に利上げを意識して区別)です。

🐛考察

・それなりの結果というところでしょうか。

 

 

🌟🌟すべてのまとめ

○S&P500

①5日EMAと100日SMA戦略

・基本的にはゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売り。

デッドクロスで売り→ゴールデンクロスで買いの、デッドクロスゴールデンクロスの角度がマイナスでは売りに入るのに注意必要。MACDが-50を超えるような場合には通常の買いでも良さそうだが、-50を超えないMACDデッドクロスゴールデンクロスの角度がマイナスは買いポジション減らした方が良さそう

MACD

・損が出ることもあるが、3%に損切入れて素直に売買。

①②共通

・100日SMAとの乖離率が8%で一部利確を。

 

○ダウ

①5日EMAと100日SMA戦略

・あまり利益出なそうだが、素直に売買するのみ。

MACDがどこまで下がるかでの線引きは難しいが、-450を超えて下がった後はデッドクロスゴールデンクロスの角度がマイナスであってもプラスになる可能性がある。

MACD

・ダウはこっちのが良さそう。

①②共通

・100日SMAとの乖離率が7%で一部利確を。

 

NASDAQ

①5日EMAと100日SMA戦略

・基本的にはゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売り。

デッドクロスで売り→ゴールデンクロスで買いの、デッドクロスゴールデンクロスの角度がマイナスでは売りに入るのに注意必要。MACDが-50を超えるような場合には通常の買いでも良さそうだが、-75を超えないMACDデッドクロスゴールデンクロスの角度がマイナスは買いポジション減らした方が良さそう

MACD

・そのまま素直にトレードするのみ。

①②共通

・100日SMAとの乖離率が10%で一部利確を。

 

🌟まとめ続き

・5日EMAと100日SMA戦略はあながち悪くなさそう。MACD戦略も良いが、ある程度の根気が必要そう。

※乖離率

 S&P500:8%

 ダウ:7%

 NASDAQ:10%

MACD

 S&P500:-50

 ダウ:-450

 NASDAQ:-75

・S&P500、ダウ、NASDAQで合う戦略が違いそうであり、両方併用した方が無難かもしれない。

・ただ、証拠金とかそういうのを気にしなければバイアンドホールドの方が利益は出そう😢

・婚約指輪買う💰が必要なので、しばらくは相場の様子を見ます。必要な💰の用意が出来たら参入予定!

$DDOG 銘柄分析

DDOGについての分析です。

 

○事業内容

strainer.jp

kysu.jp

www.datadoghq.com

→ざっくりまとめると、ソフトウェアやアプリケーションをDDOGで一元的に管理することができ、そこから色々な情報や知見を得ていくっていう感じかなと思います。AWSやAzureなどのクラウドをまとめて管理できるメリットがあり、一方で競合が多い現状のようです。

 

○2021年Q2 Press Releaseより

f:id:reostock:20210817231745p:plain

Q2

 →全て問題なし。

・CEOコメント

Datadogの共同創業者兼CEOであるオリビエ・ポメルは、「第2四半期の売上高は、前年同期比で67%、前四半期比で18%の増加となり、好調に推移しました。お客様のデジタルトランスフォーメーションやクラウド移行の旅において、当社が信頼できるパートナーであり続けていることを示すものです」と述べています。

さらにポメルは、「当社は、クラウドネイティブのエンドツーエンド・オブザーバビリティ・プラットフォームの機能を拡大し続けています。一方で、当社のクラウドセキュリティプラットフォームにより、DevOpsチームとセキュリティチームの間のサイロを解消する旅は始まったばかりです」と述べています。

・財務ハイライト

 売上高は、前年同期比67%増の2億3,350万ドルとなりました。
 GAAPベースの営業損失は△990万ドル、GAAPベースの営業利益率は△4%でした。
 非GAAPベースの営業利益は3,090万ドルで、非GAAPベースの営業利益率は13%でした。
 希薄化後1株当たりのGAAPベースの純損失は(0.03)ドル、非GAAPベースの純利益は0.09ドルでした。
 営業キャッシュフローは5,170万ドル、フリーキャッシュフローは4,230万ドルでした。
 2021年6月30日現在、現金、現金同等物、制限付き現金、および市場性のある有価証券は14億ドルでした。

・ビジネスハイライト

 2021年6月30日時点で、ARRが10万ドル以上の顧客は1,610社で、2020年6月30日時点の1,015社から59%増加しました。
 Datadog Cloud Security Platformの提供開始を発表。Datadogの深い観察能力にフルスタックのセキュリティコンテキストを追加。この新製品により、企業は単一のプラットフォームを使用して、インフラストラクチャ、ネットワーク、アプリケーション層の監視データとセキュリティインサイトを関連付けることができ、セキュリティチームが潜在的な脅威を理解し、それに迅速に対応するために必要な可視性を提供します。クラウド・セキュリティ・プラットフォームには、クラウド・セキュリティ・ポスチャー・マネジメント、クラウド・ワークロード・セキュリティ、セキュリティ・モニタリング、アプリケーション・セキュリティ(ベータ版)に加えて、ユニファイド・オブザーバビリティとセキュリティ・レポート機能が含まれています。
 クラウド・セキュリティ・ポスチャー・マネジメント(CSPM)とクラウド・ワークロード・セキュリティ(CWS)が一般に利用可能になりました。CSPM(Cloud Security Posture Management)は、本番環境が業界標準に準拠しているかどうかを簡単に追跡できます。クラウド・ワークロード・セキュリティ(CWS)は、環境全体のファイルやプロセスのアクティビティを監視することで、本番環境に対する脅威を検知し、ホストやインフラベースの攻撃を阻止します。
 CI Visibilityのベータ版を発表。左にシフトしてCI/CDパイプライン全体に観測性を持たせることで、開発プロセスの早い段階で本番レベルの可視性を実現します。
 AWS App Runnerによるアプリケーションモニタリングのサポートを発表し、Amazon Web ServicesAWS)をローンチパートナーとして迎え、新しいフルマネージドサービスを提供します。この新機能により、エンジニアリングチームやプロダクトチームが、独自のインフラストラクチャを管理することなく、アプリケーションのスケーリング、デプロイ、およびモニタリングを行うことが可能になります。
 DatadogのAWS Lambdaエクステンションの一般提供を発表しました。この機能により、エンジニアリングチームは、ビジネスクリティカルなサーバーレスアプリケーションのオーバーヘッドを最小限に抑えながら、メトリクス、トレース、ログをDatadogに安全に送信することができます。
 Salesforceプラットフォームとの統合を発表しました。この新しい統合により、Salesforceの管理者やセキュリティチームは、ユーザー、プラットフォーム、APIのアクティビティを可視化することで、不審な行動を検知し、対応することができるようになります。
 Amazon Web ServicesAWS)のGovernment Competencyステータスを獲得しました。この指定は、Datadogが政府機関のお客様と協力して、ミッションクリティカルなワークロードやアプリケーションをAWS上で提供してきた深い経験を反映したものです。
 Google Cloud Marketplaceでの販売を発表。Google Cloudのお客様は、Google Cloud Marketplaceで数回クリックするだけでDatadogを購入することができ、Google Cloudやハイブリッド・クラウド環境におけるアプリケーションやインフラストラクチャの健全性を迅速かつ容易に監視することができます。
 Syntheticsにおけるクロスブラウザ・テスト、モバイルRUMにおけるAndroidiOS、React Nativeなどのクロスプラットフォームフレームワークのサポート、APMにおける不具合のあるデプロイメントの自動検出、Security Monitoringにおける異常検知など、数多くの製品イノベーションを実現しました。

・以下のサイトよりQ2決算を引用。

f:id:reostock:20210817231335p:plain

https://strainer.jp/notes/7118

→YoY, QoQでの成長は続くが、鈍化傾向なのは懸念か。

f:id:reostock:20210817231439p:plain

https://strainer.jp/notes/7118

→大口顧客も増加しているが、少しずつ伸びは鈍化傾向。

f:id:reostock:20210817231536p:plain

https://strainer.jp/notes/7118

→NRR>130%は素晴らしいと思います。

f:id:reostock:20210817231634p:plain

https://strainer.jp/notes/7118

APM領域では競合他社に追い付く勢いです。

 

○2021年Q2Earning callより

オリビエ・ポメル(共同創設者兼最高経営責任者

 本日はモーニングコールにお集まりいただきありがとうございます。第2四半期の業績は、既存顧客の堅調な成長と新規顧客の堅調な売上により、予想以上に好調であったことに大変満足しています。製品ラインと顧客セグメントの両方で真の強さが見られました。当四半期の売上高は2億3,400万ドルで、前年同期比で67%、前四半期比では18%の増加となり、ガイダンスレンジの上限を上回りました

 ARRが10万ドル以上の顧客数は、前年同期の1,015社から1,610社に増加しました。これらのお客さまは、当社のARRの約80%を占めています。当四半期の顧客数は約16,400人で、前年同期の約12,100人から増加しています。また、資本効率も引き続き良好で、フリーキャッシュフローは4,200万ドルとなりました。

 また、お客様のご利用が増え、当社の新製品が採用されたことにより、当社のドルベースの純保持率は引き続き130%以上となっています。最近の四半期における好調なビジネストレンドが第2四半期にも継続していることを喜ばしく思います。まず、既存のお客さまのご利用が引き続き非常に好調でした。これは、過去数四半期にわたる新規ロゴの拡大が、新規のお客様のご利用拡大に寄与したことなどによるものです。

 第二に、新規ロゴのARRが引き続き好調で、市場開拓戦略を引き続き実行しました。第3に、解約率は引き続き低く、過去の水準を維持しています。これらの要因を総合的に勘案した結果、当四半期のARR増加額は2四半期連続で1億ドルを超え、非常に好調でした。次に、当社のプラットフォーム戦略が引き続き市場で支持されました。

 第2四半期末時点で、2つ以上の製品を使用しているお客様の割合は75%で、1年前の68%から増加しています。さらに、4つ以上の製品を使用しているお客様は28%となり、昨年の15%から増加しています。また、今期は新規ロゴの約70%が2つ以上の製品で着地しています。当プラットフォームは、第2四半期に力強い成長を遂げましたが、その中には、インフラストラクチャー・モニタリングのARRが1四半期で追加されたという記録も含まれています。

 この製品は、まだ高速サイクルの初期段階にあります。一方、プラットフォームの他の製品も引き続き非常に好調でした。RUMとSyntheticsを含むAPMスイートとログ管理を合わせると、ARRは4億ドルを超えました。APMスイートとログ管理も引き続き高い成長率を維持していますが、新しい他の製品はさらに急速に成長しています。

 その結果、エンド・ツー・エンドのオブザーバビリティ・プラットフォームがお客様に受け入れられ、またクラウド・セキュリティ・プラットフォームが開始されたことに大変満足しています。さて、次は製品と研究開発についてです。当社のチームは革新を続け、お客様のペインポイントを解決しました。第2四半期には73の新機能を発表し、第3四半期にも引き続き出荷しています。

 そのうちのいくつかを紹介すると、インフラ周りのセキュリティ問題をターゲットにした2つの新しいセキュリティ製品「Cloud Security Posture Management」と「Cloud Workload Security」の一般提供を発表しました。クラウド・セキュリティ・ポスチャー・マネージメントは、継続的な構成監査を行うことで、お客様が業界のベンチマークや規制基準に沿って環境を追跡できるようにします。また、Cloud Workload Securityは、ホストやコンテナ内のワークロード自体でリアルタイムに脅威を検知します。これらの製品は、イベントやロードデータストリームを対象とした脅威検知を行うセキュリティモニタリングと並んで、セキュリティ分野における当社の第2、第3のGA製品です。

 これらの製品により、当社のクラウドセキュリティプラットフォームの最初の構成要素が揃い、DevOpsチームとセキュリティチームの間のサイロを解消するという当社のビジョンを実現することができるようになりました。この2つの製品が加わったことで、Datadogのプラットフォームには11のGA製品が揃いました。また、CI/CDの領域にオブザーバビリティをもたらす機会が始まっており、7月下旬にCI Visibility製品のベータ版を発表しました。CI/CDとは、継続的インテグレーションと継続的デリバリを組み合わせた手法で、ソフトウェアを一貫して書き、テストし、本番にリリースすることができます。

 問題は、開発者が CI/CD パイプラインを可視化できていないことです。開発者は、テストが失敗しているのか、なぜ失敗しているのか、CI/CDパイプラインのどこでボトルネックや問題が発生しているのかを把握するのに苦労しています。昨年8月に買収したUndefined Labs社をベースにした当社のCI Visibility製品は、お客様のテストパイプラインの可視化を支援し、開発チームのコスト削減と効率化を実現します。今回の発表は非常に喜ばしいことですが、当社は既存の製品に立ち止まっているわけではなく、それぞれの製品を最高のものにするために、今後も機能を拡充していきます。

 Syntheticsでは、クロスプロダクトテストが可能になり、お客様はChromeに加えてMicrosoft EdgeFirefoxでもテストできるようになりました。Mobile RUMでは、AndroidiOS、そしてReact Nativeのようなクロスプラットフォームフレームワークをサポートするようになります。当社のRUM製品は、デスクトップ、モバイル、タブレット上のRUMアプリケーションや、モバイルアプリなど、ユーザー空間全体をカバーするようになりました。そして最後に、APMにおける不具合のあるデプロイメントの自動検出や、セキュリティモニタリングにおける異常検知など、直近の追加機能により、当社プラットフォームのAI/ML機能を引き続き向上させています。

 これらを補完するのが、Watchdog Insightsの継続的な拡張です。Watchdog Insightsは、私たちがプラットフォーム全体でユーザーのワークフローに直接埋め込んでいるレコメンデーション・エンジンです。このように、当社のエンド・ツー・エンドのオブザーバビリティ・プラットフォームは、ますます広がりを見せています。その一方で、クラウドのセキュリティについては前進が見られ、CI/CDのユースケースについては初期段階にあると言えます。いつものように、エンジニアリングチームとプロダクトチームの創造性と生産性、そしてお客様の問題に適切なソリューションを提供し続ける能力に感謝したいと思います。

 さて、次はセールス&マーケティングです。当四半期の顧客数の増加にも表れているように、当社の市場開拓チームは非常に生産性の高い活動を続けています。それでは、第2四半期の成果をいくつかご紹介しましょう。まず、次世代の金融サービス企業では、8桁のアップセルを達成しました。

 彼らは、問題の根本原因を見つけるために、組織全体のプラットフォームとしてDatadogのログ管理を利用しています。この企業では、当社の既存製品の利用が大幅に増加しており、最近では当社のContinuous Profilerを追加して、本番での良好なパフォーマンスをよりよく理解できるようになりました。次に、ヨーロッパのEコマース企業から7桁のアップセルを獲得しました。彼らは複数の商用オブザーバビリティツールを使用していましたが、2021年の戦略的イニシアティブの1つとして、統合とコスト削減を目指していました。Datadogに標準化することで、チームのコラボレーションとコミュニケーションを改善しながら、その目標を満たすことができました。次に、世界的な大手会計事務所から7桁のアップセルを獲得しました。この会社は、オンライン製品の急速な成長を経験しており、チームは問題を軽減するためにツールからツールへと移行することを余儀なくされていました。Datadogをインフラ監視、APM、Syntheticsのソリューションとして選択したことで、解決までの平均時間を短縮し、内部リソースを解放することができました。次に、30年の歴史を持つ分析ソフトウェア会社から、6桁のアップセルを受注しました。この会社は、より多くのワークロードをAzureに移行しています。この新たなアップセルでは、ログ管理のニーズに対してDatadogを標準化しました。DatadogのLogging without Limits機能により、この会社は、ログデータを犠牲にすることなく、ログ管理にかかるコストを1桁削減することができます。そして最後に、バックオフィス系の大手ソフトウェア会社との7桁の契約がありました。この会社は急速に成長しており、ハイブリッド・クラウドへの移行を計画しています。しかし、これまでのモニタリングの導入率は非常に低く、チームでのコラボレーションが困難でした。Datadogを導入したことで、彼らのチーム全体が1つのプラットフォームですべての操作性のニーズを満たすことができるようになり、Datadogがチーム全体の採用率と整合性の向上に影響を与えていることを認識しています。このように、今期のGo-to-Marketチームの業績を非常に誇りに思っています。彼らの努力と、お客様とのパートナーシップにより、今期も好調な業績を達成できたことに感謝したいと思います。

 次に、長期的な見通しについて説明します。現在、企業は長期的なデジタル戦略を推進しています。企業はますますデジタルファーストにならなければなりません。Azureのプラットフォーム化はまだ初期段階にありますが、当社はUnified Observabilityプラットフォームでお客様を支援する絶好のポジションにあると考えています。

 その一方で、DevOpsチームとセキュリティチームの間のサイロを解消するという長期的なビジョンも進んでいます。その結果、データを民主化し、お客様が可視性を高めて複雑さを管理できるようにするための機会を得られたことを非常に嬉しく思っています。そして、私たちは長期的な計画に自信を持ち、戦略を実行するために努力を続けています。デービッドに話を移す前に、今年の10月下旬に開催されるユーザーカンファレンス「Dash 2021」に向けて、各チームが準備に追われていることをお伝えしたいと思います。

 毎年、Dashでは最新の製品イノベーションを紹介していますが、今年の成果を皆さんにお見せできることを楽しみにしています。また、Dashでは投資家向けのセッションも予定しています。秋にはその発表もあると思いますので、お楽しみに。それでは、当社の最高財務責任者CFO)に電話をおつなぎいたします。

デービッド?

デビッド・オブスラー -- 最高財務責任者

 ありがとうございます、オリビエ。要約すると、第2四半期は非常に好調でした。売上高は2億3,350万ドルで、前年同期比で67%、前四半期比では18%増加しました。利用動向は好調で、幅広い分野で成長を示しました。

 新しいロゴの生成も好調で、お客様は引き続きプラットフォーム全体でより多くの製品を採用されています。さらにいくつかの背景を説明します。まず、既存顧客の成長は第2四半期も堅調で、ドルベースの純維持率は16四半期連続で130%以上を維持しました。お客様の既存製品の利用拡大と新製品の採用により、利用率が堅調に推移しました。

 当社のお客様は、クラウドへの移行を引き続き進めています。また、お客様の拡大に伴い、お客様が当社を標準化し、オブザーバビリティ・ツールのベンダーを統合する機会があると考えています。次に、ARRの増加額が2四半期連続で1億ドルを超えました。これは、新製品を含む製品ライン全体での好調さと、各地域での好調さによるものです。新規ロゴも非常に好調でした。

 当四半期の新規ロゴの追加数は、総計および純計ともに記録的な数となりました。当四半期は、企業向けおよび商業向けセールスチームがともに好調に推移し、業界や顧客規模にかかわらず、幅広いビジネスチャンスが引き続き見込まれます。なお、当社は使用ベースの収益モデルを採用しているため、新規ロゴの獲得は通常、すぐには意味のある収益に結びつきませんが、時間をかけて実現していきます。次に、当社のプラットフォーム戦略は引き続きお客様に支持されています。

 現在、70%のお客様が2つ以上の製品を、28%のお客様が4つ以上の製品をご利用いただいています。最後に、解約率は過去の水準と同様に低い水準を維持しました。当社のドルベースの総保持率は90%台半ばで横ばいとなっており、顧客層や製品によらず同様の水準となっています。請求額は、前年同期比69%増の2億7,000万ドルでした。

 また、当四半期にはプロフォーマの影響はありませんでした。RPO(Remaining Performance Obligations)は、好調な販売活動と契約期間の延長により、前年同期比103%増の5億8,300万ドルとなりました。契約期間の増加は、前年同期に比べて年間契約と複数年契約の比率が高まったことによるものです。なお、複数年契約は毎年請求されますが、当社では複数年契約に対するインセンティブは設けていません。

 現在のRPOの成長率も前年同期比で80%以上と好調でした。なお、請求書の発行時期やお客様との契約期間などにより収益が変動する可能性があるため、当社では引き続き、売上高の方が請求書やRPOよりも事業動向を示す指標として優れていると考えています。次に、損益計算書についてもう少し詳しくご説明します。なお、特に断りのない限り、すべての指標は非GAAPベースです。

 GAAPとNon-GAAPの調整表は決算短信に掲載されています。当四半期の売上総利益は1億7,800万ドルで、売上総利益率は76%となりました。これに対し、前四半期の売上総利益率は77%、前年同期は80%でした。当四半期の売上総利益率が前年同期比で低下したのは、製品およびプラットフォームの革新に向けた投資によるものです。

 当四半期の売上総利益率は、中長期的には過去の実績と同程度になると見込んでいます。研究開発費は7,100万ドルで、売上高の30%を占めました。当社は、エンジニアリング要員の大幅な増加を含め、引き続き研究開発に多大な投資を行っています。当四半期の研究開発費は7,100万ドルで、売上高の30%でした。

 営業費用は6,100万ドルで、売上高の26%を占めました(前年同期は33%)。当社は引き続き営業およびマーケティングに多額の投資を行いましたが、収益の伸びは投資の伸びを上回っています。第2四半期の対面式イベントは数件にとどまりましたが、もちろん地域の健康状態や旅行のガイドラインにもよりますが、今年後半には出張やイベント費用の増加を引き続き計画しています。販管費は1,600万ドル(売上高の7%)で、前年同期の9%から減少しました。

 前年同期の営業利益が1,500万ドル、営業利益率が11%であったのに対し、当四半期の営業利益は3,100万ドル、営業利益率は13%でした。当四半期は好調でしたが、当社は目の前に大きくダイナミックな市場機会があると考えており、その機会に対して多額の投資を行うよう努めているため、短期的な利益率を最適化しているわけではありません。しかし、第2四半期は、当然ながら、当社のビジネスモデルの効率性を示すものです。当四半期の非GAAPベースの純利益は3,200万ドル、1株当たり0.09ドルで、加重平均希薄化後の発行済み株式数は3億4,200万株でした。

 次に貸借対照表キャッシュフローについて説明します。当四半期は、14億ドルの現金、現金同等物、制限付き現金、および市場性のある有価証券を保有していました。当四半期の営業活動によるキャッシュ・フローは5,200万ドルでした。資本支出と資産計上されたソフトウェアを考慮したフリー・キャッシュ・フローは4,200万ドルで、フリー・キャッシュ・フロー・マージンは18%となりました。

 次に、第3四半期および2021年通年の見通しについて述べます。当社は、長期的な事業機会について楽観的であり、予見可能な将来にわたって高い成長を実現できると信じています。当社は非常に大きな市場に対応しており、その機会に対してうまく実行しています。このような状況を考慮し、通常の保守的な考え方に基づき、ガイダンスを以下のように更新します。

 第3四半期の売上高は、中間点で前年同期比60%増となる2億4,600万ドルから2億4,800万ドルの範囲となる見込みです。非GAAPベースの営業利益は1,800万ドルから2,000万ドルの範囲になると見込んでいます。また、非GAAPベースの1株当たり当期純利益は、加重平均希薄化後発行済株式数約3億4,400万株に基づき、0.05ドルから0.06ドルの範囲となる見込みです。また、2021年度通期の売上高は、中間点で前年比56%増となる9億3,800万ドルから9億4,400万ドルの範囲となる見込みです。

 非GAAPベースの営業利益は、8,700万ドルから9,300万ドルの範囲になると見込んでいます。非GAAPベースの1株当り当期純利益は、加重平均発行済株式数約3億4,400万株に基づいて、0.26ドルから0.28ドルの範囲になると予想しています。今回の見通しについて、いくつかの注意点があります。第1に、第2四半期の使用率は好調でしたが、ガイダンスを提供する際には、通常通り、より保守的な仮定を用いています。

 第二に、当社の戦略的な焦点は、長期的な成長のための最適化投資にあります。当社は、2021年の残りの期間、研究開発と市場開拓に積極的な投資を続ける予定です。次に、当社のモデルでは、第3四半期中にオフィスに戻り、出張や対面式のイベントを再開することを想定しています。ただし、現地の規制に応じて柔軟に対応し、従業員の健康を守ることを最優先に考えています。

 営業利益以下の項目については、まず、第3四半期の非GAAPベースの受取利息およびその他の受取利息は約0.9百万米ドルを見込んでいます。この受取利息には、現金および有価証券にかかる受取利息と転換社債にかかる支払利息が含まれます。第3四半期には、連邦政府の納税者となる見込みはありませんが、海外事業体に関連する税金を計上しています。その結果、第3四半期は約60万ドル、通年では200万ドルの税金を見込んでいます。要約すると、今期の業績には非常に満足しています。

 お客様は、既存の製品をより多く使用したり、新しい製品の使用を選択したりして、Datadogをより多く消費し続けています。当四半期には2つの新製品を追加し、お客様に提供する製品は11種類となりました。研究開発と市場投入の目標に対する実行力は、引き続き高い水準にあります。また、お客様がクラウドへの移行やデジタルトランスフォーメーションの効果を管理できるようにするための当社の能力は、成長し続けています。

 以上をもちまして、質疑応答を開始いたします。

 

Q&A よくある質問
オペレーター

 ありがとうございます。それでは、質疑応答を始めさせていただきます。最初の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルさんです。

ブレント・ティル -- ジェフリーズ -- アナリスト

 おはようございます。大口顧客の成長について、もう少し詳しく説明していただけますか。直近の2四半期では、この分野で非常に優れた結果を出しています。大企業が御社のプラットフォームを標準化していく中で、どのようなことが起きているのか、もう少し詳しく教えていただけますか?

オリビエ・ポメル(共同創業者兼CEO)

 はい、まだいくつかの事例があります。つまり、コールの中で述べたように、お客様が様々なものを集める前に他のものを使用していて、当社のプラットフォームに標準化することで、当社にとってより大きな土地を確保しているというケースです。しかし、これはまだ当社の顧客獲得の大部分を占めるものではありません。

 大体において、私たちはまだ小規模なお客様から始めて、彼らと一緒に行動し、後にクラウド環境への移行が進むにつれて、私たちを標準化しています。ですから、この比率は他の四半期と比べても遜色ないと感じていますが、まだ特定の傾向は見られません。

Brent Thill -- Jefferies -- アナリスト

 デイビッドさん、上半期に対する下半期の販売員の採用計画について、ノルマ遂行能力と上半期までに追加する予定の人員について説明していただけますか?

デビッド・オブスラー -- 最高財務責任者

 はい。先に述べたように、当社は収益にほぼ連動してランプの割当量を増加させようとしています。また、昨年から今年にかけてCOVID全体で積極的な採用計画を立てており、それを実行しています。ここ2、3年、採用と割当量の拡大に関する目標は変わっていません。

オリビエ・ポメル(共同創設者兼最高経営責任者

 そうですね。先ほどデイビッドが言ったことの補足ですが、多くの企業がストップ&スタートを繰り返すのに対し、当社は安定した採用を続けてきたことで、今日の素晴らしいポジションを築くことができました。今は、雇用市場が非常に熱く、また多くの人が休暇を取っているため、雇用にとって興味深い時期です。しかし、私たちは今の状況に満足していますし、パンデミックの間も着実に採用活動を続けるという選択をしたことにとても満足しています。

Brent Thill -- Jefferies -- アナリスト

ありがとうございました。

運営者

次の質問は、モルガン・スタンレーのサンジット・シンさんです。

サンジット・シン -- モルガン・スタンレー -- アナリスト

 質問をお受けしてありがとうございます。印象的な第2四半期の業績におめでとうございます。オリビエ、あなたが原稿の中で述べた「インフラストラクチャー・モニタリングはまだ初期段階にある」というコメントについて、もう少し理解できるようにしたいと思います。あなたの視点では、インフラストラクチャー・モニタリングに対するこのような感情はどのようなものでしょうか。会社の基盤となる主力製品であり、まだ長い道のりがあるとおっしゃっています。

 その考えをもう少し詳しく説明してください。

オリビエ・ポメル(共同創業者兼最高経営責任者

 これには2つの側面があります。1つは、普及率という点で、当社の製品と今後1年間に登場するクラウド製品を合わせても、市場全体のごく一部に過ぎないということです。だからこそ、そこから得られるものはたくさんあるはずです。

 2つ目の側面は、世界がデジタル的に変化しているということです。そのため、市場全体、つまり監視しなければならないインフラの規模は、5年前に監視しなければならなかったものよりもはるかに大きくなっています。この2つの点を考慮すると、市場への浸透という点では、インフラ・モニタリングでカバーできる範囲はまだまだ広いと言えます。それと並行して、この分野はまだ進化し続けていますよね。クラウドの特徴は、ワークロードを実行するための革新的な方法や新しい方法があるということです。Datadogでは、そのような状況をいくつか経験してきました。

 クラウドインセンティブに始まり、コンテナ、そして今はサーバーレス。私たちはそれが止まることを期待していません。インフラストラクチャを運用するための新たな方法が出てくると考えています。そのために、私たちは製品に多額の投資を行い、すべての分野の最前線に立つことを目指しています。

サンジット・シン -- モルガン・スタンレー -- アナリスト

 なるほど、その通りですね。また、次の質問ですが、あなたの原稿の中で何度も耳にした言葉に「標準化」がありました。これはどのくらいの原動力になっているのでしょうか?また、ログ解析ソリューションの成熟度はどの程度でしょうか。APMの1~2年後に発売されました。APMを例にとると、あなたの視点では、その能力と製品はどのような位置づけにあるのでしょうか?

オリビエ・ポメル(共同創業者兼最高経営責任者

 私は自分の子供全員を同じように愛しています。APMとログは、当社の顧客ベースでの採用率と、成熟度の点で拮抗しています。どちらの製品も、お客様がバック・オブ・グリッドのような環境でこれらの製品を使い始めるような状況では、勝利を収めています。両製品は、お客様の標準化の基盤となるインフラを管理する上で、2本目の足の役割を果たすことができます。

 今日、私たちが目にするのは、お客様が私たちの提供する製品を標準化しているということです。彼らはプラットフォームを購入しています。そして、APM、ログ、インフラストラクチャ・モニタリングの3つが、このプラットフォームの主要な柱となるでしょう。

Sanjit Singh -- モルガンスタンレー -- アナリスト

わかりました。それはよかったですね。ありがとうございました。

運営者

次の質問は、JPモルガンスターリング・オーティさんです。

スターリング・オーティ -- JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー -- アナリスト

 はい、ありがとうございます。お待たせしました。あなた方が話したコメントの数を考えると、準備されたコメントの使用が強さの原動力になっています。昨年の上半期には超過料金の項目がありました。

 今回はどう違うのでしょうか?また、現在の使用量や消費量はどのように増加しているのでしょうか?

デビッド・オブスラー:最高財務責任者

 私がお答えします。私たちは、昨年の第2四半期にフラット化と最適化を行ったと言ったと思います。それ以降、昨年の第3四半期から現在に至るまで、より正常な、あるいは長期的なトレンドに沿った状態に戻ってきています。第2四半期は、過去3、4四半期と同様に非常に好調で、当社の長期的なポジションと一致しています。

 これは、クラウドマイグレーションやデジタルプロジェクトの展開が通常に戻ったことを反映していると感じています。前四半期で述べたように、使用量の増加は非常に広範囲にわたっており、製品や顧客の種類もバランスが取れていて、当社の歴史の中で見てきたものと非常によく似ています。

スターリング・オーティ -- JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー -- アナリスト

 そうですね。素晴らしいですね。それから、簡単なフォローアップをひとつ。市場参入のための投資に関して、今四半期のガイダンスを発表した際、同様の項目があったと思います。

 明らかに、セールス&マーケティングは、当社や多くの企業の予測を大幅に下回っています。ガイダンスに織り込まれている前四半期比の増加分のうち、人員数によるものと、あなたが指摘したようにオフィスへの復帰や出張によるものとを比較して、どの程度把握していますか?

デビッド・オブスラー -- 最高財務責任者

 はい。まず、その点からお話します。私たちはずっと、2つの要因があると言ってきました。1つは、売上高に占めるマーケティング費用と出張費用の割合で、3%前後、つまり3%強が出張やイベントがないことによるメリットです。

 これは、第4四半期のようにre:InventとDashがある四半期であるかどうかによって、多少の変動があります。純利益については、売上高のラインを見ていただければわかるように、計画していた以上の成果を上げることができたと思っています。つまり、基本的には収益にポジティブなサプライズがあり、それが最終的には利益につながるということです。最後に、オリビエさんがおっしゃったように、私たちは非常に積極的な雇用計画を立てています。

 基本的には今年中に完了させようとしています。この市場でそれを実現するには時間がかかります。そのため、下半期には成長が加速し、人材面でも加速すると考えています。すでに採用数でそれを実感しています。

 しかし、ここ2、3年は、年の途中で採用を増やしてきました。

スターリング・オーティ -- JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー -- アナリスト

分かりました。ありがとうございました。

オペレーター

次の質問は、ゴールドマン・サックスのKash Ranganさんです。

Kash Rangan -- ゴールドマン・サックス -- アナリスト

 驚異的な業績おめでとうございます。Oliさん、Davidさん、本当におめでとうございます。質問は、標準化のメリットを実際に体験し始めたとき、販売サイクルはどのようになっているでしょうか。また、パイプラインに現れたこれらのオプションを推進するために、どのような雇用を想定していますか?また、結果として、今後2、3年の間に進化していく中で、Datadogがエンタープライズ市場の上位にどのように食い込んでいくのかについてもお話しいただければ、幸いです。また、もしお時間があれば、経済が上向きになれば、御社の業績は今のままで素晴らしいものになると思いますが、そのためにはどうすればよいでしょうか?

 私たちが旅行や外出をするようになったとき、経済が開放されることで、どのような利益が増加するでしょうか?ありがとうございました、そしておめでとうございます。

オリビエ・ポメル(共同創業者兼最高経営責任者
 ありがとうございます。まず、標準化について説明します。今のところ、販売サイクルに大きな変化はありません。というのも、私たちのやり方は、ほとんどが小規模から始めて、お客様とともに成長していくものだからです。そして、標準化を行う頃には、そのお客様にしっかりとした足場を築き、そのお客様のエンジニアが常に当社を使用しているので、標準化のためのケースを作るのがますます簡単になります。

 もちろん、当社のセールスフォースが世界各地をカバーし、当社との付き合いが長いお客様が増えれば、時間の経過とともに多少の変化はあるでしょうね。私は、時間の経過とともに、我々の運営方法にいくつかの変更を加えることを期待しています。しかし、現時点では、販売プロセスやそれにかかる時間に大きな変更はありません。標準化によって、製品の観点からのロードマップが明らかになりました。これは、標準化されたお客様が、レガシーITやオンプレミスITの一部を、同じまたは大部分のクラウド技術の下に戻すことができるようにするためのものです。

 これは、私たちの開発の一部に反映されています。また、おそらくプロフェッショナル・サービスに関する取り組みにも反映され、これらの顧客を取り込むためにより多くの時間を費やすことになるでしょう。経済開放についての質問ですが、私たちにとって興味深いのは、パンデミック以前のクラウドへの移行方法にほぼ戻っているように見えることです。これ以上早くなるかどうかはわかりません。

 これまでは非常に安定した歴史的傾向がありましたが、今はその安定した歴史的傾向に戻っていますので、満足しています。長期的な成長を維持するために現在取り組んでいる主なことは、プラットフォームの構築を継続し、製品を追加してお客様のすべての問題をカバーしたり、問題の大部分を解決したりできるようにすることと、同時に、市場参入チームを拡大して、世界中のあらゆる場所でお客様との会話に参加できるようにすることです。それを実現するためには、まだかなりの作業が必要です。

Kash Rangan -- ゴールドマン・サックス -- アナリスト

Oliさん、Davidさん、どうもありがとうございました。

オペレーター

次の質問は、シティのタイラー・ラドケさんです。

タイラー・ラドケ -- シティ -- アナリスト

 質問をお受けいただきありがとうございます。大まかな価格環境についてお聞きしたいと思います。明らかに1年前、COVIDの影響で、いくつかの顧客が支出を合理化しているのを目にしました。もちろん、今期はそれが問題になっているようには見えませんでした。

 しかし、長期的な価格戦略についてはどのようにお考えですか?また、技術革新や新機能の構築を続けていく中で、時間をかけてさらに課金できるような価格設定ができる可能性を感じていますか?

オリビエ・ポメル -- 共同設立者兼最高経営責任者

 ありがとうございます。ありがとうございます。この答えには3つの部分があると思います。まず1つ目は、昨年見られたのは価格圧力ではありませんでした。

 昨年は、お客様がAmazonやAzureなどのフットプリントを実感されていました。このようなお客様は、キャッシュにまつわる多くの不確実性に直面しているときに、この方法で大幅にコストを削減できると判断し、最大の取引を行ったのです。これが1つ目です。2つ目は、長期的に考えると、顧客に提供される価値の一部を把握するためには、交換される直線的なデータ量だけではなく、別の課金方法が必要になることがほとんどだということです。

 そのため、私たちはすべての製品でこの点に取り組んでいます。これは基本的に、お客様が得る価値とお支払いいただく価格を一致させ、そのためのレバレッジをお客様に与え、当社側でアンバンドリングを維持するための方法です。そのためには、彼らにその力を与え、我々の側でもアンバンドリングを維持するようにしなければなりません。この質問に対する3つ目の答えは、時間をかけて新しい機能を追加していくという選択をしたということです。主に新しいSKUの形で、お客様に新しいクラスの問題が発生したときに追加していきます。

 この方法は、基本的に価格を維持し、成長や機能性の向上に応じて価格を上げるというものです。この方法は、製品が提供する価値を示す非常に良いシグナルとなり、製品のロードマップを推進するのに役立ちます。

Tyler Radke -- Citi -- アナリスト

 ありがとうございます。競争環境についてのフォローアップですが、オーリーさん。お客様がオブザーバビリティ・ツールを統合しているという話をされていましたが、そのような機会があるとお考えですか?特にRPOの成長に関連して、今期の案件の規模が非常に大きくなっていますが、それに伴ってレガシーなオブザーバビリティソリューションの置き換えが増えているのでしょうか?これらの案件の規模が大きくなるにつれて、それが競争上どのような意味を持つのか、ご説明ください。

オリビエ・ポメル -- 共同設立者兼CEO(最高経営責任者

 これまでに見てきたのと同じです。その動きは、オンプレミスやレガシーをクラウドに統合しようというものです。私たちが見ているのはそれだけです。これまでに見てきたのと同じ傾向が見られますが、これについては特に面白いコメントはありません。

私たちが見ているのは、今も変わらないものなのです。

運営者

次の質問は、RBCキャピタル・マーケッツのマット・ヘドバーグさんです。

マット・ヘドバーグ -- RBCキャピタル・マーケッツ -- アナリスト

 こんにちは、皆さん。四半期決算、おめでとうございます。私の質問に答えてくださってありがとうございます。オーリーさん、脚本の中で、セキュリティソリューションのポートフォリオを構築することについて少し触れられていましたが、明らかに、買い手が少し違うようですね。

 明らかに、中核となるインフラやログ製品とは少し異なる買い手です。そこでどのように販売活動を展開しているのか、また、そこにどのような付加価値を見出しているのか、お話しいただけますか?

オリビエ・ポメル(Olivier Pomel):共同設立者兼CEO(最高経営責任者

 今のところ、Observabilityをベースにした販売活動を行っています。そして、これらの製品を構築する際には、すでにDatadogのプラットフォームに取り込まれていて、自ら選択してセキュリティ製品の導入を始めることができる顧客を重視しています。これがステップ1です。

 ステップ2では、これらの製品がGAに到達し、クリティカルマスに達すると、セールスフォースを通じて直接販売を開始します。そのためには、最近行ったSqreen社の買収から多くのことを学んでいると思います。この買収は、将来的に興味深いものになると期待しています。今日は特に何もお伝えすることはありませんが。

マット・ヘドバーグ -- RBCキャピタル・マーケッツ -- アナリスト

 了解しました。OKです。続いて、デビッドさんからもひとつ。コールの中で、複数年契約の数が増えているとおっしゃっていました。

 もちろん、あなたが必ずしもそれを求めていないことは承知しています。ただ、そのような行動につながったお客様との会話はどのようなものだったのでしょうか?

デビッド・オブスラー:最高財務責任者

 これは、標準化されたオブザーバビリティとしてDatadogへの投資を増やし、長期的にコミットしたいと考えている大規模な顧客との相関関係があると思います。一般的には、我々が出向くのではなく、顧客から引き抜くことになります。着陸して拡張する場合、時間の経過とともに成長し、契約を修正してより多くのコミットメントをするという動きがよく見られます。これは、企業のお客様や大規模なクラウドネイティブのお客様が、Datadogを中核的なプラットフォームとして採用し、その採用期間を長くしたいと考えていることに起因しています。

マット・ヘドバーグ -- RBCキャピタル・マーケッツ -- アナリスト

了解しました。とても参考になりました。ありがとうございました。

デビッド・オブスラー -- 最高財務責任者

はい。ありがとうございます。

オペレーター

次の質問は、ウィリアム・ブレアのKamil Mielczarekさんです。

カミル・ミエルザレック -- ウィリアム・ブレア社 -- アナリスト

 私の質問にお答えいただきありがとうございます。プラットフォームの拡大についてお聞きできてよかったです。2つの製品がありますね。

 数ヶ月後にはDatadog Dashが発売されますが、研究開発費は前年同期比で84%増加していると思います。研究開発費の水準を上げるという決定について、もう少し詳しく教えてください。また、新製品の導入ペースについてはどのように考えればよいでしょうか。また、製品の多様化が進む中で、これらの新しいソリューションの販売をサポートするために、営業組織にどのような変更を加える必要があるでしょうか?

オリビエ・ポメル(共同創設者兼最高経営責任者

 そうですね。私たちは、あらゆる面でできる限り積極的な投資を行っています。研究開発への投資を加速させる機会があれば、いくつかの買収を通じて行ってきましたが、これらは実際には研究開発費として継続的に計上されており、実行しています。観察可能性、セキュリティ、そして本日お話したCI/CDを中心とした開発者のユースケースなど、非常に大きなビジネスチャンスの中で、当社はまだ非常に早い段階にあると考えています。

 また、後には、リアルタイムBIや、おそらく[Inaudible]でできることがたくさんあるでしょう。様々なことに触れることができます。ですから、私たちは非常に早い段階から取り組んでいます。今後も長い間、研究開発に多大な投資をしていくつもりです。

 ゴーイング・マーケットへの影響という点では、ゴーイング・マーケットの面で最初に変化が必要になるのは、セキュリティ製品の販売面をより積極的に推進するのをやめるときだと思います。それはまだ起きていません。いくつかの製品がやっとGA(正式版)に到達したばかりなので、今はまだ何もしていませんが、将来的には必ず実行します。

ウィリアム・ブレア・アンド・カンパニーのアナリスト、カミーユ・ミエルザレック氏

 それはよかったですね。早速ですが、競合他社の状況について教えてください。誰が取引をしているかについて変化はありますか?また、勝率は向上していますか?また、製品によってどのような違いがありますか?

オリビエ・ポメル(共同創設者兼最高経営責任者

 非常につまらない話ですね。以前と同じことを繰り返しています。我々の立場からすると、会社の状況は変わっていません。私たちが注目しているのは、やはりグリーンフィールド、つまり新しい環境、私たちと一緒に小さく始めて、あらゆることを私たちに標準化するまで私たちと一緒に成長していくチームです。

 それが今も変わらない動きであり、我々を取り巻く環境もさほど変わっていません。

カミル・ミエルザレック -- ウィリアム・ブレア・アンド・カンパニー -- アナリスト

ありがとうございます。また、おめでとうございます。

オペレーター

次の質問は、Stifel社のBrad Rebackさんです。

ブラッド・バック -- スタンフォード・ファイナンシャル・コーポレーション -- アナリスト

 プラットフォームにおける新規顧客の増加について考えてみますと、最近の新規顧客は、より早くコミットメントを獲得しているのでしょうか?つまり、2、3年前のお客様よりも速いペースで増加しているのでしょうか?

オリビエ・ポメル(共同創業者兼CEO)

 初日のコミットメントが以前に比べて大きくなっていることもあるので、多少の違いはあります。これについては、前回、最初の数回の電話でお話ししました。全体的に見て、コホートは長く、規模も大きくなっています。一般的にASPは時間とともに上昇しています。

 しかし、私たちが見ている成長は、これまでに見てきたように、入社1ヶ月目から6ヶ月目、12ヶ月目までの使用量の伸びと非常によく一致しています。つまり、これは2つの部分からなるイベントなのです。

デビッド・オブスラー(最高財務責任者

 大まかに言えば、純保持率の一貫性とその持続性を見ると、土地と拡大では依然として非常に似通っており、前の期間と同様にコーホートが拡大しており、非常に重要なのは、長期にわたって拡大していることです。つまり、持続的に、かなり長い期間にわたってコーホートの拡大が続いており、これは過去の期間に見られたものと非常に一致しています。

Brad Reback -- Stifel Financial Corp.のアナリスト

それは素晴らしいことです。ありがとうございました。

オペレーター

次の質問は、ニーダム社のジャック・アンドリュースさんです。

ジャック・アンドリュース -- ニーダム・アンド・カンパニー -- アナリスト

 おはようございます。このたびの決算、おめでとうございます。Oliさんは、セキュリティへの取り組みを続けていますが、DevSecOpsを推進する上で、これまでに行ってきたDevとOpsのペルソナの変換から得られた教訓は何でしょうか。また、今回のセキュリティへの移行は、開発と運用が統合されたときとは異なり、どのような点を考慮する必要があるのでしょうか?

オリビエ・ポメル(Olivier Pomel):共同設立者兼最高経営責任者

 はい、素晴らしい質問ですね。そこには多くの共通点があります。多くの場合、摩擦を減らし、外に出て、多くの労力をかけて、多くの人が関わり、多くの部署が関わるようなことを、非常に簡単に、しかも早い段階でできるようにすることです。

 そうすれば、私たちはその方法を知っています。これが第1の部分です。第2の部分は、買い手は少しずつ異なり、場合によっては、買い手に少しずつ異なる対応をする必要があるということです。この点については、先ほどの質問でもいくつか触れられていますので、あまり繰り返しはしませんが、プラットフォームを設定するための動きに、どのように追加していくかという点では、まだ取り組んでいるところです。

ジャック・アンドリュース -- ニーダム・アンド・カンパニー -- アナリスト

 ありがとうございます。それから、ちょっとしたフォローアップです。御社のソリューションのポートフォリオが拡大していることについて、営業部隊やパートナーエコシステムが、最近提供しているすべての製品の価値提案やニュアンスを理解する能力をどのように維持しているのか、最新情報を教えてください。

オリビエ・ポメル -- 共同創立者最高経営責任者

 そうですね。これは大きな取り組みです。実は最近、最高執行責任者として加わったアダムが担当している分野のひとつです。今日の彼の主な仕事は、営業チームや市場開拓チームの全員に、製品の仕組みや誰を取引に参加させればよいかまで教え、適切な製品を適切な顧客に提供する方法を正確に理解させるための能力開発チームを拡大することです。

 それが彼の主要な関心事のひとつです。私たちはそのための投資を行っています。

ジャック・アンドリュース -- ニーダム・アンド・カンパニー -- アナリスト

ありがとうございました。

オペレーター

次の質問は、オッペンハイマーのイタイ・キドロンさんです。

イッタイ・キドロン -- Oppenheimer & Co. Inc. -- アナリスト

 やあ、みんな。素晴らしい四半期でした。セキュリティに関する質問の続きですが、今回発表された2つの新製品、ポスチャーマネージメントとワークロードプロテクションについてお話したいと思います。この時点で、これらのソリューションを提供していないセキュリティベンダーはありません。

 ですから、市場はまだ早いですが、誰もがこれを追い求めているように見えます。あなたの視点で、セキュリティ分野にどのような差別化をもたらすことができるのか、考えてみてもらえませんか?また、まだ初期段階であることは承知していますが、現時点でのクラウドセキュリティプラットフォームのARR貢献度についてお聞かせください。

オリビエ・ポメル -- 共同創業者兼最高経営責任者

 そうですね。2つ目の質問ですが、こちらはまだ何もありません。唯一言えることは、このプラットフォームのトレンドと成長ぶりに非常に満足しているということです。そして、いずれはもっと多くのことをお伝えすることになるでしょうが、今日は何も言えません。

 差別化については、これらのカテゴリーに何をもたらすかというと、我々はすでにこれらのワークロードをすべて計測しています。つまり、私たちはそれらのマシンに存在しています。当社のエージェントが稼働しています。ログはすでに当社が収集しています。

 また、すべてのクラウド構成に接続しています。そのため、お客様がセキュリティを有効にするために必要なことは何もなく、これが大きな差別化要因となっています。さらに、開発者や運用担当者が私たちの仕事ぶりを一日中見ています。彼らは、セキュリティチームに教えることもできます。

 彼らは、セキュリティチームとは別のサイロにいるのではなく、ソリューションの一部となることができます。彼らはワークロードのセキュリティを担当しています。この2つを組み合わせれば、非常に強力で、非常に異なるものができあがります。そして、セキュリティの観点からワークロードをインストルメントすることだけを目的とした競争では、ほとんど再現できないと言えるでしょう。

Ittai Kidron -- Oppenheimer & Co. Inc.のアナリスト

ありがとうございます。幸運を祈ります。

オペレーター

次の質問は、キーバンクのマイケル・テュリッツさんです。

マイケル・ツーリツ -- キーバンク・キャピタル・マーケッツ・インク -- アナリスト

 まず最初に、明らかに素晴らしい四半期でした。価格設定の話ですが、オーリーさんは、ある時点で価格設定を変更する必要があると少し話していましたね。市場ではすでにいくつかの競合他社が価格を変更していますが、これは特にデータ利用のコモディティ化を狙ったもののようです。これは、特にデータ利用のコモディティ化を狙ったものと思われますが、競争という点で何か影響はありましたか?また、長期的に価格設定をどうするかという考えとどう関連しているのでしょうか?

オリビエ・ポメル(共同創業者兼CEO)

 そうですね。市場ではそのような動きが見られますが、当社には直接の影響はありません。しかし、私たちは投資を行っており、お客様に課金するための新しいモデルに多くの投資を行っています。また、お客様が支出をコントロールできるようにし、お客様が作成するすべてのデータ量の価値調整に合わせられるようにしています。私たちが提供している上限なしのサービスの多くは、このようなものです。

 まずはログから始めました。また、APMやインフラについても同様で、当社を標準化することでお客様にご納得いただいています。コールセンターでもお話しましたが、お客様の中には、特にログへの支出を抑えることができ、重要なものに支出できるようになっています。その理由は、自分たちにとって重要なことにコストをかけられるからです。

 ログを分類して保存することができます。お客様が必要としている特定の目的のために、一部のログをインデックス化することができます。必要であれば、何でもできるように、必要に応じて直接問い合わせができるようにすることもできます。そのためのあらゆる手段と柔軟性を提供し、データ量に応じて請求額が直線的に増えないようにしています。

 これはすでに投資していることです。このように、我々にとっては大きな変化ではなく、これまでの取り組みを継続するものです。

マイケル・トゥリッツ -- キーバンク・キャピタル・マーケッツ・インク -- アナリスト

 それから、オーリーさんはレガシーについて興味深い指摘をされていましたが、レガシーの代替品のための研究開発への投資ですね。私たちは過去にそのようなことをしたことがあります。それを可能にするためには、研究開発や製品の観点から何が必要なのでしょうか?また、あなたにとって非常に重要なアップグレードサイクルを実現できる段階に来ているのでしょうか?

オリビエ・ポメル(共同創設者兼最高経営責任者

 今はまだその段階にあります。つまり、ネットワーク機器、物理的なネットワーク機器、配電盤など、あらゆる種類の非クラウド機器に接続しています。市場のかなりの部分がクラウドで成熟し、標準化の時期を迎えるまでは、どんどんやっていくつもりです。現在では、標準化してレガシーITをクラウドに移行するお客様は、まだ最先端を走っていると言えるでしょう -- あるいは、私たちはお客様のクラウド移行の最先端を走っています。

 このように、まだその領域に達しているわけではありませんが、来るべき兆しはあります。

マイケル・トゥリッツ -- キーバンク・キャピタル・マーケッツ・インク -- アナリスト

わかりました。ありがとう、Oli。ありがとうございます。

オペレーター

次の質問は、みずほ証券のグレッグ・モスコウィッツさんです。

グレッグ・モスコウィッツ -- みずほ証券 -- アナリスト

 わかりました。ありがとうございます。非常に好調な四半期であったことに、改めてお祝いを申し上げます。最初の質問は、クラウド・セキュリティ・プラットフォームについてです。アラカルトに加えて、CSPM、CWS、セキュリティ・モニタリング、アプリ・セキュリティをスイートとして提供する計画はありますか?

オリビエ・ポメル(共同創業者兼最高経営責任者

 おそらく、いくつかの価格オプションがあると思います。つまり、まだ何も伝えていませんが、これらの製品をどのようにパッケージ化するかを真剣に考えています。

グレッグ・モスコウィッツ -- みずほ証券 -- アナリスト

 わかりました。それから、オーリーさん、最近、競合他社の1社が、AWSやAzureなどのハイパースケーラーのパートナーとの契約数が大幅にアップしたと話していましたね。貴社のクラウドパートナーシップと、そこでの市場開拓活動について、最新情報を教えてください。

オリビエ・ポメル(共同創業者兼最高経営責任者

 私たちは、これまで通りの活動を続けています。クラウド・パートナーシップからはますます多くのものを得ていますし、これらのクラウド・パートナーシップはすべて、ますます発展しています。最近では、GCPマーケットプレイスで、お客様の導入を容易にしたり、Azureとのパートナーシップがさらに一歩進んで、コンソールに直接統合されました。しかし、このパートナーシップには、まだいくつかの部分で実装が必要です。

まだ完全には完了していませんが、それでも前進はしています。また、AWSとのより深いパートナーシップにも取り組んでいます。このように、全体的に見て、物事は正しい方向に向かっています。現時点では、これは当社の成功の主要な部分ではなく、むしろ将来的にはアップサイドの可能性があると言えるでしょう。

グレッグ・モスコウィッツ -- みずほ証券 -- アナリスト

わかりました。素晴らしいですね。ありがとうございました。

オペレーター

次の質問は、バークレイズのライモ・レンズチョーさんです。

ライモ・レンズチョー -- バークレイズ投資銀行 -- アナリスト

ありがとうございます。私の声が聞こえますか?

オリビエ・ポメル -- 共同創業者兼最高経営責任者

はい。

ライモ・レンズショー -- バークレイズ・インベストメント・バンク -- アナリスト

 はい。OKです。完璧ですね。私からもお祝いを申し上げます。

 オリビエ、今CI/CDに向かっているのですが、全く新しい市場であることは明らかですが、私の部下はこれまでそこには行ったことがありません。これがあなたにとってどのように作用するのか、少し話していただけますか?その機会はどれくらい大きいですか?どれくらい重要なのか?理論的には、そこからすべてが始まるのですが、モニタリングや観測可能性の観点からは考えたことがありませんでした。ありがとうございました。

オリビエ・ポメル -- 共同設立者兼最高経営責任者

 そうですね。これは興味深いことです。非常に早い段階です。エンジニアがテストや導入に多くの時間を費やしていることから、製品分野が非常に大きいことはわかっています。

 だからこそ、そこに多くの時間と費用を費やしているのだと思います。私たちにとって興味深いのは、私たちが活動している場所の境界を押し広げ、開発者のワークフローに近づき、より明確に組み込むことができるということです。開発者が失敗する環境の開発に到達する前に、ラップトップ上で改善策を書き、自分の環境でテストループを行う。そういう意味でも、非常に興味深いですね。そのような環境を観察し、最適化するという意味では、巨大なカテゴリーと言えるでしょう。

 そのため、どのような市場機会があるかを正確に見極める必要がありますが、問題領域が非常に大きいことは分かっています。

Raimo Lenschow -- Barclays Investment Bank -- アナリスト

 はい。OK、完璧です。それから、Davidに1つ質問があります。あなたは130 NRRという数字を挙げました。

 去年、数字が少し下がった時のことを覚えていますか?数字を教えてくれないのはわかっていますが、傾向として、今の数字は高くなっていますか?ラグ効果があるのか?あるいは、どのように考えればよいのでしょうか?数字を出さないのは承知していますが、上記の130の中で、方向性としては何が見えていますか?

デビッド・オブスラー -- 最高財務責任者

 そうですね。数字は言えませんが、傾向としては少し参考になると思います。好調な売上と、ユーザー側での製品使用数の増加および製品の採用による継続的な上昇、そして第2四半期の横ばいとの比較により、当四半期のポイント・イン・タイム・メトリクスは上昇したと述べたと思いますが、いかがでしょうか。

Raimo Lenschow -- Barclays Investment Bank -- アナリスト

おめでとうございます。ありがとうございます。

オペレーター

それでは、最後のコメントをオリヴィエさんにお願いします。

オリビエ・ポメル -- 共同創立者最高経営責任者

はい、ありがとうございました。ありがとうございました。最後に、今期の業績に大変満足していることを改めてお伝えします。また、全世界のDatadog社員の懸命な努力と、本当によくやってくれたことに改めて感謝したいと思います。

皆さん、ありがとうございました。

 

🌟まとめ

・こういう事業内容は個人的には難しくて競合他社との優位性がどうとかがいまいちわかりにくいのが難しいところですね。

・決算で追っかけていくしかないと思いますが、良い決算が続いており、この調子であることを期待したいです。

・PSRは平均からやや高めといったところでしょうか。

f:id:reostock:20210821183806p:plain

2021/8/21