reostockのブログ

資産運用などなど

$CRWD 銘柄分析

サイバーセキュリティ銘柄であるCRWDについて考察していきます。

 

○事業内容

・まとまったサイトを発見したので引用。

note.com

kysu.jp

 

○市場

・サイバーセキュリティ市場は10-15%程度のCAGRでの成長が見込まれています。

www.grandviewresearch.com

www.mordorintelligence.com

www.marketsandmarkets.com

www.globenewswire.com

www.fortunebusinessinsights.com

・いくつかサイトを調べてみたのですが、サイバーセキュリティという括りだとCRWDの占める割合は2.3%程度のようです(いつのデータなのか不明ですが)。

https://www.datanyze.com/market-share/ep--359/crowdstrike-market-share

・一方で、Endpoint securtyにおいては1位のmarket shareを獲得したとの報告もあります。

www.crowdstrike.com

 

○決算

f:id:reostock:20210724175109p:plain

2022年Q1に関しても

f:id:reostock:20210724175516p:plain

f:id:reostock:20210724175829p:plain

f:id:reostock:20210724175907p:plain

f:id:reostock:20210724175945p:plain

f:id:reostock:20210724180013p:plain

video-b.com

makitani.net

サブスクリプションを契約している企業数も順調に伸びており、ARR/NRRも問題なし。

 

○2022年Q1のEarning callより(DeepLで翻訳)

Maria Riley

本日はお忙しい中、ご参加いただきありがとうございます。

この電話会議には、CrowdStrikeの社長兼最高経営責任者(CEO)であり、共同創設者でもあるジョージ・カーツと、最高財務責任者CFO)のバート・ポドベアーが参加しています。

まず始めに、この電話会議で発表された、当社の将来の計画、目標、成長、および2022年の第2四半期および会計年度の見通しを含む期待される業績など、歴史的事実ではない一部の記述は、1995年米国私募証券訴訟改革法の意味における将来の見通しに関する記述であることをお断りしておきます。

これらの将来の見通しに関する記述は、この電話会議の日付時点での当社の見通しを示すものです。将来の見通しに関する記述は合理的であると考えていますが、現時点での予測に基づくものであり、リスクや不確実性を含んでいるため、実際の結果は大きく異なる可能性があります。当社は、新しい情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、将来見通しに関する記述を更新または変更する義務を負うものではなく、その義務を明示的に否認します。

当社の業績に影響を与える可能性のあるこれらの要因およびその他の要因に関する詳細な情報は、当社がSECに提出する四半期報告書および年次報告書の「リスク要因」の項を含め、当社が適宜SECに提出する書類に記載されています。また、特に明記されていない限り、収益を除く、この電話会議で議論されるすべての財務指標は非GAAP基準です。

当社がNon-GAAP財務指標を使用する理由についての説明、およびGAAPとNon-GAAPの結果を示す調整表は、当社のプレスリリースに掲載されています。プレスリリースは、当社の投資家向けウェブサイトir.crowdstrike.comまたは本日SECに提出したForm 8-Kでご覧いただけます。

また、最近のHumio社の買収を考慮して、経営陣はガイダンスの前提条件に追加情報を提供することになりますのでご注意ください。このような追加情報を継続的に提供するつもりはありません。

それでは、ジョージに電話をおつなぎします。

George Kurtz

マリア、本日はお集まりいただきありがとうございます。

当社は優れた第1四半期を提供し、2022年度はCrowdStrikeにとって記録的なスタートとなりました。昨年の画期的な業績を受けて、第1四半期は好調なスタートを切り、期待以上の結果を残すことができました。

事業の複数の分野で力強さを発揮し、1億4380万ドルの純新規ARRを追加し、最終ARRは74%増の11億9000万ドルを超えました。業績の詳細についてはバートが説明しますが、私からは3つのポイントに絞ってお話します。

まず、お客様が信頼できるセキュリティクラウドプラットフォームとしてCrowdStrikeを利用するケースが増えています。このプラットフォームをコアプロテクション以外にも拡張していく中で、クラウドワークロード、ITオペレーション、そしてDevOpsへの展開に強い勢いを感じています。当社のプラットフォームには19のモジュールがあり、お客様は簡単にエージェントを統合して負債を減らすことができます。

次に、当社のリーダーシップは、お客様だけでなく、Gartner社やForrester社などの業界アナリストにも認められています。当社の成長ブランドは、サイバーセキュリティのゴールドスタンダードとなっており、これが、急速に拡大している広範な顧客基盤、垂直市場への深い浸透、そして当社の強力な財務的成功につながっています。

3つ目は、デジタルおよびセキュリティの変革、クラウドの導入、継続的な脅威の高まりなど、世俗的なトレンドに後押しされ、需要環境が堅調であることです。これには、過去2年間に見られたランサムウェアの大量流入や、これらの攻撃による業務への影響などが含まれます。これらのダイナミクスが、CrowdStrikeに長期的な持続的成長のための走路を提供すると信じています。

では、これらのトピックについて、より詳しく説明しましょう。脅威の状況が激しく、日々激化していることは、現在のヘッドラインを見れば一目瞭然です。SUNBURST、パイプラインやインフラへの攻撃、Microsoft Exchangeのゼロデイ脆弱性など、注目を集めている情報漏えいや脆弱性は、ほんの一例に過ぎません。脅威の主体は豊富なリソースを持ち、さらに巧妙化しています。同時に、Ransomware as a Serviceのサイトでは、初心者のE-criminalsでも成功して儲かるキャンペーンを簡単に実行できるようになっており、それがランサムウェアの活動の拡散につながっています。

2020年のCrowdStrike Global Security Attitude Surveyでは、世界中の調査対象組織の半数以上が、過去12ヶ月以内にランサムウェアの攻撃を受けたことがあると回答しています。同時に、どこでも仕事ができるようになったり、重要なアプリケーションやワークロードをクラウドに移行するなど、進化するビジネスニーズに対応するために、企業はビジネスを変革する必要があります。これらの要因はいずれも、当社の脅威の状況を指数関数的に拡大し、侵害のリスクを高めます。

今日の脅威環境は、世界中の組織が、デジタル資産、アイデンティティ、コア・インフラを保護するために、セキュリティを変革し、ゼロトラスト・アーキテクチャを採用する必要性を浮き彫りにしています。

最近の攻撃から得られた教訓は、従来の技術や十分だと思われている次世代技術が今日の敵対者に対抗できないことを強調しており、これらのベンダーの間で信頼の危機が生じているのに対し、CrowdStrikeは信頼されるリーダーとして登場しました。

CrowdStrikeのミッションである「侵入を阻止する」ことは、かつてないほど重要な意味を持っています。Falconプラットフォームは、世界中の企業のセキュリティ態勢に信頼を取り戻すための震源地となっています。Falconプラットフォームに脅威インテリジェンスと脅威ハンティングが統合されたことで、敵対者とその活動方法に関する深い洞察が得られます。

Falconプラットフォームの広範な機能は、CrowdStrikeをレガシーベンダーや次世代ベンダーから大きく引き離しています。これには、PreemptとHumioの買収も含まれています。企業は、アクティブディレクトリの保護を強化し、横方向の動きを阻止し、単一のデータレイヤーからエンドポイント、アイデンティティ、アプリケーション、ネットワークエッジ、クラウドを検索して、さらに大きなリアルタイムの可視性を得るための新しい方法を探しているので、これほどタイムリーなことはありません。

お客様は、アイデンティティベースの攻撃を活用し、標的となる環境内で横方向に移動する脅威アクターに対抗するために、ゼロトラストソリューションにますます注目しています。当四半期には、フォーチュン500にランクインしているハイテク素材・機器メーカーの自動車製造業のグローバルリーダーや、IT管理ソフトウェアのプロバイダー、地方自治体など、複数のファルコン・ゼロトラスト案件を獲得しました。

さらに、ログ管理に関しては、企業は、セキュリティ、信頼性、スケーラビリティ、スピード、リアルタイムクエリなどの特性を備えたテクノロジーを、コスト効率の高い方法で求めています。

3月にHumio社を買収したばかりですが、お客様の関心は非常に高いです。そして第1四半期には、金融サービス、テクノロジー、法執行機関など、複数の業界ですでに新しい取引を確保しました。

Humio社の新規顧客として注目したいのは、フォーチュン500社の企業です。この企業では、複数のレガシーなオンプレミス型ログ管理製品を使用して、セキュリティおよび開発チーム全体のさまざまなユースケースを管理していました。

複数の製品を使用する複雑さに加えて、この企業はデータ取り込みコストの増加に悩んでおり、コストを削減し、可視性を高め、導入が簡単なクラウドベースのソリューションへの移行を検討していました。この企業は、この分野の主要な競合他社の中からHumio社を選びました。

Humioが選ばれた理由は、評価したどの競合製品よりも、インデックスフリーのインジェスト機能、より速い検索速度、カスタマイズ可能なダッシュボードにより、自動化の中でより大きなインサイトを得ることができるからです。このお客様は、毎日3テラバイトのデータインジェストのニーズを1つのソリューションで満たすことができるようになり、クラウドのスピードとスケールでデータを最大限に活用できるようになりました。

創業以来、イノベーションの推進はCrowdStrikeのミッションの中核をなしています。その結果、当社はクラウドエンドポイントセキュリティの先駆者となり、データをワークロード保護にまで拡大しました。CrowdStrikeは、アイデンティティ、XDR、ログ管理など、複数の市場にまたがる19のモジュールを含むプラットフォームにおいて、断固とした集中力と卓越性への妥協のないコミットメントにより、信頼されるリーダーの地位を確立しています。

当社の製品全体でイノベーションを推進し、お客様にとってより良い結果を迅速にもたらす新機能を市場に投入することは、今後も最優先事項です。5月には、ファルコンフュージョンを発表しました。ファルコンフュージョンは、統一された拡張可能なクラウドスケールフレームワークで、使いやすいカスタムオートメーションを提供し、企業のセキュリティワークフローを簡素化し、セキュリティチームがより少ないリソースで、より高い精度とスピードで現実の問題を解決できるようにします。

また先日、FalconプラットフォームとGoogle Cloudのセキュリティ製品群との一連の製品統合を通じて、Google Cloudとのパートナーシップを拡大することを発表しました。これらの統合により、セキュリティチームやデブオプスチームは、クラウドやハイブリッドのデプロイメントにおける脅威分子の可視性を高め、より迅速に対処することができるようになります。

お客様が当社のクラウドワークロードプロテクションやクラウドセキュリティポスチャーマネジメントを採用し始めたことで、GCPセキュリティスイートとの統合に対する需要が加速しています。Google社とのパートナーシップにより、GCPを標準化しているお客様や、ハイブリッドクラウド戦略を採用しているお客様に、さらなる価値を提供し、採用していただけるものと確信しています」と述べています。私たちは、クラウド・セキュリティ・ポスチャー・マネジメント・モジュールであるFalcon Horizonの新機能を発表することで、クラウド・リーダーシップの地位を引き続き拡大していきます。

これらの新機能により、セキュリティチームは、単一のクラウドベースのコンソールから複数のクラウド環境を容易に管理および保護することができます。業界をリードするCrowdStrikeの脅威インテリジェンスを搭載したFalcon Horizonは、クラウドコントロールプレイに対する脅威のIOAを使用した行動検知を提供する最初のCSPMソリューションです。Horizonは、AWSとAzureの組織のクラウド・アカウント、サービス、ユーザーを対象とした継続的で詳細なコントロール・プレーンの脅威検知のために、敵対者に焦点を当てたアプローチを利用しています。

ファルコン・プラットフォームの拡大とブランド・リーダーシップの成長により、急速に新規顧客を獲得し、業界のアナリストやパートナーからも絶大な支持を得て、好調な業績を達成することができました。

私たちは、複数の著名な情報源から、業界で強い評価を得ています。直近の成果としては、「2021 Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms」において、再びリーダーのポジションを獲得しました。このレポートでは、当社は単にリーダーのクアドラントに入っているだけではなく、CrowdStrikeが最も右に位置していることから、Completeness of Vision(ビジョンの完全性)においてもリードしています。マジック・クアドラントでの当社のポジションは、当社が競合他社から明確に切り離されていることを示しており、実行、戦略、革新、ビジョンにおいてレガシーおよび次世代の競合他社を上回り続けるリーダーとして、希少な領域にいることを示していると考えています。

また、Gardner社の「Critical Capabilities for Endpoint Protection Platforms」レポートでは、Lean Forward(リーンフォワード)組織に対して最高得点を獲得しています。

同様に、Forrester Research社の「Forrester Wave Q2 2021」レポートでは、エンドポイント・セキュリティのsoftware-as-a-serviceのリーダーとして、CrowdStrikeが選出されました。また、同レポートの17の基準において、最高得点を獲得しました。また、Forrester Wave Q1 2021の「Managed Detection and Response」および「External Threat Intelligence Services」の両レポートにおいてもリーダーに選出されました。

また、2021年のSC Awardsでは、最優秀クラウドコンピューティングセキュリティソリューションおよび最優秀マネージドセキュリティサービスとして評価され、サービス担当社長兼最高セキュリティ責任者であるショーン・ヘンリーが、「Security Executive of the Year」を受賞しました。

ファルコンは、MITRE ATT&CK評価の全20ステップで100%の検知率を達成し、当社プラットフォームの有効性をアピールしました。そして最後に、ファルコンのプラットフォームは、2021年3月から4月までのAV Comparatives Business Real-World Protection Testにおいて100%の保護率を達成し、独立したテスト機関であるSE LabsのQ1 Enterprise Endpoint Protection Evaluationにおいて最高のAAA評価を獲得しました。

当社は、有効性が証明された強力な実績を継続していることを誇りに思っています。業界で高く評価されている評価に参加していることは、侵害を阻止し、お客様の透明性を高めるための当社の取り組みを示すものです。当社のコミットメントの重要な部分は、当社のソリューションを継続的にテストし、その機能を検証し、改善の機会を見つけることです。残念なことに、いわゆる次世代プレーヤーを含め、このような公開テストに参加しないベンダーもあります。このような精査の欠如は、透明性を高めることで利益を得るすべてのお客様にとって大きな不利益となります。

CrowdStrikeが業界で高く評価されていることは、クラウド・ネイティブ・プラットフォームの力によって、組織がセキュリティの変革を受け入れ、洗練された敵を阻止するという我々のビジョンを証明していると考えています。また、パートナーエコシステムが急速に拡大していることも、当社がリーダーとしての地位を高めていることを示していると考えています。

4月のウェビナーで説明したように、当社のパートナーソースのARRは、2021年度に86%増加しました。パートナーの皆様は、新規顧客の獲得につながるマーケットリーダーに惹かれるのは当然のことです。同様に、お客様に選ばれることで、パートナーコミュニティ内でのベンダーの知名度が向上します。当社のリーダーシップは、あらゆる規模のパートナーとの強力なエンゲージメントを促進し、取締役会やCIOを含む最高レベルの人々の間で当社の存在感を高めることに貢献しています。

数週間前に発表したように、私たちは信頼できる業界のリーダーであるEYとの提携を強化しました。ファルコンは現在、EYが推奨するサイバーセキュリティ・プラットフォームの一つとなっています。今回の提携拡大により、新たな地域への進出や、3つの新しい共同提供が可能になりました。これらの新しいオファリングでは、EYのコンサルタントを活用してCrowdStrikeのサブスクリプションの売上を促進することを期待しています。これは、2019年2月1日以降に初めてプロフェッショナルサービスの顧客となった組織において、最初のインシデントレスポンスまたはプロアクティブサービスのエンゲージメントに費やされた1ドルにつき平均5.51ドルのサブスクリプションARRを促進した、当社のプロフェッショナルサービスチームの活用方法と同様です。

さらに、Zscaler社とのパートナーシップは、両社が技術面と商業面での関係に投資することで深化を続けています。当四半期には、Zscaler社との間で複数の新しい技術統合を発表しましたが、Zscaler社がCrowdStrikeの顧客になったことも報告したいと思います。

さらに、当四半期の重要な受注のひとつは、Zscalerとの技術提携によってもたらされたものです。フォーチュン100社に選ばれたこの保険会社は、デジタルトランスフォーメーションの推進とセキュリティの強化のためにCrowdStrikeを選択し、4つのレガシーベンダーと次世代ベンダーのパッチワークを置き換えました。ファルコンは、複数のエージェントを統合し、パフォーマンスを向上させ、クラウド環境のエンドポイントを1つのエージェントで保護できる点が評価され、これらの既存ベンダーを置き換えるためにマイクロソフトを抑えて選ばれました。

最も重要なのはお客様の声であり、お客様は信頼できる記録的なセキュリティプラットフォームとしてCrowdStrikeをますます利用するようになり、当社のリーダーシップが証明されています。第1四半期には、サブスクリプションのお客様が10,000人を突破し、新たな節目を迎えました。当四半期には、Humio社から獲得した顧客を含め、1,524社の新規顧客を獲得しました。当四半期の既存顧客数は、前年同期比で69%増加しました。これにより、全世界で11,420社のお客様にサービスを提供できるようになりました。当社は、あらゆる規模、業種のお客様を獲得しており、市場全体の成長は非常に多様です。

第1四半期は、公共部門の需要が大きく、米国連邦政府の民間および防衛関連の案件を複数獲得したほか、最大手のヘルスケア機関との取引を拡大しました。特に、ホワイトハウスのサイバーセキュリティに関する大統領令に示されているように、国家のサイバー防御を強化することに新たな焦点が当てられていることを考えると、これらの顧客の中で長期的に拡大していくことができると確信しています。

このようなペースで、あらゆる規模や業種の企業に顧客を増やしていくことは容易なことではありません。当社の市場開拓エンジンは、市場で見られる強い需要をつかむためにあらゆる面で実行しており、より多くのお客様が自社のセキュリティ態勢に対する信頼を回復できるよう支援していきたいと考えています。これまでに行ってきた、プラットフォームのフリクションレスな展開や、トライアル・トゥ・ペイやアプリ内トライアルなどのフリクションレスな販売活動への投資は、かつてないほど重要なものとなっています。また、AWSやEYなどの有力なパートナーとの強力なパートナーエコシステムについても同様のことが言えます。

これらの利点は、導入の障壁を最小限に抑え、リーチを拡大し、販売プロセスを短縮することで、競合他社に対する優位性をもたらしていると考えています。次世代の競合他社が複雑な販売プロセスやラボからの拡張が困難な複雑なデプロイメントに苦労しているのに対し、当社は他のどのベンダーよりも早く市場の要求に応えることができると確信しています。信頼できるセキュリティパートナーとしての当社のリーダーシップの高まりは、モジュール導入の継続的な成功にも表れています。当四半期において、4つ以上のモジュール、5つ以上のモジュール、6つ以上のモジュールを採用したサブスクリプション顧客は、それぞれ64%、50%、27%に増加しました。

当社は、新規および既存のお客様を問わず、より多くの顧客資産をカバーするためにフットプリントを拡大しています。これには、Falcon Cloud ランタイムプロテクション、Zero Trust、Humio などの新しい技術の採用も含まれます。

前四半期には、新たに発売したクラウド・ワークロード・モジュールのARRが2倍以上になりました。クラウド全体のフットプリントも急速に拡大しており、保護している全サーバーの20%以上がパブリッククラウドに設置されています。また、デブオプス機能も拡大しており、デブオプス環境での販売も成功しています。これは、お客様が攻撃対象を減らし、クラウドセキュリティポスチャー管理と侵害防止を統合するための支援を続けているからです。

ここで、Falconプラットフォームのパワーがどのようにして戦略的な顧客獲得につながったかを示す、いくつかのお客様の例をご紹介します。第1四半期の案件では、クラウド・ネイティブなエンタープライズ・データ企業であるCloudera社との取引拡大がありました。Cloudera社は、機械学習と分析を用いてインサイトを提供する企業です。Cloudera社は、効果的なセキュリティが業務に不可欠であると考え、数年前から従来のエンドポイントにCrowdStrikeを導入しています。CrowdStrike Falconプラットフォームをさらに活用してエフェメラルなクラウド環境を保護するために、Cloudera社はFalcon Horizon、Cloud Workload Protection、Discover for Cloud and container、Falcon completeのフルマネージドソリューションを購入し、手間のかからないフルマネージドソリューションを提供しました。

次にご紹介するのは、Fortune 150の多国籍製造企業様です。Microsoft Defenderの導入を1年以上試みましたが、その複雑さのレベルと煩雑なエージェントに不満を感じ、結果的に保護されているエンドポイントは3分の1にも満たない状態でした。その上、最近発生したMicrosoft Exchangeのゼロデイ脆弱性により、潜在的な侵害のリスクにさらされており、Microsoftが問題を完全に解決するためのパッチを提供するまで、数ヶ月待たなければなりませんでした。そこで、CrowdStrike社に注目しました。CrowdStrikeは、再起動を必要としない軽量のエージェントを使用しているため、ファルコンは導入が容易で、迅速かつ効果的であることがわかりました。その結果、5つのモジュールを購入し、数週間のうちにグローバルに展開しました。

最後にご紹介するのは、ヘルスケアサービスプロバイダーのお客様です。このお客様は、SentinelOneを導入したものの、センサーのアップデートによる障害が何度も発生し、重要な業務に影響を及ぼしたため、SentinelOneの導入を早急に中止しようとしていました。SentinelOneの拡張性のなさ、手動更新の必要性、継続的なクラッシュに不満を感じていたこのお客様は、Carbon BlackやPalo Alto Networksなどのプロバイダーの中からCrowdStrikeを選びました。Falconは、その使いやすさ、摩擦のない迅速な再起動不要の展開により、競合他社を圧倒しました。Spotlight、Horizon、Discover for Cloudとコンテナを含む8つのモジュールを購入したFalconは、従来のエンドポイントのマルチOSエステートと、これまで保護されていなかったクラウドワークロードを保護しています。

要約すると、Falconがリーダーとしての地位を獲得し、レガシーベンダーと次世代ベンダーの両方に対して速いペースで顧客を獲得している基本的な理由は以下の通りです。ファルコンのプラットフォームは、クラウドとAIの力を最大限に活用して侵入を阻止し、コミュニティに免疫力を与えることができること、他の次世代ベンダーがスケールアップできずリブートを必要とするのに対し、当社の軽量エージェントは再起動を必要とせずにエンドポイントとワークロードの両方に簡単かつ迅速にスケールアップして展開できること、当社のプラットフォームは使いやすく、単一のユーザーインターフェースですべてを簡単に管理できること、そしてクラウドの力を活用してデータを一度だけ収集し、多くの現実のビジネス上の問題を解決することで、お客様により良い結果と即時のROIをもたらすことができることです。

スレットグラフと、データをリアルタイムでクラウドに流す機能は、CrowdStrikeならではのものだとお客様は認識しています。これは、データをサイロ化したり、データを遅れたバッチでアップロードする新興企業を含む他のベンダーとは大きく異なります。

オンプレミスのソリューションを持っているベンダーは、現状ではクラウドの力を十分に活用できません。CrowdStrikeは、1つのデータストアで、顧客全体のデータをほぼ瞬時に分析し、リアルタイムの保護、コミュニティの免疫力、AIアルゴリズムのより良いトレーニングデータを提供します。これにより、当社の競争力のある堀を深めることができます。

旺盛な需要環境は、劣悪なテクノロジーにとって一時的な生命線となるかもしれませんが、競合状況を見ると、当社のリーダーとしての地位にこれ以上ないほどの自信を持っています。当社のようなビジョン、プラットフォーム、規模、実行力を持つベンダーは市場に存在しません。信頼のおけるセキュリティプラットフォームとしての当社のリーダーシップと堅調な財務実績は、CrowdStrikeがイノベーションに取り組み、お客様を守り、セキュリティ業界を変革してきたことの証しです。私は、CrowdStrikeのすべての従業員に感謝したいと思います。

それでは、バートに電話を回し、当社の財務状況について詳しく説明してもらいます。

Burt Podbere

ジョージ、ありがとうございます。念のため申し上げますが、本日の私の講演で述べた収益以外の数値は、特に断りのない限り、すべて非GAAPベースです。

始める前に、本日発表する業績にはHumio社の買収が含まれていることをお伝えします。皆様のモデルを支援するために、第1四半期におけるHumio社の影響に関する一部の詳細をお伝えします。ただし、これらの詳細を継続的に開示するつもりはありません。

Humio社から獲得した純新規ARRは約360万ドルで、これは本日発表の最終利益と純新規ARRの両方に反映されています。また、Humio社の買収により、当四半期には119社の新規顧客を獲得しました。当四半期中に買収が完了し、繰延収益に関連する公正価値購入会計の調整の影響を考慮すると、Humio社からのGAAPベースの収益の計上は、当四半期の業績にほとんど影響を与えませんでした。また、この買収により当四半期の営業費用は約500万ドル増加しましたが、これは四半期の費用の約2ヵ月分に相当します。

次に業績について触れます。第1四半期は、非常に優れた業績を達成しました。第1四半期の規模の大きな成長に加え、非常に高いユニットエコノミクスを維持し、レバレッジを効かせ、資本効率を維持することで、記録的な営業キャッシュフローとフリーキャッシュフローを生み出しました。さらに、SaaS業界の基準であるRule of 40を大幅に上回るRule of 80を達成するなど、高水準の業績を維持しています。

当四半期の需要は、事業の複数の分野における好調さに支えられた広範なものでした。前四半期と同様、当社のソリューションに対する需要は、新規顧客と拡張事業、大企業と中堅・中小企業の間でバランスよく配分されました。当四半期も記録的なパイプラインを達成し、将来の成長に向けた強固な基盤を築くことができたと考えています。

当四半期のARRは、前年同期比74%増の11億9,000万ドルに達しました。過去12ヶ月間でARRは5億ドル以上増加しています。当四半期は、新規顧客の迅速な獲得および既存顧客の事業拡大が大幅な成長をもたらし、新規ARRは再び1億4,380万ドルとなりました。また、ドルベースの純継続率は、今回も120%を超えました。

損益計算書に移ります。総売上高は前年同期比70%増の3億280万ドルとなりました。サブスクリプション収入は、前年同期比73%増の2億8,120万ドルとなりました。プロフェッショナル・サービスの売上は2,160万ドルで、3四半期連続で新記録を達成し、前年同期比で36%の成長となりました。

第1四半期の業績を地域別にみると、米国および国際市場で引き続き力強い成長が見られました。米国での収益成長率は70%に増加し、第1四半期の収益の約73%を占めました。売上高の約14%は欧州・中東・アフリカ市場から、約10%はアジア太平洋地域から、約3%はその他の市場から得られたものです。

当社は引き続き、持続的な成長と魅力的な利益率を伴う長期的なビジネスの構築に注力しています。第1四半期は、グローバル展開やクラウドプラットフォームへの投資を拡大する中で、SaaSモデルの強力な営業レバレッジスケールメリットを認識しました。

第1四半期の非GAAPベースの売上総利益率は77%で、前年同期から約150ベーシスポイント上昇しました。サブスクリプションの非GAAPベースの売上総利益率は、前年同期の78%に対し、79%となりました。引き続き、サブスクリプション売上総利益率の高い実績に満足しています。売上総利益率は四半期ごとに変動することが予想されますが、2025年度に向けて増加したターゲットモデルの範囲である77%から82%以上の範囲内で堅調に推移するものと見込んでいます。

第1四半期の非GAAPベースの営業費用総額は、前年同期の1億3,300万ドル(売上高比75%)に対し、2億290万ドル(売上高比67%)となりました。計画通り、当四半期は新技術、海外地域、マーケティングプログラムへの投資を増やすなど、事業への積極的な投資を継続しました。現在行っている投資は、長期的には持続的な成長につながり、信頼できるセキュリティパートナーとして選ばれるためのポールポジションを維持できると考えています。

効率的にビジネスを拡大することは引き続き最優先事項であり、そのためにマジックナンバーを含むユニットエコノミクスに徹底的に取り組んでいます。当四半期のマジックナンバーは1.4で、前四半期よりも増加しました。

第1四半期の非GAAPベースの営業利益は2,980万ドルで、営業利益率は前年同期比で9%ポイント改善し、10%に達しました。CrowdStrikeに帰属する第1四半期の非GAAPベースの純利益は2,330万ドル、希薄化後の1株当たりの利益は0.10ドルでした。CrowdStrikeに帰属する第1四半期の非GAAPベースのEPSの計算に使用された当社の加重平均普通株は、希薄化ベースで合計2億3,700万株でした。

当四半期は、強固なバランスシートを維持して終了しました。現金及び現金同等物の合計は約16億8,000万ドルでした。これは、Humio社を買収するために投資した3億5,200万ドルの純現金対価を考慮したものです。第1四半期の営業キャッシュフローは1億4,750万ドル、フリーキャッシュフローは1億1,730万ドル(売上高の39%)となり、両指標で新記録を達成しました。なお、第2四半期は、費用の発生時期、新規採用の季節性、および年央のESPPの購入を考慮すると、通常、キャッシュフローが最も少ない四半期となります。

次に、ガイダンスについて説明します。当社は、当社製品に対する需要、記録的なパイプライン、および当社の成長を促進する強力な世俗的傾向について、引き続き楽観的な見方をしています。当社事業の成長要因に加え、第1四半期の優れた業績と第2四半期の勢いを考慮し、2022年度のガイダンスを上方修正します。終端ARRや新規ARRを具体的に示すものではありませんが、第1四半期の優れた業績から、第1四半期から第2四半期にかけて新規ARRの季節性は例年に比べて少なくなるものと見込んでいます。また、昨年の第2四半期の新規ARRには、当社史上2番目に大きな案件が含まれており、ARRへの貢献度は8桁台前半でした。

FY22.2Qの総売上高は、前年同期比60%から63%増の3億1,830万ドルから3億2,440万ドルの範囲になると見込んでいます。非GAAPベースの営業利益は2,630万ドルから3,070万ドル、CrowdStrikeに帰属する非GAAPベースの純利益は1,770万ドルから2,210万ドルの範囲になると予想しています。希薄化後のCrowdStrikeに帰属する非GAAPベースの1株当たり純利益は、加重平均株式数2億3,800万株を利用して、0.07ドルから0.09ドルの範囲になると予想しています。

2022年度通期の総売上高は、前年度比54%から56%の成長率で、13億4,700万ドルから13億6,570万ドルの範囲になると見込んでいます。非GAAPベースの営業利益は1億1,570万ドルから1億2,960万ドルを見込んでいます。CrowdStrikeに帰属する2022年度の非GAAPベースの純利益は、8,310万ドルから9,700万ドルになると予想しています。希薄化後の加重平均株式数2億3900万株を利用した場合、CrowdStrike社に帰属する非GAAPベースの1株当たりの純利益は0.35ドルから0.41ドルの範囲になると予想しています。

ジョージと私が皆さんの質問をお受けします。

Saket Kalia

なるほど、素晴らしい。私の質問に答えてくださってありがとうございます。ジョージは、準備されたコメントの中で、特に事業のクラウドポートフォリオの部分で、多くの素晴らしいサンプルを獲得されました。いくつかのツールについてはまだ初期段階であることをご理解いただきたいのですが、パブリッククラウドのワークロードにサードパーティ製のセキュリティツールを使用することへのお客様の意欲や、パブリッククラウドにおけるファルコンの競争力についてのご意見をお聞かせいただけますでしょうか。

George Kurtz

サケット、よろしくお願いします。お客様は当社の技術をとても喜んで使ってくださいます。何度もお話ししているように、お客様は1つのクラウド・プロバイダーだけでなく、複数のクラウドにまたがる総合的なソリューションを求めています。企業内だけでなく、クラウド環境でも可視化と保護を実現できる単一のエージェントを求めているのです。

また、使用意欲という点では、非常に競争力のある製品だと思います。我々は、ワークロードがドリフトしたり、コンテナがドリフトしたりした場合のドリフト検知など、機能をどんどん追加していますが、これはdevopsチームにとって本当にありがたいことです。そのため、このグループへの販売には多くの時間を費やしました。その結果、多くの支持を得ることができました。先に述べたように、当社のクラウド技術の多くは、必ずしも新製品ではありませんが、特にHorizonのような製品は、実際に市場に出す前に社内で使用するために作ったものです。

つまり、一般的には、クラウドの分野では新規参入が可能なのです。競合他社はあまりなく、既存の技術を駆逐しなければなりません。私たちは、この分野での勢いをとても楽しみにしています。

Saket Kalia

ありがとうございます。ありがとうございました。

Sterling Auty

はい、ありがとうございます。ジョージは、クラウドの分野にも興味があります。この分野は、クラウド・セキュリティ・スタックを構成するさまざまなピースを理解するのに苦労している人が多いと思います。クラウドストライクは今後、どのようなピースを提供していくのでしょうか。どこと提携するのでしょうか?また、どの部分を業界の他の企業が提供するのでしょうか?

George Kurtz

ネットワーク・コンポーネントとワークロード・コンポーネントを分けて考える必要があります。また、仮想ファイアウォールやネットワーク技術を持っているプレイヤーは他にもいます。私たちは実際にそれを提供しているわけではないので、それを切り離す必要があるのです。ワークロード、コンテナ、仮想インスタンスに特化して、我々はランタイムで保護する機能を持っています。

つまり、通常の環境で行っているのと同様に、機械学習やビヘイビア技術を用いて脅威を特定し、それを防ぐことができるのです。また、データ(EDRデータ)を理解し、ストリーミングする機能もあります。そして、クラウドのセキュリティポスチャー管理もあり、そのインフラの設定を行うことができます。通常の企業環境と異なるのは、クラウドでは顧客がインフラを管理していないため、ほとんどがポリシー設定によって設定されていることです。そして、そのような設定の多くは、うまくいかなかったり、誤った設定をしてしまう可能性があります。

そこで私たちは、ポリシーやインフラの設定、ワークロードの保護、さらにはコンテナの設定を理解して、脆弱性やドリフトがないかどうかを把握しています。ワークロード保護に関しては、お客様が必要とされる保護機能をすべて網羅していると考えています。

Sterling Auty

なるほど、そうですね。ありがとうございます。

Matt Hedberg

こんにちは、私の質問に答えてくれてありがとう。好調な第1四半期を迎えられておめでとうございます。ジョージ、あなたは11,000以上の顧客を持っていますが、顧客数の増加に加速がついていますね。印象的なのは、前回の決算発表では、まだ初期段階にあり、顧客数を10倍にできる可能性があるにもかかわらず、グローバルなビジネスチャンスに完全に浸透していないように見えたことです。そこで、次の10,000人を獲得するための戦略について、大まかにお話しいただけないでしょうか。最初の1万人と比べて、どのような変化があるでしょうか。また、シェア拡大の最大のチャンスはどこにあるとお考えですか?

George Kurtz

これまでにもお話してきたように、当社は非常に優れたセールスマシンを構築してきました。トライアル・トゥ・ペイ、アプリ内トライアル、顧客ベースへのクロスセルのための摩擦のない方法の開発などは、私たちの活動にとって非常に重要です。

次の1万台、あるいはその先のことを考えると、あなたがおっしゃるように、1万台、1万1,000台は素晴らしいことだと思います。しかし、他の競合他社を見てみると、何年も前から何十万人もの顧客を抱えています。だからこそ、将来的にはその分野で活躍できると考えています。そしてそれは、非常に効率的な市場参入のための動きにつながると思います。バートは、当社のマジックナンバーである1.4について語りました。これは、Falconプラットフォームの後ろに、あるいはその下に、Eコマースプラットフォームを構築したという事実と結びついています。

このプラットフォームは、それ自体が売れるように設計されており、新規顧客を獲得するために、デジタル、トライアル、ペイ、そしてコンバージョンに多くの時間を費やしています。小規模なお客さまであれ、エンタープライズの大規模なお客さまであれ、一度ドアを開けてしまえば、クレジットカードでコンバージョンすることはできませんが、大規模なお客さまであれば、セールスチームやパートナーと連携して取引を成立させることができます。AWSGCP、EYのように、私たちはパートナーネットワークを拡大してきました。このように、我々が構築したフライホイールと、プラットフォームに組み込まれたスケーラビリティ(販売の拡張性)については、非常に満足しています。

Matt Hedberg

どうもありがとうございました。

Shaul Eyal

ありがとうございます。皆さん、こんにちは。好調な業績にお祝いを申し上げます。ジョージまたはバート、1,500社以上の新規顧客について、Humio社を除いた場合でも、中堅企業が多いのか、それともハイエンド企業が多いのか、概要を教えてください。また、現在導入されているモジュールの平均的な数を大まかに言うと、新規顧客1社あたり3つ、あるいはそれ以上でしょうか。

Burt Podbere

シャウル、君の声が聞けてうれしいよ。では、まず質問の後半部分をお聞きします。1つ目は、新規のお客様が増えれば増えるほど、より多くのモジュールを導入していただいていることです。これは、お客様が購入できるモジュールの数が増えていることにもつながります。

2つ目は、新規顧客や新規ロゴの増加についてですが、明らかに、契約までの時間が短い中小企業や中堅企業からの増加が多いですね。しかし、良いニュースは、大企業レベル、中堅・中小企業レベルの両方で、全体的に案件を獲得していることです。

Shaul Eyal

ありがとうございます。

Brian Essex

質問をお受けいただきありがとうございます。ジョージさんは、準備されたコメントの中で、Zscaler社とのパートナーシップについて言及されていましたね。Zscalerは、あなたが彼らを大規模な投資銀行との取引に持ち込んだと言っていましたね。そしてここでは、彼らがあなたを保険取引に引き込んだと言っています。もしかしたら、もう少しテーマをさかのぼって、これらの取引の背景にある原動力を理解することができるかもしれません。エンド・ツー・エンド、つまりエンドポイントからネットワーク・セキュリティまでをカバーするゼロ・トラスト社との取引のためにお二人が協力されたのか、あるいは、これらのパートナーシップの背景にある市場動向や取引の推進力をよりよく理解するために役立つのではないでしょうか。

George Kurtz

お客様は、CrowdStrikeのような次世代エンドポイントワークロード技術プラットフォームと次世代ネットワーク技術の組み合わせを求めており、従来のPalo Alto Networksからの置き換えを模索していると考えています。そして、私たちは......あるいは他の人たちと一緒に過ごしました。現場で多くの時間を費やし、2つの組織の間で報酬構造を設定しました。これにより、双方の営業チームがお互いに助け合うようになり、現場では常に良い結果が得られました。そして、統合を行いました。ネットワークの外で何が起こっているかを理解しようと考えたとき、明らかに我々はネットワーク企業ではありませんが、その情報はFalconプラットフォームで提供することができます。そして、ネットワーク企業が持っている以上のエンドポイントに関する非常に大きな可視性を得ることができ、それはZscalerの顧客にとっても有益です。

この2つを組み合わせることで、より良いものになると考えています。巨大なホテル会社では、ZscalerとCrowdStrikeの両方を使用しています。これらの技術が一緒に機能するのを見るのは素晴らしいことで、私たちがこのような統合を行うことを大々的に支持してくれています。お客さまにとっても、双方にとっても良いことだと思っています。

Andrew Nowinski

素晴らしい。ありがとうございます。そして、今期も素晴らしい四半期となり、おめでとうございます。今期の新規ARRについてお聞きしたいのですが。第4四半期から第1四半期にかけて季節性がなく、少なくとも過去3年間で新規ARRが連続して減少しなかったのは初めてのことだと思います。過去には、AWSが新規ARRのかなりの割合を占めているという話があったと思います。今期もAWSがCrowdStrikeの通常の季節性を定義する重要な要因となったのでしょうか?

Burt Podbere

アンディ、こちらはバートです。私は、より広範な需要だと考えています。必ずしもAWSだけに集中しているわけではないと思います。素晴らしいニュースは、私たちが実質的に第1四半期に第2のQ4を提供したことです。あなたは私たちのことをよく知っていると思います。これは、私たちが長い間見てきたトレンドの継続だと思います。ジョージは、デジタルとセキュリティの変革、クラウドの導入、強固な脅威の状況などについて語ってくれました。そして、私たちは今、購買環境にいるのだと思います。だからこそ、このような好調な第1四半期を迎えることができて、本当に嬉しく思っています。しかし、繰り返しになりますが、これは幅広い需要に起因するものだと思います。このような情報をお寄せいただきありがとうございます。

Rob Owens

公共部門での成功例について詳しく説明してください。明らかに、ゼロ・トラストに向けた政権のコミットメントは高まっていますし、いくつかの成功例についても言及されています。あなたが見ている成功と、その機会がどれほど大きいのかを理解するのに役立ててください。ありがとうございます。

George Kurtz

ここでお会いできて光栄です。ホワイトハウスから出されたいくつかの命令を見ると、それはまるで、我々の戦略に沿ったものであり、我々の活動に沿ったものです。また、連邦政府は当社の技術から恩恵を受けることができ、これまでも恩恵を受けてきました。私たちは最初に民間機関に進出しましたが、それによってより広範な情報機関への橋頭堡を築くことができました。そのため、多くの認証を取得しましたが、これには時間がかかりました。これは、誰もが経験しなければならないプロセスです。私たちは、そのための努力と費用を惜しみません。そして、成功への準備が整ったと思っています。連邦政府の領域では、いくつかの素晴らしい成功例や大きな成功例がありました。この傾向は今後も続くでしょう。

連邦政府といっても、それは政府の一部分に過ぎません。もちろん、州や地方でも大きな成功を収めています。米国の多くの州がCrowdStrikeを採用していますし、多くの地方自治体やコミュニティも採用しています。ランサムウェアやその他の森林攻撃に見られるように、これらの地域では保護が不十分であり、CrowdStrikeのような技術が必要とされています。そして、それを実行するための人材もいないのが一般的です。そのため、プラットフォームの観点から、連邦政府、州政府、地方自治体には非常に満足しています。

Mike Walkley

やあ、ありがとう。そして、好調な業績にお祝いを申し上げます。ジョージさん、質問ですが、マカフィーエンタープライズ事業を売却したことで、イノベーションが不足し、レガシーソリューションに対する業界の懸念が高まっていると思います。レガシーベンダーからシェアを奪うことについて、どのような考えをお持ちなのか、お聞かせいただければと思います。また、最近のランサムウェアの攻撃によって、レガシーソリューションから自社製品への移行がどのように加速しているのかについてもお聞かせください。

George Kurtz

そうですね、いい質問ですね。私たちがシェアを奪い続けることができるかどうかについては、まだ序盤、あるいは2回目の段階だと思います。ちょうど今日、IDCが最新のエンドポイントセキュリティの世界市場シェアを発表しましたが、CrowdStrikeはマイクロソフトや他のレガシーベンダーを抑えて1位になりました。このように、私たちは現在の状況をとても良く思っています。しかし、先ほどお話したように、11,000社以上のお客様は素晴らしいのですが、世の中には大小さまざまな企業があり、私たちにはまだ多くの可能性があると考えています。このように、まだ始まったばかりですが、明らかに私たちが誇りに思う多くの進歩があります。

Alex Henderson

素晴らしい。ありがとうございます。最近、攻撃が多発しており、かなり目立ったものもあります。実際、バイデンがプーチンとの会談に臨む中、これらの攻撃の強さと速さはエスカレートしているように思われます。最近発生した攻撃への対応や、お客様への影響の有無という点で、どのセキュリティ企業にとっても最も重要な要素であると思いますが、御社のシステムの有効性について明確にしていただけないでしょうか。ありがとうございました。

George Kurtz

はい、ありがとうございます。用意したコメントの中から、当社の有効性と、テスト機関で得られた最新の結果を紹介しました。ここ2、3ヵ月間の結果をご覧ください。もちろん、これはその一部に過ぎません。侵入を阻止するためには、システム全体を見なければなりません。去年は確か6万5千件、いや7万5千件の不正侵入を阻止しました。つまり、この技術が機能することはわかっているのです。非常に高い効果があることもわかっています。MITRE ATT&CKでは、20の異なるグループで100%のカバー率でした。私たちが勝っているのには理由があります。技術は機能し、技術はスケールする。キルチェーン全体で対象物を捕らえるように設計されています。キルチェーンのある部分で何かがすり抜けても、次の部分でそれを捕捉し、侵入を阻止するように設計されています。これは私たちが最初から行ってきたことであり、これからも続けていくつもりです。

Jonathan Ruykhaver

ジョージさん、これはあなたのためのものだと思います。最近読んだガートナーの調査によると、多くの企業が上場・非上場を問わずログ管理サービスを提供しており、競争が激化しています。明らかに、ログはデータソースの豊富さと幅広さに貢献する重要なものです。ですから、EDRやXDRなどのアプリケーションにとって、ログが非常に重要であることは理解できます。しかし、今後の展望として、コモディティ化が進む中で、データ面での差別化をどのように維持していくのか、お考えをお聞かせください。

George Kurtz

どんな企業でも多くのデータを持っていますが、問題はそのデータをどう使うかという価値です。CrowdStrikeは、データを活用する能力を証明してきたと思います。それがAIアルゴリズムのトレーニングであろうと、実際に素早く検索してインサイトを得られる製品を作ることであろうと。当社のThreat Graphでは、セキュリティに特化したクラウド配信のエンドポイントとグラフト技術を開拓しました。

これは今後も継続していくと思います。Humioは、非常に高速で、非常に効率的で、インメモリーでインデックスフリーの素晴らしい技術を持っており、ロック側に存在するレガシー技術に比べてコストを削減することができます。この技術は、当社のXDR拡張戦略の重要な部分を占めています。また、お客様からは素晴らしいフィードバックをいただいています。私は、Humio社での大きな成功例をいくつか挙げました。現在取り組んでいるHumioの統合により、CrowdStrikeのデータ以外の情報を当社のデータプラットフォームやThreat Graphに取り込み、お客様に提供することができるようになりました。

結局のところ、市場には多くのマーケティング上のノイズがあるということです。しかし、私たちが持っているテクノロジーと、Humio社を買収した理由を実際に見てみると、私たちのプラットフォームに適した次世代のテクノロジーであると感じています。

Ittai Kidron

ありがとうございます。ねえ、みんな。素晴らしい四半期でした。クラウドの話に戻りたいのですが、ジョージさん、よろしいですか?クラウドのワークロードとHorizonについてお聞かせください。この2つの組み合わせは、どのくらいの頻度で解消されているのでしょうか。この2つの接続率は高いのでしょうか?アタッチ率に関しては、4~5、6のモジュールが非常に好調なのは明らかです。しかし、クラウド・ワークロード・プロテクションとホライゾンは、これら4、5、6のモジュールにどのくらいの頻度で含まれていますか?

George Kurtz

そうですね、今はもっと頻繁に行われていると思います。もちろん、Horizonは昨年の時点ではまだ当社のポートフォリオに加わったばかりの製品です。しかし、Clouderaが良い例だと思います。Clouderaは、従来のエンドポイントプロテクションに加えて、当社のクラウド技術を採用した企業です。このように、当社にはクロスセリングが可能な大きな基盤があり、それを活用しています。新しいお客様との会話では、クラウド上で何をしているのか、それをどのように保護しているのか、ということが重要になります。企業によっては、クラウドを導入するまでの期間や経路が異なる場合があります。また、社内やエンドポイントで行っていることと正確に一致しない場合もあります。しかし、中規模以上の企業では、セールスコールのたびに、当社のクラウド技術について話しています。それは、まさにプラットフォーム・プレイのことです。繰り返しになりますが、この2、3四半期の間に、クラウド技術は全体的に非常に大きな成功を収めています。発売してまだ1年も経っていませんからね。しかし、この分野での革新の速さと、実際にDEV OPSに販売する能力を見れば、この製品の将来性は非常に高いと感じています。

Gray Powell

この度は、素晴らしい結果を出されておめでとうございます。そうですね、ARRに注目してみましょう。第1四半期の新規ARRは1億4,400万ドルで、前年同期比で68%増、前年同期比で65%増となっており、非常に素晴らしい数字となっています。新製品の伸びのうち、コアのエンドポイントやEDR分野と、Humio、Preempt、脆弱性管理、ITオペレーションなどの新製品分野とでは、どのくらいの割合を占めているのでしょうか?

Burt Podbere

Gray、素晴らしい質問ですね。つまり、コア製品は依然として当社の売上の大半を占めているということです。従来のワークロードやエンドポイントプロテクション、検知、防御、OverWatchなどがその中心です。しかし、デバイスコントロールやIT管理のためのDiscover、Spotlightのような製品にも大きな支持が集まっています。このように、全体的に見て、企業は最初からより多くのモジュールを購入しています。それは、プラットフォームの価値やプラットフォームを使ってできることだけでなく、総所有コストにも価値を見出しているからです。私たちは、他の技術を提供している競合他社を排除することで、全体的なコストを削減することができます。つまり、お客様が当社のモジュールをより多く購入していただけるかどうかが重要であり、お客様は最初からどんどん購入してくださっています。私たちはそのように考えています。

Patrick Colville

お待たせしました。私のために時間を割いていただきありがとうございます。今期は印象的な指標がたくさんありましたね。私の記憶が間違っていなければ、第1四半期のRPO売上高は79%増加しており、これは昨年のどの四半期よりも大きいものです。これは、昨年のどの四半期よりも大きい数字です。この数字が好調な理由は何でしょうか。当四半期には、非常に大規模な複数年契約の締結がありましたか?

Burt Podbere

はい、パトリックさん、いい質問ですね。その答えは「イエス」です。複数年契約の件数は、これまでと比べて増加しています。お客様は、当社にロックインしたいと考えています。当社のプラットフォームを利用したいと考えており、当社を成長可能なプラットフォームと考えています。また、当社を未来のプラットフォームと考えています。今日、誰もが現代的なアーキテクチャを求めています。私たちはそれを提供し、簡単に導入でき、管理も簡単で、お客様に「私たちはここにいます。私たちは研究開発に投資を続けていきます。そして、そのためにバランスシートを活用します。

これまでは毎年支払っていた複数年契約がますます増えています。これは明らかに繰延べに影響を与えますが、RPOの総数は増加しています。これは私たちにとってとても良いことです。RPOの増加を見届けなければなりませんが、とても嬉しいです。

 

🌟まとめ

・サイバーセキュリティの詳しいことは専門家でもないのでよくわかりませんが、クラウド化が進む現状においてサイバーセキュリティは重要なものだと思います。

・CRWDの特徴上、契約者数の減少は好ましくないと思われ、世界規模でのセールスで顧客数を維持できるか、それに加えてARR/NRRを維持できるかに注意していきたいところですね。

・様子を見ながら買うか検討。