reostockのブログ

資産運用などなど

$MYO Q2決算

reostock.hatenablog.com

 

決算前コンセンサス

f:id:reostock:20210808130441p:plain

Q2決算前コンセンサス

 

f:id:reostock:20210813230029p:plain

Q2

 

→EPS・Revenueともにbeatしました。

f:id:reostock:20210813225805p:plain

Q2

 

○2021年Q2の決算について

f:id:reostock:20210813230945p:plain

Q2

f:id:reostock:20210813231012p:plain

Q2

→YoY>200%越えの売上でEPS/Revenueをともにbeatし、良い決算だったと思います。

f:id:reostock:20210813231154p:plain

Q2 R&D

f:id:reostock:20210813231231p:plain

Q2 SG&A

→広告費を抑えて研究開発に資金を回せているのも良い徴候かなと思いました。

・以下、Earning callより

Paul Gudonis

キムさん、ありがとうございました。皆さん、こんにちは。今日はお集まりいただきありがとうございます。私が事業報告をした後、デイブが第2四半期の財務結果と財務見通しを説明し、財務報告の後、私が締めくくりの挨拶をして、その後、皆様からのご質問をお受けします。

第2四半期に入り、米国で多数のワクチンが接種され、COVID-19の症例数が大幅に減少したことは心強いことでした。また、1年前とは異なり、当社のオペレーションはパンデミック前のより正常な環境に戻っています。製品の配送は1年前のこの時期に比べて大幅に増加し、スタッフは再びボストンの新しいオフィスに集まって仕事をすることができますが、他のスタッフは引き続き遠隔地で仕事をしたり、ハイブリッドモードで仕事をしたりしています。最近急増している案件もまもなく収束に向かうと期待しています。また、当社のビジネスも混乱なく継続されるものと期待しています。

私たちの会社としての最大の目標は、上肢に麻痺のある人々の生活を改善することです。同時に、マイプロの販売を拡大し、キャッシュフロー損益分岐点に向けて事業を拡大する中で、営業レバレッジの恩恵を受けることにも注力しています。第2四半期には、80ユニットの売上を計上し、前年同期のパンデミック抑制期間から233%、前四半期比では23%増加しました。さらに重要なことは、受注の承認数が138台のMyoProを記録したことです。これは第1四半期の2倍以上の数であり、約500万ドルの潜在的な収益に相当しますが、これらの受注が納品され、保険金が支払われると計上されます。

これらの主要指標の成長の結果、当四半期の売上高は310万ドルとなり、昨年の第2四半期の3倍以上、前四半期比33%増となりました。この成長の要因として、以下のことが挙げられます。年初に700人以上の患者さんが保険承認プロセスに入っていたため、パイプラインに多くの患者さんの候補があったこと、患者さんへの直接マーケティングを強化した結果、第1四半期には過去最高の数の患者さんが関心を示し、年初来の6ヶ月間で合計650人以上の患者さんが関心を示しました。特にドイツでは、MyoProの費用を負担する法定保険会社が増えており、海外事業の収益が増加しました。

当社のチャネル戦略は3つの段階に分かれています。1つ目は、当社が直接保険会社に請求し、当社の臨床スタッフがMyoProを提供するというものです。2つ目は、米国および海外市場の整形外科・義肢装具業者をサポートすることです。彼らは独自にMyoPro候補を調達し、提供と請求を担当します。そして3つ目は、退役軍人とそのケアを行うVAメディカルセンターに注力しています。

第2四半期には、直接請求チャネルからの収益が総収益の74%を占めました(前年同期は49%)。Dave Henryが後ほど説明するように、直接請求方式を重視したことで、売上総利益率も改善しました。受注残とは、支払者から承認を受けたものの、ユーザーへの引き渡しが完了していないか、当社への支払いを待っている状態のMyoProのことを指します。当四半期末の受注残は160台に増加しました。これは、第1四半期中に多数の保険認可を受け、代表的な患者がMyoProの受け取りを待っていることを反映したものです。

第1四半期に患者のパイプラインが非常に大きく伸びた後、第2四半期には新たに277名の候補者を追加し、6月30日時点で898名の患者のパイプラインが終了しました。当社は、ソーシャルメディア検索エンジンを利用して、半身不随の方やそのご家族にMyoProのメリットをお伝えしています。当四半期の初めには、アップル社とフェイスブック社のプライバシー戦争がリードジェネレーションに影響を与えていることを感じました。ご存知のように、アップル社は、フェイスブックやその他のプラットフォームで行われているウェブトラッキングの量を減らすために、新しいソフトウェア機能とiPhone OSを導入しました。例えば、Facebookは、Myomoのような広告主がより適切なターゲットを設定するために、ユーザーがインターネット上のどこに行って医療情報を得ているかなどのデータを利用しています。

そのため、当社はこの変化に合わせてマーケティング戦略を調整し、広告代理店と協力して潜在的な候補者にリーチするための別の手段を開発し、またリーチを拡大するために広告費を増やしました。その結果、毎週のリードジェネレーションは、新規候補者数が大幅に増加した第1四半期の水準まで回復しました。

パイプラインの患者さんと協力して、主治医からMyoProの処方箋とそれを裏付ける臨床文書を入手します。これらの候補者が保険手続きを経て承認され、最終的に製品が出荷され、支払いが行われるまでには通常数ヶ月を要します。また、パイプラインの患者さんのうち、個人的な患者さんの問題や保険の承認が得られないことが原因で、四半期ごとに10%から20%の患者さんが脱落することが予想されますので、これを考慮して計画を立てています。

2019年にMyoProのHCPCSコードが発行されて以来、MyoProをケースバイケースで保険適用する保険会社が増え、当社デバイスへの患者のアクセスが増加しています。特に、MyoProを使用するメディケア・アドバンテージ・プランが大幅に増加しています。当四半期に保険承認が大幅に増加したのは、チーフメディカルオフィサーがMyoProに関するオンライン臨床教育プログラムを含め、医師や保険会社に働きかけたことによるものです。昨年秋にKovelman博士が入社して以来、より多くの医師が患者のために医療上の必要性を文書化しています。この数ヶ月の間に、アリゾナ州ネバダ州、ユタ州ニュージャージー州のメディケイドプラン、メリーランド州ニューヨーク州ロードアイランド州のブルークロス・ブルーシールドプラン、ケアプラス・フロリダやスタンフォード・ヘルスケアなどの複数のメディケアアドバンテージプラン、ファロン・セレクトなどのコマーシャルプランなど、20以上の保険プランが初めてMyoProを導入しました。

標準メディケアのパートBでカバーされている患者さんについては、年初にメディケア・メディケイドサービスセンターで進められていた新しいルール作りに基づいて、DMEレンタルからカスタムファブリケーター装具またはブレースへの給付カテゴリー変更を申請しました。しかし、政権が交代し、CMSの新しい担当者の任命が遅れていることや、CMS内部でCOVID-19への注目が続いていることなどから、この規則案は今のところ何も起こっていません。そのため、私たちはコード変更の修正を撤回し、デバイスの修正やベネフィットカテゴリーに関する新しいルールが導入された場合には、CMSと協力して対応していきます。一方で、先に述べたように、民間および政府系の保険会社への働きかけは成功を収めています。

最近では、HQAA(Health Care Quality Association on Accreditation)から、Myomoが社会保障法および連邦規則に基づく認定要件を満たしているとの認定を受けたことを発表しました。この認定を受けたことは、メディケアプロバイダー認定の条件としてメディケア・メディケイドサービスセンターが要求していたHCPCSコードの取得に続く重要なステップです。これは、MyoProの使用によって生活の質が向上する患者さんにMyoProをお届けするための重要なステップです。

最近、当社のサプライチェーンについて質問を受けることがあります。私たちは、他の多くの企業と同様に、デバイスの製造にテクノロジー部品を使用していることをお伝えしたいと思います。今年はこれまでのところ、必要なアイテムをすべて調達できていますが、一部のケースではリードタイムの延長や、代替部品の調達によるコストアップが発生しています。私たちはサプライチェーンを注意深く監視しており、注文が予定通りに実行されるようにしています。なお、患者様へのお届けには影響はありません。

欧州を中心とする国際事業は、成長のための重要な手段です。第2四半期の海外売上高は、当社売上高の約10%でした。ドイツ、英国、イタリアではパイプラインが拡大しています。また、第2四半期中に米国および中国の政府機関から合弁会社設立書類の認証を受けることができたため、中国との合弁会社であるRyzur Medical社が中国での事業体設立に必要な申請を進めることができます。この手続きは第3四半期中に完了する予定です。なお、Myomoはこの合弁会社の19.9%の株式を保有し、契約一時金と今後10年間の年間ライセンス料を受け取ります。合弁会社の立ち上げ準備は進行中です。今年中には時間をかけて進めていきます。

また、当社のコーポレート・ガバナンスに関する最近の変更点についても紹介したいと思います。Myomoの取締役であるミルトン・モリス博士をお迎えすることができました。モリス博士は、6月に株主総会で選任されました。彼は、医療機器メーカーの経営者や起業家としての経験を持ち、新しい医療技術の開発や立ち上げ、事業の拡大に携わってきました。彼が当社の戦略と成長計画に貢献してくれることを期待しています。

また、第2四半期末には、Myomoの株式がラッセル・マイクロキャップ・インデックスに追加されたことをお伝えしたいと思います。今回の追加は、この新興成長株のグループへの組み入れを可能にするために、当社が行ってきた評価を反映したもので、このインデックスへの組み入れは1年間となります。

それでは、CFOのデイブ・ヘンリーに財務状況の詳細を報告してもらいます。その後、私が戻ってきて、最新情報や今年の残りの計画について説明します。デイブ?

Dave Henry

ポール、ありがとうございました。2021年第2四半期の売上高は310万ドルで、COVID-19パンデミックの影響を受けた前年同期に比べて262%増加しました。MyoProの販売台数が増加したことに加え、平均販売価格が前年同期比および前四半期比で上昇したことを指摘しておきます。この平均販売価格の上昇は、売上高の増加に貢献するとともに、直接請求チャネルとマーケティング活動の成功を反映しています。

具体的には、2021年第2四半期に80台のMyoProの収益を計上しており、2020年第2四半期と比較して233%増加しています。第2四半期には、記録的な数の充填ユニット(同四半期に承認と注文を受けた収益ユニット)があったことが寄与しています。80の収益ユニットのうち、38のユニットが充填ユニットであり、これはVAおよび海外チャネルの好調さに牽引されたものです。そのうち、約半数は直接請求のユニットでした。これは、特定の保険会社に対して、当社の回収履歴が確立されており、納品時に収入を得ることを意味しています。これは、ダイレクトビリングチャネルで収益サイクルを加速させることができるようになった例です。

当社のバックログは、保険承認を受けたものの、まだ収益に結びついていないものです。2021年6月30日現在、当社のバックログは160ユニットで、第2四半期に収益化されずにバックログから退出した16人の患者に対する138件の承認および注文を反映しています。第1四半期末の92%に対し、第2四半期末の約88%が直接請求候補品で構成されています。ポールが述べたように、6月30日時点の償還パイプラインは898個のMyoProユニットで、これは当四半期中にパイプラインに追加された277個と、第2四半期に入ってからのパイプラインの19%に当たる181個の脱落を反映しています。マーケティング活動を行い、新規保険会社からの承認取得に成功した結果、第2四半期末時点でのパイプラインの80%以上の患者が、過去にMyoProの償還を行った、または償還に同意した保険会社によってカバーされています。

2021年第2四半期の売上総利益率は71%でした。これは、前年同期の51%から増加しています。前年同期比での増加は、主に平均販売価格の上昇を反映しています。これも、直接請求チャネルへの移行を反映しています。第2四半期に患者に届けられたMyoProは、売上高が80台であったのに対し、売上原価が86台となりました。これに加えて、保証引当金の増加や一部の制約部品の材料価格の上昇が、当四半期の売上総利益率に影響を与えました。ポールが述べたように、特定の材料のリードタイムが長くなっていましたが、現時点では材料やコンポーネントの継続的な供給が可能であると考えています。

2021年第2四半期の営業費用は480万ドルでした。これは前年同期比で46%増加しており、主に報酬および広告宣伝費の増加を反映しています。2021年第2四半期の営業損失は260万ドルでした。そしてこれは、前年同期の280万ドル、今年の第1四半期の290万ドルから引き続き縮小しました。

2021年第2四半期の純損失は260万ドル、1株当たり0.46ドルでした。これに対して、2020年第2四半期の純損失は330万ドル、1株当たり1.12ドル、今年第1四半期の純損失は300万ドル、1株当たり0.57ドルでした。

2021年第2四半期の調整後EBITDAは、2020年第2四半期、2021年第1四半期ともに270万ドルのマイナスであったのに対し、220万ドルのマイナスに改善しました。

2021年6月30日時点の現金および現金同等物は1,380万ドルでした。営業活動によるキャッシュ・フローは、第2四半期に340万ドルを使用しましたが、これには2020年の報酬の代わりの支払いが含まれています。

年初来の業績に簡単に目を向けると、2021年6月30日に終了した6ヵ月間の売上高は、前年同期比191%増の540万ドルでした。累計の営業損失および普通株主に帰属する純損失は、2020年6月30日に終了した6ヵ月間の営業損失630万ドルおよび普通株主に帰属する純損失780万ドルに対し、それぞれ550万ドルおよび560万ドルでした。

2020年1~6月期の普通株主に帰属する純損失には、同社の転換社債の一部消却に関連する費用50万ドルと、特定のワラントの価格リセットに伴うみなし配当金約70万ドルが含まれています。年間累計の調整後EBITDAは、前年同期のマイナス600万ドルに対し、マイナス490万ドルに改善しました。

さて-ここからは、近い将来の見通しについて述べます。2021年第3四半期の営業活動に使用される現金は、必要な運転資金が減少するため、前四半期比で減少する見込みです。当社は引き続き、既存の現金で2022年下半期までの十分な営業資金を確保できると考えています。2021年下半期の現金使用量は、上半期に比べて減少すると引き続き見込んでおり、2021年通年の現金使用量を2020年通年の現金使用量以下にすることを目標としています。上半期の業績は、この目標達成に向けて順調に推移しています。

また、第2四半期には、記録的な数の保険承認および注文があり、6月30日時点で160台の強固な受注残があり、MyoProへの支払いを確実に行っている保険会社のリストが増えていることから、第3四半期も前年同期比で堅調な成長を実現できると考えています。

以上をもって、ポールに電話を戻します。

Paul Gudonis

ありがとう、デイブ。繰り返しになりますが、当社の成長戦略の柱は、マーケティング活動を強化してMyoProの候補となる患者さんを増やすこと、MyoProへのアクセスを拡大するために支払者や医師と協力して保険承認件数を増やすこと、米国での直接請求チャネルを重視して1台あたりの売上と利益率を高めること、そしてさらなる患者さんの需要を開拓するために国際市場を拡大することです。

これらの成長戦略に加えて、製品開発への投資や、MyoProを使用することで健康に良い影響があることを実証するための臨床研究への投資も行っています。いくつかの独立した研究が今年中に発表される予定であり、新しい研究も進行中です。これらの研究は、アウトカム・レジストリや追加のRCTなど、マーケティングや償還に向けた取り組みをサポートするものであり、当社の科学的エビデンスの重要な要素になると期待しています。

また、MyoProの大人用バージョンの発表や、小児用装具MyoPalの開発・発売の再開など、近日中にいくつかの起爆剤が期待されています。

以上で、正式なプレゼンテーションを終了します。では、質問を受け付けます。

Scott Henry

どうもありがとうございました。好調な第2四半期のモデルを見て、いくつか質問があります。その要因をいくつか挙げてみたいと思います。まずパイプライン広告ですが、第1四半期は386件、第2四半期は277件とどちらも良い数字ですが、明らかに第1四半期は第2四半期よりもはるかに好調でした。そこで質問ですが、第3四半期は第1四半期や第2四半期のようになると考えるべきでしょうか?

Paul Gudonis

第3四半期は、第1四半期に近いものになると思います。Scottは、この四半期にすでに100人以上の新規患者候補者をパイプラインに迎え入れました。つまり、彼らはリードとして入ってきたのです。彼らは医学的評価を受け、現在は保険の手続き中です。ですから、第2四半期の数字よりも上向きになると思います。

Scott Henry

第1四半期に近いパイプライン広告の話をしていますが、第3四半期にはパイプライン広告で3,000件を超えるようになると思いますか?

Paul Gudonis

第3四半期の約3分の1が過ぎた時点で100枚を超えました。ですから、第2四半期よりも良い結果になると思いますし、第2四半期と第3四半期の間のどこかでその範囲に入ると思いますが、これからの2ヶ月間でどうなるか見守っていきたいと思います。

Scott Henry

はい、ありがとうございます。もうひとつの数字は、侵食によって失われたパイプラインですが、これも少しずつ変化しています。13%、12%、20%ということもあります。一般的には15%前後と考えていますが、どちらにも変動します。これは安全な想定なのでしょうか。それとも、ここ数四半期はこの数字が高くなっている、あるいは低くなっていると考えるべきなのでしょうか。

Dave Henry

やあ、スコット、デイブだよ。はい、初期のパイプラインの約19%が落下しました。繰り返しになりますが、第2四半期末時点のパイプラインのうち、80%以上がデバイスを承認した保険会社の患者さんです。つまり、かなり質の高いパイプラインであり、うまくいけば、経過とともに減少が緩やかになると思われますが、プロセスはまだ長く、患者が脱落する理由のトップは、再び連絡が取れなくなることです。

Scott Henry

わかりました。そうですね。これで十分です。参考になりました。最後の質問は、価格設定が再び上昇したことです。第2四半期の価格は今後を示唆するものだと思いますか、それとも少し戻ってくるかもしれませんか?何か情報があれば教えてください。

Dave Henry

モデリングの観点から、平均販売価格は3万5,000ドル前後であると考えています。償還額は20ドル台から、O&Pプロバイダーであれば最大で9万ドルまで、以前に直接請求の償還額があったこともありました。これは以前に直接請求された報酬の一部です。このような状況から、私は引き続き30%台半ばのASPを想定しています。

Scott Henry

ありがとうございました。質問に答えていただきありがとうございました。

Dave Henry

はい。

Jim Sidoti

こんにちは。質問にお答えいただきありがとうございます。ここ数年、CMSでは様々なことが起こっています。公認プロバイダーとして認定され、HCPCSコードを取得し、認定を受けました。しかし、その後、CMSが最終的な規則を作成し、秩序を整えるのを待って、アプリケーションを撤回しました。しかし、これを今後どのように考えればよいのでしょうか?コードが数値化されるまでには、あとどれくらいのステップがあると思いますか?

Paul Gudonis

HCPCSコードを取得して以来、CMSとの話し合いを続けていますが、昨年末にCMSがルールメイキング案を発表したことをご記憶でしょうか。それを受けて、私たちも申請しました。しかし、そのルールメイキングは最終的に承認されませんでした。1月に政権が交代してからは、すべてが停滞してしまい、最近になって新しい管理者が任命されたのだと思います。ですから、私たちが理解しているのは、CMSが今後4〜6週間のうちに再びルールメイキングを提案し、それが実現すれば......コメントをもらってから決定するまでには時間がかかります。もしそうなれば、私たちは、そのベネフィット・カテゴリーを修正するきっかけになると考えています。そうすれば、パートBの患者さんがこのサービスを利用できるようになります。

一方で、2019年1月にHCPCSコードが導入されて以来、メディケアアドバンテージプランを利用する多くの人々のニーズに応えることができるようになりました。実際、私は最近のデータを見ましたが、ここ2、3年でメディケア・アドバンテージ・プランの高齢者の割合が35%から39%になったそうです。つまり、何十万人ものメディケア対象患者がメディケア・アドバンテージ・プランを選択しており、そのうちの何人かがデバイスの払い戻しを受けているのです。たとえパートBの問題が長引いたとしても、これは良い傾向です。

Jim Sidoti

はい、それが私の次の見解です。当四半期の収益は3倍になりました。第4四半期には、新たに20社の保険会社がこの装置を導入したと聞きました。これらのコードを定量化することはどれほど重要なのでしょうか、それともコードがなくても成長を続けられるのでしょうか?

Paul Gudonis

目の前に大きな成長の可能性がある場合、私たちが個別に行っていることに基づいて、チーフメディカルオフィサーが積極的に民間の保険会社や州のメディケイドプランに働きかけていますが、これまでに支払いに成功しています。承認された患者の数が十分に多く、他の患者も待機していて、支払者のメディカル・ディレクターの注意を引くことができれば、そのような会合を開くには時間がかかります。秋には最初の数回のミーティングが行われる予定です。そして、保険適用のためのケースを提示します。その地域の医師やその他の臨床専門家の支持を得て、メディカル・ディレクターの適用決定を待ちます。その後、ビジネスサイドで契約の交渉を行います。

このように、迅速なプロセスではありませんが、着実に前進しているところです。来年あたりには、これらの商用契約のいくつかが成立していることを期待しています。それまでの間も、リピートオーダーは継続しています。Daveが言ったように、当社のパイプラインの80%以上は、すでにMyoProの代金を支払った支払者がいないか、あるいはシングルケース契約のような形で合意しています。ですから、今後も多くの保険加入者に焦点を当て、保険加入者を増やしていきたいと考えています。

Jim Sidoti

医療機器業界では、成熟した企業の中には、一般的に12月の四半期に社員が休暇を取るために減速するところがありますが、御社は急速に成長しているので、これまではそのような要因はありませんでした。つまり、他の企業に見られるような典型的な季節性の傾向が見られる段階に来ていると思いますか?

Dave Henry

第3四半期の売上高は、前年同期比で大幅に増加すると予想しています。また、昨年の第4四半期と同程度の受注残があり、昨年の第4四半期は記録的な売上を達成しました。このように、第3四半期も含めて、非常に良い機会に恵まれていると考えています。

Jim Sidoti

わかりました。ありがとうございました。

Benjamin Haynor

皆さん、こんにちは。質問にお答えいただきありがとうございます。まず最初に、当四半期において、受注残、売上単位、承認が非常に堅調であったことを知っています。また、パイプラインが「ファネルの最上流」ということで注目されていることも理解しています。現在、パイプラインの80%以上は、以前にデバイスの償還を受けたことのある保険会社との間で交わされているという話を、私は正しく聞いていますか?

Dave Henry

その通りです。

Benjamin Haynor

1年前はどうだったのでしょうか?

Dave Henry

それについてはお返事をしなければなりません。手元にその数字がありませんので。

Benjamin Haynor

大まかな数字を教えていただけると助かります。つまり、50%だったのが、10%になったということです。

Dave Henry

というのも、ここ数四半期のマーケティング戦略では、ソーシャルメディアでのターゲティングを通じて、メディケア・アドバンテージ・プランやその他の商業プランなど、このデバイスに保険金を支払ってくれる保険会社をターゲットにしようとしてきました。これは、過去数四半期に渡って行ってきたことの結果であり、意図的なものです。ですから、数字は-正確な数字はわかりませんが、あえて言えば、1年前よりも高くなっていると思います。

Paul Gudonis

もうひとつは、ベン自身、ポール、先ほど述べたように、MyoProを初めて購入する支払者が増え続けていることです。そのため、MyoProへの支払いを行っている医療機関の数は、毎四半期ごとに増加しています。

Benjamin Haynor

なるほど、理にかなっていると思います。つまり、これまでのように実行し続ければ、パイプラインが改善し続けるという好循環になるということですね?

Dave Henry

はい、その通りです。パイプラインにはより多くの患者さんが含まれ、その患者さんにはデバイスをカバーしてくれる保険会社があります。

Benjamin Haynor

その通りです。また、80台の売上ユニットのうち38台が、当四半期中に注文と承認が行われたもので、これは記録的なことだとおっしゃいましたが、38台という絶対的な記録だけでなく、比率で見ても、売上ユニットの48%程度が当四半期中に注文と承認が行われたということではないでしょうか。どうするのが正しいのでしょうか?

Dave Henry

というのも、当社がO&PやVAの主要チャネルだった頃は、その多くがターンズのビジネスだったからです。しかし、2年前に直接請求を重視するようになってからは、絶対数の点でも過去最高となりました。絶対数では記録的な数字ですが、比率では、おそらく直接請求を重視し始めた頃にさかのぼり、その期間でも記録的な数字となっています。このように多くの実績を残したのは、繰り返しになりますが、当四半期の充填ユニット38台のうち半分が直接請求によるものでした。これは、十分な回収実績のある保険会社に対して、納品時に収益を認識することができた結果です。そのため、支払いを待たずに収益を認識することができます。

Benjamin Haynor

つまり、私の理解が正しければ、O&Pユニットを除いて60ユニットとし、そのうち19ユニットほどが、当四半期中に注文・承認された直接請求の患者さんということになります。つまり、60台のうち19台ということで、およそ3分の1ということになりますね。

Dave Henry

はい、60台のうち19台です。

Benjamin Haynor

そうですね。

Dave Henry

O&PとVAがそうでしたね。そうです。

Benjamin Haynor

そうですね。それから、最後の質問になりますが、私はまた列に戻ります。四半期ごとの売上のうち、どのくらいの割合を確保し、どのように成長させていく予定ですか?もしかしたら、私は・・・。

Dave Henry

十分な回収実績のある保証は、当社の売上の約40%を占めています。時間の経過とともに、十分な回収実績のある支払者のリストを増やしていくことで、この割合は増加すると考えています。

Benjamin Haynor

そうですか。私が求めていたのはまさにこれでした。皆さん、ありがとうございました。そして、この四半期の業績におめでとうございます。

Dave Henry

ありがとうございました。

Paul Gudonis

ありがとう、ベン。

Edward Woo

はい。第1四半期を振り返ってみて、おめでとうございます。また、ヨーロッパでの成長もおめでとうございます。売上の10%とおっしゃいましたが、長期的にはどうでしょうか?長期的にはどのくらいになるとお考えですか?もし250%になったらと考えていますか?

Paul Gudonis

米国市場は非常に好調に推移しています。ヨーロッパでも力強い成長を遂げていますが、グローバル市場での収益シェアを拡大できるかどうかは、時間の経過とともに決まります。中国が参入したことで、当社の収益の多くが海外からもたらされるようになるのは明らかであり、その割合を本当に増やすためには、他の市場を開拓するための投資が必要になります。しかし、現在のところ、収益の10%から15%の範囲であれば満足しています。なぜなら、全体として年率100%以上の成長を続けているからです。

Dave Henry

ヨーロッパには、これまでアクセスできなかった市場がありますが、当社の収益の10%はヨーロッパから来ています。パンデミックの影響が少しずつ薄れ、英国やイタリアなど、これまで良好な関係を築いてきた国々がオープンになってくれば、収益のうち国際的な部分が継続的に増加することを期待しています。

Edward Woo

米国で実施しているダイレクトマーケティングソーシャルメディアを活用したマーケティングと同じ手法を、ヨーロッパやアジアでも活用できるのでしょうか?

Paul Gudonis

他の国では、整形外科や義肢装具の診療所を利用することになります。彼らはその国でライセンスを取得していますし、さまざまな支払者との関係を持っています。もちろん、その国の言葉も話せます。ですから、他の国で独自の臨床事業を立ち上げるのははるかに難しいのですが、O&Pパートナーとの協力関係には非常に満足しています。例えば、現在、ドイツ語のウェブサイトを開設していますし、アメリカで行っていたマーケティング活動の一部をドイツなどでもソーシャルメディアを使って行うようにしています。結果的には、ここでのベストプラクティスをヨーロッパに持ち込むことになりますが、アメリカで行っていることをそのまま再現することはできません。

Edward Woo

素晴らしいですね。では、私の質問に答えていただきありがとうございました、そして幸運を祈ります。

Paul Gudonis

はい、ありがとうございました。エドワードさん、ありがとうございました。

Paul Gudonis

ありがとうございました。さて、最後になりましたが、当社は、国内外の経済が引き続き回復し、現在はデルタ型の感染者が増加しているものの、今年中にはパンデミックが収束すると楽観的に考えています。そうなれば、患者さんのためのパイプラインの追加が加速し、5年連続で高い年間収益成長を達成できると期待しています。私たちは、人生を変えるようなソリューションをもって、非常に大きなアンメットニーズに対応しており、これらすべてが貢献して、マイルストーンである損益分岐型営業キャッシュフローへの道を歩み続けています。改めて、お時間をいただき、Myomoにご関心をお寄せいただきありがとうございました。それでは、良い夜をお過ごしください。

 

🌟まとめ

・良い決算だったと思います。

・これまでの高い宣伝広告費が実を結びつつあるといったところでしょうか(SKLZとは違って(笑))。

・研究開発費が増えたことにも好感が持て、Myopro以外の新規製品の研究開発にも期待したいところです。